FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 日記・情景  

◇ 「駅ですがなあ。」、、、北越急行ほくほく線「美佐島駅」

北越急行ほくほく線美佐島駅

何の変哲もないような駅舎、実はこれが凄い構造なのである、ローカル県には珍しい地下駅である。初めての時はその構造に僕は興奮した。

十日町市美佐島駅

ちなみに新潟県内はここ「美佐島駅」と「筒石駅」のふたつある、いずれも山の中なので、地下鉄というよりもトンネル駅。
ただこれだけの駅で利用者がいるかのといったら、山間の駅であり利用者は少ないので、地元の公民館などとして利用されているの思う。

美佐島駅待合室への階段

建物を入って右に、これですわい。地下鉄のない県人にとってはこの光景に「おー!」とうなっちまうです。

地下待合室

階段を降りると分厚いドアが開くのだが、同様な分厚いホーム側の扉が開いていると開かないらしい。
この秘密基地的な厳重感な出入り口に前に立つと分厚いドアが自動開くと、他の駅では味わないドキドキする雰囲気がある。

ホーム出入口

北越急行ほくほく線は以前は「特急はくたか」が高速で通過するのもあり、地下ホームだし、気圧の風とか、湿気などから食品工場の
冷蔵庫の出入り口のような光景は興奮するのだけど、残念ながら開いたのは見たことがない

待合室

電車が到着し乗り降りの時だけ扉が開くらしいのだけど、その時間も調べず突然訪れても、本数の少ないローカル線ではそのタイミングに難しい、

美佐島駅待合室

なのでドアの向こうは気になるけれど待合室を眺めて我慢。このコンクリートの壁に囲まれた雰囲気はどうも僕は落ち着かないベンチに
ちょこんと座り待合室ぐるりと見渡し終わった。

地上側の待合室

驚くのは、階段を登って地上部に上がると、そこにも待合室があるのだが、待合室というよりもジイサンバアサンの寄り合い所のような感じだった。

待合室と階段

とは言え、電車待ちで畳の部屋でっていうのも良いじゃないか、でもゴロ寝してついつい乗り遅れなんてあるかもしれない ヾ(・ε・。)ナイナイ
だいたい、貼り紙には午後6時には手前のシャッターが自動で閉まるらしく、ゆったりゴロ寝するもの時間制限があるようである。




12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >