FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 05 2016

Category: 日記・情景  

◇ 直江津中央町のお寺脇の路地

中央町林覚寺脇の路地




林覚寺の路地の階段

以前に直江津へ来た時に、観光パンフレットだったかに坂の石段の写真があった。
それも直江津を離れてから気づき、「しまった!」また(いつになるかわからい)次の機会だなあと脳裏に記憶した。


林覚寺前


やっと2年後に訪れたけど「それは、果たしてどこだったんだ?」と当時の観光パンフは当然なく自分の記憶と印象だけで、コンクリートの階段を前にして
「この辺じゃねえ?」かと、十分魅了にあたいする路地を眺めて僕は納得したのだった。


中央町の落書き


広い歩道部分に描かれた落書きを見た。
何をマネて描いたのかわからなかったが、描いたのは女の子なんだろうろとわかった。
そして「オレは、道路に落書きしたっけ?」と遠い昔を思い浮かべ、そういやあケン・ケン・パーを描いて飛んでいた子供の頃を思い出した。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 日記・情景  

◇ 直江津中央町4丁目海辺近く

中央町




上越市中央町4丁目




中央町4丁目


上越市直江津、同じ上越市高田地区の雁木の町とは雰囲気が違う。
海辺であり積雪も内陸の高田地区よりも少ないせいか家の造り、街の造りの違いとそして中央町には僕のカメラ的好物の段差、階段、路地があった。


日本海の見える中央町

すぐそこは日本海である、海辺の公園もある、そこに車を停めて2度目の直江津を歩いた。
同じ新潟県で同じ海のはずなのだが、ここ上越市直江津と僕の住んでいる新潟市とは雰囲気がどこか違った、もっとも距離では約100kmは離れているだろうか。
とは云えどこがどう違うのか言葉では説明できないのだが。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 日記・情景  

◇ 初、、、松代の棚田

星峠の棚田

「星峠の棚田」


儀明の棚田

「儀明の棚田」

地元の新潟県民して初めて名前に聞く有名な棚田へ行った。
決して広い道幅とはいえない山道を登っていくと10台くらいおけるスペースの駐車場があったが、そこには既に県外ナンバーがずらりと並んで空いてなかった。
デカい観光バスまでいてこんな山道で地元新潟県人の僕が車を停められないのは何だかおかしな感じがしたが、しかしこんな山の田んぼまで
県外から来てもらえるのは、新潟県人として僕はちょっとばかり嬉しく誇りに思えた。


星峠の棚田を下から


三脚を立てたカメラマン、記念写真を撮るファミリーの脇を、僕も棚田を見下ろすと「うわー。」と思ったが、すぐにカメラ目線思考になり
カンカン照りの昼間に棚田を撮ってもまったく絵にならんなあとだった。
撮るなら日の出前とか、朝日の瞬間、モヤが出ていたり、桜が咲いていたりと、どこか変化がないとただの田んぼ風景だった。
仮にこれから来られる方、ねらい目はやっぱり早朝で、モヤが出やすい10月以降かと、であります。

変人の僕は棚田を下からも撮った。
すると水平線の直線が目立った、なるほど山の棚田だと云っても、ここでもしっかり人の手が入り平らに整地されいること知った。

ちなみに正面左の上が棚田の撮影ポイント、同様に右上あたりも撮影ポイント。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 日記・情景  

◇ 高田公園で車をおく

高田公園陸上競技場




高田城跡公園

まず高田に入り車で、さ、さ、さーまわってから、高田公園の駐車場なら無料でおいておけるのがわかると車をおいて高田の雁木の通りまで歩いた、
とりあえず高田駅を目指したのだが、、、、これが結構遠い。
歩きながら途中で、休日でがらりとした郵便局、銀行の駐車場を見ては、こっちの方が良かったかと思ったが、お陰様で高田の町を堪能させてもらった。

高田公園の緑


一昨年だったかに駅舎撮りで、「脇野田駅」に来た時はまだ「JR信越本線」だった、その駅の待合室に北陸新幹線開業のポスターが貼ってあって
「まだまだ先だなあ。」としげしげと眺めていた記憶がある。


北陸新幹線上越妙高駅

そしてホームから「かがやき」の上越妙高駅通過風景を見ては、その迫力に僕は「ふわー!」と声をあげ、両手も自然にバンザイをした後に、
これが時代というか時間経過なんだなあと旧脇野田駅あった場所をあのあたりだったかと見た。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 日記・情景  

◇ シネマ・高田世界館

高田の映画館「世界館」




世界館の廂




世界館

以前に、仕事とかでなく観光って感じで「雁木の町」の高田として訪れた時、やっぱり「ほー。」てな感じで雁木の造り見ながらその下を歩いた。

当然カメラをぶら下げて歩いていたので僕は誰が見ても”観光客”に見えていたのだろう、ある所で「どこからですか?」と尋ねられたのをきっかけに
立ち話しとなり、そして「映画館は行かれましたか?」と云われた。そこそこに有名であり「すぐそこですよ。」と云われ訪れた記憶がある、
そしてこの日2度目の観光でも同行者を「高田世界館」を連れて行った、外観から雰囲気を醸し出していて最初は興味なさそうだった同行者もカメラを向けた。


仲町のガーデンショップ


いくら良さそげと思ってもあちこち周ってみたいのでやっぱり時間に制限がある、上映時間が2時間ならあちこち周って見たいと思う僕である、
当然1度目も、今回2度目も映画は見ていないが、頭の中で、おぼろげな記憶で小学校の頃近所にあった映画館とそこで誰かが食べた柿の種の匂いを思い出した。
当時のこずかいでは映画を観るのが精いっぱい、柿の種を食べながら映画を観るなんて贅沢というよりもこずかいぎりぎりの僕にはそんな発想は当時はなかった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 日記・情景  

◇ 越後高田の梯子

大町通りの梯子




高田大町通り




大町通


同行者が、「あの梯子はなに?」と云った。
雪国に住んでいながらわからんのかと僕は思いつつも、「あれは雪下ろしで屋根に上がるための梯子だよ。」と云った。
そして梯子が各家庭にあり、こうやって常時設置されているのは我が新潟市比べたら積雪量が全然違うってことであり、店の看板も雪下ろしの邪魔にならないように
あんな風なんだと説明すると、「へ~。」と感心したように梯子を見上げた。
当然屋根の造りだて、雪が下しやすく、滑って落ちにくい角度で、滑らせて下すにトタン葺きと長年の生活知恵が生かされている。


仲町




大町の花かご


ここ高田の町家ギャラリーに展示された一昔前の積雪の写真では、道路幅いっぱいで1階の屋根まで雪が山になった光景があった、それは多分積雪と
屋根の雪下ろしで梯子に登り雪を家の前の道路に落としたからなのかもしれないが、それが本来の高田地方の冬の風景だった。
当然そこには雁木の必要性と仕組みが生きてくる。

今は、道路事情も良くなり除雪車出動も増え、消雪パイプ、排水設備、そして温暖化で年々の雪が少なくなってきているとはいえ、
そこは誰もが知っている雪国の高田である、それゆえの梯子風景である。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 日記・情景  

◇ 上越市高田 大町通り

大町通りの雁木




高田大町


この雁木の町を歩くと「おや?」と気づくことがある。
まずは雁木の下を歩いていると当然目線は下になるのと、冬の雪の関係か店舗の看板が軒先にタテにダダダダーと並んでいる。
そして高田の本町、駅前通りの道幅の広い道路は別として、シャッターが(少)ない、その為か木造の雁木の光景に”温かみ”を感じてくる。


大町通の看板


そして「ありがてえなあ。」と雁木の下を歩いていると、これが結構高さがデコボコで歩きづらい、これは雁木の基本は自宅の軒先を開放しているので
軒下の地面は各家庭諸般の事情によって違う、敷石があったり、コンクリートだったり、ブロックだったりで高さに意外に段差があり、
排水を考えて道路側に傾いている。

昼間なのに歩いていて油断した僕は段差でコケそうになった、夜にアルコールでも入ったら絶対にコケて怪我をする人がいるなと考えながら
歩いていると、「待てよ、そんな段差は生まれた頃なので慣れっこ。」で地元高田の人は何とも思っていないのかもしれない。

軒下の郵便ポスト

とはいえ立っているのが当たり前といえば当たり前だけど、雪、雨に濡れにくように雁木の下の郵便ポストに、昔話の「傘地蔵」のような高田の人の優しい思いを感じた。




にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 日記・情景  

◇ 雁木の町、高田を歩いた

大町の雁木




仲町の雁木




高田本町の青空

同行者に「高田に行った事がない。」と云うので、何度も行った訳でないけども2度ばかり行った事があるという僕は、連れて行くことになった。
そして「これが有名な雁木の通りだよ。」とあちこち雁木だらけの高田の町をぶらぶらと歩いた。


仲町の雁木通り

雁木に歩き慣れないので歩いていると「雁木」と云っても人様の玄関先の敷地を歩かせてもらっているようで申し訳ないような気持ちになるのか、
雁木に慣れない僕はついつい道路側に出て歩いていた。

でも雪、雨とかならこの雁木はありがたいのだろうなあ。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

学生時代に聴いた「ナッチャコ・パック」まさかにYouTubeで聴けた、笑いにも時代があるのだと感じた。  訪問いつもありがとうございます。

Category: 日記・情景  

◇ 新緑を歩く

月岡




ため池

タイトルはウソである。
全然歩いていない。車を止めてすぐ脇を撮っただけ、黙っていたら十分「新緑の山に行ってきましわい。」だった。


コスタ・ビクトリア号

そして本日、大型クルーズ船来航というので、撮った。

デカすぎて全体を入れると見物人多数が入り、近影では何を撮っているのやらになった。
しかし、近くで見るよりも車を運転中に1km離れたバイパスから見えていた方が巨大客船に見えた。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
車の免許更新、10年ぶりのゴールド免許、なにがしか免許の自分の写真も違って見えた  いつもありがとうございます。
Category: 日記・情景  

◇ 萌葱色のころ

阿賀町県道17号線




新緑




阿賀町

桜も終わり、若葉を狙って山へ入った。
僕はこの時期が好きである、緑の初々しいというか萌葱色の樹々の光景を目にするとパワーというかエネルギーを見つけたような気持ちになるのである。
車で山道に入って行くと、山々の緑は初々しくて、点在するような桜や花ならチラ見ですむが、山中が”萌葱色”である脇見なんてもんでなく頭はぐるぐるとまわる。


阿賀町の山奥

すると途中で、道路に石が落ちていた、落石である。
車はその石を避けて行けば通り抜けられたが、通り抜けてから「これでは通行の邪魔だなあ。」と道路脇へと動かそうしたが、大きい物は全く動かず。


落石


そんな事をしていると、「待てよ、この先に行ってもっとデカいのがあるかもしれないし、もしかしたらこの後に、またゴロゴロと落石が車に当たったら?」と
勝手に頭の中は山道で遭難状態になった自分を想像し、段々に「これはマズいな。」と弱気になってきてそこから僕は引き返した。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 日記・情景  

◇ 黄色い花咲くころ

菜の花




花




菜の花

先週の土曜日にカメラをぶら下げ散歩撮影のつもりが、段々に「あそこ行ってみようか。」と目的地が伸びていていき、
結局3時間かけて13km歩いた。
くたびれはしたものの、「これくらいなら、こんなもんだよ。」ちょっとばかり日頃のウォーキングの成果だなあと余裕があった。


柿木


そして今週の月曜日辺りから体中が痛くなり、特に足は怠くて痛かった。
歳を取ると疲れが出るのは遅くなると云うけれど、その怠くて痛いのも全体に消えていくではなく体の上の方から徐々に腕、腰、ももと
痛みが抜けるのが下がってきて今はふくろはぎだけ痛さというか怠さが残った。
密かに上京して「撮り歩き」を思っているのだが、以前に東京撮り歩きで2日間35km東京を歩いたが、13km余裕を残したとはいえ、
あの記録は絶対に無理だと思えてきた今日この頃であった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村



Category: 福島・情景  

◇ 5月のストック整理、会津桜編。

光明寺跡

光明寺跡、山奥であっても風景は変わるのものであった。
去年の桜の季節に訪れた時には、左の部分には光明寺の本堂があった、当然その陰になっていた墓は見えなかった、
今年訪れると「あるものがない。」、当然最初は「何だ、なんだ?」と違和感あるものの原因が理解できるまで1、2秒間白くなる。




遍照寺

国道49号線を会津に向かって走っていると、たくさんの桜の木に気になり立ち寄った、寺院。
これからまだまだこの先会津へと入って行けが桜の風景が広がるに、いきなり大関級が登場したような感じなった。


柳津奥之禅院

桜は元より、黄色い水仙の花と桜、青空、、、これだけで春の到来、恋の始まりのような小さなドキリがあった。


月光寺

月光寺裏のJR只見線の鉄橋、僕としてはこれだけで満足な光景だったが、ここを「上り会津若松」行きの列車が通過する瞬間を待つカメラマンが、
この時、僕の左には5人いた。


JR郷戸駅

JR只見線「郷戸駅」、僕は衝動的に寄って見ようだったが、到着時に三脚を立てたカメラが一人、僕の後に二人、県外ナンバーの車が来た。
時刻表を見れば、1時間以上待つ事になる、撮り鉄さんの待機力おそるべしだった、僕はこんな風景を撮って移動、でないとこれからの風景は撮れていたなかった。


久保田のはさかけ

山奥の集落久保田にて、はさかけなのか道路脇に立っていて奥には桜が咲く、これぞ山村風景だった。



法用寺

いつもの法用寺、時々桜の花びら舞った、それを待つのか三重塔の前で「待っている。」ようだった。


会津美里の果実畑

会津美里町新鶴の山の畑風景、果実だと思うが、サクランボか桃か、ブドウかわからない。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村


1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >