FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 山形・情景  

◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR奥羽本線 「中川駅」

奥羽本線「中川駅」

山形県南陽市JR奥羽本線 「中川駅」 貨物コンテナ再利用の待合室の入り口にある三角屋根、何で三角なんだろうと見ていて
△、は後に見える山を模しているとだと、なんの特徴のないような無人駅だけど、「こだわりあるなあ~」と感じた。

山形県南陽市 「中川駅」

正面から見た時は一瞬「あれ?」どこから入るのだろうと思たった、こうなっているのかと思いつつ、その構造に僕はどこか懐かしさを感じた。

「中川駅」待合室

貨物コンテナ再利用の待合室は時々見るけれど、これは立派、内側から見ていたら貨物コンテナ再利用なんてわからないと思う。
右側にある赤い乗車証明書発行機なのだが、最近増えてきたのがこの機械が大きくなり、「おとな」、「こども」用とボタン分かれている。

「あlち!」

僕的には、無人駅ではこれ良いのでは思うだが、白くかなり大きいので「なんだこれ?」と思うかも、そのうち、ここも変わるのかもしれない。

「中川駅」待合室前

貨物コンテナ再利用の待合室には改札口もないが、ホームは幅もあり、長さもあり、そこにしっかりした屋根もあり無人駅なのに立派。

「中川駅」下り方面ホーム



上り山形新幹線トレイル

本数がそこそこに走っているのか、奥羽本線の駅を撮っているとかなり確率で山形新幹線「トレイル」に出会うが、秋田新幹線「こまち」と同系の
E6型は滅多に見ない。

上り方面ホームと連絡橋

最近減ってきてるのが、この昔からのタイプの駅名標である、今は柱に縦文字ひらがなで、ここなら「なかがわ」とあるのだが、駅撮り僕として
「これだよなあ。」とこれなら前の駅、次の駅がわかるし、時に住所まで書いてあったりする。それが減ってきていのである。

中川駅ホームの端から

駅撮りでやっかいなのが、跨線橋の階段登り降り、長いホームの端から端まで見て歩く、ここは2度目でそこまでは割愛するも、駅名標があれば
そこまで歩く、この駅の場合上り、下りホーム、階段、反対口に出入口あればそちらへも。

中川駅北口

中川駅北口、利用者のない駅では駐輪場がない所もある、時に屋根のある出入口駐輪するのはよくある光景、雨、強い日差しなどから守る
ある意味では自転車を大切にしているって事ではないだろうかと、初めて見た時は「なんだこの置き方は~。」だったけど最近見慣れたし、
自分の愛車なら雨に濡らしたくないなあと考えると当たり前の風景に見えてきた。



12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >