FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 06 2019

Category: 長野・情景  

◇ 僕は、やっぱり温泉よりもこれでしょう

渋温泉と横湯川に掛かる和合橋

横湯川と赤い欄干の和合橋、この川の上流は、あの猿の温泉で有名な地獄谷野猿。

裏路地巡り

渋温泉と云ったら、僕にはやっぱり温泉よりもこれでしょうとメインストリートもよいけれど、それよりも裏路地へ入る喜び、探検的にドキドキしてくる
地面はしっかりタイル張りや、舗装されているせいか立入禁止的な閉鎖感がない。

パイプめぐる路地

表通りには見えない裏路地はアニメの街で出てきそうなパイプが実にあっちへ、こっちへと何本走っている、そ何にパイプなのかわからないが、
どれかに触ると温かいのもり、これは温泉だろうか?とそのパイプがどこから来て、その行先はと眺めた。

渋温泉の裏路地をめぐる



喫茶店前

喫茶「ニュー信濃」の前の路地、左角は前回家があったが取り壊られ空き地になって暗かった路地が明るくなり、僕には、またひとつ
お気に入りの風景が減ったように思えた、前回はこの路地目指してやってきたもあるし。

渋温泉の裏路地

暗く狭い路地、そして渋温泉では、パイプがあちこち走っていて、理想の路地の見本のような裏路地が、誰でもどうぞ的にオープンなのが、

パイプ、空中回廊ありの渋温泉

僕を温泉に入るよりも、引きつけて魅入らせ「渋温泉いいよなあ。」は、僕とっては温泉よりも裏路地感であるのかもしれない。

この日気温は日陰で30度

マジか!暑いとは感じていたが、この日裏路地でも気温30℃、暑いのは苦手ではなかったが、この日の暑さには参った、ジーパンなんて
履いてられない、歩くのにはショートパンツが欲しくなった。


Category: 長野・情景  

◇ 温泉街の坂をのぼる

渋温泉



渋温泉二番湯(笹乃湯)

二番湯を撮っていると浴衣を着た中年カップルが、男女別々にカギを開けて入っていった。

共同浴場二番湯

温泉に来て浴衣を着て共同浴場をまわるのと、温泉に来て温泉に入らずカメラぶら下げ歩く僕とはどっちが温泉的だろう。

渋温泉通り

この日日帰りの僕はたぶん温泉に入ったらあまりの気持ち良さに疲れが一気に噴き出し、運転なんてできなるだろう。

渋温泉三番湯(綿の湯)

三番湯の前を通ると、OLさんの社員旅行のようなグループ、そのうちの一人がカギを開け、他メンバーは自撮りしたり、覚めたような目付きで
鍵を開けるのを待っている人、人それぞれととは思いながら、このグループ関係は同じ職場なのだろうかと考える。

共同浴場三番湯

厭らしい意味ではなく点でバラバラの様なOLメンバーが、狭い浴場で入浴すると中ではみんな互いにどんな顔をして入るのだろうかと気になった。

渋温泉三番湯前あたり

そして僕は、また温泉街を歩きまわった、お愉しみはこれからだった^^

Category: 長野・情景  

◇ 長野県山ノ内町渋温泉

初夏の渋温泉

渋温泉の上り坂のメインストリートの真ん中を「久しぶりだねえ。」とを歩いていると、後ろからグアワーと音を立て近づいてきた。

長野県山ノ内町渋温泉

なんだ、後ろを振り返るとバンだった、道の真ん中をのんびり歩くこちらに非があるのかもしれないが、それしてもこの道に合わない速度だった、
そんな急いでどこへ行くのかと僕を越していく様子を見ていたらすぐに止まった、店の前に車をつけると荷を下ろしはじめ、急ぎの配達ようだった。

長野県渋温泉



渋温泉(初の湯)一番湯

あちこち合わせたら10幾つもある共同浴場があるいちの「初の湯(一番湯)」、共同浴場は渋温泉に泊まると宿からカギ(マスターキー)をもらい
好きな所をまわるのだが、泊まらないと入れない。誰でも入れる足湯が2か所ある。

渋温泉一番湯前

僕はお分かりのように、そんな温泉に浸かっているよりも、こんな光景を撮ってまわった方が、どんなに楽しいか、これもある意味癒しである。

(初の湯)一番湯

久しぶりの長野県渋温泉、ちかくに有名な猿が温泉につかる地獄谷野猿公苑もある。
前回は長野電鉄の駅撮りでこちら方面までやってきて、「渋温泉って有名だけど。」ついで的に寄った、温泉街を歩くと僕好みの所ばかり、
メイン通りは適度に狭い、坂道、くねって先が見えない、道の両側に絵になる店、旅館がある、そしてそんな道が 「A」の字のように往復あり、
「A」の下の横棒のようにまた路地がある、またこれが迷路的に細さなものだから、温泉街散策というようり温泉街「探検」のようで
この渋温泉は、僕には写真的に理想的な場所を発見!だった。
しかし、ついで的に寄ったので時間も限られ早足で一通りは歩いたが、物足りず「またいつか」ってことで、時間に余裕を持って訪れたのだった。


Category: 長野・情景  

◇ 高原列車は行く、夜間瀬駅

夜間瀬駅ホームと高社山

長野電鉄「夜間瀬駅」、長野県で僕の大好きな駅。無人駅で簡素ではあるけれど、何て言ってもホームからの景色がいい。
その風景と相乗効果で簡素な駅までが良く見えてくる、駅名が「夜間瀬(よまぜ)」っていうのも、僕をググっとさせる。

青空と高社山

前に見える高社山の麓では、その傾斜を利用した果樹園風景。
ただの山の風景ではなく緑の果樹園の光景がそこでは何を作っているのだろうかとパノラマ効果を一層する。ちなみ右側にちらりとスキー場。

電車到着

「いいねえ。」と駅を撮っていると、電車がやって来た、乗客は4人いたような。

上り到着

信州中野行き、ワンマン電車。

車掌さん乗降確認

駅の線路はカーブと山麓でもあり電車の車体は右に傾き停車、そして運転手が降りて「乗ったかな、問題ないな。」と後方確認。

では、出発します

カメラを持った僕には、「このカメラオヤジは乗らんだろう。」と端から乗客とは見ておらず、こちらを見向きもしない。

出発電車と高社山

出発していくと鉄塔の書かれた「竹27」の意味になんだろうと、隣の駅は信濃竹原駅、その竹原の竹と関係あるのか?

高原列車はヤッホー

妙に気なる「竹27」であった、やっぱりこの光景はいいなだった、僕は駅撮りで電車を入れた方が駅らしい、停車時間まで待っていたら、
てんこ盛り的計画行動に制限が出るので、駅撮りは電車いなければいない、撮ってる最中に来そうならちょっと待つが、10分が限界だろうか。

夜間瀬駅ホーム

高社山が見えてないと、ただの無人駅風景。

夜間瀬駅

しぶい、、、ローカルの私鉄駅は、絵になる所が多い、残念ながら我が新潟県は20年前になくなり駅も残っていない。

長野電鉄夜間瀬駅

こんな光景を求めて、ずっと天気予報を見ていた、そして「この日!」と出かけた、やっぱり青空は良いわ。

Category: 長野・情景  

◇ 僕的いいね!の長野電鉄「信濃竹原」駅

信濃竹原駅湯田中方面ホーム



長野電鉄信濃竹原駅

長野電鉄「信濃竹原駅」、昭和も昭和、大昭和のような木造の駅舎はやっぱり感動ものである。そして今は少なくなった駅前の電話BOXまである。
ちなみに、大昭和なためか駅舎内に入れない、ガラス扉には封印するようにポスターが貼られている。

信濃竹原駅舎内

駅舎内には平成九年の当時の運賃表と路線図、当時はあちこち路線があったが長野電鉄は今は長野駅から湯田中駅間のみ。
こんな光景を見ると、もっと早くに駅撮りしてたら良かったと思う。

信濃竹原駅風景



信濃竹原駅長野方面ホーム

長野方面ホーム風景、長野電鉄は現在は停車駅案内の通り、僕は残念ながらあと6駅が未踏。

高社山

高社山、先ほどはこの麓の果樹園の道を走ってきた、南側は日当たりが良いのかこちらは果樹園利用だけど、東側は頂上近くまでスキー場利用となる。

湯田中方面

この日は、やっぱり気分は(風景)ハイになっていたかもしれない、途中思いがけずの高原の山道の風景の発見もあり、久しぶりに「あの駅」を
撮りたいと思っていた長野電鉄「信濃竹原」駅に、到着すると喜びで顔がにやけてくる、そして「はて~、どう撮る?」と考えながらも、

信濃竹原駅駅名標

答えが出ない前に、僕の指はシャッターを押した。当然、枚数は予定よりも撮った。

湯田中方面ホーム

撮っていると、カメラマンが現れた「この人も同業の駅撮りか。」と共通の趣味に僕は「こんにちは」とその人に挨拶した。
相手は挨拶を返すと「今度来る電車は○○分でしたけねえ。」だった。この人は駅撮りなく、電車狙いだったのかと思ったら僕は「まったく、

信濃竹原駅

わかりませんねえ。」と、つっけんどんに返した、正直な答えである。僕はあくまで駅撮りなので電車時間は頭になく、共通の趣味かと思ったら
”どうも違うらしい”と裏切られたようで「わかりません。」に僕は力が入った。



Category: 長野・情景  

◇ 高原の山道を走ると、寺はあった。

果樹園のハウス



スプリンクラー散水中

山の坂道を車を走らせながら、そこに初夏の雰囲気を感じ、高原の果樹園なので拓けた眺めは、それは何度も車を停めさせた。

高原の果樹園

「ブドウ畑なのか?」と眺めながら、それをこうやって畑棚を見下ろすような視線はあまり記憶がなかった。

果樹園

何度も風景に「この山道は正解だった。」ナビに感謝した。デカくどっしりした形の山が、最初は何て山だろうと気になっていたが走ってるいるうちに
ひょっとして黒姫山だろうかと、わかってくるとそのまた風景に「長野いいねえ。」になった。

果樹園と菖蒲

「いいね。」する傍らで、菖蒲が咲いていた。花はしょうぶ、僕は高原の風景と「勝負」した。

谷厳寺の山門

「いいね!」の山道に、湧き水まであった。ならばと、ここは一口長野の水を味わうと、その前に大きく立派な石灯籠が立っていた。
この寺は何かありそうなのだが、先(目的地)を急ぐ僕には、寄っていくか寄らまいかと迷いつつ、ここの「いいねえ。」の風景を味わったら

中野市赤岩谷厳寺

「郷に入れば郷に従え」だろうと、寄ることにしたが石灯篭からずっと歩きそうで歩いていく時間が惜しく、僕は他県の旅人として奥まで車で。
でもビビるくらいのくねくね山道を2分して奥の駐車場まで行くが、駐車場は空、正解だったが、あのくねくねを思うと納得でもあった。

谷厳寺の塀

しかし、到着すると、「なになに、こんなお寺があったのか?!」と、僕は想定外の立派なお寺に、ここでも「いいね。」した。

谷厳寺本堂



谷厳寺

本堂前の玉砂利に初夏の太陽の光が当たり、それが反射して本堂を明るくしていた。今年は年明けがお寺まわりしたせいか、たぶ今年でなかったら
”ここは来なかったかもしれない”とそんなことを考えると、この日は寄り道も大当たりの日だった ヽ(^。^)ノ


Category: 長野・情景  

◇ 今度は海の青から、緑の山を目指す。 

千曲川と西大滝ダム

目的地に向かい長い長い国道を走っていると、前が詰まってくる。速度は法定速度、僕の後ろにも車がつながった。10台も後ろに車を
引き連れるように走行、ちょっと道を脇に止め譲ってくれたら良いものを、法定速度は目安速度であって安全運転とは関係ないと思う。

千曲川と野々海川

事故を起こさない、起こさせないのが安全運転だと思うので、後ろに車をつなげ後方のドライバーをイライラさせたらダメだと考える。
僕はイライラのあまりその列から抜け車を停め風景を撮った、そしてまた走るとその車列に追いついた、オイオイ、あんたとオレらの時間速さは
違うんだと思った。法定速度で走っていても、抜いてみるとスマホを眺めてながら運転、そんなのは法定速でも安全運転ではない。

中野市スプリンクラーのある山

何とかかんとかコースアウトするように山の坂道を登っていくと、山の傾斜を利用して果樹園の風景があった、この日天候は夏日のように
気温は上がったためか、あちこち勢いよく水を散水するスプリンクラーが光景があった。

長野県中野市風景

久しぶりの長野県、目的地は知っているし、道もなんとなくおぼろげでに記憶はあるけれど、久しぶりでもあるし念のためナビで行先を設定、
するとあきらかに走ったことないルートで指示した。(向こうに見えている川は千曲川、新潟県に入ると信濃川に名前が変わる)

展望台的な風景

こんなコースでよいかと飛んでもないような山道だったがナビを疑わず素直の従ったのでこんな光景眺めがあった、たぶん普通だったら
市街地の国道を走るのでこのコースなかったと思う。

果樹園

そのお陰でこんな長野の風景があったんだと、車を停めさせる山の風景があった。鉄道らしきもの見え、ちょうど立っている下を走っていた、
後で調べたら北陸新幹線だった。

スプリンクラーと果樹園

我が新潟では、見ない光景(大体新潟は田んぼ)。山の傾斜に作物があったとしてもスプリンクラーまで見たことがない、山形の南陽あたりでも
山の傾斜利用の果樹園を見られるけれど、またそれとここはの風景は違った。


Category: 奈良・情景  

◇ 遠い記憶から 三つの駅風景

近鉄吉野線吉野口駅

奈良県「吉野口駅」のプラットホームは5線あり、1番線は近鉄吉野線ホーム。

近鉄吉野線吉野口駅ホーム風景

(右電車停車中の)2番線も近鉄吉野線、ここ3番線はJR和歌山線、左に見えている4番、5番線も和歌山線。

吉野口駅(近鉄吉野線)ホーム風景

近鉄線吉野行特急発車、2番線も特急発車。

吉野口駅ホーム(近鉄)風景



吉野口駅改札口前

改札口からのホームへ移動は、一旦階段をのぼり、左に歩くと地下道への階段があり降りて、2、3番線とJRの4、5番へ。
何で上ったり下ったりのホームを高くしてあるのか、それは電車のドアにホームの高さを合わせるため。

吉野口駅

「吉野口駅」、JRと近鉄が共同乗り入れ、プラットホームは5ホームあるけれど、JR、近鉄線とも単線である、駅周辺に何があるって訳でもないので、
JR、近鉄線とも単線ゆえの列車交換待ち駅なのかと思われる、雰囲気は無人駅状態なのだけど、JR、近鉄線共同駅でもあり職員は駐在。

ごじょう 駅

JR和歌山線「五条駅」に到着、”訪れてみたかった街”が漠然とし遠さを感じて、行くのは無理だとあきらめていたので、その五條に到着すると、
本命の五條の街歩きよりも、嬉しさのあまり本題の街撮りよりも、まずは駅を撮りまくった。

五條駅改札口



五條駅前

駅からの五條の地を踏む「最初の一歩」をもったいぶるかのように駅待合室をうろうろ撮影しながら、「どんな所だ、五條って?」と駅の中から駅前の様子をうかがった。

JR和歌山線五條駅

ちなみに、駅は「五条」、市は「五條」市の表記。

五條駅ホーム

奈良行き到着、一旦乗り込んだのだが5分くらいの停車待ち時間があった、ならばと降りて撮影。
とは言え、撮影中ドアでも閉まって置いていかれてもと、運転手が降りて安全等確認等をしているのを見ながら運転手が乗ってなければ

上り奈良行き

電車は動ないのだからと確か運転手を横目で見ながら撮影。


Category: 日記・情景  

◇ 出雲崎の小路を猫が横切って

出雲崎夕日ライン橋



尼瀬の船着き場

1枚目がなかったら、ひょっとして にゃん太郎はドローンを始めたのかと、思うかもしれない。

尼瀬の港

タネを明かせば何のことはない船着け場に掛かる橋の上から撮っただけ、時に写真ってこんな発想が必要、見た光景を説明するように
撮っただけでは面白くない、「なんだこれ?」どうやって撮ったのと思わせることでその写真にも奥行きのようなものが出る。

バス停尼瀬

待ってたら海に沈む夕日の光景が撮れるかもしれないだろうが、そんなのは僕にはさておき、実は他へと移動した。

バス停と夕日



出雲崎良寛堂

出雲崎の良寛堂、良寛さんの実家橘屋(山本家)があった場所に建てられた良寛堂。

良寛さん

そのお堂の裏には、日本海に顔を向けた良寛さんの像があるだが、いつも僕はここへくると、お堂と良寛像の向きが背中合わせなのに、
どっちが表なのだろうといつも思う。

良寛堂と良寛像



小路を横切るキジ猫さん

出雲崎の町並の影が伸びる、そろそろ引き揚げ時かと小路カメラを向けると、キジ猫が横切った。

羽黒町の通り

その猫が横切ったことで、この日僕の頭の中で出雲崎散策のスイッチが切られたように感じた。


Category: 日記・情景  

◇ 町歩きで深読みすると、なんか宗教的メッセージが、、、、

キリスト看板

「悔い改めよ」、「変えますニッポン」、「通り抜け禁止」、そして横断歩道までが、キリスト看板から始まり、みんな意味を持っている様に思えた。

キリスト看板 真の神は人を愛し

ぶらぶらと町を歩くと車では気付かなかった、気づいても速度が速いので見落としていたモノに、「こんなのが?」と目に入ってきた。
出雲崎では神社仏閣といわば日本文化をまわっていたけど、キリスト看板があちこちあるのも気づくと、またそれもメッセージのように思えた。

羽黒町のT字路の止まれ

何でもないT字路の地面の「止まれ」の文字に、「オレの人生は今はT字路状態なのか?」頑張ってと、そんな様にあちこちのキリスト看板の、
文字、言葉に迷いを感じてきた、こういうのはある意味で知らず知らずの洗脳なのかも。

キリスト看板 キリストの血

「キリストの血」、そして「罪」って文字には特に誰でもどこかに記憶があり、反応しない訳がない。
その「キリストの血」、今日は家に帰ったら赤ワイン飲んであの罪、この罪を洗い流そうと思うのであった。

赤いポストのある道

そんなこんなで歩いていると、赤いポストにだって、手紙=メッセージなどと飛躍に思考が連鎖する。

羽黒町の曲がり角

「飛び出すな」、これにまで段々意味があるのではと思えてくるのは、キリスト看板に洗脳なかも。

屋根のギザギザ影



井鼻地区

そんな事をやってると、「出雲崎町井鼻一区」の案内板からだって、もしも「井鼻」っていう人と出会った日にゃあ、運命的出会いのように
感じてくるのではないかと、神社仏閣、キリスト看板の多い出雲崎を歩きながら一人妄想した。

Miles Davis, Robert Glasper - Maiysha (So Long) (Audio) ft. Erykah Badu 


Category: 日記・情景  

◇ 出雲崎町の港のある風景

出雲崎港のハイロ

トラックに掛かれたカタカナの「ハイロ」って何、会社名?それにしてもコンテナのゴチャゴチャ派手なあと近づくと「原発廃炉」だった。
そして後で、この運転手だろう人は僕を見て「ご苦労様です。」と声を掛けてきた、デカいカメラ姿が取材でも思ったのだろうか。

出雲崎港卸市場

何やら港では騒がしく、低く渋い声が聞こえてきた、競(せり)の最中だった、しかし何を云ってるのか僕は聞いてもわからんかった。
しかし「今日は日曜日のはず!」、水曜と日曜が市場関係は休みではないのかと思っていただけに、それも午後3時を過ぎていただけに驚きだった。

荷揚げされた魚

荷揚げされた魚、肉好きがよくどれも美味そうに見えた。よく見ると発砲スチロールの一つ、3kgになるように詰められていた、もっとも
デカいのは一匹だけど、それはそれで値が張るのだろう。

出雲崎港市場前



出雲崎港

釣り人の姿はあったが、さっきの魚はここでは釣れないだろうなあと、わかった。

出雲崎港の船小屋前

釣り船の船小屋

出雲崎港の船小屋

他で、こんな僕のお気に入りの光景があったが、消えた。住宅と同じ時代である、世代交代、効率化、近代化でそれは海辺へと引っ越ししたが
風景は新しいよりも”古い”が、見ていても哀愁のようなぐっとくるものがあったし、絵にもなった。

石井神社と出雲崎港

出雲崎港と、海を見守る石井神社の狛犬。

石井神社前

どこかでも書いたが、神社は高台にあるので津波とかなると、神社は避難地になるのだと思えてくる眺めでもある。

羽黒町通り


Category: 日記・情景  

◇ 羽黒神社あたり

羽黒町の路地

羽黒町の善乗寺脇の路地、こういった板壁の路地の風景が僕を出雲崎へ引きつけているひとつ、前方に見えている家同様に、家の造りは
変わってきている、だいたい右側の前は鉄筋である。

羽黒町通り



福厳寺からの海風景

福厳寺からの海風景、「荒海や、佐渡によこたう 天の川」を芭蕉が歌ったのが、ここ出雲崎であり、昔は越後一の賑やかな町でもあり
佐渡金山、島流しのなどの際の港でもあり、それゆえに越後にあって、幕府直轄の「天領」でもあった、それゆえに神社仏閣が多くの残る。

福厳寺

初めて出雲崎を訪れた時、そんな事も良く知らず、車をどこへ停めて良いやら、またどこを見たらいいのかわからずの、車で素通り状態の出雲崎観光、
その時ここの階段と鐘楼を兼ねた山門の光景が印象に残る、階段登って、その上に山門なんてお寺の風景は同じ新潟でも珍しく、

福厳寺山門

「出雲崎おまえは違うねえ。」と嬉しい発見だった、今なら駐車場はどこにもあるのはわかっているが、でも果たしてそれもあったかどうか?

福厳寺本堂

福厳寺お堂だって、石段と山門は撮っても、「お寺」を撮るなんて当時は気持ち的に気安く撮れえるようでは”まだまだ”なかった。

羽黒町海の見える小路

小路の向こうに日本海、その向こうに佐渡ヶ島。

羽黒神社

出雲崎町羽黒町の地名にもなる「羽黒神社」。

羽黒神社御社



羽黒神社入り口と海景



羽黒神社からの海景

ともかくそんな素通りで終わってしまうような観光は、後で、「今度はゆっくり歩いてまわらねば。」とリベンジさせ、ゆっくりと歩いてみると、
車とは違う別の風景がたくさんあり、それはなにやら出雲崎が宝物の山であり、「再発見」っていう言葉がこれかと思うのだった。


◆本日、10時過ぎに揺れた、PCの机がぐらぐらとビビりまくり、しばらくドキドキしてましたが、本棚の本が落ちました特に被害なしです。


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >