冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 04 2018

Category: 日記・情景  

◇ 春爛漫の柏尾の丘から鉄を!

JR羽越本線下り列車

春になり陽が伸び冬場の行動だったら、そろそろ帰宅時間だったのが、まだまだ陽が高かった。
春爛漫の陽気に、このまま帰るには”もったいない”ので久しぶりに鉄でも撮って帰ることにした。


畑の自転車

そして撮るならあそこだなと「柏尾」の田んぼと畑のある丘から日本海をバックにと撮影場所も決めたのだが、誰もいないだろう思っていたのに、
この前軽トラが僕を通り過ぎ左折して消えた、その後正面からは自転車がやってきた、誰もいそうもないはずの目的の高台を目指す。

柏尾の狙い場所

また後から軽トラがやってきて僕を追い抜くと、僕の撮影予定だったカメラ位置の畑へ軽トラは向かった。
「えー!」と、”誰もいないはず。”のこの時に限って、こんなに人の往来があるものだろうか、意外だった。
それは暖かくなって本格的畑仕事に向け備なので忙しいのを意味していた、これもやっぱり春爛漫って事なんだろうだった。

柏尾の畑の水瓶

「しょうがねえなあ。」とだったら、予定の場所とは違う「ここなら畑でもないし怒られることもないだろう。」と、草むらに陣取り列車の通過待ち。
そして改めてその後ろを見ると、水瓶に石、、、イソップ物語のカラスの話を思い出した。

帰る二人

列車が通過し撮り終え帰ろうかとすると、予定の撮影場所だった畑に止まってた軽トラと自転車が畑の仕事を終えて帰って行った、
「タイミングがなあ。」と思いながら、もしも先に僕がその畑にいたら「邪魔ー!」と怒られたかもしれんなあと、これはこれで僕は撮影の場所が
水瓶の前で正解だったのかもしれない。



12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >