FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 04 2018

Category: 日記・情景  

◇ それは雨上がり、いや霰上がりとでも云うのか

太田川の橋の上から

さっき降ったアラレの後は、雨上がりならぬ「アラレ上がり」の空気はすっきり感があった。


つかの間の青空が

またも振り返ると、空には青空見えた、やっぱり桜には青空でしょうといわんばかりだったが、少々の合い間にアラレと青空の桜風景を見た。


太田川端の桜並木




川端の桜並木

川には目立つほどではないが、アラレ直撃で落ちた花びらも流れていた。


福島潟の菜の花

桜さくらと騒いだが、それと同じに桜の時期は新潟市北区福島潟の菜の花も咲いているはずと、足を伸ばす。


福島潟の春




菜の花畑

2カ月前には白い雪景色だったのにと、目の前の黄色い風景を眺めながらしみじみ思った。、


ついこの前の冬の景色


アマゾンで、シェーバーの替刃を買った。注文したのは夜の11時、「届くのは早くて明後日」だろうと思っていたけど、お届け日が翌日になっていた
さすがにそれ無理ぽく、メールは自動転送だし今時間仕事してる訳がないので、それは何かの間違いだろうと思ってたら、マジに翌日届いた。
夜の深夜と云っていい11時の注文対応で発送作業したとして、運送は(郵便局だったが)どうなっているのかと驚異だった。

そして新聞で米アマゾンプライム会費強気の2割増の記事を見て、日本も2割上がったら僕はこの驚異的お届け時間からしてどうしたもんだろうと、
悩んだ、、、日本では、どうなるかわからいが。
Category: 日記・情景  

◇ 自分で見つけた桜名所

桜と竹

川辺の竹と桜を見つけた時、「これぞ桜の和じゃねえのかい。」と思ったものだ。


桜は、まだまだ

それ以来、毎年のように訪れている。


桜と竹林

桜と竹、この組み合わせを見つけた時、”オレは凄いものを発見したぜ。”と悦に入った。
それも誰もカメラマンどころか、脇を通る車も素通り状態、むしろ撮影している僕を見て「何撮ってんだい?」てな具合だった。


桜開花とそこに降るアラレのシーン

そして発見から10年、その桜と竹を撮っていると突然アラレ、「えっ、アラレ?!4月だぞ。」とそのアラレの勢いは凄まじく、咲いた桜の花びらを
直撃、「咲いたばかりなのに~」、アラレで散る桜に僕は、モノのあわれと諸行無常を感じた。


振り返れば虹

そしてその諸行無常ののち、後ろを振り返れると空似は虹が、アラレの直撃は諸行無常でなく虹の光景へのプロローグだったのかもしれない。


太田川の桜


正直な話、桜(に限らず)の見事な有名スポットを撮って「どうでしょう。」と云われても、それって誰かが撮った景色を真似て撮っただけじゃねえと
思う事がある、富士山を撮ってどうでしょうと見せられても、それは誰が撮っても富士山は見事なのである、そこをあえて”こんな風景の富士山”と
未知の組み合わせを撮って見せつけられると僕は、( ̄▽ ̄;)!!ガーン そうくるか、そんな構図があったのかと、
ついつい僕も撮ってみたいと思わせる。僕はいつもそんな”そんな風景があったか。”と思わせる場所を探しているのだが、桜の季節には
毎年「今年も見つけられなかったかあ」と肩を落とすのである。



Category: 日記・情景  

◇ 寺院の桜の陽が差して

宝光寺の桜と庫裡

雲間から桜に太陽の光が差す光景を見て、改めて奥の庫裡がお城のようだったんだと気づく、これなら「お城と桜」が撮れそうだとφ(..)メモメモ。


廻廊と桜

たぶんカメラが趣味になってなければ見つけていない光景、白い桜のバックは青空だけでなく黒だて似合った。


宝光寺の桜




ソメイヨシノと枝垂れ桜

ソメイヨシノの向こうは、枝垂れ桜になる、ソメイヨシノの開花よりも枝垂れの開花は遅めで3分って所のだが、一昨年だか同時開花を見て
「おー。」と声を漏らした記憶がある、こればかりは計算通りにならんものである、だから毎年通うのだろうか。

五十公野御茶屋の桜

五十公野御茶屋の駐車場の桜。
誰もいない、誰も撮っていない。でも僕はその光景「いいねえ!」して撮ろうと思ったら自分の車が邪魔していた、「オレのバカ野郎、気づけよ。」と
よくある事よくある事。


旧知事公舎

五十公野御茶屋の一角にある、旧知事公舎記念館なのだが、縁側にホットプレートが並んでいた、焼肉か?確か邸内は禁煙だったような
文化財の中でそんなことやって良いのか、でも人が来なけれが始まらない、これもサービスの一貫なのかと、邸内を見ながら焼肉で一杯
いいじゃねえ、そしてこの時4月の雪の跡。


なんとなくカナダ

桜は咲いたが加治川はまだ冬だった、そしてその光景に僕はなんだか”カナダのようだ。”と橋の上から眺めていた。
と云った所で、それが「カナダなの?」と問われたら僕はカナダへ行ったことがないので、返答に詰まるだろう。
こんな川で秋になるとレッドサーモンが遡上してくる、時のボートで釣り人の姿が見えたいと、あくまでも僕の持つカナダの森のイメージなのである。




Category: 日記・情景  

◇ ある寺院で青空を見た

宝光寺の桜

家を出掛ける時は、「あ~ぁ、今年の桜は雨か~。」と良い天気は無理かもなあきらめてはいたのだが、到着した時はやっぱり雲だった。
覚悟はしていても「しょうがねえよなあ。」と青空は諦めながら撮っていると


宝光寺山門と廻廊と桜、そして青空

満開の桜に陽が差した、「おっ!」とこの光、コントラストだよなあと、太陽のありがたさにお寺だけに、仏様のお導きなのかとマジに思った。
そして、気がつくと桜のバックに青空が見えていた、雨模様の桜を撮っていたので、この青空のチャンスを逃すまいと、撮り始めると、また曇った。


宝光寺中庭の桜

そんなお天気の状況でもあるのか、見物人がもっといても良さそうなのだが、開花の状況からしたら少なかった。
開花しているのを知らないのか、雨だからこないのか、ともかく人が来てはすぐに無人状態なり、青空と無人状態のタイミングを僕は待った。


青空と本堂の屋根

そして、これである、「これだよ、これ。」とこの組合わせを撮ったら、僕の今年の桜コマンドは終えてような気持ちになった。


中庭の桜

でも、太陽に光と青空のシーンを「う~む。」と迷っているとまた太陽は雲に隠れた。


2本の桜




宝光寺

しかし、待ちに待った桜なのに、それゆえにか自分の中の撮るぞ~桜~のイメージは、桜と青空なのである。
それが、曇り、雨だったり、では予定外でどうしたいいやら。
そして太陽の光が差しても、いざ桜を目の前すると、どう撮っていいのやら迷うのも毎年の事。

プロだったか、自分のイメージを絵に描いているの見た事がある、そこまでやるのか~と感心したのだが、毎年「どう撮っていいのやら?」の
パターンの僕には本当はそういう努力が必要なのかもしれないが、、、、しかしφ(..)メモメモしても僕場合それを忘れていそうである。


Category: 日記・情景  

◇ 桜は、いつものお寺から

宝光寺の桜




二本の桜

桜が咲き始め前は、心待ちに「早く咲かないかなあ。」と、そして「今年はどこを撮ってみようか?」と頭の中で過去データを検討始める、
「そう言えば、桜が咲いたらキレイなんだろうなあ。」とチェックしていた場所を思い出すが思い出せず、”まだ先なんだし”と検討は先送り、

新発田市宝光寺

そんなこんなのんびりしていると、突然のように桜が始め「え、え、え。」と焦りが始まる。
まだ決めていなかったことに自己嫌悪しながら、こうなったらハズレのないようにと、のんびりして散ったりしたら大変と、結局は”昨年と同じ!”と


廻廊と桜

なるのが例年のパターン、今年もそれがわかっていながら同じ轍踏む(*´Д`)


市島邸の裏門あたり

だったら、ちょっとは違う景色を遠くに見える桜の風景を見つけ、黒い板塀に桜、「いいじゃねえ。」撮りながら、ここは誰も撮らんだろうと
人類未踏のならぬ撮影処女地風景に一人感激し、ここは、ここは?と徐々に前へ前へ、そして足は不法侵入気味気づく。


市島邸の裏




市島邸

この日も雨模様。
やっぱりこの日も青空が欲しいなあと、待ちに待っていた桜を前に「何か足りねえなあ。」だった。



Category: 日記・情景  

◇ さくら、雪崩れる

桜雪崩れる

雪崩ていた。


桜ふる

仕組みは、こんな光景の重なりとわかるのだけど、わざわざ雪崩様な場所を探した。
冬の雪は嫌いなんだけど、その雪をイメージさせるような桜の風景に、”見事だ。”と感じる僕自身に複雑の気持ちでもあった。。
心の底では雪は好きなのか?、、、雪かきの雪と、渋滞の原因の積雪と、単に見る雪は違うのかもしれない。


桜をスイセンします

この桜をスイセンします


柵の上にも桜さく

柵の上にも桜は さ・く 


用水の桜

ダジャレも浮かんでくるくらいに 桜に酔い、ご機嫌なってくるのだけど、帰りの道すがら見事な桜を見ると「ここ、いい。」と車を停めていたけど、

桜の悲しい物語

さすがに、この光景は悲しかった、桜が咲いたばかりなので、散るなんてありえない。


スズメのしわざ

なのに地面には桜の、つぼみ、つぼみ、つぼみ。
酷い事するなあと、蜜を吸ってはつぼみを落とす犯人のスズメを探すが、時間帯なのか、蜜でお腹いっぱいになったのか姿はなかった。
それにしても地面に落ちた数の桜のつぼみを眺めては、スズメは残忍であると思うである。



Category: 日記・情景  

◇ 用水は、桜降る如し

新江用水の桜




新江用水

”見頃”の情報は聞いていても、当日は雨模様。
「雨じゃなあ。」と本当に桜が咲いているのだろうか?と疑心暗鬼と雨が出掛けようとする気分にブレーキを掛けた。


下四之橋の桜

過去にそんな経験は何度もある、”気乗りしない”中でを重い腰を上げ、出掛けてみると”やっぱりなあ。”とハズレもあるが、
到着すると、そこは桜花の宴会、用水をはんさだ桜の光景は”いやあー!来てよかった。これは咲くというより”降るだなあ。”だった。


用水の桜

撮っていると用水の真ん中にある黄色いボールが桜の風景に合わない邪魔だなあだった。それがあちこちのあった。何であるんだと考えたら、
たぶん落ちた時の救助ロープとして設置されているらしく、そのロープを伝わっていけば梯子がある、仮に落ちて流されもここにつかまってたどれば
鉄の梯子、そこから脱出とそんな関係なのだろう、黄色いボールは浮(うき)でもあり、また目立つような黄色なのかと。


水道施設の桜




水道局の桜


実は、春満開のような桜もよいのだけど、僕は桜と梅の中間のよう桜の風景が好き。
ここで何枚も何枚も撮ったが、桜の光景の満足だったが、やっぱり青空だったらなあと、灰色の空をにらんだ。


Category: 日記・情景  

◇ 桜2018

新江用水(保田)の桜雪崩




新江用水(保田)の桜

2018年の冬は、想定外に雪が多かった。雪かきなんて辟易していた、腰だって痛かった。
当然、この雪だから今年の桜は遅れるなあと予想していた、が「雪が、なんだってんだ!」と云わんばかりに桜の開花は昨年よりも早かった。


水道局の桜





水源施設の桜


当然、僕は「来週かなあ。」とのんびりしていたけど「もう咲いているよ、見頃よ。」なんて話が入ってきた、当然「うっそー。」な僕は、
半信半疑な気持で出掛け新江用水の桜並木に近づくと車が目立った、尚も桜並木に到着すると車は桜並木を何台も何台も走っていた。


新江用水の桜

情報って知っている人は、知ってるんだと思った。
桜の名所はあちこちにあるけれど、ここは近年に知られ始めたのか、桜でない季節に外回りの仕事で弁当を食って、桜の下に昼寝した。
当然桜の花の季節でなかったので誰も通おらず、僕は落ち着いて車の中で食後の昼寝まで出来たのだが。


阿賀野町水道局の桜

桜の種類がこれは違うようで、早いのもあるがソメイヨシノのような開花はしない桜のようだった。


新江用水公園の東屋

新江用水の奥にある公園の東屋、奥にあるのか手前の車通行台数の3分の1くらいここまで来ないようで、公園自体も自然に任せたような状態
鬱蒼とした公園の桜は僕はこれこれで「あり」だと思うだが、3分の1の車もここをスルーしていった、「もっと見てやれよ。」と同情してくるのだった。


新江用水

枚数のストックの加減で、ブログはやっと桜、相当っているのに、リアルでは昨日今日とまた桜、車を走らせていると、僕の周囲の葉桜から、
散って葉桜の始め、散り始めで花吹雪、満開、5分、3分なんて所が1日の行動の中で、色んな状況が見られた。
福島の人との会話で福島市冬は雪が例年よりも多かったのだ、でも、桜は昨年よりも1週間早いと云っていた、「新潟と同じですわい。」だった。

ともかく 桜ネタ つづきます



Category: 日記・情景  

◇ 時間が長くなったなあと感じるある日曜日

六軒小路

六軒小路、


鍋茶屋

高級の冠が付く料亭「鍋茶屋」、恥ずかしながら僕なんか今だに行ったことがない。


鍋茶屋参道

若い頃は、まだまだ人生は長いのだから、いつか機会があるだろうと他人事のように軽く考えていたのだが。
最近、この歳まで来たら「行かずに人生終わるかも」と焦りを越えあきらめの気分になって眺めている。


美術館前




田中町の坂

田中町の階段、ここだけ見たら変わらぬ風景なのだけど、周囲は「あ~?」ってなくらいの変貌になりつつある。


廃線の風景

沼垂の貨物引き込み線の配線風景。
廃線になっても線路がそのままあった時は、それなりに回数着ていた、廃線になって線路だって鉄なんだし、剥いで売ればいいのにと、
思っていたけど、いざその通り線路が剥がされると風景も変わる、僕も訪れる回数はかなり減った。


現役かどうかわからないJX石油基地

その隣のJXの石油基地。


犬釘

線路固定していた釘(犬釘)、線路は剥がされ残された光景は何やら墓標のようにも見える。
年季の入った色に、やっぱり僕は「いいねえ!」、線路ははがされてもこれが残っている間はまだまだ通うぞ。



Category: 日記・情景  

◇ 光り当たるドアのある裏路地

裏路地の二次反射のドア

二次反射で光がうずまきのように当たるドア、以前通った時はこのドアが4つ並んでいたのを見て、同じドアの4つ並びにロッカーのような光景に
妙に不思議な感じがした、そしてこのアパートは構造はどうなっているのだろうと、立ち止まって眺めていたのだが、でも裏路地でオヤジが
一人立ち止まりアパートを見ているのは、いかに自分のしていることながら怪しげなんじゃないかと思った。


二次反射のドア

なので、30秒くらいアパートを眺めて、外側の右ドアは右の部屋、真ん中はその上の二階、真ん中左はその隣の二階、4つ並ぶ左はドアは
そのすぐ隣の一階の部屋の出入り口なんだとわかったが、酔っぱらった勢いで間違わないのだろうかと思った。

古町4裏路地

しかし、時代なあとアパートの前は室外機、エアコン装備ってこと、遠い昔学生時代暑い夏でも、一階の部屋なので窓を締めて扇風機、
暑さに参っていたことを思うと天国だよなあと、路地で思った。


赤い扉

久しぶりに、「渋美しい(渋さが美しい)」光景を見つけた、日影になっているだけでこうなんだだから、ここに陽が当たっていたらと想像し、
そこにいる自分はきっと「うーん。」と唸りながらいいね!しているかもしれない、そうなるとベンジするかと頭をよぎった。


東堀通交差点

東堀通から人情横丁のある新津屋小路にカメラを向けていると、向こうに歩いていたカップルが「何があるんだ?」と左に視線をむけたが
「そうじゃねえんだよ、あんたらを含めた交差点全体の風景なんだよ。」と僕は心でつぶやいた。


小原小路

小原小路、そこにある妙に古そうな病院だなあと思っていた、患者は浴衣風の病衣着ているのを想像したが、ある日気がついたのだった
この隣には近代的ビル同病院が建っていた、あまり建物ギャップに別ものだと思っていたのである、だけどビルよりこちらの古い方が眺めは好き。


ショーウィンドーと映り込み

この前は以前はみずほ銀行というか第一勧銀業銀行があった、今はその跡地はビジネスホテルが建っていた、建物前の宿泊の値段を見て
お手頃だなあと思ったが、でも地元なので泊まる事ないだろう、「手頃な値段」に関係ない僕だと思うと妙な気持ちなった。


Category: 日記・情景  

◇ 今日も路地裏で

銭湯の裏路地

銭湯(だった)の裏路地を探検した。
そして大量のビニール傘に、何んでこんなにあるのかと、それも同じものばかり外に、どんな人が住んでいるのだろうとその玄関を見た。
別段なん怪しい所もなかった。


路地裏

路地を探検、「あれ?ここは初めてだったか。」と思いながら撮っている間にすぐに、その路地から抜けていた。


マッサージ店のある路地

その路地を抜けると、またマッサージ店のある路地に出た。
路地にカメラを向けていると、背中に殺気。オバサンが歩いてきた、僕に撮られまいとして、いや、僕の撮影に邪魔にならないようと、
そのオバサンは早足で路地を抜けるようとした。
だろうが、ひょっとして「あれ?怪しいオジサン」と見えて関わりに会いたくないと早歩きで行ったのかもだった。


神社の上から

神社を撮っていると「あれ~?」と神社の屋根向こうから、青いP(ぴー)口のお化けがこっちをのぞいているのを発見、目の錯覚なのだろうが
そんな事を一度意識してしまうと、別な風には見えなくなった。


雨あがりの桜

桜の風景を相当撮った、雨交じりだったせいか満足行かず、ここは、ここは?とあちこち撮ったのもあるし、桜の魅力でもあった。
カメラも数台、場所も同じ場所で撮影と、また別の場所を別のカメラでと、そんなのを合わせたらストックがハチャメチャ状態であふれんばかり、
でも、桜記事までもう少し、、、今度は「また桜かいな。」と続くのだと思う。


Category: 日記・情景  

◇ 春を歩きまわる

柾谷小路

新潟市のメインストリート柾谷小路。


弘願寺前

弘法大師像の弘願寺

海抜0メートル

海抜0メートル、新潟市は意外に海抜が低い、そしてその地盤も悪いため高いビルは出来ないと聞いていたけど、今ではそこそこに高いビルが
建っているのは、建築技術の進歩ってことなのだろう。


新津屋小路の自転車レーン

メタボの人、自転車に足が絡んでませんか?ちょっと気になりつつも自転車の季節だと感じられた。


赤い交差点

この赤い交差点の風景が好きだった、今は十文字の交差点の角の3カ所が変わった。
それだって何十年とかでなくせいぜい5、6年、僕の「失われた風景」のひとつである。街の風景の変化って突然やって来ることが多い。
久しぶりにそこを通ると、まったく気づかないこともある、そして過ぎてから「あの建物は?」と気づく。
それはちょうど自分の記憶が欠落したよう気持ちなる、その光景は2度見れないのだから頭の記憶だけで、そこに何があり、どんな形だったとか
正確な風景を呼び戻すのは不可能なのだから。


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >