FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、毛渡沢橋梁を見上げる

JR上越線毛渡沢橋梁

右の古い石造りの橋脚は、どこか西洋のお城のように見えた、しかしそれはお城ではなくその上を電車が走るのである、それもトラスの橋桁もない。
大風でも吹いたら心配になってくる。

毛渡沢橋梁

「土樽駅」を撮ってから後で周辺をグーグルマップで調べていたら、「えっ、こんな場所があったのか!」としまった感が起った。
今度行く時には、”きっと撮るぞ”と心に止めておいても、それはずっとずっと後の事になった。

石造りとコンクリート造



毛渡沢

調べてここへは行ったけれど、改めて目の前の橋脚を下から見上げるとその迫力は凄かった、でもここで電車でも通ったらと、物足りなさを感じたが、
僕は車両よりも駅なので、待つよりも「とりあえず撮る。」ことだった。電車狙いなら、ここを通過する電車を撮り始めたらここを通る色々な電車を、

毛渡沢橋りょう

撮りたくなるだろうし、また季節に合わせ色々なパターンを撮るようになるではと思える、僕は電車にはこだわりもなく”来れば”、
”タイミング合えば”撮るだけなので、特別列車が1時間後に通ろうが待つこともなく関係なし。

コンクリート造の毛渡沢橋梁

新旧共演、石造りの橋脚とコンクリート造の橋脚、下から見上げると結構高くここを電車が通るのかと乗っていたら怖いなあと思いながらも
かつてはここを、特急とか急行電車で通っているはずだと思い出すも、昔すぎてまったく思い出せない。

毛渡沢の砂防ダム

以前にここを通った時に、数人のカメラマンがいた。その時ここのロケーションがよくわかっていなかったので、カワセミでも狙っているのだろうかと
思ったが、この奥へ行くと毛渡沢橋梁があり、そこに電車通過を狙っていたのかと、今年なって「なるほど、そうだったか。」とわかった。

毛渡沢の流れ



土樽の山


12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >