FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 05 2019

Category: 日記・情景  

◇ 岩谷山平等寺

平等寺本堂



平等寺境内

明るすぎたなあと、今改めて見ると、かなり大きな切株があちこちに見える、これだけの切株ってことは切った木だってそれなりに大きい。

平等寺薬師堂

それを切らなければいけない事情って何なんだろうと改めて思うのだが、何年に1度くらいしかやって来ない僕にはその事情はわからない。

若宮八幡宮

でも、若宮八幡宮前の石段の傾きを見ると、境内の杉が大きくなるとそこに張る根も大きくなれば地面にだって影響が出るからなのかと
鳥居周りの三つの切株と、それよりも古いだろう切株からそう思えないもない。

若宮八幡宮からの平等寺境内



平等寺薬師堂前



薬師堂から本堂



平等寺の石段



平等寺駐車場

平等寺の駐車場、過去にいつもここに車を停めると薬師堂はすぐだったけど、

岩谷平等寺前

そうなると、こんな光景だって目に入っても見えてなかったはず、コックが二つ2段の消火栓だって気づいていたかどうか。


Category: 神社仏閣・情景  

◇ 三川・平等寺の平等ってなんだろう

平等寺薬師堂



平等寺梵鐘と薬師堂

2、3度訪れているとは思うだが、正直何年前か思い出せない、ただ平等寺の印象があるのは木に囲まれ鬱蒼として暗く、それがかえって
歴史を感じさせていたのだが、この開けたような明るい薬師堂風景に、「こうだったかなあ。」と思い出すが、期間が開いているのか思い出せない。

薬師堂と石段

調べてみると、以前は薬師堂周りには何本も杉の木が並んでいたのが分り、「オレの知ってるのはこの頃。」だった。

岩谷薬師堂

逆に云えば、気づかないくらい訪れていないって事だった、現在の阿賀町平等寺ではなく市町村合併前は三川の平等寺だった。

薬師堂

茅葺の下に垂木が並び、茅葺の茅は傷んでいるように見えるが、その下のどっしりと垂木の並びに見事な造りだなあと感心した、
カメラを始めて色々場所、建物を撮るようになり、こんな目線も変わってきているけれど、若い者から言わせるとそれは、「歳」ってことでもある。

薬師堂と若宮八幡宮



緑板

薬師堂を参拝して、お堂の縁板を歩いて一周すると、裏側はどことなく周りの樹々から光を吸収したかのようにお堂の板壁は緑色に見えた、
陽当たりの悪いお堂の裏側なので苔のようなカビなのかもしれなかったが、季節的に樹々の薄い若葉の葉っぱを通して、太陽の光の
透過光のようにも思えた。


Category: 日記・情景  

◇ 阿賀町岩谷平等寺

阿賀町岩谷



岩谷の平等寺参道

何年ぶりだろう、でもいつもここを僕は車だった。こうやって初めて岩谷地区を歩くと、車でなく歩いた方が良いと思えてくる。

水原弘のいる通り

水原弘、「ハイアース!」こんな時代があったんだね、ホーロー看板レトロ調で貼っているのではなく、初めから貼られていたのではと思う。
大塚グループって、家具屋じゃないよ、アースだよアース(笑)

岩谷

芝桜、一面の見事な芝桜は良いけれど、こんな光景にも芝桜は良いなあと、感じる5月である。

阿賀町岩谷平等寺

車ではなく歩いて来たので土地勘が今ひとつ、ここで「そうそう、ここだよ、ここ。」のはずが、なんか違う、”ここだ。”と感じてはいるが
前に来た時を思い出し、こうだったか?もっと薄すぐたかったような雰囲気があるのだが。

平等寺

新し感まだまだ石の柱があった、これは最近造られてものだろうか、それでも僕には「平等寺」の「平等」の文字が京都の平等院鳳凰堂を思い出し
新潟にいながらハイカラの名前の寺だなあと感じるのである。ここでも桜の種類は違うとはいえ、遅い桜が咲いていた。

「ハイ、ハース」水原弘、この歌唱力は化け物級だと思う、



同曲を歌う ちあきなおみ もこれは これで特別感あり。



Category: 日記・情景  

◇ ストック整理 5月

田中町の路地

田中町の裏路地、以前は奥に幼稚園があった、時に園児の声が聞こえてきたり、お昼寝用の小さい布団が干されていたりして
西日が当たるそんな光景を被写体としてよく撮っていたが、今は幼稚園は引っ越し園児の声も、お昼寝布団も撮れなくなった。

美術館裏のトマソン的階段

これだけ見てもわからないだろう、美術館の裏にあるトマソン的階段である。広い立派な階段だけど階段を登って行っても何もない空き地になっている。
なので本来の目的をどこへやら利用している人がいるのかどか。

西堀会館 bar mush

西堀会館 この路地、こんな細いが Google street viewでは通れるのである、それを発見して知っているだけに僕は笑った。

三業会館跡

巨大なカニのような爪でガガガと取り壊し作業していた「三業会館」、へえ~と眺めいたが、今はその建物はなく、工事終わると僕には
失恋した後のようなポカンと空いた穴ような風景になった、現在は白線が引かれ駐車場になっている。

鍋茶屋

鍋茶屋の白門、時には紅白幕が引かれているが、GWに前を通るとその日は門が閉まっていて、久しぶりのその光景を見た。

鍋茶屋通り

その前の「鍋茶屋通」、かつての柳都新潟の色街の雰囲気が残る。

弘法さん通り

勝手に弘願寺の弘法大師像あるので「弘法さん小路」と僕呼んでいるが、来年には正面の三越は閉店で、通りを歩く人の姿はかなり減るはず。
この日、スマホ片手にのろのろ街を歩く光景があちこちで見た。

ネクストと三越

2010年に新潟三越と伊勢丹は統合し、一時は両店舗をシャトルバスが走ったこともあるが、新潟三越は2020年閉店なる、約40年見ていた
三越を今は撮るだけ、10数年使っているここで買った小銭入れ、当時は高い!中に入れる小銭より高いと感じたが今では良い物、これが三越だった。

法音小路

法音寺小路、訳がわからん落書きでもあった方が街らしい、ずっと昔から描かれているが今話題のバンクシー的タッチ、これがバンクシーなら、、、

古町3の路地

古町3の路地、以前は右は喫茶店で、店内のお客の目線を感じなら撮った事がある、この先には超願寺があるので「超願寺小路」と小路名が
ありそうだけど不明。

白山神社の梅咲く

白山公園に梅が咲く、咲いたばかりで周囲の香りまだまだだけど、みな春を感じたいと咲いた花に鼻を近づけ春を感じとっていた。

旧税関の梅も咲く

みなとぴあ 旧税関でも梅が咲いた、この時は周辺には梅の香りが漂い「春が来てねえ。」と感じた。

消防艇

信濃川右岸に係留の消防艇、この赤いコックが好きである、何年、何枚撮ったろうか、しかしこの黄色い「立入禁止」テープは初めて見た。

新消防艇

そして、その消防艇の定位置に着いたのが、「これだった。」、これも消防艇なのか?旧型のコックの部分には水上バイク装備、他眺めると
やっぱり今風らしかったが、ロートルの僕には、今までの消防艇が好きだった。

柳都大橋下

柳都大橋下と信濃川

本町人情横丁の白龍大権現

本町通にある「白龍大権現」

白龍大権現

2011年震災以降、派手な行為が憚れる雰囲気で、大きい神社より僕はここで手を合わせた記憶がある。

朱鷺

トキ=学名は「ニッポニア・ニッポン」なので国鳥ようだけど、国鳥は「キジ」である。先日その野生のキジが「ケーン、ケーン」と鳴いていた。

トキ

羽根が薄いピンク色を朱鷺色などと言うが、この時は繁殖期に入ると黒くなるを説明で聞いた。

本成寺赤門

三条本成寺、県内では山門、本堂の大きさは一番、塔頭を持つ寺としても他にはない、越後のミケランジェロと言われる石川雲蝶の彫刻がある。

石川雲蝶亀

本成寺塔頭の「静明院」の「亀」

石川雲蝶の龍

本照寺の門の破風板には左右4体、龍が。

鼠ヶ関灯台と粟島

山形県鶴岡市鼠ヶ関の弁天島から粟島。この辺りから山形県を北上していくと、海岸線が新潟と違うのがわかる、それは岩場とその岩場をコンクリートで
固めていること、多分山形庄内地方の昔からの釣り好き文化から来ているものかと。

鼠ヶ関港

鼠ヶ関港、一夜干しするめが売っている、一枚700円、これがあぶって食った日には、これは酒なしには考えられない、塩加減は海の塩味。

西方寺旧跡

鳥屋野西方寺旧跡、古くは親鸞聖人も三年越後のここで過ごしたいわれる。

西方寺旧跡逆さ竹藪

その西方寺旧跡の裏に竹藪があり、親鸞聖人使用の竹杖を土について、「吾が弘むるの法仏意に叶わば、此の枯竹蘇生すべし」とすると
その枯竹根を生じ芽を発すとある、その中に逆竹と呼ぶ葉っぱが逆さに伸びる竹が交じるようになり、鳥屋野逆竹と呼ぶようなったらいと説明版にある。

竹藪

思っていたより広かった、逆竹には赤いビニールテープが結ばれていた。

鳥屋野神社

鳥屋野神社

鳥屋野神社とラウンドワン

鳥屋野神社からラウンドワンのボーリングピン。

鳥屋野神社の梅

境内には桜かと思ったが梅だった。

鳥屋野神社に梅が咲いた



乙宝寺山門

乙宝寺、この参道脇は桜の季節には咲き乱れるのだが、毎年行っているが今年は行かなかった。

乙宝寺本堂前

乙宝寺本堂前、赤い建物は地蔵堂。



Category: 日記・情景  

◇ 十二山神社のある集落

中村十二山神社の石段と鳥居

何年も何度も通っていたけど、一度数年前に集落を撮ったきり、今度は少し歩いてみよかと阿賀町日出谷の中村集落を歩くと神社があった。

中村十二山神社

何だったかで、日本一神社の多い県は新潟県らしい、当初それを聞いた時は「京都」なのでは思っていたが、それを知って「えっ、ほんとかね!」、

十二山神社

京都は「良いなあ。」とその京都の神社仏閣を訪れ時には街の中にある小さな祠を見ていたので京都だろうと思っていた僕は衝撃に近かった、

十二山神社御社

「オレは、何故に京都へ?」と言わんばかりに僕は京都から奈良へとシフトを変更、今は「奈良はいいわ。」、「奈良行きてえ。」となっている。

十二山神社からの中村地区の家

それくらい衝撃の神社数の新潟県、だからって有名神社よりも、「こんな所に、こんな神社があったのね。」が殆どで、あちこちの集落を訪れては
手を合わせた。

十二山神社からの中村の眺め

でもあちこちと神社仏閣をまわってみてわかった事がある、大体はその地、集落だの一番高い所にある、海辺なら海から離れその間には
人の住む集落ある。ある意味では津波とか警報が出ると、避難地にもなるような高い位置にあるのだけど、山間部の神社も同様のようだった。

新緑

新緑 & 山桜

阿賀野川の新緑景

この季節が僕は好きで、桜が散ってもこれがあるから、桜にサヨナラしてもこれがあるから気分は「桜散ったねえ。」とやり過ごせるのかもしれない。

芽吹きの時期



中村川と中村風景

中村川流れる中村の集落

中村風景

リアルでは、今年最高の暑さ、朝から車の洗車をすると、汗が噴き出る。水で洗っていても水が全然冷たくない、白い雪の季節よりも
僕の待っていたのは”これか?”、出掛けては車内はエアコン、家の帰る暑い(;´▽`A`` とエアコンで気持ちいいと感じつつも、ちょっと
この季節早いんじゃないかと、今からこれなら7月、8月はどうなるんだろうと感じた次第である。

土曜日の朝、3車線のバイパスを走っていると警察車両が続いていた、周りの車は70キロ制限を少し超えながら抜いていくのだが、
警察車両はお構いないしマイペース、「お前らなんかに相手にしてらんねえ。」とすべてか機動隊車両だったのを見て、目指せ東京、
トランプ大統領来日警戒隊にこれから向かうのだろうかと、そう考えてアメリカのトランプ大統領なんて関係ないような新潟でもこんな所にまで
影響あるのかと、運転しがら75キロでそれら車両を超しながら車内ながめながら思った。




Category: 日記・情景  

◇ 阿賀町菱潟、春の場面

ネットのある風景

どこにもある新潟の山間の集落の風景のようだけど、なんか違和感があった。写真を撮り、「このネットはサルですか?」とあいさつ代わりに

消火栓

その辺の話を聞くと「(山越えると)隣は、会津だからね。」とそのオジサンは言った。「なるほど!!」と僕は”なんか違和感”あったが
そう言われると会津の風景だと云われると納得のすっきり。

菱潟の蔵のある風景

蔵のあるのもその要因かもしれない。
本来明治の初めの廃藩置県以前は、この辺りは会津領だった訳で、100年以上経ってもその雰囲気を感じるのは他から隔絶したような

春のなごり

山奥の集落ゆえかもしれないと、話を聞きながら集落を見回すとよく見ると屋根にはアンテナがどこの家にもなかった、有線だろうかと。

竹林

向こうの見える竹林に、この竹林は人によって手入れがされているということか。

春を盛りの山奥の集落



スイセン咲く

あちこちで黄色いスイセンを見ているけれど、「そんな季節か、もう春だなあ。」と季節感を感じる美しさだったが、それはなんていうか
「今日も綺麗ですねえ。」と社交辞令的ものようでもある、しかしここに咲いていたスイセンは僕には本当に「綺麗だ。」と感じさせた。

Category: 日記・情景  

◇ 阿賀町菱潟、なんかいいぜえ。

阿賀町菱潟

他では既に終わっている桜、会津柳津方面でさえ終わっただろう桜がそこには咲いていた。

菱潟ふれあいセンター前

広場に車を停め、まずは全海堂へと足を運ぶと、今度は菱潟地区を歩いた。

行者清水

全海法師が修行で使ったという「行者清水」

菱潟散策

初めての地、海辺集落ばかりで訪問回数の少ない山間の集落、車庫の中までどうなってるんだと覗くが、間髪材利用を利用してた建てたような車庫に
ここ菱潟地区の生活感があった。

菱潟集落

薪が積まれて、メインで冬の暖房なのか、石油ストーブとかと併用しているのかわからないが、薪の山は僕の知っている海辺の集落では見られない。

春を迎えた菱潟

あちこち桜を追った僕には、「遅い春が来たんだなあ。」と思ったが、果たしてこの集落の人にはこの風景がどう見ているのかと、感じた。

山桜咲く菱潟



菱潟の桜光景

あちこちの集落を訪れているので、集落を歩いたけど、もしその経験がなかったら、立入にくいというかアウエー感120%のような閉鎖された
集落感がやっぱりあった。歩いていて目線が合ったら「何者?!」と言わんばかり、僕の知ってる海辺の集落は近くを通ったついでに寄ってみたと
言えないこともないけれど、山に囲まれた集落、わざわざ「ここに来た。」感ありで、歩く方も見る方もお互いしっくりこないような感じだった。
しかし、歩いている僕は、初めて土地を歩くわくわくは、何とも言えなかった。


Category: 日記・情景  

◇ 阿賀町菱潟全海堂

鹿瀬と飯豊山

この日は、目的はJR磐越西線「豊実駅」をめざしていた、時間は15時41分着の列車が入ってくる光景を思い浮かべながら車を走らせていた。

飯豊連峰と鹿瀬

すると鹿瀬辺りの風景が、「これアルプスじゃね?」と有名なアルプスの風景を思い出すような光景があった。
列車時間には余裕を持って待ちたかったので、素通りしようとしたが、山の雪が解けたら感じも変わる、ここでも撮るなら「いまでしょ!」だった。

菱潟全海堂

そうやって急ぎ豊実駅到着すると列車が駅に到着するまでにまだ30分あった、僕は「う~。。」と唸る、30分どうしたら頭の中で工程を考えた。
余裕を持って待っているのもいいけど、その30分が僕にはもったいなく、何かしらいではいられなかった。

観音寺全海堂

ずっと気になっていた豊実の手前にある菱潟全海堂とその菱潟集落へと行ってみることした。
豊実まで新潟方面からやって来ると、「全海堂」の案内板が見ていた、いつも豊実駅を急ぎ目指しいてので「今度。」、「今度時間があったら」と、

観音寺本堂

数回くらい先延ばししていたので、やっとの全海堂だった。「なになに!?全海堂って観音寺だったのか。」と境内を入っていくと

菱潟全海堂前

観音寺本堂隣には、仁王様の石像が立つ参道があり、その奥の建物が全海堂らしかった。

全海堂

説明書を読むと、「この全海堂の中には即身仏になった全海さんがいるのか。」とお堂の戸の向こうにはミイラになった全海さんはいる、
そして今の自分の周りには誰もいない、全海堂を前に僕はビビった。

全海堂本堂

そして鐘を叩く時は周囲に響くように大きな音をガーン!とたてたが、周囲の静けさがかえって不気味さにも感じさせた。

本日日課の夜のウォーキング中に見たものは流れ星。それは上空で線のようにスーと流れて消えるのは何度も見たことがあるけれど
本日のは、自分のずっと前方に炎が一瞬光ったような、暗闇でマッチを擦ってついた炎がすっと消えるように地上へと落ちた。
その方向はずっと暗闇で、炎が上がるとか、墜落の音が聞こえてくるかはなかったが、SF映画のような場面を僕は想像し、何かおこるだろうかと
しばらく目線はそちらの方ばかり見ていた。


Category: 日記・情景  

◇ レイルウエイ ブルース (鉄分が多くなる日)

磐越西線豊実駅

遠くで汽笛が聞こえると徐々に「来るぞ!」という気配が周囲から伝わってくる。

豊実駅下り列車到着

そして向こうから車体が半分顔を出すと、キタ――(゚∀゚)――!!と 待ち合わせで愛しい人が現れたような高鳴りと神経は出現した列車へと集中、
同時にその動く被写体は、「今しかない。」と失敗は許せれないと思うとドキドキとしてくる、次に来るのは2時間後なのである。

桜暖簾越しキハ47

かと言ってカシャ、カシャ、カシャ、カシャ・・・・と連写は好きなれず、「ここだ!」とシャッターを切る時のドキドキが良いのである。
そんな一瞬を待っていたのに、「あ!その枝垂れ桜ジャマ~」だった、桜越しの構図なのに、前もって構図考えていたのに~、しくじった感あり。

磐越西線キハ47

15時41分豊実駅到着、この時駅に乗客は誰も降りず、そして誰も乗らず、そして1分後の42分発車した。

豊実駅15:42下り列車発車

JR磐越西線新潟色のディーゼル気動車「キハ47」、下り新津駅行き。

新緑を行く

芽吹き始めた新緑へと、ガラ、ガラ、ガラ、ぐ、ぐ、ぐーと音を響かせ消えていった。

駅裏の新緑



磐越西線豊実駅

JR豊実駅は入り口は線路下の地下道を歩き、突き当り左の階段を上がると、ホームに出る。

豊実駅

鉄オタではないというか、どちらかと言えば僕は駅オタである。
なので列車には特に興味はないのだが、年2、3度だろうか、それが撮りたくなることがある。あの駅で、またあの沿線景色を通過する列車を
撮りたいと思うである。いつもは気ままの移動し、気ままに歩いて被写体を見つけるお気楽パターンが、時間に縛られるとなると僕はその時間を
どう使ったら良いかわからない。単に「早く行って待ってたらいいのじゃん。」なのだろうが、その待っている時間がもったいない云うか
そんな時間があったら、”他のことを”


Category: 日記・情景  

◇ 砂丘畑のむこう

砂丘畑のビニールトンネル

新潟平野田んぼの風景も時には美しいとは感じる事があっても、自然の起伏と砂丘の光景はいつ見ても「いいねえ。」と思う。

砂丘畑にて

でも、こんな所を普通の自家用車が入るのは場違いである、時折すれ違う軽トラの運転手の目線に「なにしに来てんだあ?」目線を浴びる。

ダイコン?

こちらは怪しい者どころか、この光景に「いいねえ。と感じて撮っております。」と説明したら「なるほどあな、あんたは見る目あるな。」と
果たして相手は認めてくれる訳もないだろうけれど。

砂丘畑の1本の木

砂丘の畑に突如立つ1本の木さえ存在感がある、街歩きも良いけれど、砂丘畑だって僕にはイーネ!なのである。

747か?

上空を東から西に飛ぶジェット機、なにげに眺めていたけどエンジンは4基装着、ボーイング747か、だったら国内線ではなく外国機、
東から西へと、アメリカ、カナダ方面から、中国、韓国へかと日本、それも新潟にて外国を感じた。ちなみに新潟上空は成田からヨーロッパ方面南から北へ上空を飛ぶジェット機を何本も見る、あれはパリか、ロンドン、ベルリンかと東から西へ飛ぶ中国、韓国のジェット機よりも
外国~って雰囲気が空を見上げながらしてくるのである。

ググって見つけた佐潟・赤塚辺りの砂丘畑、知る人ぞ知る日本最大砂丘である、やっぱり砂丘と言えば鳥取砂丘は有名だが、そこを新潟では
砂丘を畑に転用。鳥取砂丘のような光景も美しいのだろうが、僕は地元ひいきでなく、こんな砂丘風景が好きである。




Category: 日記・情景  

◇ トラックの見える砂丘風景

砂丘畑とトラック

人影は小さいながらあちこち見えたけど、ここではトラックの存在は大きかった。トラックとらずして佐潟の砂丘畑にあらずのような必須アイテムように見えた。

砂丘畑のビニールテント

砂丘畑のビニールトンネルは、何をつくっているのだろうかとのぞくと、葉っぱだけ見えた、僕には「この葉っぱはスイカ?」と独特の形をしていた。

2台のトラック

傾斜のある畑の向こうに1台でなく2台縦列駐車したトラックの光景を、離れた所から見ていたが、気になり歩きながら撮るならここか?と、

砂の畑

撮るのだけど、3歩進んではこっちがいいなあ。10m進んでは、今度はそこから後ろのさがって、「こっちかなあ。」と、ズームを利かせたりと
2台のトラックを撮った。

野鳥観察所潟見鳥



砂丘にポール群

砂丘に咲く白い大根の花、黄色たくさんの菜の花よりも白い1本の大根の花の光景好きである、それはある意味一匹狼、アウトサイダー、
はみだし者、変人、って言葉が自分には合っているからなのかもしれない。

Category: 日記・情景  

◇ 砂丘畑にて

トラックのある風景



佐潟の砂丘畑

佐潟を半周し、ここにはこんな砂丘の風景があるんだとわかってくると僕のお気に入りリストだなと、今度は佐潟水鳥・湿地センターから左回りでなく

砂丘畑とトラック

右回りだなと、それだって歩いてくる必要もなく車で来れるなと、だったら季節は?と、2年前にここからすぐの四ツ郷屋の砂丘畑を撮ったのを思い出した。

畑

しかし、この畑から出ている緑の葉っぱ何だろう、大根か、スイカかとその時はまたと思いつつ、やってきても大根泥棒、スイカ泥棒に
疑われたらやだなあと、その時期ならひょっとしたイノシシも作物目当てにあちこち出没するかもなと、チキンな僕は出会った時の場面を想像した。

トラック2台

この棒はなんだ、スプリンクラーがあるらしいのは分かったが、棒全部がそうではないらしい、然らばこれの用途はと、風景を気にりながらも
棒の正体が気になったが。


1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >