FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 08 2016

Category: 長野・情景  

◇ 長野の街を深く潜る

長野電鉄市役所前駅




市役所前




長野電鉄普通上り




長野行き

今回いくつかある目的にひとつ、駅撮り、JR長野駅は元より長野電鉄長野線の数駅で、みんな地下。
なので地上出入り口は昼間とって、陽が暮れ始めたら太陽も関係ない地下世界へ。

長野電鉄長野線は、長野駅と猿が温泉に浸かる光景で有名な湯田中温泉行を走る、ちなみに特急は小田急電鉄からのお古、特急料金は乗車料金に100円。

郊外から長野の街へと入ってくると地上に走っていたのが地下へと走る、駅舎撮りが趣味の僕は市役所前から終点長野駅のひと区間だけ乗った。

流石に地下だった階段を降りていくと地上は暑かったのに、ひんやりした空気だった。


長野電鉄 長野駅ホーム




長野駅の特急


ひと区間って(歩いてもすぐ)こともあり上りのホームには、1人だけベンチに座っていた。その前を通り電車入ってくる所を撮るのにホームの奥へと行くと
カメラが三脚にセットしてあった、ベンチ座っていた彼(高校生?)が、電車が近づいて来るのがわかるとそのカメラに駆け寄った、先客である。
僕はジャマにならないような場所から、撮影、長野行き飛び乗り、長野駅へ、でも彼はまだホームに残っていた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 長野・情景  

◇ 長野の街は暮れ

薄利多売半兵衛




おひとついかが?




駅前夜の石堂町の路地

ファインダー越しにのぞくと飛んでもないものが見えた、「あら、チンチンか?」と飾りとはいえそんな馬鹿とシャッターを切ってから
目の前の光景を改めて見た、
「あらま、間違いない。」とまあ置物なんだし飾り物、縁起物として置かれて不思議はないのだが、正直食べ物屋の窓辺にこれはまずいのじゃないか、
男性客なら問題なくても婦女子は、これを目にしてからでは入りずらいだろうと、強いては売り上げにだってつながるのではと、県外の部外者は思った。


美容室




眼鏡店のサイン




駅前スクランブル交差点

夜の始まりの長野駅前のスクランブル交差点風景、暑さもあってか駅から街へと歩くワイシャツ姿を見て僕は、これから飲みいくのねと勝手に想像。


就寝しますか?

夜の始まりと共に僕はアルコール漬けのハズだったが、歯痛薬を飲んでいたのでアルコールはアウト、例の焼きそばを食って、アルコールなければ
甘党に変更、オヤジはケーキ店に入り「ミルフィーユとコーヒー」をオーダー、晩飯時間にケーキ店オヤジ一人は目立つこと間違いなしだった。
歯痛に苦しみ翌日は顔は腫れていたけれど、長野で僕を見る人は「こんな顔もいるんだ。」思ったかもしれない。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
先日足湯につかっていると、どこかで見たことある顔、「大学時代の友人の上野だ」と思ったらその人にはおっぱいがあった、婦女子かい、全くの別人だった。 
いつもありがとうございます。
Category: 長野・情景  

◇ 涅槃像のある釈迦堂あたり

善光寺入口




釈迦堂のある脇道




釈迦堂

釈迦堂内では、他であまり見ないので珍しいですとの釈迦の涅槃像の説明していた。
お堂の上座にお釈迦様が横になって右腕の肘をつきそして手で顔を支えている御姿、僕は目の前の涅槃像を見てなるほど「これかあ。」と思っては
みたものの今はではどうだったうっすらの記憶である、ちなみに外観を撮ったものでちらりと奥に腰の部分が見える。

釈迦堂前




釈迦堂前

だいたいこういった堂内は撮影禁止が当り前なのだが、カメラが趣味になってから僕は撮影禁止などで撮れないと思うと、すぐに興味がなくなるというか、
場所移動してすぐ他へと目をやり被写体を探す。

カメラを持っていなかった昔ならしげしげと風景を眺めては”忘れないぞ~”とココロに焼き付けていたのだけれど、今は「なるほどね」で終わり。
デジタルカメラを撮っているだけに、”ココロ”もあっさりとしたデジタル感覚になったのかもしれない。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 長野・情景  

◇ そうだ、善光寺行こう。

善光寺山門




参道

もう夏休みのはずなのに、善光寺境内、参道ではたくさんの修学旅行生の姿があった。

高校か中学校の区別にはちょっと観察に時間がいるかもしれなかったが、ともかくこの時期に修学旅行なんてするのだろうか?
クラブの夏の合宿の雰囲気には見えないし、当たり前の修学旅行の光景。


修学旅行


ちょっと不思議だった、もしかして進学校なので通常の授業はしっかりとして、自由の効く夏休みに修学旅行か、
と頭を巡らすとみんな賢そうな顔に見えた、
そうえいば善光寺前の宿坊には○○高校御一行様だとかのあちこちの学校名が貼り紙に書かれていた。


宿坊




善光寺本堂前

地域ってことなか僕は学校関連で修学旅行は元より、クラブの合宿も長野には来たことがなく、長野へ来たのはみんなプライベート。
長野に修学旅行かあ、とそんな事を思っていたら今回は”これは長野の研修旅行なんだ。”と思い直すと修学旅行生も長野旅のご同輩のようにも感じてきた。

山門からの参道と長野市街

しかし、彼ら、彼女らの会話が耳に入っては来るがみんな標準語、東北、北関東、北陸、そして関西弁もなくどこから来たのかの推測できず、
ホントに自分が学校時代に長野に来ていないだけに、彼、彼女らはどこからなのかと気になった。


善光寺


時間帯なのか偶然か、そんな学生さんたちも、いる時にはいるし、いない時にはいない。街を歩くと学生さんの姿はまったく見られなかった。
「あー、なるほど、これから上田城、軽井沢のコースだな。」と推測が浮かんだ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

この所記事を書くことがまとまらず、更新時間に合わせて「とりあえす更新」をしてはいるけれど、そこそこ内容が変わっている場合がありますのでご了承下さい。
いつもありがとうございます。
Category: 長野・情景  

◇ 権堂あたりの裏通り

権堂




キャバレーのハト




お気に召すまま




相生座


確かこの時、権堂アーケード商店街で昼飯に長野名物のソースカツ丼を食べて、裏通りを歩いて駅方面へと向かった。
その時、お父さんとお母さん、そして娘さんふたりの観光客が、僕の脇を通る時に「何を食べようかあねえ。」という会話が聞こえた。
そんな些細な事も、長野ぶらぶら歩きで「耳の風景」になった。

長野の夏の空


東の空に夏らしい白い雲が見え、入道雲と云うよりも何だか僕にはディズニーマンガに出てくるような人をおちょくる「ラクダ」に見えた。


案内所

ビニールの浮輪にタオル、自転車、「ここは何でしょう?」てなもんで、眺めると同時にカメラを向けているとドアが開き中からお姉さんが顔出した、
それは中から僕の姿が見えたのかもしれない、「何だこの人!」的目線でもって僕を追い払ったけど、この光景はつまんない風景写真よりも面白く
僕は惹かれ、しっかり頂きました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 長野・情景  

◇ 牛にひかれて参道裏路地、入ったり出たり

本願寺長野別院




本派本願寺長野別院




香の店

善光寺があると県外の僕としては長野はやっぱり大きい善光寺があるせいか、仏教の街のような感じ思え、表通りにしても裏通り、路地でさえ
何だか仏教の匂いがしてきた。


大門町




長野の廂相

そんな気持ちなっている中、本派本願寺長野別院の狭い参道を入っていくと、「ご自由にご参拝下さい。」と書いあるのを目にしてす、す、すー僕は中へと入っていった。
2階建てのお堂は階段を上って本堂に行くようになっていて、僕が階段を上がっていくとお経が聞えてきた、階段を上り2階のお堂入り口の前には
黒い地味な靴がたくさん並んでいた、この暑さお寺で喪服を着て先祖の供養と経と共に耐えている人たちとは、
ただただブラブラ歩きの旅人が近づけるものではないような気がして、僕はたくさんの黒い靴を前にして引き返すように階段を降りた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
何だかWindows10にアップグレードしてからPCが安定しなくなった、前は8.1なのに。  いつもありがとうございます。
Category: 長野・情景  

◇ 長野市中央通り

中央通りの店




中央通りの工芸店




工芸店




そば屋

そういえばと、長野に来て「ソースカツ丼」の文字があちこちで目に入った。

「そういやあ、ケンミンショ―でやっていたな。」と、昼飯は是非食わねばととある店に入って食ったのだが、作り方、味付けなのか、お店なのか、
個人の好き好きなのか、僕にはいむらやの「焼きそば」ほど、たいして旨いと思わなかった。


藤屋旅館




善光寺前藤屋旅館



そんな事を思いながら食っているとパラバラと人が入ってくる、どうも初めてのお客さんばかり、僕は何を注文するのだろうかと聞いてたが、
「ソースカツ丼」の注文を聞いて、「あーあ、この人も俺と同じ思いするのだろうか?」と目の前のソースカツ丼を食った。


表参道(中央通り)


善光寺山門から見える中央通りである。
長野駅から善光寺まで緩やか坂が続く、別に急ぐ訳でもなく、気になる路地があると脇道へ入ったりしているのでさして登りは気にならなかったけど、
駅から来るよりも駅の方へと歩く方が坂で下っている分歩くには楽だった。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 長野・情景  

◇ 長野中央通りを歩く

白いノウゼンカズラ咲く大通




南長野新田町




喫茶店のある小路




新田町


長野へと行こうと決めてからずっと天気予報を見ていた。
一週間先の長野地方の天気予報みながら最初の予定より3週間延ばした。せっかく行っても「雨じゃあ。」と僕は青空を希望した。
そして天気予報とにらめっこしながら決め、決行した日はそらあ朝から青空が広がった、「流石、オレ!」だった。

しかし、喜んで長野街撮りをしてはいるけれど、「暑い!暑過ぎる。」だった、新潟から比べたら長野は標高があるので太陽が近い。


セントラル・スクゥエア

でもさすが長野だ、中央通りのバス停には屋根がありベンチまであり、いざとなったら、ここへ退避休憩すればよい。
と思ってはいても、僕は長野探索をやめられる訳もなく汗をふきふき、表から裏路地と歩き回った。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 長野・情景  

◇ 権堂アーケード商店街

コーラを青空




権堂商店街の小路





クロンボウ

上に2枚目の正面奥。


ペコちゃん

中央通りから曲がってアーケード商店街を入ると真の前の光景を見て「あっ!」だった。
8月も近いのに七夕飾りが商店街あちらこちらにぶら下がっていた、僕のブログは記事にするまで時間がかかる、なのでこの時「今撮っても8月だなあ、
それも下旬か?」だったので、「9月を前にして七夕かあ記事のブログ更新?」と何だかカッコ悪いなあだった。

それは商店街の人が悪い訳では決してなく、記事に載せる僕の方の問題であり、遅い僕が悪い、なのだった。


秋葉神社の獅子頭




真田丸

改めて長野を訪れて、「そうか、そうだった。」と商店街に貼られたNHK大河ドラマの「真田丸」ポスター、JR長野駅「六文銭」提灯を見て思った。
「信州上田」は長野だと十分理解していたけれど、上田市の信州と、長野市の信州が頭の中ではどうも同じ物でなかったようで、同じカレーでも
方や「ビーフカレー」、もうひとつは「タイカレー」みたいな違いだった。
もっとも上田には行ったことがないので印象も薄いのかもしれない。

関係ないが「上田出身」の女性を知っている、どちらも僕よりも年上ってこともあるのだろうが、どちらもお姉さんって目線って感じ、仕事はバリバリやっていた、
数人集まるとやっぱり中心にその人はいた、今思えば「上田だ」だった、、、、、十分偶然かもしれないが。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 長野・情景  

◇ 長野モノクロの記憶

権堂の蔵造り




横町あたり




本願寺長野別院




大門町




長野駅前スクランブル交差点

追記、隣の県、そのまた隣、そしてそのまた隣県まで遠征ドライブ、つうか久しぶりの駅撮り行った。
朝の4時半に出て、もどったのは午後10寺半、「(駅)まわったなあ。」と我ながら遠くまで行ったものだ、感心すると同時に「くたびれたなあ。」と
ぼ~としていたら、12時越え、、、ブログ、写真だけ載せて「寝るかあ。」だった、なので「あとがき」。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 長野・情景  

◇ 牛に引かれなくても善光寺。

仁王門




善光寺参道

信州名物の「おやき」よりも僕は土産に「野沢菜漬」を買って帰りたかったが、ほんとうに旨いのは冷蔵のまま、ちゃんとした漬物屋では冷たく冷やしているし、
買っても「家の帰るまで何時間?」とたずね、有料だけど保冷袋に保冷材に入れてくれるのだが、マイカーなら途中で氷を買うとかも出来るのだが
高速バスとはいえ4時間、そこからまた一苦労の時間がかかる、それも夏場では、それも無理だった。
細かく刻んでラーメンにトッピング、熱いご飯にだって載せて醤油をちょっとかけ食べたかったが、その分はその晩にいむらやの焼きそばで大満足したのだった。


山門


長野市に行ったが歩いて街撮りが目的だったけれど、やっぱり善光寺中心に町は出来ている、牛に引かれなくても自然とデカい屋根の善光寺へと足は進むし、
長野市まで行ったら「善光寺」は必須アイテム、撮った枚数だってそれなり、何度もブログ登場。

善光寺本堂前、山門




本堂

旅の土曜と日曜日に善光寺は2度訪れる、行く前はたくさんの参拝者がいるのだろうかと、何年前かに行った時の事を思い出し、あんな人では嫌だなあと
人混みの嫌いな僕だったが、いることはいるのだがちょっと拍子抜けだった、やっぱり暑い夏は出掛けるよりも家にいるのだろうか。

忠霊殿

恥ずかしながら善光寺は何度訪れているのだが、こんな建物があったなんて今回初めて知った。
旅はしてみるものである、知らないまま「俺さあ、善光寺は何度も行ったよ。」なんてドヤ顔で言いつつ、「じゃあ、ここ知ってる?」と云われたら、
「えー、そんな所があったの?」とショックを隠しきれない僕だと思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 長野・情景  

◇ 長野の街を歩くの事

千石稲荷




駅前石堂町


僕は他所に行ったら、「飲み屋街」へと行ってみる、そこには横丁もあるし、路地もある、ローカル感の光景だってある。


寿老人の西光寺




西光寺




西光寺六地蔵

そして駅前飲み屋街を探検の後善光寺へ向かう、コルトーンのシャッターがあったり、「寿老人」の立派なお寺を見つけ、「開運招福」などの文字を見ればやっぱり入っていく。
僕がじっと眺めながら写真を撮って境内に入っていくと、「あらま。」とオバサンもついてくるように門の前で「中はどうなってるのかしら。」と云わんばかりに
様子をうかがうように首を左右に振って眺めた。


長野駅地下通路

この日の最終目的は善光寺まで、JR長野駅から善光寺ま1,8km、ぶらぶら歩いても30分もあれば行けると思っていたので、
ともかく寄り道探検も時間をかけて
これがJR長野駅前、駅の反対口へと、そして長野電鉄長野駅へと行ってみたりで、長野の先へは中々進まず、「善光寺は明日かあ。」との覚悟も、
なんとか善光寺に詣でる事ができた。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
オリンピック終わってくれないと寝不足の日々が続くです。   いつもありがとうございます。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >