FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 11 2016

Category: 山形・情景  

◇ 小国町片貝 紅葉 2016

玉川




ススキと電柱




紅葉




岩山の秋


紅葉の時期となると、待ってたら近所の公園でだってそこそこの紅葉が見れる、立派な家のお庭だって外から眺めたら「いいじゃん。」と思う事もある。
が、紅葉時期は僕の頭と体は、色づくのが早い遠くの山へと走っていっては、少しでも紅葉を早く感じたいと思うようになった。
そして今年は山形県小国片貝、マタギの郷交流館をへて飯豊梅花皮荘当たりへと行った、そして行くたびに、「飯豊梅花皮荘」の文字を見ては
なんて読むんだっけ?だった。  飯豊梅花皮荘 (いいでかいらぎそう)

Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋温泉 安代大湯あたり

安代大湯のふたつある出入り口




安代大湯のポスト


最初、ポストのあるこちら側から見た時、入口まわりから「どうも人の使っている生活感のようなもの」が感じられなかった。
特に女湯の扉の前(ポストの後)には枯葉が数枚、「ここ使われているのだろうか?」だった。
そして反対側へまわった時、「あれ?こっちにも出入り口あるの。」と感じつつも納得がいった。
こちらがメイン出入り口、それも他の外湯よりも広く、使用感のあるメインの出入り口は、温泉街に向いておらず、どちらかと云うと地元住民専用の外湯のようで、
他の外湯に比べると建物が大きいのが納得だった。


開花湯


ここ「開花湯」も、もらったパンフには載ってなかった、地元民専用か優先なのか、答えはわからずじまい。


二番湯笹の湯




笹の湯前の通


浴衣に下駄の女子ばかり、外湯の笹乃湯前で立っていた。
会社の旅行か女子会なのか、女子会ぽくワイワイ感はなかった、そして自撮り棒で撮ろうしていたけど見ている限りでは撮らなかった。
ひょっとして浴槽につかった所を撮るのかと思ったら、全員裸、人に「ほれほら、撮ったよ。」と見せられるものじゃないし、など考えたが
しかし、中へと入らず何で立っているのか不思議だったが、「そうか先客が中にいて定員いっぱいなんだな。」と僕は推測するのだった。




Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋温泉を行ったり来たりも、そろそろ。

赤ちょうちんと温泉まんぢう




射的のある風景


大して広いエリアじゃないけど、温泉につかる訳でもないけどれ僕には魅惑の渋温泉だった。
ここ渋温泉についたのは午後1時過ぎ、それからここ歩きまわり気がつくと温泉の通りにさす日差しは、「そろそろか。」と思わせた。


おみやげ処のある通風景




陶器屋のある通


そして午前中にここまで走って来た行路を振り返ると、「あ~またあそこを通って帰るのか。」とあちこちの光景が浮かび、まだ余裕を残して
打ち止めの覚悟を決めるのだった。
が、、、そこでもうちょっと欲張るのも、そこはオレだった。


横湯川と渋温泉




真田丸


ここにもいた六文銭 「やっぱり猿かあ。」と、大河ドラマの威力は凄い、夏には長野駅で六文銭の大提灯、街を歩けば「真田丸」ポスター、
しかしなんでここまで凝ったら、「しぶざるくん 真田丸に出陣でござる」とダジャレなかったんど思う僕だった。



Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋 路地でどれにしようかと行先に迷う

ひしや寅蔵前




シブミウミ画の道しるべ


クラゲを型取った「シブミウミ画」の案内板のある路地十字路、僕は今通って来た後ろ振り向き、そして前と、左、右と、三方に分かれた道の
どこへと進もうかと自分には嬉しいような選択肢だった。
それでいて欲張りな僕が出した答えは、どれか選ぶよりも全部奥まで行ってみて決めることにした、右へと「ここだなあ。」と雰囲気で進むことにした。


ひしや寅蔵の脇道


まずは左へ、突き当り左が九番湯渋大湯の男湯の入口へ。


渋大湯男湯




別れ道を右へ




なだらかな坂道

なだらか傾斜の坂道、タイル張り、バイクがあってその奥行きも他よりも長そうなので、「ここなら何だか楽しめそう。」と歩いていった。


一番湯の見える平垣


すると、自分のこの日のお気に入りの「純喫茶信濃路」のある小路へと出たのだった。
「そうか、そう来るか。」と、さっき撮った路風景をまた僕は撮った。

純喫茶信濃路


ちなみに 正面は路地を入っていくと「シブミウミ画」の裏路地へ。

シブミウミ画の裏路地




渋温泉裏路地のシブミウミ画



シブミウミに路地


僕は普段の風景が好きなので、こういうイベントはあまり好きでないし撮らないのだが、魚の数に圧倒されかついつい撮ってしまった。

ある人が、ここは海のない長野県でそれも山の温泉地だから、海の憧れってことで魚の絵のイベントなのではと云われて、それまでまったく何も思ってなかったが、
「なるほどね。」とちょっと納得した。



Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 シブロジする

ひしや前の路地




消火栓




旅館ひしや前の小路


九番湯の「渋大湯」の入口は男女建物の表と裏のような反対面になっている。
その女湯を「結願湯」と別名があるらしかった、どこかで”縁結び何とか、かんとか。”看板を見たなあと思いつつも、僕は目の前の路地が気になった。
路地好きの僕の胸はドキドキと。


シブミウミ画の道しるべ




結願湯(渋大湯女湯)前の小路


普通に歩けば数秒で通り越してしまうのを、例によって僕はもったいぶりしてダラダラとブラブラと撮りながら下を見たり上を見たり、
右見て左見てと歩いているだけで路地好きの血がドキドキ、そして 「これって渋温泉の路地だから ”シブロジ” じゃね?」 と、一人笑った。
そのシブロジは奥が深い、奥を行っては戻り、左曲がり、また戻り右へと歩くと「喫茶店信濃路」へ出た。



Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋温泉をそぞろ歩く

渋温泉裏通り




カブト




下駄、ゲタ、げた


カラン、コロン、カラン、コロンと下駄を鳴らし浴衣の若いカップルがやってきて、外湯の前で「入ろうか。」としながらも男女別の入口の前では別れ離れなる、
二人はお互いに目を合わていた。
そんな後ろでオジサンの僕は、「良いな、若いのは。」と場違い、そんでもって意地悪な僕は「さ、さ、早くお入りなさい、オレはここをを撮りたいんだ。」と
ココロの中でつぶやく。


七繰湯前通り




神明滝の湯前の路地




渋大湯結願湯




金具屋


駐車場に車を入れる前払いで受付にお金を払うと、受付のオジサンは「温泉入るの?宿泊?」と僕に聞いてきた、ぼくは「観光ですわい。」と答えると
オジサンは後ろから観光パンフ持ってきて開き、「ここはねえ、ジブリに映画で千と千尋、、、、モデルになった旅館ね、ここイベントやってるよ。」と
説明しながらミドリのサインペンで地図の上に色を塗った。

あーあ塗ってないの欲しかったのに。

Category: 長野・情景  

◇ 長野鉄旅 長野電鉄 浮浪雲うかぶ 「上条駅」

上条駅の待合室とベンチ




待合室


小春日和のような日差しの中でベンチがふたつ。
「たまにこんな日に、日向ぼっこしなければね。」と駅の待合室からベンチがホームに出てきてのんびりしているようだった。
「気持ちいいねえ。」、、、「これからは雪の冬、こんな時間は貴重だよねえ。」とベンチの会話が聞えるようだった。
僕にそんなドラマを想像させるような、そんなローカル駅の光景だった。


上条の浮浪雲

そんな「上条駅」越しに見える山の上に浮浪雲が漂っていた。
こういうい光景を見ると雲というより雲でカムフラージュされた「なにか!」なんじゃないかと、そう想像させるのもローカルなのんびり感であり、
雲の存在までもが不自然に思えるくらい気持ちのいい晴天だった。


上条駅ホーム




勾配標識




上条駅





上条駅ホーム風景


ここでも、ナビの地図を見て、「ここだな。」と場所設定し到着した場所は、車がすれ違いが厳しいくらいの狭い道路、でもそこにギリギリ寄せて停めると
それまで来なかった車が前からやってきた。

「まずい。」と思いながらカメラをぶら下げて「遠方からの駅撮りに来た観光客風」ポーズと共に僕はちらりとスイマセンと頭を下げた。
「やれ、やれ、これだよ。」と知らない土地の駅周辺はと思っていると今度は後から。

時々そんなことがあるものである、それまで車なんて通ってないのに、その時、「その瞬間だけ」が、車が何台も通ったりする。

そして駅を撮っていてホームに上がると、ホーム裏に駐車スペースがしっかりあった、「これだよ。」と思いながらも「でも停めた所で写真の邪魔になってたな。」と
自分にいい訳するのだった。

でも何やかやと云ってもローカル駅風景良いのであった。


Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋 湯気立つ裏通りをあるく

松の湯


いくつかある外湯の前を通ったが、ここで初めて中から女性の会話が聞こえた。
風呂場でエコーもかかり、天井の明けた窓から聞こえてくるので会話もモゴモゴ感で詳しい内容までよくわからなかったが、


裏通り


「いい湯ねえ、生き返ったわ。」
「そうねえ、これで10年寿命が延びたみたい。」
「これで風呂上がりのビールを呑んだら、、、うふふ。」 などと言っているのだろうか想像しながら、僕は「温泉地だなあ。」と旅気分になった。


源泉井戸




旅館玉久前の路地





例のキックスケーターの少年

僕は裏通りに歩き路地に入って、出てきたり、その間例のキックスケーターの少年は坂道を利用して「うわー!」と叫びながらひとり遊んでいた。
「坂があるっていいなあ。」と大人ながら僕はこの光景に、坂道で遊べるのが羨ましかった。



坂道を下る少年

すると坂道降りてくるようにバイクのオジサンがやってきて、「坊主、こんな所で遊んじゃあぶないぞ。」とニコニコしながら一言いって、
また坂道降りて行った。


路地のスクーター


益々いい、人情に旅気分、日帰りでなく、一泊しなくてはいけないのだと、思えてきたのだった。


Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋 つばたや本館前のT字路あたり

カーブミラーの曲がり道




つばたや本館




自販機とカーブミラーのあるT字路


探検気分で渋温泉街歩き、そして路地も歩き、石段も登り、その魅力満載も小一時間すると見慣れた気分になっていた頃、「つばたや本館」前のT字路の光景に
「ここだ。」と、
カーブミラー、道しるべ、消火栓、ポスト、看板、そして大谷石のブロック塀、どれひとつとっも僕の写真ネタになりそうなモノばかり、贅沢オンパレードのてんこ盛りだった。


散歩道の入口




つばたや本館脇の道




じょうろのある散歩道


数日前に記事で書いたように最初に「ここだ。」と思った時は、カップルがタバコを吸っていて撮れなかったものもありで、またぶらぶらしているとここに出た。
やっぱり「ここだよ。」と、誰もいなくなったお気入りのT字路の光景を眺め、「もう遅しだよなあ。」とT字路にかかる日差しは翳りはじめていた。


Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋 温泉寺

寺院と温泉客




鐘楼


渋温泉の坂道を上って行くと、行き止まりのような位置にお寺の門が見えた。
けっこう立派なので中に入ろうかと思ったら「御用のない方は立ち入らないで下さい。」と書かれたいたのを見たので、仕方なく脇道を歩いた。
「信玄」足湯があった、入るよりも撮ろうかとしたら、ちょっと先に歩いていた親子が「入ろう、入ろう。」と気乗りしない娘さんたちにお母さんとお父さんは云った。


温泉寺




温泉寺中門


だったら「私は、いいわ。」と言ってくれると撮影が出来るのにと思っていると、「じゃあ。」てな感じで荷物を置いて靴を脱ぎ始めると
脇に撮っている自分の存在が、
場違い的になったので撮るのをやめた。


山門とお寺


そこから5mくらい歩くと山門以外にも寺の中に入れる階段があったので、怒られた怒られたらでいいか、旅の恥はなんとやら。

僕は石段を上っていくと立派な中門がそびえていた、そこをくぐり境内をのぞくと、喪服の一団がいた。
雰囲気からは一周忌のようでみんなの顔には悲しさは感じられず、「やっとけじめの一仕事が終わったね。」と云う風に見えた。

でも、その中に混じってさすがに境内を撮りまくることも、参拝するのも何だかはばかれ、僕は即座にまた温泉の路地歩きに移った。


Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋温泉路地を歩く

土残る路地




横湯川に抜ける路地




渋温泉の真ん中を通る路地


渋温泉街を歩いていると路地好きの僕にとっては、まさに天国のような所だった、あえて温泉につかるのを諦めて、撮り歩きで正解だったなあと、
まさかの路地光景があちこちにあった。

渋温泉の路地




喫茶店のある路地


路地好きの天国モードに入った僕にはここで 「人が何も感じなくても、オレは撮るぜ。」と、街を歩き綺麗な女性の出会ったような似た気持ちにさせて路地だった、
街で女性にカメラを向けたら「何で撮るのよ!」と怒られ問題も起こる事もあるだろうが、好みの路地を撮ってもそんなことを「云われないのは良いよなあ。」てな感じで、


温度計のある路地


撮っていると親子風の女性二人が僕の後ろからやってきて僕の光景刺激されたのか、同じように「うん。」と眺めてはココロで感じるたのか
スマホを向けて撮っては立ち去った、僕はそして誰もいなくなった喫茶店のある路地をこっちから、そっちから、ローアングルとかじっくり撮り続けた。


飛び出注意


温泉街の路地、飛び出し注意標識を見て子供なんて飛び出してくるような雰囲気はなかったが、この後この標識のモデルというかご本人が僕の目の前に登場した。


キックスケーターの少年


キックスケーターをしていた少年は、カメラを持って撮り歩いる僕を見て、突然道路の真ん中で両手をあげて「撮って~」と云わんばかりのポーズをした。
さっき標識の少年を見た後だけに、そんな偶然があるのかと思いいつつ、そして知らないオジサンにそんな気さくでいいのか思いつつ、
こんなポーズの歓迎に僕のココロもバンザイだった。



Category: 長野・情景  

◇ 長野旅 渋薬師庵

渋薬師庵の石段




石段


普段ならこのくらい石段ならなんとも屁とも思わない、まだまだ若いし。
でもここまで6時間くらい車の運転、途中駅では走り回り撮影、このくらいでも「まだまだ。」な僕である、ハズ。


渋薬師庵


だけど、これからここ渋温泉を撮り歩き、そしてまた6時間かけて日帰りのロングドライブ、出来たら体力は温存しておいた方が良いとではと考えるのは、
僕は若くないオヤジなんだろうかと石段を見上げた。



薬師前足湯




渋温泉


「えいえい、なるがままよ、Let it be じゃ。」と石段に右足をかけ上り始また。
途中でこの角度、石段の高さは、温泉場にやっていくるジイサン、バアサンでは無理っぽいじゃないのかと思えてくるくらいきつく急だった。
そして若い頃には決してやらなかった、手すりをつかみ、「むんず!」と自分を引っ張り上げるようにして上った。
それでも案の定、息が切れた。


足湯と温泉客

外人さんカップルが石段前の足湯を見て、どうするか?てな感じ眺めていた、やがて腹をくくったのか靴を脱ぎ靴下を脱ぎ始める光景見て
どんな表情するのか気になったが、体力温存、時間短縮型の僕には見ているよりも、また温泉を歩き始めた。





12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >