FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 福島・情景  

◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR磐越西線福島県「広田駅」

磐越西線広田駅

福島県磐越西線「広田駅」、5年ぶり、ちなみにその時はここから始まり、郡山駅、東北本線、磐越東線と雨模様の中撮りまわった。

JR磐越西線広田駅

こんな立派な建物だけど、駅にはがばーんと開いた入口先には切符売りの窓口どころか、改札口らしき改札もなければ、たぶん昔切符売り場の
窓口あった形跡すらない。駅なのだけれど、プチプチ図書館的なコミュニケーションの場、兼無人駅、誰にもオープンな駅である。

磐梯山の見える広田駅

駅のホームからは会津の名峰磐梯山が見える。
そしてこの先「郡山」へはその山すその坂を登っていくのに路線は蛇がはったようにぐにゃぐにゃと、くねっていく。

新しくなっていたホーム待合所

「あれ、変わった?!」と目をパチクリした、ホームの待合所が新しくなっていた。前回訪れた時は木造の昭和の待合所だったが、すっかり
今風のホーム待合所に変わっていたのに驚いたのと、ここでも昭和の風景がなくなったかあとちょっとばかりがっかり感があった。

広田駅下り方面のホーム

駅撮影中、上りの「郡山」行きの列車が来た、「電車だ。」同じ磐越西線でも、ディーゼル気動車でなくパンタグラフのある”電車”。

広田駅の構内踏切

構内踏切の敷板も、何だか新しくなったようで、ホームの待合所が新しくなるのに合わせて、踏切も変わったようだった。

夏空

夏空、入道雲。郡山方面は向こう側、入道雲下を走るので、ここでは青空でもこの先を行けば雲の多い、ともすると雨が降っているかもしれない。
駅撮り、カメラが趣味なり、夏を感じる遠くに見える入道雲の下は、暑い雲とひょっとして雨ってことがわかった。

広田駅



広田駅のホーム風景と磐梯山

駅横が工場があり、この駅から出荷輸送ってこともあったんだろう、無人駅にして立派な光景。

広田駅駅名標

また新潟県側の磐越西線はまだ電化されていないので、同じ磐越西線なのだが電化された会津若松駅の先は風景が違う。
風景、電車と別線のようでもありそして本数が違う、同じ名前の「磐越西線」だけど、新潟県人の僕としてはこの差に、ちょっとばかいり
気が引けるのである。



12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >