FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 06 2018

Category: 日記・情景  

◇ 寺院(慈光寺)の窓のある風景

慈光寺の窓

長い年月の太陽の日差し、雨、風、雪によって出来た木造の質感には、いつも渋さと懐かしさを感じるのだが、それは僕が昭和の人間だから?
プレハブ工法だの柱のない家の平成生まれの子供だったら感じ方も違うのだろうか。

庫裡入口

その廊下には、「これが木魚の謂れなんだな。」と大きな木魚がぶら下がっている。

廊下と木魚

そんな庫裡の廊下に嵌った窓の表と裏側から。
以前訪問撮影中に大雨、これでは引き上げるに引き上げられないなあと雨空を見上げながら「困ったなあ。」と思いつつ、

慈光寺の廻廊と消火車

だったらと廻廊形式で囲まれた寺院内を撮影でもするかと広い院内をウロウロと雨に濡れずに自由に移動できる有難さと嬉しさがあった。

慈光寺

僕は、寺院訪問して綺麗でも大きくと鉄筋コンクリートのお堂だったり、山門だと「なんだかなあ。」と撮る気は失せ参拝記念撮影程度で出る。
土間はコンクリートであっても建物が木造は有難い。



12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >