FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2019

Category: 日記・情景  

◇ なんともう9月ですわ、、、そして当分意趣替えのような「駅ですがなあ。」シリーズ続きます

飯山線越後水沢駅

この日約6年ぶりにJR飯山線の駅をまわった、前回は雨模様、雨に濡れながら撮った駅もあったが、今回はみんな晴れ、それも暑い。

越後水沢駅

ともかく久しぶりの「越後水沢駅」は、こんなだったか?と思うようなメルヘンチックな駅だった、シャッターの奥は物置、たぶん除雪機が入って
いるのではないか、駅舎というか駅にはトイレはない。

メルヘンチックな駅

工事中のようで、床石が剥がされ山積みになっていた、メルヘンチックな駅がもっとメルヘンになるのかもと感じた。

越後水沢駅ホーム風景

新潟県は元よりあちこち駅をかなりのまわっているけれど、メルヘンを感じさせるような駅は他で見たことがない。

越後水沢駅ホーム待合所

そんな駅の待合所の椅子に座り、前に見える風景を眺めていたが、「駅撮り」だとジッとしている暇より「次の駅」が気になり、座っても
すぐに移動であった。

水沢駅ホームからの風景

越後水沢駅ホームからの風景にも、新潟県でありながら駅は元よりホームから見える風景も新潟県らしくなった。

ホーム風景



駅舎隣の何か?

駅を撮り終えると「何だ?」と気になった建物があった、次の駅が優先的に気になっていたがパスつもりだったけど、気なり「今見ないと、
今度はいつになるかわからない。」と覗いてみた。

何か?内部

覗いたところで、何なんだろうだった。家に帰り調べると芸術イベント「大地の芸術祭」の台湾アーチストの作品らしい。
両親 を亡くした少年と飼い犬が列車に 乗って、田舎のおじいさんを訪ね る物語って事らしい。

「駅ですわがなあ。」シリーズ新潟県、長野県、福島県、山形県と意趣替えのように当分続きます。

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >