FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 01 2016

Category: 情景・モノクロ  

◇ 冬の海辺 中村浜

冬の荒井浜




荒井浜の漁師小屋


やっぱり、太っていた、毎夜毎夜お天気が悪くて日課のウォーキングも満足に出来ていないのが絶対に原因だと、毎夜悪天候の空を見上げて「うっー!」とうなっている。
そしてやっと本日日中、曇りだけれどやっと歩けた、長靴を履いて雪の上を小一時間歩いたのだが、雪上、長靴と歩きにくさもあってか、実にくたびれた。
もう雪は嫌になった、解けてしまってくれ~。


荒井浜


商品券をもらった、さっそく家にお土産でもとお菓子屋へ行って最中を10個買った、1404円。
財布を開き僕は。「商品券使えますよねえ。」と言うと店員さんは人差し指で×を作って「使えないんですよ。」と言った。

予定外の返事に僕の内心はドキドキした。儲けたつもりが何だか損したような気も持ちなり、財布の中も現金を払うと段になって、
えーかっこするもんじゃないなあと、千円を出した後に小銭を出す時の指が震えてたのを、じっと店員さんに見られていたのだった。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 情景・モノクロ  

◇ 冬の浜辺の窓

荒井浜番小屋




荒井浜

中村浜には何度も訪れているのに番小屋のガラスが割れていたのに初めて気づいた。
そのガラスの割れた窓から中をのぞくと、本来なら船が入庫されているだろ船はなく空車ならぬ空船状態だった。
そして「なるほどねえ、こうなってるのね。」と中をのぞくいては、ちょっと快感覚えたが、ここも漁業も辞めたんだろうなあと寂しさも感じてきたのだった。


中村浜

また週末、雪模様の天気予報、僕的には勘弁してくれと思いたい。
ここブログではないが10年前の京都の冬を撮った写真を投稿している、出来・内容はともかく京都まで行って雪に降られ、周りの「わー、わー。」と、はしゃぐ声を聞きながら
僕は、「京都まで来て雪の風景は撮りたくねえ。」と雪の金閣寺だろうと意地でもカメラを向けたくなかったが、雪の三千院をたんまりって撮っていた。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
蛍の光、窓の雪~♪ いつもありがとうございます。
Category: 情景・モノクロ  

◇ 冬の海辺 藤塚浜と落堀川

藤塚浜




風車とカモメ


雪交じりの波の荒い日、ローアングルで波を撮ったらどうだろうと、頭に浮かんだ。
大荒れではないが、夏場のような穏やかでもでもない、撮るのならちょうど良いだろうと渚に近づくと、ドシャ―と大波が押し寄せてきた。
うわっー!と慌て逃げて水濡れはセーフだったが、今度は再度狙おうとすると波のタイミングが「今か?、今か?」とわからなくなった。

濡れるのが怖がったが、車に戻ると結局はレンズは雪で濡れ、当然服もびしょびしょだった、新潟の海辺の雪は水気が多いので解けるのも早い。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 情景・モノクロ  

◇ 冬の海辺

藤塚浜のカフェ




雪のサイクルニスト

僕もこんな雪の中、カメラを持って出歩いているのも何なんだけれど、カメラを構えている所に自転車が右から構図の中に入って来たのはさすがに驚いた。
こんなお天気なのに結構薄着で寒風吹く浜辺を自転車っていうのは寒くないのだろうかと言うよりも「よーやるわ。」と、ちょっと呆れた。


松浦漁港

でも、仕事が忙しく休日ままならず、やっと時間が出来た時間に雪降る中に釣り竿を持って「ともかく、糸を垂らせたら。」と出掛けた昔の自分も思い出し、
この人も”やっと出来た時間”なのだろうかと思いつつもどこへと行くのだろうかと目線で追ったが、こんなお天気に一般道を走るよりも寒いけれども安全なのかと。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

Category: 日記・情景  

◇ 1月のストック整理

郵便ポスト

赤い郵便ポスト、郵便の投函は少なくなったとは言え子供の頃から癖はいつも通り、郵便物をつかんだまま奥まで指し込んで落とす。
そんな手をギューと捕まれたらビックリするだろうなあ。


コスモス

紅葉よりも早く秋って感じにさせあちこちで「撮りなさい。」と咲かんばかり勢い、僕はコスモスを見ると大好きな夏の終わりと嫌いな冬の始まりなんだとちょっと悲しい気持ちなる。


夕日の海

林越えの海の夕日、太陽が沈む風景だけなが海の夕日じゃないのだと運転中の僕に「撮れ。」と夕日は魅せた。


太夫浜

浜に打ち上げられた潰れた空き缶、時折見る浜辺の漂流物がハングル文字書かれているので、この漂着物もハングル語でもとのぞくと
しっかり日本語だった、爆買い中国人のマナーの悪さが問題になるけれど、日本人だって人様の事は云えない人がたくさんいる、、、、、その中に僕も入っているかもしれない。


ブルーボート

毎年雪が降ると撮りにいく青いボート、今は公園脇に置かれ内部にビニールシートを敷いて水と草を植え小さい池になっている。


イカの目ん玉

「イカの目ん玉」、この時マジに僕はイカと目が合ってしまった、あなたはイカと目が合ったことがありますか?
なに、ないのですか、そらあイカんですね。


タコクラゲ

何なんでしょう、撮影した当時たくさん撮っては「もういいや。」と食傷気味になったのだが、こうやって見ているとまた撮りたくなってくるのは、撮り鉄ならぬ「撮りクラゲ」なのでしょうか。


クラゲ




タコクラゲ

シャッターチャンスを狙ってクラゲにカメラを向けて「ここ!」とシャッター押した時が水槽にぶつかって止まった時だった。


小岩川漁港

小岩川漁港風景 あれ?と電球の傘にどこか見覚えがあるんだよなあと、考えたら灰皿だった、10数年前まで毎日お世話になっていたんだもの。

次ページへ
Category: 福島・情景  

◇ 会津坂下町矢ノ目

会津坂下町矢ノ目




会津坂下町矢ノ目と磐梯山

ちょっとは高い方が眺めが良いのでと消防車庫屯所の階段を上った。
季節は冬でもあり畑は何もなかったが、所々に菜の花が咲いていた、そしてずっと奥には白く雪のかぶった会津の名峰磐梯山が見えた。
これは大分以前の写真、今は磐梯山どころか見える所みんな白い風景になっているのではないだろうか。


只見線若宮踏切

会津若松駅から18.788km、カメラを持ってブラブラしていると自転車に乗った中学生くらいの男子3名、僕まで雑談をしていたかと思うと
僕の脇を通り過ぎる時に「こんにちは。」と声掛けて通り過ぎていった。


家の雪

ちょっと誇張するように多めに見える吹き溜まりを撮ったけど、それでも平均30センチは裕にあるだろう。現在はしょぼんとなって10センチくらいだろうか。
ともかく昨年末から雪は降らず雨ばかり、そのせいなのかずっと太陽は拝めない日が続き気が滅入ってきたのだが、今回の大雪の後は太陽と青空が見えた、
冬場の青空は雪が降った方がいいようで、冬は冬らしい、その季節には季節らしい方が自然界はあたりまえなかも。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
雪のち晴れ、、、、しかし腰痛し いつもありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ 会津坂下町 若宮駅

JR只見線若宮駅待合室の光景




JR只見線若宮駅ホーム風景




若宮駅ホーム風景

”鉄の血”が騒ぐっていうのだろうか、駅を見つけると素通りできなくなってきた。
それも何度も訪れているのに、「この駅がオレは好きなんだよねえ。」とホームにちょこんとあるような待合室から磐梯山を眺めては、
「この光景がいいですよ~。」とひとりつぶやく。
列車が通過してくれたらまた別な光景にでもなるだろうが、その時まで待ってはいられず、そこまでは僕の”鉄の血”は濃くないようである。


若宮駅から見える磐梯山




JR只見線若宮駅


雪の中の鉄道も良いじゃないかと、地元のJR沿線に撮影に行った。
とは云え最初は自分で決めておきながら現地着いても「まあ、こんなもんか。」という興奮もなければ嬉しさもない鉄道風景で、ノンビリやりましょうやと
スローペースでブラブラ沿線を歩いたいたのだが、急に「ゴトン、ゴトン!」という音と貨物の姿が見えると僕は急に走り出した。
走りながら自分でも何で走っているのか自問自答だった、これが”鉄の血”なのか貨物に出来るだけ近づき撮りたい気持ちになっていた。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
汽車、汽車、シュポ、シュポ、、、、、いつもありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ 雀林のワ・ン・ダフルな日

干し柿




蔵の前のワンコ


毎年会津美里町雀林の法用寺詣出ている。
ここの集落を歩くたびに、ここの犬にいつも吠えられる、今年は近づいても吠える声が聞こえないので、のぞくといつものように「ワンワン!」と吠えた。
やっぱりかと思いつつも元気でなりよりと、そして僕もワンコにカメラを向けるのだがすると、「ふむ?! 何だ何だ?」と吠えるのをやめこちらの様子を見る。

そして”この人間やっぱ何か怪しい!”と思ってかまたワンワンと吠え出す。


雀林の蔵




会津美里町雀林

毎回雀林に来るといつも同じことの繰り返しなのである、でも今回は犬が痩せたような体型に「何だかこの犬も年取ったなあ。」と感じた、
そしてオレも年取ったのか思ったが、僕の場合、年と共に痩せるのではなくたぶん太った。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 会津の誘惑

雀林の柿の木




雀林、柿の木と磐梯山




雀林の干し柿




磐梯山


2011年の震災以降、ボランティアも出来ないし、だからってたくさんの寄付も出来きる訳でもない僕は、それなば「頑張れ福島」と風評で観光客の減った会津若松訪れた。
例年訪れる回数がせいぜい1年に1回が、いつしか「頑張れ福島」の一貫よりも会津地方ののどかな日本の原風景にすっかり参ってしまい、年3、4回。
会津と言えば、僕は会津若松か喜多方のイメージしかなった。
僕はここ会津美里町に来て以来、「待てよ。」と、ここにこんな所があるのだから、他にまだまだ何かあるんじゃいないか欲を出させた風景があった。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
会津磐梯山は宝の山よ~♪ いつもありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ 会津詣で 雀林 法用寺

雀林法用寺




法用寺山門




雀林法用寺本堂




法用寺本堂と梵鐘と桜


FM 「クロスオーバーイレブン」、、、、ナレーター 津嘉山正種、、、ついつい引き込まれ ニヤリと泣けてきます。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 雀林のあんぽ

納屋前のドラム缶




干し柿(あんぽ柿)



ただの「干し柿」だと思っていたが、これは「あんぽ柿だったのだろうか?」と今年になって初めて気づく、だいたい干している柿は全部干し柿なのだろうと思っていた。


法用寺門前




電柱


映画「約三十の嘘」を10数年ぶりに観た、その映画で舞台となる寝台車「トワイライトエクスプレス」号も当時は名前を知っている程度で、遠い所のお話し様だった。
そして10年の間に、それはどういうルートを走るどころか新潟駅から富山駅まで間の駅を全部撮影したし、当然映画中に出てくるただ通過する駅が
「越中宮崎駅」だとわかるまでのなっていた。そんなシーンを「ここ、ここ知ってるぜ、オレ。」になっている自分、何よりも「トワイライトエクスプレス」も追っかけするように
何度か追った自分もいる。
10年という時間って凄いなあと改めて思えた。そしてその「トワイライトエクスプレス」もなくなってしまった。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 会津盆地の端で

? この所、ブラウザGoogle chromeでは問題ないですが、 IEで開くと 画像が網目のような 口く (四角く)筋が入る症状が出てますが、原因不明。

会津美里町雀林




磐梯山




菜の花と磐梯山

そういえばこの時期に傍らの畑に菜の花が咲いていたのを思い出し、その場所にやっぱり咲いていた。
しかし、菜の花の中には棒が刺さっていて”その棒、じゃま。”だったが、この段階で僕は畑に侵入している、そこで撮影のためといい棒を抜いたら
僕はやっぱり畑荒らしになるのだろうか思いつつ、この時期菜の花が咲いているだけでも棒がじゃまでも儲けものだった。


雀林の畑


畑の山の向こうの向こう、そのまた向こうから心細いような気持ちで山道を越えてやってくると、視界の開けた会津盆地と奥には雪のかぶった磐梯山まで見えると
不安から背中の曲がったような姿勢が開けた景色から来る開放感でか背筋が伸びたようならっくり感が出た。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 柳津の山を越えした日

会津柳津町軽井沢




会津美里町の山奥




会津美里町二岐ダム

ダムの水は空で底が見えていた、冬場の雪の解け水で農業用水用の空のダムなのか、水枯れなのかわからない。ともかくあの山向こうから来んだなあと、
途中の狭くなったりした山道とたくさんのカーブ、山の風景を思い出し「オレも、ようやるわ。」とちょっと呆れた。


会津美里町松坂




東沢の山

計画で、かむろば村(会津柳津町久保田)を”さささっ”と寄ってから、山を越えれば会津美里町じゃんかといつもよりも朝早く家を出たけれど、
柳津町の山奥集落にすっかり魅せられてちょっと寄るつもりが、「どっぷり」になり時間オーバー、周りきれなかったので再び訪れて山越えで会津美里町へと出た。

などと気軽には今は云えるけれど、当日運転する僕は見知らぬ山道に「大丈夫だよなあ。」とナビを見ながらも心細くなりリラックスのために流していた音楽を消し、
全方向に神経を集中し野生の感を働かせたのだった ヾ(- -;)

そして小さい集落の赤い屋根が見えた時は何だかホッとした。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
山も嵐も乗り越えて いつもありがとうございます。
Category: 日記・情景  

◇ 99円

冬の夕焼け




枯葉と夕焼け


ガソリンが安くなった、リッター160円は何ぼなんで高すぎる、せいぜい140円台にならんだろうかと週末出掛けるのも遠方は極力避けたりもしていたが、
それでも出掛けると時々安い値段を見つけると給油した、その嬉しさに誰かに言たくなってガソリンスタンドのお兄ちゃんに「安いねえ。」と声を掛けていた。

そして本日とあるスタンドの看板にレギュラーガソリンが「99円」があった。
100円割ったのかと感心してよく見たらガソリンスタンドの前はずらりと車の長蛇の列だった、
4車線なのだが普段も見たことがないくらい道路は混雑してまさに「99円渋滞」だった。

時間は何年もかかっているとはいえ、160円台の頃を思うと本日の99円は信じられない値段である。
頭のどこかで「こんなに安くなって良いのだろうか、何か天変地異的出来事でも起きるのではないか。」と素直に喜べない苦労性の僕であった。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
安さ爆発~カメラの、、、、、♪ いつもありがとうございます。
Category: 日記・情景  

◇ カレーライスを食べて歩く

西堀飲食店街




古町十字路




古町7


久ぶりに200円カレーを食べた。
初めての来店ではないので驚きは小さくなったけど、隠れてモノを食べちいるようで婦女子ひとりではとっても入れないだろう的な雰囲気は慣れないというか落ち着かない。
カウンターオンリーで水もでない(セルフでなく水もない)、椅子だって4、5席だったか。でも極力省力化をしてのコストダウンの200円カレーなのだ、
ともかく山盛りである、何とか屋の牛丼なんかよりも腹はいっぱいになる。

食べ終わり腹ごなしにふらふらと歩くがちょっと余力残りのようだった。


にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
積もり積もってデブになる いつもありがとうございます。
Category: 日記・情景  

◇ 古町らくがき

古町4




古町5の路地




鍛冶小路


カメラが趣味でなかった昔に落書きを見たら、「ひでえこと、すんなあ。」と感じていたのだが、カメラを持ってあちこち街撮りを始めると、
街の風景として「これも絵になってないか?」と思えた時に、”待てよ。”ここのは落書きというよりもポップ・看板の類だなと、わかってきた、
その証拠にずっと描かれたままだし、追加もないし、「夜・露・死・苦」 などの漢字もない。

以前に東京・代官山へ行った、初代官山だったが「ここがそうなのか?」と感心するよりも落書きの多さが目立ち、ひどいなあと感じつつ
よく見るとらくがきは田舎にはないデザイン?であり東京は違うなあとやっぱりカメラを向けた。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
興味がないのについついSMAP記事を読んでしまっているオレ。 いつもありがとうございます。

Category: 日記・情景  

◇ 古町の「ザ・ガードマン」

古町8の路地




古町8




古町9


年がバレるようなタイトル、知らない人、わからない人は若いってことだ。今では警備会社は色々増えたけれどこのマークは未だに一番カッコいい。
これをいつ見ても僕は、「あっ、ザ・ガードマンだ。」と思い出し、そして夏のスリラーシリーズでは夜トイレに行くのが怖かった。
その頃からだろうか身動きできないような狭い所は嫌だが、狭い空間に落ち着いた。
自分の隠れ家、自分だけの場所、そんな所が好きだったせいか未だに狭い路地が好き、許されるならどこへでも入って行きたいし、
路地を歩くと探検気分にワクワクする。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
蓼食う虫も好き好き いつもありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ 柳津の柿の木

柳津町の柿




柳津の寺前の柿


福島県へ行くと、震災以来の「頑張れ東北」、「がんばっぺ福島」などの励まし奮起させるスローガン看板が見られる。
震災の年の2011年や翌年見た時には、僕の心の奥にも「何とかせねば。」と熱くなってきていたが、最近は電気・ガソリン・テレビ番組・CM、周囲などは
”普通にもどった”せいか、スローガンの看板の文字も色褪せてきたような感じなってきているかもしれない(福島の方スイマセン)。
そんな時に見た看板に、
「福島は負けない。」 が、あった。
看板の文字を見た時に、色んな事を忘れてしまっていた自分がいて、「みんなから忘れられても俺ら頑張ってるだ。」という声が聞こえ
背中あたりがじーんとなった。
そんな気分で見た柿木に、僕は「頑張れ、やってかあ。」と目線を送ると「福島は負けない。」と、けな気な柿の木に見えた。


柳津お寺の柿と只見線

お寺の本堂裏になる柿の木を見た時に、その後ろの鉄橋に列車でも通ったらと「良いシーンになるだが。」と思ったが、そこは一日数本のローカル線只見線、
欲はかかなかったが、この鉄橋の先にある滝に行ってみた。


本日、元旦以来の青空と太陽を見た、雪の白さと相まっていっそう眩しく太陽の光は暖かかった、そんな青空もしばらくすると消えた。


一刻千金 ありががとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 奥之禅院 弁天堂

弁天堂




弁天堂参道




弁天堂からの柳津の眺め


趣味の写真の腕が上がるようにとお願いしようと弁天堂の石段を登った。
お堂前にはたくさんのスリッパとお酒が上がっていた。
スリッパといい奉納された日本酒といい、その光景にここは霊験あらたかなのだと手を合せたのだが、その手を合わせるよりも撮る方が先の僕であった。

プロの写真家は撮る前に神様、仏様に”手を合せてお願い、撮らせてください。”挨拶するのだと聞いたことがあるだが。
果たして今年の終わりにはどんなものを撮っているだろう。


急いては事を仕損じる ありががとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 柳津町のスーパーマーケット

スーパーあまの




スーパーあものの裏通り




スーパーあものの裏


映画(架空)の世界が現実に目の前にあるというのは、にんまりと笑ってしまった。
ロケセットがそのまま残っていた、以前見た時は「スーパーあまの」の下に小さく本来の名前で「スーパー河内屋」だったような気がするのだが、
映画を観て訪ねてくるのもいるのでいっその事映画のセット再現したのだろうか。
映画の中で松たか子がしていた店の赤いエプロンが売っていた、買おうかと思ったがエプロンをしていると自分を思い浮かべてやめた。



そして本日、今季初めての雪らしい雪が降った。
ちらつく雪追って車を走らせたが行き先には雪はなし、「仕方がねえなあ。」とあきらめて帰ってくると
徐々に周りの景色は白くなった。

2016.1.11 今季初の雪らしい雪


初雪や、二の字二の字の下駄のあと ありががとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 福島県柳津町にて

会津柳津駅




JR只見線会津柳津駅ホーム風景

昼前にトイレ休憩を兼ねて会津柳津駅に寄った。
駅の待合室のガラス戸を開けると、椅子に座っていたバアサンが振り返って僕を見た、目線が合い僕は「こんにちは」と挨拶した。
それから備え付けの観光パンフを見ていると、バアサンが「前なかったのに、またいっぱいになってるねえ。」らしいことを会津訛りで言った。
「ほーそうですか。」と見ると映画「ジヌよさらば-かむろば村へ」のパンフ、みんな記念にスタンプを押して持っていくらしかった。

そんな会話から始まり、次の列車まで2時間あると言われ、時刻表を見ると午後2時過ぎに会津川口行きになっていた、
このバアサンはそれまで待っているのかと見るとバアサンの横には稲荷寿司とのり巻きの入ったバックとお茶があった。


柳津虚空蔵尊の白壁




柳津虚空蔵尊山門




柳津街虚空蔵尊円蔵寺


駅から柳津虚空蔵尊へ、紅葉の季節が終わったから参拝者はいるがまばらな感じ、石段を下りていくと老夫婦が手摺りいつかまりゆっくり降りていた。
その脇をするりと抜いて、あちこち写真を撮って山門の下まで行ってもその老夫婦は石段を下りていた。


袖振り合うも他生の縁 いつもありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 柳津町牧沢集落

牧沢の外灯




牧沢の公民館前




柳津町牧沢の消火栓




もう年明け10日も経ってしまった ありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ 柳津町牧沢集落

柳津町牧沢




牧沢の坂道




牧沢集落の屋根風景


最初に、「かむろば村」へと目指していた「こっちだろう。」とナビを頼りにというよりも長年の”感”でこっちだろうと重視、
変な所へ行ってもナビもあるしと、山道を走らせていると、雰囲気に「ここじゃね?」と車から降りて眺めてたり歩いてみたが、
”なんか違うような”だった、でも違っても僕としては満足するような光景だった。


牧沢のタンク


そして「いいねえ。」とカメラを向けて数枚撮り始めると電池切れ、「えー。」と車に替えを戻る際に挨拶したジイサンに道を聞くと、
映画のロケ地はこの山向こうの3kmくらい行った所で「直ぐだよ。」と言われが、ここまで走って来た山道を思うとここから先の山道に
「3km、えーー!」とは思ったが顔に出してら説明してくれるジイサンに何だか申し訳ないようでしっかり腹の中での「えーーーー!」だった。

とはいえ、「ここも。撮って行ったよ。」と手をまわした。、、、、、映画の始まりにその説明してくれたジイサンでは思える人とその道いマイクロバスが走るシーンが登場していた。


禍を転じて福と為す ありがとうございました。
にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
Category: 福島・情景  

◇ 冬の紫陽花

枯れた紫陽花




久保田


冬になって枯れた紫陽花の光景を撮りたいと思ってはいたが、そこで見つけたものはそれはごっそり大量だった。
撮るのは数本程度のつもりだったので激しい過ぎる量だった、こんな枯れたのが残っていたら翌年には果たして生えてまた花が咲くのだろうかと思えてきた、
「ちょっと多いなあ。」と眺めつつも、これが綺麗に咲いている頃を想像するとこの風景もまた違うのだろうかと想像するとまたその季節に来てみたくなった。


集落の通り



正月の三が日が過ぎて恐る恐るドキドキしながら体重計に乗った、クリスマス明けの年末に体重を量ったらいつもより1kg増えていたので、
これは正月過ぎてからの体重計に乗るのが恐ろしくなっていたが、その年末に量った時よりも1kg減っいた。
「どんなもんだい、オレ。」的に1kgくらいの体重はどうにでもコントロール出来るのだと自分が誇らしくなった、そして昨日また「どんなもんだい、オレ。」だからと誇らしく500gは減っているだろうと体重計乗るとまた体重は1kg増えていた。
たぶん「どんなもんだい、オレ。」の増長慢したうぬぼれの分重くなったのだと、明日から謙虚になったら体重が減るはずである、、、と思う。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村
五臓六腑にしみわたる ありがとうございました。
Category: 福島・情景  

◇ 山村の坂道で

はさぎ




サクラとお堂


坂道の途中に祠と桜の木と、農機具小屋があった。
桜の木の光景は僕に桜の季節にまた来ようと思わせた、電線があっても僕はここの風景が好きなったし電線があるがゆえに絵にはならんと撮る人も少ないだろう。
そうなれば「ここはオレの桜になるな。」とちょっと嬉しさにほくそ笑んだ。


電柱




坂の途中の車庫


その先には農機具小屋があり、何度か登場の限界集落のジイサンの農機具小屋よりは小さいがここもトラクター、除雪機、田植え機があった。


パソコンが来た、待つのが長かったようで届いてみればあっとい間、セットアップなどひと通り終わると”やれやれ感”というか届いたのが遠い昔のように思えてきた。
新らしいPCが来るたびの”げんなり感”、年月と共にパソコンのセットアップは楽になったが、それでも毎回思うのが何でコンセントを指し入れるように
簡単にいかなものなのかと思うのである。


笑って損したもの無し、ありがとうございました。
Category: 福島・情景  

◇ 遠い春と悲しい知らせ

外灯




ゆるやかな坂道




カーブミラーのある風景

棚田風景も良いけれど、僕はこちらの山村の風景が好きだ、朝早く日の出、霧だのを待つ必要もなく、青空さえあれば良い気持ちにさせてくれる風景で、
まだまだ全部見ていないこの時点で、「またオレは来るぞ。」と思った、そして撮る場所も「ここだよなあ。」と目ぼしをつけた。


かむろば村(久保田)風景




久保田の家並

そんな事を考えていると、実に冬がもどかしい、まして山間地だから雪の解けるのも遅い、今度は訪れるのはGW前だろうかと、その場にいるのに、あと数カ月待ち遠しくなった。



暮れに、使っていないステレオが買取りに出して21000円になったのを良い味をしめ、長年の車庫の隅にあるゴルフ道具も出そうと決めた。
年末年始でもあり、正月休みにゴルフクラブをピカピカに磨いて出したらいくらか高く売れるだろうと、アイアン、ドライバー、クリーク、パターをCRC5-56つけてせっせと磨いた。
しめしめ Ψ( =`▽´= )Ψウケケケ♪ と、ネットで買い取り手続きをしたら、

「今回 お申込み頂いたお品物の査定をさせて頂きましたところ、お買取り、お引取りの難しい商品でございました。」と、

返事が来た、、、( ̄▽ ̄;)!!エッ というか、買ってからの長い年月を思えば当然だよなあと納得した自分がいた。


捕らぬ狸の皮算用、ありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ かむろば村のタケちゃんの家

タケちゃんの田んぼとかむろば村

    タケちゃんの田んぼと かむろば村集落(=柳津町久保田)


タケちゃんの家

    タケちゃん家、映画撮影時よりも家はかなりガタが来ていた。


かむろば村(柳津町久保田)

    かむろば村 (映画「ジヌのよさらば」のロケ地)、屋根の形の名称はわからないが、限界集落ジイサンの話では茅葺屋根にトタンをかぶせているのだと、トタン屋根の下は茅葺だと説明。

かむろば村のタケちゃんの家をひと目見たく、柳津虚空蔵尊から山道へと車を走らせた。
くねくね曲がる道、くねくね度が大きいほど山奥に来ちまったなあと感じた、だからこんな所に人が住んで住んでいるのかと、だからこの辺りが限界地と見て
すぐそこだろうと、そんなに山奥に人が住んでいる訳がないとタカをくくっていたが、その2倍は山奥にあった。
途中でかむろば村のロケ地は「ここか?」と思った所が全然別な集落だったが、それはそれで僕的には違ってもここでも「いいじゃん。」な山村風景があった。



柳津町久保田

    タケちゃんの住むかむろば集落のまわりは山に二重三重と囲まれている。


そこで地元のオジサンに道を聞くとこの裏山の道を5kmばかり走れば行けるよと教わって車を走らせるも、あの人はひょっとしてムジナだったのではと疑えるくらいの寂しい山道になった。

かむろば村(三島町川井集落)


心細さでかナビがあっても僕の方向感覚はおかしくなり、誰もいない山道で止まりナビを確認しつつもぐるぐる、ぐねぐねと車を走らせてなんとかの到着だった。
途中で熊が出るかもと熊除けに、誰もいない山道で何度もクラクションを鳴らしながら走った、途中ビビってか小便がしたくなり車を降りたが、
当然、カーステレオを誰もいない山道でガンガンと響かせたのだった。


「ジヌよさらば」予告・・・・・・・・・予告ですが、画質に文句を言わなければ無料動画で観れます、希望の方にお教えしますが、操作が慣れないと面倒なのですが、
それでも自分で何とかやってみるから良いという方にリンクをお教えします、ちなみに僕はそこで3度観てます。


紆余曲折、でありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ 農ある「かむろば村」は爪隠す

かむろば村集落




かむろば村の外灯




山村の外灯

二重三重と山に360度囲まれていた、車で自分走ってきならがら「良く来たものだ。」しげしげと周りの山を眺めた。

昨日登場した限界集落のジイサンと話しで除雪車も来ないような山村なので「家には自家用除雪機があるです。」と言った。
だから「除雪は自分やるしかないでしょう。」と、そして一人住まいのバアサンの家とかも除雪してやるのだと言った。
僕はその親切心というか優しさのご近所付き合いに「うひゃー。」と感嘆した。


かむろば村


そんなジイサンに「見てみる?」と車庫というか納屋に案内され自家用除雪機を見て歩道用の小型除雪機かと思っていたが、
それよりひと回りは大きかったのにびっくり、その大きさがここの雪の多さを連想させた。

その納屋にはその自家用除雪機の他に、トラクター、田植え機、稲刈り機、米乾燥機、精米機、コメの貯蔵庫とコンプリートされた農機具の光景を見てどこが限界集落なんだと思った。


能ある鷹は爪を隠す、ありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ かむらば村畑風景(柳津町久保田)

かむろば村の畑




熊注意とカーブミラー




かむろばの道



ここかむろば村(映画ロケ地=柳津町久保田)で地元のジイサンと話をしていて、「ここは標高400mくらいだからねえ。」と言われた。

「400mですか?」と僕がいうと地元のジイサンは、「今のナビは標高まで出るからねえ。」と、言った ('◇') !!
僕の車にナビは着いていても標高mなんて出ない、数年前出来た道も載ってないようなナビだけに、限界集落のジイサンに言われた「今のナビは・・・・」の一言は複雑なショックだった。


論語読みの論語知らず で、ありがとうございます。
Category: 福島・情景  

◇ かむろば村でいい時間を過ごす

かむろば村




柳津町久保田


恒例の年末の会津美里町の法用寺詣りでもと、その前に柳津町、うまく行けば山越えすれば会津美里町に出るじゃないかと良い所取りの計画を画策、
そしてちょっとばかり寄るつもりの「かむろば村」だった。
そこへはナビがあっても一発では行けなかった、帰りにはナビがなかったら着いても帰って来れたかどうかのそんな場所だった。



かむろば村の畑



正月早々に「しかし」なんて言葉を使いたくないのだけれども、しかし、ほぼ工程はセンターラインもない山道、くねくねと90度があたり、160度カーブ、上ったり下ったりしていると、
「ここじゃね?」と山村の長閑かな風景があった、その光景はこれまでは僕は「山村よりも断然漁村でしょう。」派だったが、その考えはひっくり返り、
「こんな凄い所があったのか。」と考えが改まった。
そして車を止めては眺め、眺めては撮影、撮影してはちょっと移動すると、また眺め、撮影、移動の繰り返しとワクワクドキドキの風景だったが、
さらに、そしてそこから奥へ奥へと入っていくと「かむろば村」があった。

そんな訳で、「ちょっと」のつもりが滞在時間も長くなってきて今日はここで完了するべえとなっ。
後で、そんな魅力と興奮を地元のジイサンに話したら「ここは限界集落だからえね。」と言われた。


隣りの花は赤い、で、今年もありがとうございます。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >