FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、これがあ、、、「越後中里駅」は無人駅なの~

JR越後中里駅

JR上越線 「越後中里」、スキー場なのどある新潟県のリゾート地でもある。

越後中里駅

二度目なので、驚きもないけれど初めて訪れた時は、駅舎の外観雰囲気から職員のいる駅だと思ったら、改札口には人の姿はなく、
「無人駅だったなのか?」とちょっと驚かせた。

一番線と東口(中里スキーセンター)

改札口からホームに出ると跨線橋が見える、その先にある建物は駅裏のスキー場直結な東口。

改札口

改札口

越後中里駅ホーム風景

越後中里駅ホーム風景、奥に見える建物はホテル。

跨線橋

ホームへ行くには矢印通り左の階段を降りるが、スキーシーズンには扉が開放され、扉の穴から向こうへ歩いてみたが裏山スキー場直結とはいえ
夏の誰もいない東口は、廃墟的雰囲気、その先の階段を降りて外に出ると、開放的に眩しいくらいの緑の風景だった(Continueへ)。

2番線ホーム

ホームには数人乗客がいたが、上り電車が行って、そこから降りた男性2人降りてホームを出ると広い越後中里駅構内は無人状態なった。

3番線ホームとホーム待合室

右には旧寝台車利用の休憩所らしい、その前は広い駐車場、ただあくまでも冬のスキーシーズンだけなのか立入禁止のロープが張られていた。

2、3番線

2番線と佐3番線のあるホームは空の風景、まだままだこの後は長く、いつもは端まで行ってみるのだけど、広すぎてここまででやめた。

2番線ホームと梯子のかかる駅待合室

そのホームにある待合室に掛かる梯子は、冬場の屋根の雪下ろしで登るためのもの、雪の多い地方駅ではあちこちで見る。
時には、井戸水などを汲み上げて、屋根から融雪で流している所ある。

越後中里駅風景

この光景を見ながらこれで無人駅なのかと、僕的には嬉しいのだけど、改めてもったいないような、運営出来ているのだろうかと驚きを感じてくる。

待合室

西口の待合室と床模様、昭和なのか平成なのか出来た頃には駅舎建物の構え、ここ待合室は随分とモダンだったのではと思えてくる。
個人的には、駅はコンクリート造の床しか見てないので、床の模様を見ると上品な駅だなあと感じる。



12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >