FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 06 2018

Category: 日記・情景  

◇ 荒川の上流にて

荒川の赤い橋

山間の赤い橋、時間に余裕があったので寄り道して見つけた風景。

赤い橋と鉄橋のある山の風景

ここにも赤い橋とJRの鉄橋、待っていたらここ列車が通過するシーンもいいじゃないかと思ったが、時刻もわからずなので無闇に待たなかった。
本数の少ないローカル線である、待つ事2時間だって可能性はある、それも知っていて2時間と、全く時間も知らない2時間では待つ時間が違う。

荒川に掛かる川霧

気になったけど、一度通り過ぎて自然現象は今度いつあるかわからんしと引き返す。

山神社

たぶん初めての土地で見つけたお堂、なんていう神社かと近づいて名前を見たら「山神社」だった。
この近くで歩いていると、目の前に「蛇!!」ドキリとして一瞬動けななくなった僕の目線は、それは蛇の亡骸だった、驚かすなよなよ~。

荒川の支流



山の緑

なんとなく視線を感じるような気がする。
山の中で車を停めて、緑を撮るたびに、向こう側に隠れこちらをジッと見ている”奴”がいるんじゃないかといつも想像する。
それが鳥、ウサギ、猿だったり、熊だったりするのかもしれない、なのでいつも道路に車をめて山の中で撮る時は、小心者の僕は
クラクションを「ファン、ファン =3 =3 」と鳴らして降りるのだった。
それだって、カーステレオはハードロックの大音量を流し、ドア開けるとロックのビートが山の中で鳴り響く、ビビりの僕はそうやって自然形態を
壊しているのかもしれない。


12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >