FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 04 2019

Category: 日記・情景  

◇ ここでも桜林にありがとう、そして平成にも ありがとう

桜林



坊住池の桜

ここを撮りながら、「誰か撮っているのだろうか?」と思う、有名な場所にはたくさん人行くし、当然撮られもするが、人知らないような場所の桜に
僕は「良く咲いてくれた。」とここでも感謝と声援を送った。

古所清水場の黄色と白



玉垣と桜

「桜の道だぜ。」とそこを発見して、どこが良いポイントかと上まで坂道を登り、今度は下りながら尚も振り返りポイントを探した。
桜、玉垣、影、太い松、そしてちょっと曲がりくねった坂道。

神社の屋根の見える風景

いよいよ平成の時代も今日で終わり、明日から「令和」を迎えようしているのに、僕はまだ桜を追っている、追っていると云うよりも行くところに
咲いていていたら、、、、やっぱり撮るでしょう、なので桜記事はまだまだ続きそうである。




Category: 日記・情景  

◇ 春が来たりて笛を吹く ぴーひゃら、ぴーひゃら、平成時代ラス前 

竹林と桜



塀の裏

昨日載せた黒塀の裏側、その塀からの見ごたえの桜だけど、黒塀の裏には見えない縁の下の桜も咲いた、泣けるねえ (´;ω;`)ウゥゥ

新発田市市島邸

本来なら黒塀に全部囲まれているのだろうが、予算というか財政の都合で、塀の裏が見えている。

隣の桜

昨日書いた後からやって来たカメラマンは、僕よりも先に移動して高い三脚を出して撮っていた、「そこまでやるかね。」と十人十色。
通常はカメラぶら下げて街撮りしている僕には、「高いと違うんかい?」と背伸びするのがやっとだったが、「それってのぞきじゃね?」と。

やっぱり青空でしょう

今年は桜が咲き、晴れもあるが曇り空の日が多かった、それはそれで良さもあるのだろうが、やっぱり桜は青空がバックだと落ち着く所に落ち着く感じ。

塀の裏で

桜が咲くと、僕はこれを観た時のようにニタリ、ニヤニヤ気分になるのだ。  、、、、、しかし視聴回数1億7千回は驚き。



Category: 日記・情景  

◇ 桜咲く、そして桜を追う日、追う時

黒塀と桜



隣の桜

「桜咲く。」、毎年のことながら年が明け、冬のドンよりした鉛色の空を見上げながら「いやだ、いやだ、青空が見たい。」と時には、テレビで
青空が出るとこの違いに、この不公平感はなんなのだと腹立たしくなることもある。そんな時に「早く桜の季節にならんなあ。」と春を思うである。

塀の向こうの桜

黒塀の向こうに桜は咲いているだろうか?と行ってみた、昨年は遅すぎたのだが、今年はセーフ、当然僕意外誰も撮っているのはいない。

見上げる桜

それが、やっぱりこの桜を目当てなのか1台の車がやって来て、車から降りて撮り始めた、それも僕が先客とわかって邪魔にならような場所から。

黒塀の向こう側の桜

こういう時構図に入ってきて邪魔をすれば、「後から来てえ。」などと僕はつぶやきだろうが、こう控えめにされると僕とは「悪いねえ、悪いねえ、
あんたも撮りなさい。」と言わんばかりに場所開けるのであった。
ともかくそんな誰にも気を遣わず撮れると思った場所でも、美しい物は人は寄ってくるのだが、また一台車が通り、「この人もか。」思ったが、
ちらりと車から眺めるようにしては通り過ぎていった。

Category: 日記・情景  

◇ 黄色い春、平成最後の土曜日

春の福島潟



どう撮る?

春に浮かれり、隣は何を撮る人ぞ

実は、、、

実は数年前に、この風景をバックにして杖をつく親父を連れて来て写真を撮った。
その時北京オリンピックの開催の年だったかで、「次のオリンピックは見れないかもなあ。」とつぶやいたのだった。おいおいそんな事いうやなよと

福島潟と遠くの桜並木

思っていた僕だが、翌年だったか胸から上、顔のバックはこの菜の花で写真を撮った、まさに葬式写真である。
ロンドン、リオデジャネイロとまだまだ生きて、そして杖は車いすとなってしまったが来年は東京オリンピックを迎えようとしている。

集団登場

撮影していると、突然ドドド―と団体さんやってきた、みんな一眼カメラと三脚、年齢は70前後、恰好はトレッキング風で、そして三脚を立てて
撮る場所も同じかった。見ていたら雑誌とかで見たことあるプロカメラマンの随行のツアーのようだった、そういうゆとり世代かあと。

新潟市北区福島潟

そして、被写体の菜の花先は見物人歩き、菜の花畑を撮りたいと狙う人には、その人影が邪魔のようだった。
すかさず随行のプロカメラマンはそれはわかって、望遠だと人は邪魔ですが、こういう場合広角なら人が小さくなりますから目立ちにくくなりますと

二王子連峰と菜の花畑

わかってはいたが、改めてそれを聞いて「そうだよなあ。」と僕も含め、望遠レンズカメラマンは広角レンズに交換するのだった。

10連休の始まり、かと言って全部休みを取れる会社なんてないだろう、その分交代なんかして早めに休日振替したりしているのだろうが、
今の日本10日も休すめるほど、休んではいられないのが日本人気質だと思う、これがギリシャあたりだったら絶対10連休するなとおもいながらも
いつになく日中は車量も多いようで、その速度もどこか年末のようなせわしくも感じた、とはいえ、どこへいても混んでいるだろうなあとと人混みの苦手な
僕は、休みかあと思いながらも「あ~あ。」と心のどこかでつぶやいている。

Category: 日記・情景  

◇ ヤアヤアヤア、黄色い季節がやってきた

潟来亭と菜の花



飯豊山と菜の花

まだまだ白い雪が残る山は、飯豊山(いいでさん)、こちらは新潟県、向こう側は山形県、山の稜線部分は福島県なので、
新潟からは福島県見えるってことなる。

福島潟

撮っていると別々な場所で女性ふたりに、「むこうに見えるのは桜ですか?」と聞かれた、僕は女性ってそんな視線で風景を見ているのだなあと
もっとも僕はそれがわかっているので、2見えていても見えない”のかもしれなかった。

黄色い風景を求めて

風もなく、太陽の光でポカポカ、色のある風景に、これは春だと感じのである、そんな気候が冬ではお互いまったくの他人なのだが、
色のある春になるとお互い同じ光景を見て、笑ったりして知らぬ同士が、一瞬顔を見合わせニタ~とし時には「綺麗ですねえ。」と会話になるのである。

はさぎと黄色い風景

それは春がお互いの心の入り口を開らかせるに違いないのだろう。

福島潟潟来亭前のはさぎ

見物人は来ては帰る、帰ってはまた来る、人の往来、人の多い所は苦手でも、このくらいなら好き勝手な場所から撮れるし、撮るのを待つ必要もない。
ここの福島潟の菜の花畑は広い、カメラマン、カメラウーマンの姿もたくさん見るが、いつも気になるのが「みんなどう撮っているのだろう?」だった。


Category: 日記・情景  

◇ そのトンネルの向こうへ

桜トンネル

この先は桜のトンネルか?

桜林のトンネル

「いいねえ。」と感じなら撮って奥へと入っていく。

トンネルの向こう

その「いいねえ。」と感じる桜のトンネル風景に、突然オヤジである自分の存在って、客観的に眺めたら場違いかもなあと思えた。
こういう場所は、「オヤジひとり」よりも「婦女子ひとり」の方が絵になりそうだった。

静かな桜美林

「さくら」、「木のトンネル」、「ひとり」、そして「昼下がり」、、、キーワードは婦女子だった。

桜美林にて

「オヤジひとり」なら、「ケヤキ」、「杉」、「一本の大木」、「見事な枝ぶり」だろうか。

トンネルをくぐるか

静かな桜の林もシャッターを切ると、トンネルの向こうを車が横切った、「ダメじゃん!」と撮り直す、またシャッターを切ると車が通る。
桜林の脇は交通量がそこそこにあるのに、こちらには気づいていないのか、見向きもしない。
その場に似合ってないようなオヤジは存在も、そこでは”ない”に等しいようだった、こんな風景があるのになあ。
日陰モノのような「さくらくん、ご苦労さまです。」

Category: 日記・情景  

◇ たぶん、オレのサクラ

俺が見つけた桜林



桜林



桜美林

「桜美林」その表現の意味が、わかったのような気がした。

桜咲く



俺の桜

桜が咲いた週末、色々な所用で撮りに出かけられそうになかった、「こんな日になあ。」と所用で車を運転しながらあちこちの桜を眺めながら
「”平成最後の桜”だよなあ。」そんな事が頭に浮かぶと、用事だって適当って言い方は悪いが、そこそこ手短かに済まし、やっと自由時間が出来た。

踊子草

今年は、所用な都合もあって出だしは遅れた、10年前に見つけた誰も来ないだろう桜へ、「ここは、オレしか撮らんのじゃないの?」に行った。
やっぱり、誰もいない、車を止めた道路は以前より通行量が増えて知る人は増えているのに、だからってカメラを持った人が来る訳でもなかった。
「オレのサクラじゃ!」誰もいない、邪魔もされない、撮り放題、まさにそれは桜万歳だった。

Category: 日記・情景  

◇ JR羽越本線「中条駅」

JR羽越本線「中条駅」東口

JR羽越本線「中条駅」、知り合いに「あちこち駅撮ってんだよ。」と話しをしたら「中条駅変わったのしってます~」と「す~」を伸ばした遠慮気味な
発音のご指摘と情報があった。そして変わったとは聞いていたけど、いやはやここも最近主流の橋上駅に変わり「中条おまえもか!」の驚きだった。

東口駅前広場

僕の一番古い記憶では右側の道はなかった。国道7号線から駅へは中条の商店街通り、駅前通りアクセスだったが、今は国道から曲がり
道に沿って走ったら駅にでるようなった。

中条駅改札口

今の駅の構造は、改札口が橋上型が増えてきた、以前のどこにもある地上駅だと切符を買って改札口を出たら電車に乗れたのが、階段上り切符、
改札口、そしてホームへと階段を降りる。何故にわざわざ橋上駅舎になったのか、それは駅周辺の開発共に駅の反対側からも乗り入れ出来るように

中条駅はここだ!

出入口を造る、線路をはさんで一番便宜的に良いのが線路の上に位置する駅(改札口窓口)ってことなる。
「中条駅は、ここ。」、ちなみに趣味としてここに載っている駅は全駅まわって撮っているし、一部でしかない、自慢である。

中条駅コンコース

コンコース、向こうが改札口、こちら側が西口側。

中条駅下り方面風景

下り村上方面の風景、左に貨物の引き込み線があったが、そのスペースは、今は西口なった。

中条駅上り方面風景

上り方面の景色、右側の昨日更新記事の「城の山古墳」が見えるが、橋上駅なったからこそ見える光景で、その昔なら見える事すら、「ある」ことすら
知らなかったはず。

中条駅西口広場

西口広場、以前は貨物の引き込み線と、周囲は田んぼと畑だった、眺めているだけでも駅はもちろん周辺も開発も比較的新しのはわかる。

新しく出来た中条駅西口

新しく出来た中条駅「西口」、この時は出来たばかりで、駐輪場はまだ使用禁止のバリケードがあった。

中条駅ホーム風景

面白くないは、「こんなところ」、どの駅も同じような駅の光景になった。

JR中条駅ホーム風景

ホームには線路は単式ホームと島式ホームで3線、列車の上下入れ替わり、特急、貨物など通過ための時間待ち予備で3線。

中条駅西口

僕はここは何年前かに撮っている、当分変わらないだろうと、撮って終わりでいたが、駅の老朽化と駅周辺開発なので駅は変わった。
駅は町のいい場所にあり、わかりやすい、売店、トイレ、公衆電話、自販機等があるのである意味ランドマークのようだったが、コンビニ登場で変わった。
30年前から仕事でトイレ休憩とかで寄っていたので知ってはいたが、職種が変わるとそちらへ足運ぶ回数は減り、コンビニを利用するようなると
僕の「中条駅」の記憶は、かなり昔ものになっていた。色々な思いもあってか駅撮影は通常駅撮影は10枚程度なのだが、「こうなったの?」、
「これも変わったの?」、「こんな風景が見ていたのか!」とそんな思いが撮影枚数は60数枚になった、興味のない人に何でそんな枚数撮るの?になるかもしれない。


Category: 日記・情景  

◇ にゃんさん、古墳に登りて、こーふんする

古墳の上

奈良へ行くとあちこち古墳だらけ、時には古墳のまわりに池があったり、宮内庁管轄だったりして柵が巡らせてあったりで、近づけない。
それでも、我が新潟には古墳がないので、「いいなあ。」と古墳に憧れるのである。

胎内市城の山古墳

そんな古墳が新潟もあった、っていうかそこはかなり前から知っていて、周りが田んぼの平地なのそこだけ小山になり、木まで生えている。
「古墳ぽいなあ、古墳じゃねえの?」とは思っていたが、”新潟にある訳がない”と脇を何年も通り過ぎていたが、今は何年も通らないくなった。

城の山古墳

それからなんだかったかで胎内市に「城の山古墳」と云うのがあると知り、それはどこだ?と調べると「えー、あそこか?!」。
今更感ありの”やっぱり”の場所だった、そしてやっと僕は古墳にやってきて、「古墳だよ~」とこーふんしながら、上がっていいのだろうか?と

古墳の上に墓があった

古墳の上がると墓があった、これは後からものだろうと想像しつも、古墳に登ったことなんてないので答えはわからず。

古墳の上でこーふんする

畏れ多いことと感じながら古墳の上に登った、古墳って墓だよねえ、その墓の上にあがるなんてなあと思いながらも、そこから見える周りの
風景を眺めると車で通って見ている風景とは違ったのは数mとはいえ高いから、古墳の上には三角点だってあった。

三角点



城の山古墳の説明看板



古墳

やっぱり古墳の上でこーふんしても、畏れ多さもあるのだろう、足裏の感覚は土、杉の枯れ葉、雑草のふかふか感を増幅させ、それがかえって
”畏敬の念”となり、上半身は古墳に上に感動しているのが、足の裏は居心地の良いような、悪いような、縁もゆかりもないけれどご先祖様の墓を踏んでいるようで雑草だって歩くのになるべく踏まないようにしていた。

Category: 日記・情景  

◇ 三条本成寺で彫刻で失敗する

本成寺太鼓門

本成寺太鼓門の脇に貼られている「石川雲蝶のポスター」、この度はお寺もさることながら、雲蝶のお墓も行ってみようと本成寺を訪れた。

石川雲蝶の墓

前回来た時に墓があったのは知っていたが、それがどこなのかわからなかった。何年の年月を経てやっとお詣り出来た。

静明院の門

本成寺とその塔頭にいくつかある「石川雲蝶の彫刻巡り」が出来るのは、今回初めてしり、500円で全寺をまわれるというのなら
実にお得のようで、それも縁もゆかりもない寺の中の入れるというのは僕には「いいねえ。」だった。

雪除けの三角屋根

屋根から雪が落ちてきても良いように三角屋根で落雪防止。

石川雲蝶作「亀」

「こちらです。」と、案内されていったその部屋には「亀」、これが彫刻家かあ、日本のミケランジェロだった。
そしていくつかまわってから僕はダメ元で恐る恐る聞いた、「撮っていいですかねえ。」、、、全然問題なかった、失敗したもっと早く聞いてみるのだった。

久成院の門

久成院の門

久成院の石川雲蝶

久成院・石川雲蝶の獅子

本照院の門

本照院

本照院の石川雲蝶

本照院・石川雲蝶の龍

石川雲蝶の龍と獅子

「龍と獅子」なのだけれど、前日もの書いたが龍と云うより僕にはドラゴンだった。

本成寺と塔頭12寺あるいくつかの寺に石川雲蝶の彫刻が残っているのもあり、本成寺を全部まわる形になったのだが、まわっていて
時計を見るとそこそこに時間が経っているのだが、飽きもせず、嫌々感もない、むしろ充実しているような”お寺での時間の経過”に
僕は、お寺で時間をレジャー施設のようにまわり歩き、それでいて楽しい気持ちあり、「僕は完全に年寄りなったんかなあ。」と寺の中心で思った。

ちなみに 石川雲蝶の彫刻、市は違うけれど魚沼市観光協会から、石川雲蝶のデジタルカタログが見れる。
Category: 日記・情景  

◇ 本成寺本堂へあがる

本成寺

いつしか乳金具見ると、撮るようになった。

もったいぶって竹ぼうきを撮る

境内は広いとはいえ、本堂は見えているので歩けばすぐなのだが、僕は水門辺りで本堂へは中々行かずもったいぶった。

本成寺破風屋根



お上がり下さい

いつの頃からだろう、お寺へ行って勝手というか本堂の戸を開け中へと入りお詣りするようになったのは、無論全部ではないが、
大体「お上がり下さい。」と掲示がある、時には厳粛な気持ちなったり、癒されるような気持ちになり落ち着いつく。

本堂の金ぴか

撮影禁止の所もあれば、大丈夫なお寺と宗派によって違うようである、その昔禅宗の本山福井「永平寺」に行った時、「どこを撮っても構いませんが
僧だけは撮らないで下さい。」と説明があったのを覚えていて禅宗は、比較的撮影の良い所が多いようだが、でもやっぱりフラッシュは禁止だと思う。

法事椅子

この時広い本堂に一人、当たり前に誰もいない、入って撮影前にぐるりと堂内を見渡しから、正座して手を合わせから撮影はしたが
誰もいないというのも、一人隠れて悪い事しているようで撮りずらいものがある。


Category: 神社仏閣・情景  

◇ 本成寺赤門

赤門

三条市本成寺の山門、赤いので「赤門」と呼ぶらしい、京都あたりなら何ともない寺の風景のだろうが。
その奥に見える門が、「水門」、ちょっとした堀があり、それは防火用水なのではと、用水が脇にあるから「水門」なのだろうかと推測。

本成寺赤門

初めて訪れた時、「なんだデカさ!」と驚き。五間の山門なんて県内では見たことなかった、それも赤く、肘木の多さに嬉しくなり、ちょっと感動
近くに歩いていた人に「これって大きいですが、新潟一でしょうかねえ。」とたずねると、その人は自慢げに「新潟一だよ。」と答えたのを覚ている。

赤門と本照寺

そして当時は、そんな感動があったが、まさかに名匠石川雲蝶の彫刻がここで見れたとはまったく知らなかった。
山門の向こうに、見えるのが塔頭の本照寺、その門の破風板には龍が装飾され、その龍には羽がある、僕には西洋のドラゴンなんじゃ?だった。

本照寺の門の石川雲超

それがこれ。門の破風板右左の二カ所、計四つのドラゴン、お寺で龍は見たことがあるが、ドラゴンに僕は「何度も龍だよなあ。」と見直した。

参道と水門



大持国天王

山門の大持国天王

大多聞天王

大多聞天王  これも他の寺院で見られなようなカッコいい彫刻。

赤門と親子

そんな「大持国天王」と「大多聞天王」の守る赤門と通る若いファミリー。若い時分には神社仏閣なんて興味がなかった僕としては若い世代が
それもお寺へファミリーで訪れる光景を見ると、どこか日本もまだまだなと、ホッとするのだが。


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >