FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 07 2018

Category: 日記・情景  

◇ 日曜日、午後の港で「海の男」

AM2の漁船

岩船漁港に久しぶりに立ち寄った。
たまたまなのか、岩船漁港には青森県登録ナンバー「AM」が何隻も並行し停泊中だった。

うみねこ



洗濯日和

日曜曜日の午後、子のお天気だし甲板に干された洗濯物で、「本日は休業日」ということ伝わってきた。

漁船並列

その1隻の漁船の脇に新潟ナンバーの車が停まると、車から男の人が降りて漁船に入っていくと楽しげな会話が聞こえてきた。
海に携わるものとして県とは関係ないのかもしれないのかもなあと、「そうか海の男かあ。」と思った。


Category: 情景・モノクロ  

◇ 沼垂通り辺り

どういたしましょう。

道路向こうの路地撮影、その脇では「こうしたらどうでしょう。」などと声が聞こえてきそうな風景があった。

沼垂通の露地

沼垂通りも10年前からしたらかなり風景がかなり変わった、昔は良い路地があったんだけど。

万代長嶺小学校

暑さの中で「若いっていいなあ。」とコカ・コーラの「コークの世界だよなあ。」と感じながら、「おまえら、いつかはコーラよりビールになり、
そして腹も出てくるだぜ、その腹も腹黒くなるんぜえ。」と若さに嫉妬した僕は心で小さくつぶやいた。

沼垂通の酒場

本日朝から暑かったせいもあり、目がいつも早く醒めた、そして「月曜日かあ。」と起きて顔を洗うと、「昨日日曜日は何をしたっけ?」と
記憶がない、そして徐々に「今日は、日曜日じゃねえ?」と気がつき始めたが、朝から30℃では二度寝するにもなあ、とりあえず起きたが、
しばらく暑さの中でボーとしていた。

メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」




Category: 日記・情景  

◇ ストック整理 彌彦神社

彌彦神社一の鳥居前

彌彦神社一の鳥居前、何てことのない風景なのだが、人、車を入れないようにするには、しばらく待たされた。
でも、どういう訳か撮りたかった光景なので、オヤジはただただ不自然なくらいの立って待った。

彌彦神社の廻廊

彌彦神社の廻廊、前の日から彌彦神社へ行ったら、この「廻廊を撮るぞ。」だったが、でも現場に到着すると、「はて、どう撮れば?」だった。

彌彦神社の緑

緑を撮りに行った訳はないのだが、思わずうっとりした緑のモミジ風景だった。

緑のグラデーション

ここにも緑のグラデーション。

摂・末社

彌彦神社、末社。

拝殿とロープウエイ

随神門から拝殿、そして奥には弥彦ロープウエイがちらり、それも写っていのが後になってわかった。

斎館

彌彦神社・斎館

参道を歩く人

緑の参道歩く人、偶然なのか歩く人は世代が若い、神社なんてジジイ・バアサマものだと思っていたのが、間違いだった。

宝物殿前の石畳

宝物殿前の石畳の風景に「いいね!」した。

Category: 情景・モノクロ  

◇ 夏のにいがた俯瞰

テレコムビル前

「信号あり」、地元の人間としては当たり前なんだけ、慣れないとついつい信号に気づかず進行していくのかも。

万代と信濃川と弥彦山

メディアシップからの万代俯瞰、左に見えるレインボータワーは長い事休業中だったが、取壊しが決定、将来この風景から残念だが消える。
もっとも向こう有料だし、今ではそれより高い位置から新潟俯瞰、それも無料で時間も自由にいられるのでは、対抗ならない。

万代島とボトナム通り

万代島とボトナム通り、高いビルの見える万代島辺りは新潟市の観光の中心として変わりつつある、旧漁協も観光地として現在修復中である。

新潟島と萬代橋と日本海

信濃川のかかる新潟市シンボル萬代橋、その向こうに三角屋根のネクスト21、その奥が日本海、佐渡島も見えるのだが、この日は雲隠れ。

信濃川と佐渡汽船

ただ見ただけでは、ただの風景なのだが、実は信濃川を佐渡汽船のフェリーが出航の為、信濃川を方向転換。
この位置からでは小さいけれど、すぐ目の前に位置する「みなとぴあ」からだと目の前を方向転換する大きなフェリーの迫力に、いつも
誰かしらカメラと見物人がいる、あっカモメもね。

上越新幹線MAX

何度もメディアシップから眺めていたが、初めて新幹線を発見、二階建て新幹線MAX、車庫から新潟駅ホーム向かう。


万代交差点

お恥ずかしいのが、ここは新潟市街の中心地のような場所。だけど車が少ない。
なのでついつい黄色の信号を無理に突っ込むと、70m先の系統信号が赤、交通量が右側のようにあれば信号待ち停車もしやすのだろうが
左のように通行量が少ないガラリ感で、思わず「ブー =3 」 と行ってしまうのかもしれない。

Category: 日記・情景  

◇ 萬代橋を渡る

信濃川と万代

夏である、こんな風景を撮るのは”オレだけだろう”と思って近づくと、先客が一人いた、やっぱオジサンである。

萬代橋を渡る

僕は、夏になると萬代橋のたもとから東の空に浮ぶ積乱雲の風景が好きである。
時に「あれは天空の城ラピュタでは?」と雲の形が変わっていくのをアニメの世界の話なのに気にしながら眺めることがある。

メディアシップ

地上からでなく、高い所から積乱雲を見てみるかと「メディアシップ」の展望階を見上げる。

メディアシップから東方の眺め

さっき歩いていた時との時間の経過はあるのだろうが、地上約100mから見た風景と東の積乱雲の風景は変わっていた(山の向こうは、福島県)。

歩道

ここは標高1m未満の街の歩道、低さが伝わってくる。

礎町のビル

アマゾンで目薬を頼んだ、PM11;00にネットで注文し、配達お届けはは7月26日(木)のメール。
「(注文したのが)夜中11時だぜ、来る訳ねえだろう。」と金曜日だなと思っていたが、本日郵便パックで届いた。
アマゾンさんいつ寝てるんだと、24時間体制なんだろうかと、そして合わせて郵便局の対応の速さだった、驚いた。

「暑い夏、熱く頑張っている人も いるんだな。」


Category: 情景・モノクロ  

◇ 風鈴の夏 

楼門と本殿、そして風鈴

この時、全く風鈴の下の短冊に、願い事が書いてあるなんてわからなかった。

風鈴揺れる、僕も揺れた

風鈴は揺れる、僕も揺れる、などと喜んでいたのだが、それにしてもこの日想定外な人出にびっくり。

白山神社本殿裏

さすがに末社のある本殿の裏はいないだろうと思ったが、「今日は正月か?」と感じるくらい、白山神社本殿の裏の末社までの人がいた、
いつもは並ぶ事もないのに、この日末社でも並ぶのを見て、行列の嫌いな僕は”正月でもないのに~”と参拝中止で初めての経験だった。

風鈴祭り

本殿脇の末社への地下通路は、正月くらいしか人は見ないのに、地下道でも家族と違い、「目の前に風鈴があるからかあ。」と風鈴のチカラを知った。

風鈴の夏

「やれやれ。」と引き上げ際に楼門の風鈴が、暑い夏を知らせてくれた。




そして、、、、ここは上記の風鈴記事の白山神社ではない。

ケサランパサラン

とある県の神社を訪れると「町内会でバーベキューとかやったんだろうか?」と神社の空き地にあるバーベキュー・コンロの中をのぞいた瞬間、
「これは、ケサランパサラン!」ではと、目を見開き近づいた。幸運を呼ぶと言われるケサランパサラン、子供の頃からテレビ、雑誌では見ていたが
実物は見た事もないので縁のないものかと思っていた、それもあり僕の記録の引き出しの奥の奥にしまっていたはずなのに、ひと目見ると
引き出しの奥の奥の記憶が、一気に飛び出した「ケサランパサランだ!」と。
コンロの中で火の消えた炭の上にふんわりと乗っていた。それは燃えた炭の灰を食べているかのようにも見えた。
これは持って帰るかと考えたら、ここは神社ってことあり持ち帰ることは賽銭を盗むようで、罰当たり感で持ち帰るのは諦め、”撮るだけ”で終わった。


Category: 日記・情景  

◇ 風鈴ふうりん、りん、りん、りん

白山神社風鈴祭り




風鈴、りんりんりん

白山神社へ境内に入ると、「あれ、なんでこんなに人がいるんだろう?」と、いつもの風景とは違って参拝者の姿が多かった。

白山神社楼門の風鈴

そして、境内の中へと歩いて行くと、たくさんの風鈴がぶら下がっている光景があった、「なるほど、これかあ。」。
隅っこで風鈴を販売してしているを見て、「買って帰るのか。」と思ったが、すぐにそれは違うのだと気がついた。

風鈴

それは絵馬ならぬ、風鈴の奉納だった、風鈴の短冊に願い事を書くらしかった、僕は急にこの商業的風鈴システムにがっかりした。

風鈴が人を呼ぶ

とはいえ、たくさんの人がやって来ては、カメラ撮影、風鈴、そして参拝、これもこれでありなんだと、そしてこれも時代なんだと風鈴の鳴る、
「りん、りん、りん。」にそれでも夏を感じた。



Category: 日記・情景  

◇ 夏は来たりて笛を吹く

新潟市役所前バス停

昼下がり歩いていると、太陽のメラメラ日差しは効いてくる。その時市役所前バス停のアーケードの日陰がありがたく、ここで一休みと思ったが、
ベンチは空きがあったが、暑さゆえにか隣に座っただけで蒸し暑く感じるようで、座席がひとつ置いて座るのもバス利用者でもないのに、
勝手に座っては暑苦しさにお断りの雰囲気にスルーした、あくまでも暑さゆえの視観。

市役所前日傘の二人

なので日陰ではなく、誰もいないが日差しガンガンだけのベンチに腰を掛けた、案の定座ると尻にはジュワ―と熱が伝わってきた。
誰もいないはず。
すると目の前を交差点でもないのに日傘の二人が横断していった、これも遠回りとなる横断歩道よりショートカット、これも暑さ故ななのか。

白山神社の塀と松の緑

暑さの中、僕には妙に松が暑さが平気に見えた。

白山神社の一の鳥居

いにしえの写真と比較するように現在の場所に、それは置かれていた、昔ならここ撮影した場所は橋の上か。

木洩れ日

今年は暑い、梅雨明けだって下手したら1か月は早い。
そんなせいか、暑さに対する体感時計からしたら日中の暑さが「これって8月のお盆頃?」のように感じるのだが、まだまだ7月20日過ぎたばかり、
今年は長い夏になりそうである。

ちょっと早いのかもだが、 

暑中お見舞い申し上げます
お体を気を付けて下さい、水分補給、涼しい所、、、、、ビール・アルコールは水分にあらず、その逆むしろ水分を出してしまうので注意です。

Google street viewを見ていたら自宅近場でGoogle street viewで、モザイクのかかった家があった。
時折Google street viewを見ていると現れるモザイクに、いったいなにが?と見れないので気になっていたのだが、自宅に近くでそれを発見し、
これは行ってみなければと、距離は歩いて7、8分くらいなんだけど、反体制派の建物とか何があるのかと、のぞい瞬間に目があったらまずいかと、
そんな怖さもあって歩かず車なら少しは安全ではと行ってみた。結果怪しげな看板もなければ、奇抜の形の家でもなかった。ごく普通の家だった。
モザイクをする必要があるのか、家主は恥ずかしがり屋さんなのか、でも僕のようかえってそのモザイクで気になってくる人もある訳でモザイクが
ない方がかえって気にもされずただの町の風景に溶け込むのになあと感じた。
偶然なのだがそのGoogle street viewで見ていた時にその近所で立っていたジイサンと思われる人が、「あの人か?」とそんな雰囲気にニンマリした。
Category: 情景・モノクロ  

◇ 昼下がりの路地

白山の路地

2度目の路地、途中路地と交差するものの全長500m近くの中央区白山にある路地、その路地の幅は1mもないかも。

長い長い路地

JR白山駅前の果物屋の脇から新潟市役所方面と抜ける。前回は市役所方面からJR白山駅だったが、今回は白山駅から市役所方面へ。

大通りへ

真夏の空の下、そして歩く、歩く、歩く、途中で大通りへと抜ける路地もあるのだが、最後まで路地真っすぐ歩いた。

路地の緑

僕は時折、立ち止まっては写真を撮ったりしてスローペース、路地に入った時は後には誰もいなかったが、気がつくと僕の20m後ろを歩いていた。

路地を抜けて

長い長い路地では、真夏の太陽の高い時刻であっても、僕が男であっても、後ろに人影にはちょっとばかり背中に感じてくるものがある、
ともかく撮ったりしながら、その男性を狭い路地で先に通すと別段何があった訳でもないが僕はホッとした、ひょっとしたら同様に後ろの
その男性も、僕を追い越して気持ちはラックリしたかもしれない。
これが前が女性、後ろが男性だったら、僕がその男性だったら前を歩く女性の動作を見ながら「オレはストーカー、変質者と疑っては
いないだろうか?」と両者の間隔、素振りと気を使いまくるに違いない。

テレビ欄を見ていたら「ハゲタカ」の文字があった、昔NHKでやってたので別ドラマの「ハゲタカ」かと思ったら、真山仁の同名「ハゲタカ」だった。
まさにあのホライズンの鷲津だった、NHKで内外数々の賞を受賞し、傑作の誉れ高いだけに、今回のテレビ朝日版どうなんだろうと、観たのだが 
NHKの方は当時は「面白い!」と思っていただけに、今回のは申し訳ないが「なんじゃこら?!」だった、そうしたらまた今回のテレビ朝日版に
刺激されNHKの「ハゲタカ」を観たくなった。



ちなみに 無料動画の見方は

次ページ
Category: 日記・情景  

◇ ある寺院の本堂にて

本堂

僕は本堂の中をのぞいた。

種月寺本堂

それは何度目かもしれないが、解放され向こう側が見えた本堂の風景にどことなく僕は懐かしさの様なものを感じ、「お寺はいいなあ。」癒された。

種月寺




茅葺屋根の種月寺

時々思う事は、お寺の風景に落ち着き、癒される気分って、それって「じい様なんじゃあ。」と感じていた10代・20代の頃を想い出す。

本堂

そしてその頃ならカメラがあってもこんな風には撮れなかったと思う。

土間のスリッパ

ここでも土間のスリッパに、ここ種月寺にも生活感を感じ、親しみを覚えた。

僕は毎日ようにGoogle street viewを見ている、気になった所があれば検索してその場に気軽に行けるからでもある。
この度豪雨被害地倉敷市真備町もそれを見てニュース映像と比較しながら、いかに甚大だかわった、そしてこれは募金せねばと。
そして「そういえば?」と想い出したが豊臣秀吉の水攻めで有名な備中高松城って、この辺ではなかったかと、知らべてみると真備町から
約14kmだった。一概に比較は出来ないけれども、ある意味この辺りの地形は、約400年前からそういう地形だったのがわかっていたこと、
だったらもう少し早くに対処できなかったのかと、その予想を超えたが今回の災害なのかと思った次第である。もっともそして50年前から
地形に問題視さてやっと今年から工事着工との件にそれって高松城水攻めを思えば遅すぎだろうと思えてくる。
そして本日のこの暑さを思うと、お見舞いの言葉とかでは到底足りないかもだが、僕は次はないような復帰を願うばかりである。

Category: 日記・情景  

◇  スローなブギーしてくれ。

種月寺参道

「スローなブギーしてくれ。」 山門参道、そしてやっと廻廊を歩く。
前回来た時は、ここは雪に埋もれた参道だったなあと、想い返しながら今は雪のない参道を歩いていると、廻廊と中々僕は先へと進まない。

種月寺廻廊




廻廊と庭

そして僕は「やっぱり雪はネエ方がいいなあ。」と思いながら、緑の今の風景を眺める。
そうやっていると何度も来ているのに初めて訪れるようなのんびり、ゆっくりと 僕は歩いた南義孝の 「スローなブギ―にしてくれ♪」が浮かぶ。

廻廊

冬に来た時は、この廻廊は雪囲いの菰(こも)に覆われていたなと、そんな事を考えていると歩調はスロー。

庫裡

そうだ、そうだった紅葉の時期にまだきてないなと、緑の光景を眺めて思う。

茅葺屋根の本堂

でも、紅葉の綺麗な写真よりも僕的、自分的には紅葉よりも季節のある意味違う緑の方が合っているのではないかと、曹洞宗種月寺で
「紅葉とは なに也!」と一人問答するのだった。


Category: 日記・情景  

◇ いつもながら山門で、もったいぶる

門扉と金具

門扉の乳金具、やったり僕は撮っちまう。

種月寺山門

そういう訳でもないが、ここ種月寺でも入口の山門あたりから、本堂へと行くまでにもったいぶるように僕はうろうろ撮影。

種月寺参道

僕がもし20代だったら、「このジジイ、何が面白いのさ、さっさと歩け!」とたぶん腹の底で思うに違いない。

参道

参道が延々長い訳でなく本堂はそこに見えている、同じスタートならもう本堂に到着している人もあるかもしれないが、、僕はまだまだ
山門まわりを進んでは後へ下がりとうろうろ、考えると他所でも僕はどうも遅いようである。

山門乳金具と参道




西国三十三観音

そして山門脇にある西国三十三観音だって、帰りでも寄ってじっくりと撮ればいいのだろう、だからスルーばいいのだろうが、目線をやりながら
一度は目線をやっているのに、「スルーをしたら不敬でもあり、罰当りな。」と、考えると寄ってはカメラを向けると僕は本堂まで時間がかかるのである。


1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >