FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 09 2017

Category: 京都・情景  

◆ 夕刻、京都四条あたりを歩く

四条通ルイヴィトン大丸前

時刻は、6時半、まあ夕方としたら明るいけれど、写真を撮って歩くにやっぱり厳しかった。
しかし、四条通あたりって僕が訪れる時間帯は大体夕刻から夜になる、やっぱり郊外を昼間まわってやれやれと街帰ってくるパターンなのかも。


高倉通

そんな夕刻に京都の街を歩くと観光と云うよりは、「オレは京都に住んでるぜ~」ってな気分になる、錦小路で晩のおかずでも買えば、尚更なんだけど、
せいぜい食事をするくらい。


錦小路と若冲

久しぶりに錦小路を通ると伊東若冲通りになっていた、「あれ?」とは思ったが、気がついていなかったのかも。


錦小路




樹花鳥獣図屏風

よく考えたらギリギリ店が開いていた、当然シャッターが上がっていら若冲の絵はわからんかったのかと、それにしてもシャッターに伊東若冲が描かれている通りなんて
何と贅沢なのだ。


錦小路の樹花鳥獣図屏風絵

錦小路の樹花鳥獣図屏風絵


錦天満宮前

だいたい、四条あたりにくると、ここ「錦天満宮」への参拝確率は高い、そして初めて訪れた時に暗くなっても照明が明るく神社を照らしお祭りのような光景に
「やっぱ京都は観光地なんだわ。」と訪れる度の想い出す。


錦天満宮手水

昼間ではない、陽が長かった頃とはいえ、夜7時前でもこんなに明るい、確か遅くなると門がしまっていて(門が閉まる神社に「おー?」とその時はなった)。


錦天満宮の牛

天満宮の牛はどんだけなでられただろう、学問の神、菅原道真を祭る天満宮だけに頭と角が一番はげていたのは修学旅行せいが多いからか、
体に足の部分が頭よりもはげ方がまだましなのは中年以降の人たちが参拝して ヾ(・ω・*)なでなで なんだろう。


京都マルイ

京都マルイ、昔阪急百貨店だった頃に観光バスの観光ガイドで「ここ阪急百貨店前は京都の待ち合わせ場所になってます。」てなこと聞いた覚えがある。
確かにその時は、建物の左下あたりに人がたくさん「まだか、まだか?」と人を待っているような光景が今も忘れられないのだが、
丸井になってから
どうなったのかわからないけれど、この時も待ち合わせしているような人はいた。



Category: 京都・情景  

◆ 電車ショートトリップ

近鉄京都線からの車窓

近鉄奈良駅で、発車時間3分前で切符を買った、果たして間に合うのか?と駅構内を走り、エスカレーターをドドドドドドと駆けおり、
「これか?、これなんだな?」と奈良発特急電車を確認、指定席に合わせて車両に乗る暇などなく、ともかく電車を確認すると目の前のドアから飛び乗った。

なので、座席について「へえ~、やれやれ。」だった、そして急に待て待て、これに乗ったら撮らねばと急に想い出し、大極殿はギリギリ間に合ったが
朱雀門は間に合わず、その姿さえ見逃した。


車窓宮津あたり

京田辺市宮津あたり

いつもは移動と云えば自動車なので、チラ見がいいけれど、長々とわき見は許されない。
なので窓から風景をのんびり眺めていられるのが嬉しくもあり、足元、体に伝わってくる電車の振動、音もまた「いいねえ!」だった。
出来たら缶ビールでもあったらよかったけど、電車時間の都合で飛び乗ったので買う暇もなく乗ったので、「あービール飲みてえ。」だった。


車両基地

京都に向かいながら昼から徐々に夕方になってきて、車内から撮影でシャッタースピードが遅くなり始めてきた。
「ここぞっ!」とシャッターボタンを押すとシャッター音が僕の思っているより長かった、案の定撮ったものはブレた。


竹田車両基地

車両基地が見えるなんて初めて知った。


京都地下鉄車両基地

車両基地にズラリと並んだ電車の光景がカッコよく京都らしくなかった。


東寺が見えた

そろそろ京都駅、「あれが、見えるハズ。」と窓から西にあるものを探した。
「おー、いた、いだですよ。」とシャッターを押すと東寺の五重塔と建物、電柱が何度かかぶった。被らないように邪魔するものが過ぎて
シャッターボタンを押すと、また横から視界を邪魔するものが流れてきた。


東寺五重塔

ギリギリセーフ、これだって「おっ、京都だね。」の光景だった。


JR京都駅西口改札口前

JR京都駅西口改札前、デカいカバンも持った人があちこちにいた、京都へ来たのか、これから出かけるのかと、「旅はいいなあ。」とこれから帰ろうとする僕には
カバンの風景が羨ましくみえた。

京都駅中央口前

京都に着いたら、京都タワーを見て「京都来たどー!」だったけど、数時前に見たばかりなのでとりあえず駅の雰囲気で「京都」を感じた。
火は傾き始め、写真はまともなモノを撮れんだろうと、だったら明るい所へ、河原町へととりあえず向かった。



Category: 奈良・情景  

◆ 永の奈良編も「奈良町」で終わり

高畑

奈良市高畑(たかばたけ)


奈良市高畑

高畑の路地


奈良町

奈良市公納堂町


奈良町、銭湯のあった路地

「あれえ?ここだよなあ。」と何度見て銭湯がなかった。以前来た時には奈良町の路地に銭湯、入口には営業中がわりの暖簾がさがっていたのだが、
ない、違うのだろうか何度も「このあたりでは?」とキョロキョロした。


奈良町の緑

(銭湯は)この隣り当たりあったのようなと眺め「オレは間違っていないはず。」と、そしてその奈良町の変化に「オレってそんな奈良に来てなかったのか。」と
永のご無沙汰を知った。


奈良町菊岡前

奈良町の中心のような場所、ここ菊岡前と吉田蚊帳店を前をあるくと僕は「奈良町にきたぜえ。」と感じる。


坂道を登ってくるカップル

坂を登ってくるカップル、遠目で見ても黒髪、黄色人種だけど、日本人ではないなあとわかった。
そしていつも思う事は、外国人がこんな奈良町を歩いて何を感じるのだろうだった、カップルふたりなら”それは、どこでも良いかもしれない。”。


奈良町の坂道

奈良町は坂が多い、乳母車を押していく光景を見て、昔奈良町の坂を「よっこらしょ。」と自転車を押すバアサンを見て、僕は後から荷台を抑え
押してあげたこと想い出した。 平地の多い新潟人の僕は坂、段差にあこがれるのだけど、”住む”となるとまた話は別なのかもしれない。


奈良町の霊府神社

奈良町はびっしり家が並ぶのだが、その中で色々なお寺、神社を見る、元興寺なんてその代表のようなもの。
そして多分前を通ったことのあるだろう”霊府神社”境内にはいった、境内の広さは家一軒分くらい、その中をのぞくと右側の狛犬に目がいった。
見覚えのある様な、昔パチンコで台の名前は忘れたが、そのパチンコ台に出てくるキャラクターによく似ていた、ひょっとしてこれがモデルなんじゃ?と
思えるくらい似ている狛犬の僕は顔をなでた。


永き奈良編は終り、あとは京都で数日分、10月には以前通りの数枚パターンに戻る予定、ともかく京都編もよろしくです。


Category: 奈良・情景  

◆ 鹿も人間もふり返るふたたびの奈良

若草山

一頭の鹿がいた、こっそりと近づいたのに、「だれ~?」と振り返り返った。どこに居ようと鹿の勝手だけれど、ドカリと店先に陣取って座っているのは
やっぱり奈良の風景だった。


手向山八幡宮

日本の奈良で、日本古来建物なのに、一瞬でも遭遇した観光客がみんな外国人っていうのは、おかしな感じだった。


若草山の鹿

ここにも鹿、小学校の頃親父の関西の社員旅行のお土産で、奈良のペナントをもらった、それには奈良公園の文字と鹿があしらってあった、
その頃あたりは奈良は遠い、そしてそこにはペナントをもらったことで鹿がいるんだ肌で知った。


春日の杜と石灯籠

石灯籠の向こうは神の領域、時折そこに神の使いの鹿がいた、こちらに気づくと、僕の方をジッと見ては警戒を解いてなのだろうが僕を無視した。
何だか僕はジッと見られているうちは良いけど、視線を外し無視されると神様からも無視されたようでちょっと悲しい気持ちなった。


春日詣出

相変わらず人が多かったが、中国語系の観光客が多いって訳はないけど存在が目立った。


春日大社

初めて来た時は、じっくりと見た。かんざしを頭にさした巫女さんのカッコよさに見とれたけど、3度目になると「いいねえ。」ちらりと目をやってニヤリで終り、
境内も参拝するとパ、パ、パ、、、で終わった。


春日大社万灯篭


何だったかで春日大社の万灯篭は歴史的有名人も奉納していて、それが今も見れるってことで確か直江兼続だった、僕も同じ越後人なので探したが
すぐに僕は探すのをあきらめた。


春日大社石灯籠の参道

「山も、森も、水も、風も、人も、鹿も、千三百年ともに生きてきたもの」 (JR東海CMより)


下の禰宜道(ささやきの小径)


春日大社から高畑(たかばたけ)に抜ける「下の禰宜道(ささやきの小径)」、こんな光景を10分くらい歩く中で誰とも会わなかった、
周りは緑の森に春日大社の森だとわかっていても、”静けさ”にちょっとばかりビビりの僕は不気味な感じがしていた。


JR東海CM 「うまし うるわし奈良 春日大社篇」、、、




Category: 奈良・情景  

◆ 東大寺二月堂から

東大寺の土産屋さん

東大寺大仏殿から鐘楼、二月堂への表参道のお土産屋さん。


鹿

そのまま石段の坂を登って行ったら二月堂もすぐなんだけど、「あそこを通らないと。」と”裏参道”をめざし引き返した。
真っ直ぐ行けばすぐなのに、何とかいう階段を降りて、また石段を登っての二月堂だった。


東大寺梵鐘奈良太郎

東大寺鐘楼別名「奈良太郎」、国宝ではあるけど鐘には手が届かないので鐘楼の柱スリスリ、、、一瞬にして修学旅行生で埋まった。


二月堂裏参道

修学旅行生、一般観光客もそこそこいたけど、一瞬無人になった。


二月堂の石段

やっぱり人の多い所は、人を入れた方がいいのかも。


二月堂




二月堂廻廊

こんな光景も、すぐにたくさんの小学生が上から降りてきた。


二月堂廻廊

昔NHKで「お水取りのお松明」の中継を見て、二月堂の上を走る火の着いたお松明が、ここを登って行くのをやっていた。
しっかりそれは火がついた状態で、よく見ていると地面にお松明の飛び散った火の粉をもみ消していた。


二月堂万灯篭

二月堂の万灯篭。


二月堂からの眺め

二月堂からの東大寺境内眺め(東大寺は広いである)。


二月堂石段

前回来た時も気になっていたが、石段には模様が彫られていた、たぶんデザインというよりも”滑り止め”なんじゃないかと思うと、
何百年前から滑り止めで石に模様を入れるなんて実用的でありオシャレだなあと感じた。


二月堂の寄進柱と奈良の眺め

まったく関係ないけれど、奈良って所は観光には足腰に自信がないと、行けないかもしれない。
この日午前中には法隆寺を歩きまわり、ここまでは今度はJR奈良駅から三条通、興福寺、北奈良町と歩き、次に東大寺へと歩くと距離もさることながら
坂道、階段とけっこうあって、正直ヘトヘトだった。
たぶんいつでも行けるなら、僕は分割して歩きまわるのだろうが、滅多に来れないので、あちこちとまとめ、時間にも限りがある
欲張るように歩きまわるのだが、これが、、、、足腰はグラグラ、写真を撮るのも疲れテンションも下がって「まあいいや。」と妥協もあった。
家に帰ってから調べると足の豆が6、7個できていた、ともかく旅は若い時にしておくと今更思って遅い、だから「今は若いのじゃ。」とまわれるだけまわるしかないのかも。



Category: 奈良・情景  

◆ ふたたびの東大寺

公慶堂の土壁

雨風で風化して傷んだ東大寺公慶堂の瓦塀、どこにでもありそうだけど我が新潟ではありそうで見た事がない。
「奈良だなあ。」と感じた光景。


東大寺焼門

東大寺焼門、いつもは正面南大門からなのだけど、今回は東大寺を裏口から(転害門からまわるつもりだったのが、ここに出た)。


正倉院大池(大仏池)

でも東大寺をここから攻めていけば満々と水で満たされら正倉院大池(大仏池)のはずが、僕は水のないこの光景に「えーーーー。」と、
撮る予定だったはず光景がなく、しばし僕は固まった。
新潟からわざわざ出てきたのに何てこった、護岸工事で水が抜かれ池の底が見えていた、よく見るとその池の底には鹿が群れていた。
ある意味で、こちらのが珍しいかもだった。


築地塀と戒壇堂

3度目の東大寺で、やっと戒壇堂にやって来た。
それまでは、さがしたけれど場所がここだったのかと後で気づく、これまでの間図書館から借りてきた映像を見たり、仏像写真集を散々見たりしていたが、
戒壇堂はこんな建物だったのかと思っていた以上大きかった。


戒壇堂の土壁

土壁の重圧感に、これが戒壇堂かあと、納得感があった。


東大寺戒壇堂

そしてここまで来て、僕は中に入らなかった。
写真が撮れるわけでもなく、「四天王だけじゃん。」それだって土門拳の写真集で何度もみているし、図書館から借りたDVDでも見てるしなあと。
お得感ないようなのでやめた。


戒壇堂

とは言え、建物だけでも何枚も撮った。

不空羂索観音

重文不空羂索観音と国宝月光・月光菩薩、月光月光はすぐにそれだとおわかったけど、国宝不空羂索観音ってこんなだったのか?と重々しく大きさ、
ちょっと怖さも感じたのが、よく見る不空羂索観音の前にと「重文」とある、なるほど、「そうだよなあ。」と思いつつ、東大寺には不空羂索観音が2体あったんだとわかった。


東大寺大仏殿と奈良の空

その昔、国語の本で井上靖の「天平の甍」が載っていた、当時は、文学なんぞ興味がなかったので、内容といいそんな大昔の事には全く興味をそそられることなく
ただの国語の時間だったけど、天平の甍は、唐招提寺の事だとは何とか頭に入っていた。
後でその金堂の屋根にある飾りを鴟尾(しび)というのだ知った、そして月日を重ね、まさかにその唐招提寺を訪れその屋根をしげしげの眺める日が来るとは思っていなかった。

なので東大寺大仏堂の屋根の鴟尾(しび)を眺めると同時にそのことが頭に浮んだ。


Category: 奈良・情景  

◆ 春日大社から高畑の路地へ

春日大社石灯籠の並ぶ参道

参道の石灯籠を見るたびに、「オレもいつか寄進して」と思う、京都伏見稲荷の千本鳥居を見てもやっぱり「名前を入れて鳥居を寄進したい。」と思っているのだが


石灯籠の参道

いまだ、寄進できずにいる、これは大願成就してお礼に寄進よりも、大願成就の前倒しで、寄進してしまった方が良いのかもと思うである。


春日大社楼門前

この度でタブレット撮影している人を何人か見た、僕的には携帯で撮影している光景よりもタブレット撮影している光景に違和感を感じるのは何でだろう。


石灯籠並ぶ参道にて

これだけの石灯篭が並んでいるってことは、霊験あらたかなんだろうかと思えてくる、時折その石灯籠の間から鹿が顔を出す、その鹿のつぶらな目を見ると、
ここ春日神社ではやっぱり”鹿は神の使い”と思え、その鹿に「どうも。」と僕は手をあげて挨拶する。


奈良市高畑の路地

春日大社の杜の下の禰宜道(ささやきの小径)を歩いて閑静な住宅地能力高畑(たかばたけ)へと抜ける。
土壁の路地の雰囲気が神奈川県鎌倉の閑静な住宅地を想い出すは雰囲気が似ていからかも、どこなく品の良いお金持ちの住んでいるようのも思え、
ここ奈良市高畑も作家旧志賀直哉邸があるように、文豪の似合う住んだ鎌倉にも通じるような雰囲気があった。


旧志賀直哉邸脇の路地

土壁に挟まれた路地、誰も歩いてはいない、僕は「いいねえ。」とつぶやきながら、その先に高畑の路地と進んだ。


高畑の路地

土壁でなくブロック塀に挟まれた路地は、それだけでここは歴史がまだまだ浅いんだろうなあと思えた。


奈良市高畑

ここ高畑は、”閑静な住宅地”っていうのがぴったりな雰囲気の住宅地で、東から西へと下り坂になっていて、この道に交差するようにある南北の道は、
比較的狭く路地風が多いように感じる。路地好きな僕として狭い方が良いのだけど、ここ高畑は全部が路地のようで(広い道もあるが)町探検するにはいい。
時折狭い路地なに数人が歩いていた、駅につながっているとか、学校、商店街とかつながっている訳もない静かな住宅地の路地に数人が歩いている光景は、
何だか不思議で、このメンバーは「実はどこかで縁が繋がっているのかも。」と思えた。



Category: 奈良・情景  

◆ 奈良を歩く

淨教寺

奈良、三条通にあるお寺「淨教寺」、どことなく蘇鉄なのか南国的な境内の光景はあまり見たことがない。


奈良三条通

チープトリックに思えた外国人のグループ、三条通を歩いてと果物店で、リンゴ2個買っていた、正直どうするのだろう?と思って見ていたら歩きながら”がぶり”とやった。
日本の文化じゃないなあと、果物店でリンゴ2個、そして即歩きながらがぶりだもの。


三条通

中学生の奈良修学旅行のグループの自由行動のようだった、男子は前を進み、女子はかたまりながら後をついて行った。
時代なのだろうか、僕修学旅行はグループと云っても好きな者同士で当然男子ばかりだったが、こんな女子が入っていたら別の想い出も出来ていたかもである。


三条通の雲

三条通を歩いていて、空に「あれ、龍?」かと何だかそれが意味があるように思えた。
たぶんそれはここが奈良だから、たぶん地元で見ても何とも感じなかったに違いない。


キリスト協会の幼稚園

東向通にあるキリスト教会の幼稚園、TV「ブラタモリ」でも出ていた奈良の「段差」。よく見るとキリスト教会なのに、どことなく寺院造りの様な瓦屋根。


興福寺裏参道

興福寺を裏口から入る、坂を登ると左に北円堂、正面に再建中の中金堂にぶつかる。
北円堂の建物は見えるけれど、堂内の慶派木造無著・世親立像(もくぞうむじゃく・せしんりゅうぞう)を一度見てみたいのだけど、未だ夢かなわず。


興福寺東金堂

隣の五重塔に目が行くのだけど、ここ東金堂のような建物はありそうであまり見ない。ともかくも国宝の屋根と空である。


興福寺阿修羅さま

国宝館では阿修羅様と仏頭は一緒に見れるのだけど、今は別々に、、、、それってお徳用の見所満載だった国宝館を分散して割高に、
今回見たのは仮講堂に写されれた阿修羅様だけだった。


押小路町

奈良北を目指してこっちだろうと目指して歩いたけど、まったく見当違いの所を歩いていた。
お陰で歩かされた。


若草山の見える小路

小路から若草山が見えた、鹿でも見えるだろうかと目をこらした見えなかった。
まちから、観光地化されたような山の風景が見えるっていいなあと、すぐそこのように見えるがかなりある。



Category: 奈良・情景  

◆ Monochrome 奈良東大寺を歩く

東大寺戒壇堂裏の塀

東大寺戒壇堂裏の築地塀、何度目かの東大寺でやっと東大寺の裏を歩けた、そして大仏池を撮るつもりで行ったのだけど、全部池の水が抜かれ、
池の底には草が生え、その草を鹿のグループが食べていた(池の風景は撮りたかったけど、ある意味では水の抜かれ池の方が貴重かも)。

東大寺戒壇堂と築地塀

”戒壇堂”にやっと来た、「ここがかあ。」と自分の考えていた位置、建物とまったく違った、やっぱり旅行ガイドなんてみているよりも” 百聞は一見に如かず ” だと実感。


東大寺

相変わらず東大寺南大門前は、ぎょうさんな人出なのだけど、どういう訳か見ていると日本人と同じアジア系の外国人と見分けがつくようになる、
そちらの方がかえって地場っていうような観光風景思えた。


二月堂参道

ここを撮りたくて再び来て「ここだ!」とシャッターを切ると門からオジサンが出てきた、「オイオイ、勘弁してよ。」と内心思いながらシャッターを切り直しした。
でも、オジサンだってしっかり撮る権利はあるのだけど、カメラの先から奥さんらしき人が後出てきたけれど、その場所へと行ってみると
僕的には、こんな所でなにゆえに撮ったんだろう?だった。


東大寺二月堂廻廊石段

何度か東大寺にはやってきているけれど、修学旅行生のいない風景は見た事がない、これはこれで東大寺の日常風景ってことなのだろうが、
同じように、オジジオババがここ二月堂周辺のあちこちで東大寺をスケッチするの光景もあった、これも日常風景なのかもだけど、
実は、もう少し右へと構図で
撮りたかったのだが、芝生の上でジイサンがスケッチしていて、これが実に絵ならなくて、仕方なく左よりへと構図したのだが、これを見る度
「ジイサンがいたなあ。」想い出す。


二月堂と廻廊

いつかは「お水取り」のお松明を見てみたいものだと思っていても、毎年ニュースでその光景を見て「今年も行けなかったなあ。」と思うである。


廻廊

そして、その火の着いたお松明はここを登っていくのである。


二月堂

当たり前というか、ここへ来くると外国人の姿を見ない時がない、大体ベンチ座ってボーとそこからの奈良の風景を見ている。


二月堂からの奈良の眺め


奈良の街を歩きくたびれ、ここに来れば椅子があり、良い風も吹いてくる、眺めもいい、座っていても何の不思議もない日本人外国人関係なし仏閣の木造は落ち着く、
僕の印象は、ここは修学旅行生、日本人よりも外国人のいる光景のイメージが強い。


二月堂殻の眺め




東大寺二月堂の石段

寄進額の彫られた石柱を見て、これが今だったら五萬円、、、いや壱千円なら10本も立てられるなあと思ったが、こう云うのは檀家とか商店とかでないと
無理なんだろうか、ともかくこれの立ったリアルな時代は無理でも、現代だったら壱千円10本、、、。



Category: 奈良・情景  

◆ 中宮寺、そして斑鳩を後に

北室院前

夢殿でジジババグループが追うようにやってきたので、このままでは次に行く「中宮寺でかち合ってもなあ。」と夢殿の余韻を味わる間もなく、中宮寺へと急いだ。


中宮寺の屋根

朝宿を出た時は青空だったが、この頃には空は白い雲がかかってきた、斑鳩の地は青空よりもこんな雲の空の方が歴史を感じるようで似合っていた。


中宮寺の門

中宮寺本堂への門。


中宮寺本堂

久しぶりの中宮寺の国宝菩薩半跏思惟像だった、実はこの方とは以前に新潟でお会いした、新潟県中越地震復興ってことで新潟県立近代美術館の仏像展に展示された。
なのでか、本堂でお会いして何だか懐かしお人に会ったような気持ちなった。


屋根の水かげろう

ちなみに、美術展開催がひと月ちょっと、しかし国宝菩薩半跏思惟像は2週間くらい展示だった、がそれ以外の展示はレプリカの展示だったらしい、
「えー、レプリカなんてあったんだ。」知った、ちなみに仏像展会場入口すぐに法隆寺の百済観音が立っていた、その時も「なんでここに?!」だったが
レプリカの話を聞いて、なるほどと合点がいったのだが、それにしても百済観音の前をたくさんの人が通っているのに誰も「おや?」と気づいていないようだった。


中宮寺の本堂

そんな中宮寺とそして菩薩半跏思惟像は前回に法隆寺来た時は、ほとんど知らずで夢殿まで来て「まあ、いいか。」とパスした。
後になり国宝の菩薩半跏思惟像あったと知り、「あちゃー!」と後悔していると、数年後菩薩半跏思惟像が向こうからこちらやって来た。
そうなったら、そらもう”行くしかない。”だったが、恐ろしいほどの人出で、仮にこの時のジジババグループに他の観光客が合わせてもまだまだ足りないくらいだった。

法隆寺参道

小中学生の奈良の修学旅行に「いいなあ。」だったけど、近くの保育園児なのだろう、法隆寺参道散歩している光景は僕には衝撃を与えた。
「そんなのありか?」と生まれた環境が違うってのはこんな事かと思うのだった。


南大門前




南大門

法隆寺拝観終了して、次はいつになるやらと、当然この南大門を出る時も、またスリスリした。


国宝南大門の扉

そして、「あら?」と門の金具がおっぱい金具ではないなあと気づく、お寺としては歴史のずっと古い法隆寺である、おっぱい金具なんてまだまだ
なかったんだろうなあと、おっぱいとかでなく、まんじゅう金具。


Category: 奈良・情景  

◆ 築地塀の道をを歩き、僕は 夢殿は有名どー と叫ぶ

辻の石しるべ

法隆寺夢殿前の通り、昔なら奈良も京都も同じものだと思っていた、だから昔ならこれは奈良・京都の風景だったけど、何度か訪れてくると
段々に、これは奈良の風景だとわかってきた。


辻


京都だったら、ありそうでない路地の風景、というか 京都だったら駐車場の「P」なんて看板は目立つように置かないのじゃないかとも思えてくる。
実際はわからないけど、僕のイメージでは京都ならこんな光景は「ダセエ~!」と景観条例にひっかりそうである。


法隆寺築地塀

正直な話、「築地塀」は知っていたけれど、法隆寺でもやっぱり築地塀なのかと、「法隆寺塀」とか「斑鳩塀」とありそうなんだけど「築地塀」ってのに驚き。
とりあえずは法隆寺境内の為か、注意書きは「・・・あるから・・・」、「しなように」と上から目線、でも最後の「法隆寺」ってのが格式を感じる。


夢殿前

僕の着いた時は参拝客は数人で、夢殿を一周してちょっと待てば無人の風景で撮れた、だからって「いいねえ。」とのんびりと構図を考えて撮ってはいれなかった、


法隆寺夢殿

僕の後ろでは、ジジ・ババの集団の気配。
帽子をかぶり、リュックを担ぎ、ウィーキングシューズを履いてのパターンである、ハイヒール、ローヒールやクロックスを履いた人なんてまずいない。
そのグループにはリーダーがいて皆に指示、説明をしているような云わばジジババの修学旅行のグループが迫ってきた。


廻廊屋根と夢殿

僕は「あちゃー!」と焦りはじめ、構図もこうなる。


舎利殿

「舎利殿」とは仏舎利の安置された建物、仏舎利とは釈迦の骨のこと。
舎利殿があれば「このお寺にもお釈迦の骨があるのか。」と、しかし罰当たりのな事を云うなら、お釈迦の骨がそんなにあるのか?である。
我が新潟県でも僕知っているのだけで3カ所ある。
釈迦は天竺の人だから、そこからシルクロードを通り、大陸から海を渡り日本へと考えると量的には超限定的、でもひとつまみでも、燃えカス、灰汁だった
あれば紛れもない「仏舎利」、そんな考え方も、「ここには紛れもない仏舎利があるのだろう。」と思えてくるのがここ法隆寺である。


国宝東院鐘楼

ここにも、国宝東院鐘楼
下手をすると国宝ってことで、周りに柵が張られ触れる所か近づけない所だってもある、それを思えば法隆寺は仏像・美術品は別として
いくつも触れるものがあって、お得な観光地のように思う。



Category: 奈良・情景  

◆ 東大門をくぐって

東大門

法隆寺 国宝東大門


法隆寺塔頭観音院

東大門の法隆寺塔頭「観音院」前、法隆寺の三つの大門をくぐる境内は車は乗り入れは出来ないので郵便屋・宅配屋さんは、法隆寺のいくつかの塔頭に
配達となると、法隆寺の周囲の塀を効率良くまわりながらあちこちの3つ大門を歩いてくぐり配達、広い境内は郵便屋さん、配達泣かせかもなあと、
広い法隆寺境内を歩いてみて「これは大変だ。」と同情した。


東大門と参道

「国宝」と表示はあるけれど、誰もそんな事を意識せず普通に通り抜けていく。
「それってもったいないでしょう。」と云わんばかりに僕はここでも柱をスリスリ、扉をスリスリ。


法隆寺山内小路

東大門を出て左へ出ると斑鳩を偲ばすような平垣越しの小路がある、歩道なのかと思えばしっかり車の轍があった。
左に重文の塀、右は柵もガードレールもない溝、初心者の車の運転なら ビビりそうだなあとその先まで歩いて行くと、右には出入口があった。


法隆寺の小路

僕は「うっそ、だろう?」とここを車で出入するのか?と、こんな所や、あちこち道の狭い所の多い奈良のドライバーは運転がうまいのだろうなあと感じるのだった。


小路




法隆寺2丁目

東大門を右へと行くと法隆寺1丁目、こんな感じでさっき書いた”奈良は道が狭い”ってのは(あくまでイメージで広い所たくさんある)。
長い歴史の中で出来た道、我が新潟なら田んぼを埋めて広域道路を造るとは訳が違う、道にも歴史あり、奈良なら田んぼだって遺跡が出る。


東大門前参道

5年前くらいに来た時は、露天の店先に「フィルムあります」と手書きの文字の看板があった、当然写ルンですもあるらしかったが、当時でも「フィルムかあ~」だったけど
今はどうなの?と店先をのぞくと「フィルムあります」の手書きの看板はどこにもなかった。
寂しい話だけど、これが時代ってことなのか、その僕だって未だに ガラケー である。


法隆寺山内道しるべ

広い法隆寺に境内にある南北を走る通り(筋というらしい)に、石の道しるべが立っていた。
なんてことはない光景に、石の道しるべに、ここでも時代を感じた。

出来たら木の棒でも拾って、高く投げてどっちへ行くかと決めるのんびり旅も良いのだけど、僕は迷わず正面の夢殿へと。




12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >