FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 日記・情景  

◇ 「駅ですがなあ。」 飯山線「越後鹿渡(えちごしかわたり)駅」

飯山線越後鹿渡駅

飯山線「越後鹿渡(えちごしかわたり)駅」、2度目となるそうでもないけれど、初めて訪れた時は「鹿渡」って名前に衝撃的だった。「鹿だよ、鹿。」鹿で有名な奈良公園ならまだしも、越後の山の駅名なら鹿が川とかを昔は出たんだなあと駅とまわりを眺めた。

越後鹿渡駅

この日、駅に到着するとワンボックス軽が駅舎の前に止まっていた、迎えだろうかとってことは、「列車が来るのか。」なのだが、
ワンボックスのナンバーを見ると川越ナンバーで、駅のホームにはオジサンがホームを眺めていた。

駅のホーム待合所

「川越(埼玉)から?」この駅ってそんな有名なのかと思いつつも、僕は駅撮りでそのオジサンと駅前の止めたワンボックスがいなくなるの待った。

ホームのミラー



待合所

屋根のあるホームの待合所、建物の柱を見るとレールを曲げて造ったのだろう、こういうパターンは良くあるし、枕木を利用の柵のパターンもある。
とは言え、昭和の建物、それも形からしたら昭和20年とか、30年代とか思うような形に、僕はどこか懐かしさを感じくる。

越後鹿渡駅ホーム待合所

鉄道マニアの人と話をして、「列車がメインだけど、駅の線路利用の建物が好きなんだよね、時に刻印とはあったりする嬉しくなる。」と
そんな話を聞いたことがある。そんな話を思い出しながら、この駅ならどうだろうか?とレールの柱を眺めた。

駅前の緑

駅前の緑、遠くでセミがミーン、ミーンと鳴いていた。

屋根のかかるホーム待合所

ホームの待合所の建物と、奥に見えてる丸い屋根小屋の形に雪国使用だと思った、鉄の線路利用な頑丈間違いなし、屋根のたくさんの雪が
積もっていいようだったが、しっかりと建物向こうには雪下ろしようの梯子が設置してある。
地元の人には何ともないような駅の風景なのかもだが、僕は地元駅との違いに「へえ。」なのである、しかしさ、2度目なら「そうだった。」だが、
駅舎はどう見ても駅というよりも”人様の家”のようで、駅名表が掲げてなかったら僕は戸を開けるのにたぶん「人様の家だろうか?」と
躊躇するだろう。



12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >