FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 02 2018

Category: 日記・情景  

◇ 判官舟かくし

舟かくしへのトンネル

久しぶりに西蒲区にある「判官舟かくし」のトンネルへ、これも”天気が良いので、もう少し足を伸ばしてみよう。”だった。


角田浜判官舟かくし

毎度の事だけどトンネルに入っていくのは、僕的には長くはないとは云え暗いトンネルに入るのは抵抗感がある。
まして波の高い冬場だトンネルまでザブンと波が入ってきら大変なことになる”油断は出来んぞ。”と危険を想定すると慎重にならざらるえないが、
それを別の言い方をしたら”チキン野郎!”なのかもだが。

判官舟かくし

だからトンネルの出口で、この先へ行くか、行くまいかと迷ていると、その先の方から男女の会話が聞こえてきた。
岩場に腰を掛け海を見ているようで靴の先だけ奥に見えていた。「こんな波の状況でよくまあ。」と危なくないの?と思いながら、
”カップルの邪魔をしてはダメだなあ。”と、僕は”言い訳”を見つけ舟かくしは、ここまでだった。


ふたりの影

そして撮っていると、そのカップルが「こんにちは。」と挨拶しながら帰っていった。
「え~、行くんかい。」さっき”行かない”と言い訳にしたカップルがいなくなったらオレはどうしたら、行くんかい?

(この先へ)行くか行くまいか。
当然、僕は危機管理慎重派な人、「冬場の波は、いつドカンと大きいのが来るかわからない。」目撃者がいるならともかく波をかぶって流されたら
誰も知られず、僕は海のモクズでイッカンの終わりなんてのは嫌だ、でここまで。

結果的にこの後で僕もトンネルから出ると、カップルが車の前で写真を撮っていた、ナンバーを見ると「わ」のレンタカーだった。
なるほど、冬場の波の危機感なんて思っていなかったのかもしれない。



1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >