FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 10 2019

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、、県境の駅「大白川」駅の「雪」。

JR只見線「大白川」駅

JR只見線「大白川駅」、この先只見へは雪多い山を走る。「この先は雪、注意せよ。」のホーム電柱の雪マークなのだろうか?
この時はまだ雪には程遠い秋、放置されっぱなしのような「雪」の予告標識に無人駅を感じた。

JR只見線「大白川」駅の島式ホーム

前回訪れた時は上り列車が停まっていたので、何もないホームもローカルの山岳線の駅として絵になっていた。
列車がいないとその風景は物足りなくなる。

破間川と大白川駅ホーム



ステージのようなホーム

階段を上がると平らな広いスペースは長いステージ、お立ち台のようで、ただこのままだともったいないような舞台(ホーム)でもあった。

改札口前とホーム

改札口から出て構内踏切を渡りホームへと行くのは時々見かけるけれど、改札口から出てホーム見下ろすような感じはあまりない、
何もない物足りないようなホームもここからだと「なんか良いんじゃね。」と思えてくる。

改札口前

駅名標の隣駅の「只見」の部分はシール修正、反対側の「入広瀬」の部分もシール修正とここ大白川駅を挟んで2駅が閉鎖された。

「大白川」駅ホーム風景

そんな前後の駅がなくなった新潟県境の駅のホーム風景、ちなみに新潟県の県境の駅は9つある。

破間川とホーム

当たり前に利用者がいないからなのだろう、ここは小出から只見、会津へ抜ける国道252線脇にもあり、トイレ、食事、休憩がてら
車、バイクが停まっていた。

只見線「大白川」駅

そして、ここでも建物の屋上にフェンス、新潟県下越地方で見られないけどたぶん屋根に積もった雪が風などで飛ばない、落ちないよう危険防止の
フェンスなんだろう

旧柿ノ木駅跡

前回駅撮りで只見線を訪れた時には臨時駅として「柿の木駅」があった、短いホームと小屋のような待合室があったのだが、この度も
撮っていくかと車を走らせるが「このあたりではなかった?」と眺めながらどこにも見当たらず、おかしいなあと引き返していると、「柿の木」踏切が
あるってことはこの辺りかと眺めるもすっかり草ぼうぼう状態でまったくどこだかわからなくなっていた。

Category: 日記・情景  

◇ 駅撮りにて、ついでに寸景ありて(福島県会津編)

磐越西線広田駅

福島県会津若松市JR磐越西線「広田駅」、よくよく見るとホームには赤松?これってあちこち駅をまわっているが島式ホームに松は非常に珍しい。
大体松だと枝ぶりから、ホームの幅が必要、幅がないと電車に掛かってしまう、もっとも植えた時はそこまでは想定してなかったのだろうが。

広田駅

そんな枝ぶり?剪定の手間などの問題って訳でもないのだろうがホームの植物には普通は花壇が多い、高さのあるものはせいぜいヒマワリくらいか。
気にしなければまったく気が付くこともない何気ない風景に、”何気”が隠れているものである。

八葉寺参道の消火栓

福島県会津若松市八葉寺、駅周りで偶然見つけたお寺。その参道にあったザラザラで錆がひどく禿げそうだった。
ここまでなるってことは”それだけ使ってない”、火事がないってことになるかも。

あまや駅前のソバ畑

会津若松市会津鉄道「あまや駅」前で見つけたソバ畑、ローカル駅とはいえ駅前にソバ畑があるのかと眺めならそれを囲むように電気柵があった。
猿やイノシシとか荒らすのだろうかと思いながらも、ソバ畑にもこんな電気柵があるのを初めて見た。

芦ノ牧温泉駅

会津鉄道「芦ノ牧温泉駅」の「方面のりば」の案内板、4か国語、日本語、英語、中国語、ハングル語、これも時代、とは言え実際外国人と
会話となると英語なんだろうなあ。

旧上三寄駅名標

その「芦ノ牧温泉駅」前ある、国鉄時代の旧駅名標。

旧くわばら駅名標と子安観音堂

会津鉄道「芦ノ牧温泉南駅」前にある旧駅名標、「くわばら」は大川ダムが出来たことで駅は湖底に沈み、コースを替えて出来た替りの駅が
「芦ノ牧温泉南駅」、”温泉”とついているが温泉まではちょっとある。

大川ダム公園駅ホーム

福島県会津若松市会津鉄道「大川ダム公園駅」、駅名に公園がつくけれど

会津鉄道大川ダム公園駅

誰もいないというか、ここまで来るまでの山道では車もすれ違いはなく、そうなるとただの無人駅とは違う、ひと気のない無人駅に一人、
そして「熊出没」の看板に、秋のコスモス風景もうわの空状態。

大川ダムで見つけた何?

福島県会津若松市の大川ダム公園の山道で見つけた「山止め」って何だ、近づくと罰金10000円?山菜採りとかで入山禁止ってことらしい。

会津長野駅ホームの相合傘

福島県南会津町「会津長野」駅、僕は勝手に会津長野の相合傘だと思う。木造屋根をレールを使った柱が支え、その屋根を支えるカーブの
曲線が優しく、アバンギャルドな今風のものよりも恋人二人立って記念写真でも撮ったら、こちらの方が温かい家庭を作りそうである。

これも国鉄時代のそれも駅開業時ものかと思われ、のどかで、温かな昭和の遺産である。
Category: 山形・情景  

◇ 「駅」、、、JR左沢線「羽前山辺」駅

JR左沢線「羽前山辺」駅



羽前山辺駅のホーム風景

駅ホームにある赤い枠の駅名標、リンゴ型に見えるのは、ここJR左沢線の愛称が「フルーツ・ライン左沢線」となっているからか。

羽前山辺駅

そのくらいなので駅名標の形も、その地域の特産物に合わせているのか、ここらは「リンゴ」のようである。
ちなみに終点「左沢駅」は「ル・レクチェ」型の駅名標がホーム立つ。

羽前山辺駅ホーム

昔仕事で商業デザイナーと話をしたことがある、リンゴと梨のイラスト違いは、リンゴはヘタ部分にくびれがあり、梨の場合は輪郭をただ丸くする。
なので、ここのは赤く、ヘタの部分にくびれがあるのでリンゴとわかる。

羽前山辺駅跨線橋階段

跨線橋の階段を見上げて、「階段 上り専用」の文字に”あれ右側通行?”、僕の体は駅の階段、エスカレータなでは左側通行が染みつき
誰もいないを見て「上り専用」を無視して左側を登った。関西圏では確か右側通行でエスカレータ等では右側立つ、それが”旅してる”と感じるだが。

羽前山辺駅上りホーム

改札口まで行くと「あれ?この先に行けるぞ!」と、この駅が無人駅になっていたのに気づく。
なので今回訪れて2度目になるだけど駅(ホーム)の風景は初めて、「いいねえ。」とホーム風景に嬉しくなった。

山辺駅下りホームと駅舎

でも今回撮影しながら”久しぶりだなあ。”と頭のどこかで懐かしいような記憶があるが何でなんだろう。

羽前山辺駅ホーム待合室

ホーム待合室

羽前山辺駅ホーム風景と連絡橋

前回初めて訪れた時、駅をナビに設定して走ってきたが、到着したのは向こうに見える連絡橋の右側だった、連絡橋は駅のものでなく
単に線路またぐ誰でも渡れる通路しての連絡橋で、その橋の上から駅の写真撮りながら「あそこまで歩くのか。」と不正確なナビの指示に

山形県山辺町「羽前山辺」駅

ちょっと腹が立った。ネットでグーグルマップなどを見ると「出入口」、「西口」、「北口」など赤い文字で表示がでているが、僕の車のナビには
そんな表示はなく駅を設定して到着して見ると、「反対じゃん!」がけっこうあった、連絡橋がある所は良いが、下手をするとそんなものは何もなく、
「あちゃー!」とダマされたと思いながらも、また駅出入口を目指してぐるりまわった経験は数知れず。
今では、県内は元より、山形県、秋田、福島、長野、富山と周っているので2度目、3度目となると勝手知ったものになっている。

Category: 福島・情景  

◇ ダムがあって、ふるさとがあって

旭ダム



昭和電工旭ダム

会津下郷昭和電工「旭ダム」、一度目知っていたけど割愛、「今回は寄ってこう。」とダム見物で寄り道をした。
規模的には大きい訳でないはが、目に来るものがあった。撮影していると「こんなの撮って?」と目線くれ脇を車が通り過ぎた、ウロウロ移動しながら

会津下郷旭ダム

撮っていると、車が止まり数人に男女が降りてきた、みんなダムに目線をやりつつ指をさしたりして良い場所あるだろうか?と探し始め、
撮っている僕の方にやってきた。聞こえてくる言葉から関東からのようで、「何撮ってんだか?」目線を浴びたけど救われたような気持ちなった。

会津下郷「ふるさと公園駅」

ダムの寄り道を終え、会津下郷「ふるさと公園駅」へ、会津鉄道のどの駅へ行っても会津の宣伝コピーの横断幕がフェンス張られていたけど、
みんなしわくちゃになっていて、そんな横断幕を誰が読むのだろうと、駅撮りついでに幕の張り直しが出来るのならやってもいいなと思った。

会津鉄道ふるさと公園駅

この時、駅に到着すると駅待合室をのぞくと女子学生が一人。
列車待ちしていた。僕は挨拶替わりに頭をちょっと下げて、そして「なるほど。」とつぶやいた。

ふるさと公園駅

「なるほど。」と聞こえるようつぶやいたけど、実は2度目なので厳密に云えば「なるほど。」でなく、「こうだったなあ。」なのだが、女子学生に
変な人と誤解されないようと僕は気を使った、「なるほど。」の方が初めて来て駅の様子を見に訪れたと思ってもらうため。

ふるさと公園駅上り列車到着

ホームに出て撮り始めると、上り16時02分発の列車やってきた。

上り線

「オー来たねえ。」と到着、男性ひとりが降りて、列車も乗らないで撮影だけのぼくとしては、利用者の邪魔しないように、フェンスに体をくっつけるようにしてホームを広くあけた、だからって幅は余り変わらないのだけど、ここでも気を使った。

ふるさと公園駅ホーム風景

上り列車が行ってしまうと、さっきの待合室の女子学生は乗らなかった、上り方面でなく反対の下り利用だったのかと、時刻表を調べると
16時50分、僕よりも先にいたから、「列車待ちに1時間前からいたのかあ。」と思ったら、僕はかつてそんなに待ったことがあっただろうかと
だいたい待てない僕には、列車まちの彼女に僕は敬服した。

時代が時代なら「乗っけって行ってやろうか。」と声を掛けられたものだが、今は声を掛けるのも気を使う。大体駅をタダで撮らせてもらっていて
そんなことをして商売の邪魔をしてはいけない、僕のルールでもある。


Category: 日記・情景  

◇ 丘陵の駅、、、、北越急行ほくほく線「魚沼丘陵駅」

魚沼丘陵駅ホーム風景

新潟県湯沢、魚沼、上越地方を走る北越急行ほくほく線、この時魚沼の青空と米の収穫の頃。

北越急行ほくほく線魚沼丘陵

「魚沼丘陵」駅、初めて数年前にほくほく線を駅撮りでまわった時、新潟の田んぼ風景にモダンな建物の駅舎が「新潟県らしくないなあ。」と
感じた、そしてモダンで立派な駅なのに、それらがほぼ無人駅なのである。

魚沼丘陵駅の階段

ローカル線の無人駅でありながら、ハイテクで待合室入口上には電車の路線の通過状況(どの辺りを走っているか)がわかるよう案内板と
その脇にはしっかり時計がある、それは電車通過の様子を見ながら隣の時計とで待ち時間が「目に見えるように」なっている。

ちょっと狭い感じの待合室

どこかでも書いたが、新潟県の無人駅(JR)には時計がない駅が多いこともあって、ほくほく線のこの設置設備に僕は実に「いいなあ。」と
滅多に鉄道を利用しない僕でも羨ましくもなってくる。

ほくほく線の改札口

ほくほく線の駅改札口特有の西部劇的なスイングドア、何度も言うけれどこれが重からず、軽からず実に絶妙な開閉具合なのである。

魚沼丘陵ホーム景

ほくほく線のほとんど駅は橋上駅のため、当然ホームから俯瞰になる、その景色は、新潟県内では上位の沿線だ思う。

六日町方面風景

六日町方面(魚沼盆地)風景、単線だけど六日町からJR線乗り入れで複線になる。

下り十日町方面

十日町方面、ここから山を抜けていくのでトンネルが多く、ここ魚沼丘陵駅を出るとすぐにトンネルに入りそのまま、次は地下駅の「美佐島駅」。

駅舎の八海山

魚沼丘陵駅ホームの風景と八海山。ほくほく線沿線の駅舎の形はそれぞれ違うが、ホームの屋根の形はこのパターン。

改札口

風景は良いくらい高さのある橋上駅で、改札口に扉もないので冬場雪が降ったらどうなるのだろうかと気になってくる。
JRの駅なら改札口前には戸があるし、除雪機だってあるのだが、この形式の良い駅では除雪はどうするのだろうかと、気になった。

熊事件

この日、JR上越線ガーラ湯沢駅前から良い景色だなあと撮った風景。
25日上越線で動物の接触事故で水上-長岡間が運行の遅延などのダイアの乱れとのニュースに、この前駅撮りで行ったがどの辺りかと観ていると
どうも良い風景だあと撮影した辺りらしかった、ちょうど鉄塔先当りで熊の親子3匹と接触事故。
詳しくは 新潟日報ニュース

Category: 日記・情景  

◇悲喜こもごも、駅、そして待合室

石地駅待合室

新潟県柏崎市JR越後線「石地駅待合室」、
人生悲喜こもごも、誰もいない無人駅待合室、ホームを眺めながらそんなことを思うことがある。駅だけ撮っている僕だってそれだけでも出会いがある。

JR越後線「石地駅」

訪問は出雲崎を訪れた帰りる途中などで3度目、駅舎前の木造トタン張りの駐輪小屋の中の暗さに地方のローカル駅を感じたが、3度目となると、
感動薄なのかのぞいてもカメラを向けなかった。

JR越後線「小木ノ城駅」

新潟県出雲崎町JR越後線「小木ノ城」駅、駅に着くとこんな感じ、駅なんだろうがあちこちで見慣れた駅風景と違っていた。

小木ノ城駅ホーム待合所

「待合室はどこ?」と奥らしいのだが、その手前に屋根を造り三方を囲むと、これはこれで待合室としては”ありだなあ。”と感心させられた。

小木ノ城駅

この時あちこちであきらかに何かを待っている撮り鉄さんの姿を見た、駅撮りの僕としては特別列車?何を待ってるのか気にはなったが
”待つよりも駅を多く撮る”を優先だった。

JR信越本線「北条」

新潟県柏崎市JR信越本線「北条」駅。
オヤジギャグ好きな僕としてはやっぱり文字を読むたびに「北条に来たじょー。」と心の奥でニンマリするのだった。

北条駅待合室

構造からて左の窓が切符売りの窓口だったのかと、今ではその左の自動券売機に変わる。
ちなみに、無人駅の券売機には「入場券」は売っていない。

JR奥羽本線「中川」駅

山形県南陽市JR奥羽本線「中川」駅、単純に凄い駅名である、「中川」ならどこにもありそうな地名なので、区別するのに山形なら「羽前中川」に
なっもおかしくないが、JR駅では「中川」はここ、後は「○○中川」駅となるので、中川の総帥、大元のような、先付けたもモノ勝ちのよう「中川」駅。

中川駅待合室

そんな「中川駅」の待合室の中側。新潟県の駅と山形県の駅、待合室の椅子が同じJR東日本でも車両区が違うとやっぱり違うのか。

JR奥羽本線「羽前中山」駅

山形県上山市JR奥羽本線「羽前中山」駅、ここでは「中山」の前に「羽前」がつく。

羽前中山駅待合室

無人駅は歩い意味利用者の駅、傘など自前の置き傘か、「ご自由にお使いください」の親切傘が置かれる割合が多い。
逆に、冷暖房は無人駅にはない。

JR左沢線「羽前山辺」駅

一瞬差だった、駅前に車が止まってなく「ラッキ~!」と思った瞬間バックミラーに後ろから車が来るのが見えた。”まずい”と早々に車を停めて撮った。

羽前山辺駅待合室

「今だ。」と焦って撮っている中、目の前にその車は止まり、ぎりぎりセーフ、車からオジサンが降りて駅舎の中へ、”お迎えか?”と僕の
駅舎へ入ると、オジサンはトイレドアを開けて入っていった。こんな所にトイレがあったんだと、待合室の奥には明るい清潔そうなトイレの扉あった。

かつて水洗でない昭和の時代のトイレは、衛生面、臭いなのどから駅舎から離れていたものである。同じ建物内でも待合室とは離れた場所にあったりで、
待合室脇にあるのはトイレが当り前に水洗トイレになった平成時代ってことなのかも。
この駅も駅舎自体は改築などされているものの、基本骨組みは昭和の建物、水洗トイレ時代となり、駅の改装と共に、奥に水洗トイレを増築したものと思われた。


Category: 福島・情景  

◇ 「駅」、、、会津鉄道「門田(もんでん)」駅

門田

「門田(もんでん)駅」に僕は分かっていても「か・ど・た じゃねえのか。」だろうとツッコミをいれたくなってくる。

会津鉄道門田駅ホーム風景

テレビを観ていたら旅番組CMが入った。それはタレント男女二人の会津鉄道の旅だった。会津鉄道を知っているだけにどこを訪れるのかと
興味で予約録画をして後で観た、始発の「西若松駅」から乗車して終点「会津高原尾瀬口」駅まで気ままに途中下車の旅するものだった。

門田駅西若松方面風景

まずは”門田駅で降りましょう”と云うので僕は沿線駅を知ってただけに「何なに~、そんな所降りても何もねえよ。」とニヤニヤしながら観ながら、
あらかじめコースを決めた”やらせ旅番組”でなく、まったくその場でタレントが決めた旅番組だとわかった。

門田改札口からの風景

降りても駅、駅前にh誰もいない、何もない田んぼ道を歩きやっと散歩している人を見つけ「ここらに何かありませんか?」と尋ねると
「あそこに蔵元ありますよ。」とそこをめざし歩くの観てを僕は”あそこあたりにあったなあ”と風景思い出い浮かべた。

会津鉄道「門田駅」

今回2度目なので駅舎は知っている訳だけど、初めて訪れた時は「えっ!ここが駅なのお。」と物足りなさと駅らしくない駅舎のたたずまいに
僕は”どんな駅だろう?”と期待がハズされ、ここでも暖簾に腕押しのようなガクリと体が右に倒れたような記憶がある。

門田駅舎

ホームに出ると、それも線路を渡り反対ホームから眺めるとそれなりに駅って雰囲気に

もんでん

ここだけ違う電柱の駅名標に「もんでん」の文字に時代を感じる、会津鉄道になる前の国鉄時代のものだろうかと思った時、頭の隅の遠い遠い記憶に
そういやあ昔は駅にこんな色の駅名標を見たようなことを思い出した。

門田ホーム風景

駅舎の雰囲気から果たして、相対式(対面)ホームがいるのだろうかと、片側だけの単式ホームでも良さそうだが、この駅で列車交換でもやるのだろうか。

門田駅芦ノ牧温泉方面風景



門田駅待合室

待合室にブルーシートがかぶせられた除雪機、無人駅でも専用の置き場のある駅もあるが、こうやって待合室兼物置っていうのもある。
邪魔ではないのかと感じつつも、無人駅であり、利用者は少なく、そこまで文句を言う人もいないだろう、乗降客が少なければ除雪機もいらないのかもだが、そこはそれなり人数がいるってことだろうかと。

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」撮りで拾った一場面(山形編)

(奥羽本線)山形線から蔵王

山形線(奥羽本線)茂吉記念館前駅あたりからのお釜で有名な蔵王の山。

奥羽本線蔵王駅

蔵王駅、前回訪れたときは駅舎前にバイクが停車、いなくなるのを待ったが、僕の方が根負けでしかたなく移動。
今回はバイク、車がいなかったが、バイクも、車の関係ない蔵王駅の屋根の空が気になった。

蔵王駅改札口前

蔵王駅改札口前、この先は入場券が必要、様子を見定めながらその価値があるかと眺める。ここで十分だなと思った時に新幹線が通過した。

移動中に

山交バスの「UTORIA」マーク、「ゆーとりあ」で湯とユートピアを合わせて温泉郷ってことで観光バスかと思っていら、一般バスも「UTORIA」だった。
「UTORIA(ユトリア)」は「ユートピア」と「ゆとり」の山交バス全体の造語でグループ名だった。

山形線南館踏切

南館踏切、山形駅を目指し「あれ、そういえばあの踏切はこのあたりでなかったか?」と急に思い出し、ナビで地形みながら「ここかなあ。」で
一発だった、YouTubで観ていたけれど車の止める場所がなく、踏切近く路地に止めるが、撮り終えるとその路地からでるのがえらく遠回りになった。

山形駅西口コンコース

山形駅時間もないのでここまで、これは2度目だから、初めてなら向こうまで歩き、写真を撮るのだろう、初回に線路を挟んで西口と東口
ここのコンコースと地下道も歩いているので、次へと割愛。

山形市街風景

北山形駅の跨線橋から山形市街風景、山形駅はもう少し右側。

北山形駅

ホーム右側が2番線下り(新庄方面)、左側3番線が仙山線。山形新幹線は右側の2番、1番を通過する(ここは停車せず)。

最上川(左沢)

最上川、駅撮りのあちこち山形を撮りまわると最上川が意外に長く山形県を流れいるのがわかった。
最初の頃は、「えっ、ここもなの?」だった。

中川駅昭和の便所

奥羽本線「中川駅」のトイレ、、、、便所、平成でもなく昭和の便所、女子用大便用が共用、扉は見えていたが、久しぶりに昭和の便所はどうだったかと
中を見てみたかったが、今の僕には到底その扉は開いてのぞく勇気はなかった w(゜o゜)w ドキドキドキ

そして駅が無人駅でなく職員がいた頃は改札口の向こう側と、誰でも利用できると便所ってことで分けてあった。
今は有人駅であっても、トイレを2か所造るような無駄をせず、改札口で「トイレ貸してください。」と云えば、改札口を入って用を足せる。

ちなみに、駅撮りではトイレの扉は結構開けてのぞく、怖いモノ見たさのようなドキドキしながら開けてのぞくと、大体予想しているよりも
キレイ(無人駅でもあり使用者が少ない事もあるのかもだが)。

Category: 日記・情景  

◇ 長い駅名の「上越国際スキー場前」駅

じょうえつこくさいすきーじょうまえ

新潟県内ではここJR上越線「上越国際スキー場前」駅が一番長い駅名、漢字ならそれでもないけれど、ひらがな表記なら読むのも嫌になってくる(笑)

JR上越線上越国際スキー場前駅

ちなみに、新潟県内で一番短いの駅名は1字の「巻」駅、読み方は「まき」の2文字、同様に1字は「燕」駅もあるが「つばめ」で3文字。

上越国際スキー場前駅上りホーム

上りホームからの景色は、新潟県下越地方には見ない風景、”雪を売る”のポジティブになると町の風景も変わるのだろうか。

上越国際スキー場前駅ホーム

上り、下りホームの相対式(対面)ホーム、そしてホームが高い位置にあるので風景もより一層空が広く、青空となるとちょっとした眺めになる。

上り方面階段

上り方面のホームへの階段、鉄製でもあり、冬場雪を解かす消雪パイプから水(地下水)で赤くなる、地下水に鉄分が多いので錆び状態。
地下水が錆で赤いっていうのは、太古はそこは沼、池だったりするのだが、ここは盆地なので鉄分の多い地質ってことなのか。

新潟らしくない山の風景

山に囲まれた六日町盆地、魚沼産コシヒカリはこの辺りか?食べたことがないので詳しくわからない(^^ゞ

上越国際スキー場前駅とロッジ

駅の北口側ホームから、”スキー場前駅”という駅名から宿泊施設になるロッジ、ペンションが多く、風景の部分的は”この辺りはスイスみたいだ。”と
地元新潟でスイス感を味わうが、実際に僕はスイスに行ったことがないがないので真価はいかに?

北口待合室

ホームに待合室らしいものはないが、北口側にあるのが待合室と云えば待合室、

待合室兼ロッカールーム

ロッカールームと云えばロッカールーム、どっちでしょう。
当然雪のない季節なので、ロッカーは全部鍵のかかって誰も借りていない。

上りホームと八海山

北側の下りホームからの風景、ホームには待合室でなく乗車証明書発行機の建物、こちら側にはないので下り方面の場合一旦向こうへと
行かないとだめ、その乗車証明書発行機の建物向こうの山が八海山。

無人駅でも駅舎とかホーム待合室とかには、除雪機が置かれているものである、スキー場前なら雪だってそれなりの降雪量だろうが、
無人駅でもあり、橋上型ホームでもあり、除雪機は上げられず、置く場所ないってことか、雪対策はホームでも消雪パイプが設置、無人駅でも
スイッチさえ入れたら地下水でホームの雪も解かしてくれるというもの、だから橋上ホームの地面もどことなく赤い。

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、久しぶりに来たなあと思わせる駅

JR只見線越後須原駅

駅には色々な形の駅舎がある、沿線で似たような建物もあれば、複合施設の中の駅、駅と図書館、駅と集会所とか、地方によっても様々にある、
「ここだけ。」の駅は2度目、3度目とかに訪れると「ここ、久しぶりに来たなあ。」と駅舎の光景に一層な実感が湧いてくる。

越後須原駅

ここJR只見線「越後須原」駅もそのひとつ、独特な平べったい駅の風貌とここまで走ってきた距離から、遠くまで来たもんだと思うである。
そしてここも無人駅である。

越後須原駅改札口

改札口と、ちらりと見える待合室のベンチは、個別型の椅子は個人情報保護うんぬんと云われるようになった平成時代の椅子か。

越後須原駅改札口前

改札口を出てのホームまでのアプローチから、ここもかつてはホームを上り・下り線と右と左で挟む島式ホームでだったのだろう、片側だけに
なったホームの風景と、ホームのまでの通路まわりの草むらに駅らしくない(かつてはここに線路があったと思うと寂しいような光景である)。

越後須原駅ホーム

下り方面、向こうは守門岳か。この辺りは新潟県でホームから見える家々形が、平野部と違う、冬の屋根の雪下ろしが自然に落下すするに
また降雪量が多いので雪などの湿気から守るのもあり、1階は車庫、倉庫なので玄関が2階、建物は3階とかが多い。

越後須原駅ホーム風景



越後須原駅ホーム上り方面

ちなみに、駅名標脇に見えている、駅舎の階段は屋根の雪下ろし用であり、3階建でなく2階建ての家には屋根に登る梯子がある。

越後須原駅改札口通路

ここだけ見たらひょっとしたら、山のレストハウスとかで駅に見えないかもしれない。

越後須原駅待合室出入口

この時、小出からここまでやって来るまで銀行、郵便局でもあったらお金を下ろすつもりでいたが、小出は町が大きいのでここで下ろす予定が
銀行前に車が駐車してあり、「とめれねえじゃん。」、この先にあるだろうだったが、ついには見つからず、家に帰るまで190kmを千円ちょっと。

魚沼市「越後須原駅」

コンビニも同様に、見つけても進行方向の反対側にあってまだ先にあるだろうとパスして走っていくうちに遂には見つからず、そして腹が、、、減った。
結局、越後須原駅前のJAコープでパンとアイスモナカとウーロン茶、コーヒーの買い物だったが、「え?!」コープって「袋に入れてくれない」と知った。
車は目の前だったので問題がなかったが、これが歩いていたらどうしたろうかと車で食べながら、ここらの人たちは銀行はどうしているのかと、
それは農協かあと気が付いた。

Category: 福島・情景  

◇ 「駅」にて、熊注意。

JR只見線塔寺入り口

相当な駅を見てきているが、こんな蛇がにゅーと坂を降りてきたような階段のある駅は珍しい。ロープウエイ駅とかの方が似合っている。
過去に、この駅の前の国道49号線を何十回と通ってきたが「塔寺」って駅があるなあくらい、どんな駅なんだろう?気にはなっていが、

JR只見線「塔寺」

まずは目的の会津方面を目指しているので、割愛的に素通りをしていたけれど、駅撮りをするようになって時々寄るようになった。
それまでは「塔寺(と・う・じ)」だとばかり思ってたが、駅名が「と・う・で・ら」だったの知った。

塔寺駅の階段

階段を上る先に見えたガラス窓のステッカーに毎度ビビる、”ここ熊が出るの”とクマ対面したらどうしようと毎度思うのである。

塔寺駅の待合室

もしもの場合は、ここの待合室に逃げ込めとある。

塔寺駅ホーム風景(会津坂下方面)

ホームに出てクマ注意で左右確認、突然藪の向こうからガサ!と音がすると、心臓がドキリ!!となった。

会津の空

熊が出てくるなら右の藪からだろうか、黒い大きな生物がこちらを見ながらホームに上がってくるのを僕は想像してしまうのである。
正にビビりの典型的空想だった。

塔寺駅ホーム風景(柳津方面)

JR只見線の他の駅で、乗降客とかカメラマン、駅の見物人の姿を見ることがあるが、この駅では何度か来ているけれど、その姿を見た記憶はない、

待合室前のホーム風景



塔寺駅出入口

駅舎で引き戸を開けると大概が待合室のパターンだけど、ここはゲートのような出入口で、扉もない、そこを階段を上っていけば待合室と
そしてホームへと出る。
それ故にか、僕はここでも熊だって、猿だってこれなら出入り自由だなと思いながら、訪れると僕以外の気配が”あるかとないか”を確認しながら
ゆっくりと階段を上がっていくが、降りるときだって突然正面を「塞がれたら」とビビりの僕は、最後まで想像するのであった。


Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、新潟県で2番目に長い駅名

岩原スキー場前駅下り(2番線)

長い駅名のJR上越線「岩原スキー場前」駅なのだけど、新潟県では駅名の長さは2番目。それでも駅名標の見るとごちゃごちゃと長々しくって
見過ごしたくなるようである。それにしても地名は英語表記は「Skiingu Ground」になるのかと、外人さんが日本語なら舌がまわらないだろう。

JR上越線岩原スキー場前

自分の記憶では、昭和の時代こんなコンクリート造りの建物がところどこにあった、それと対してその昔からの木造駅、これはなくなってきている。。

岩原スキー場前駅地下通路

自分の周りの駅は地下道移動は珍しく、それも改札口を通らなくても外部からホームにつながっている地下道は珍しい、そこの階段を降りて
行くのはウキウキワクワクしてくる、それはあっとう間にでるのだけど。

地下道を上がると



岩原スキー場前駅待合室

このあたりの駅待合室の椅子は、こんなである。ひょっとしたらかつては、長い木のベンチだったのかもしれない。
ドアの向こうは関越自動車道が見えてる(特に下り方面)、しかし走っている注意をしてないと気づかないくらい、周囲の高層ビルに視線がいく。

待合室の白い大きな乗車証明書発行機

ここでも白くて大きい「乗車証明書発行機」、切符券売機などの現金などを入れるものならわかるが、いつも「なんでこんなに大きいのだろう?」と感じる。

岩原スキー場前駅上り(1番線)ホーム

駅の向こうのビル、このあたりはホテルだかリゾートマンションだかともかく高い建物が多い。冬スキーシーズンは知らないが、雪のない季節は
どこかそれらは閑散としている。

岩原スキー場前駅



トイレマークのピクトさん

シンプルかつ原型のようなピクトさんトイレマークには、どこか「いつでもいらっしゃい。」安心感があった。

上越線岩原スキー場前駅



本日、財布には現金1000円、でもペイペイ、スイカがあるから問題ないだろうと、スーパーで買い物ビールとか飲み物を数本買って1000円ちょっと、
これなら現金で間に合うなと財布を開くと1000円がない、現金は500円。まあペイペイがあるからと、確認すると”対応やってません”、
ならばスイカはと聞くとそれもやってない、冷や汗をかき、「オイオイ時代はキャッシュレス還元なんだよ。」と思いつつ絶望感で目の前真っ暗、
”どうしようと。”あとは清算出来るのはクレジットカード、恐る恐る「クレジットカード?」と確認すると、それはやっていた。
スーパーでクレジットカードなんて使ったことがないので、まさかのクレジットカード使用可が信じれないかった。なのに時代のキャッシュレスはどうなってんだと店を出た。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 < >