FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 08 2015

Category: 日記・情景  

◆ ゴースト・ファクトリー

煉瓦建物




工場の屋根

ずっと稼働していない、沼垂の石油工場、当然人の姿なんて見たことがない、だからって入れるものではないが。
初めて見た時は、門は開き、左の建物には警備員さんがいたような記憶もある、そんな光景を思い出すと目の前の人の気配は感じない光景が、
これはゴースト・タウンならぬゴーズト・ファクトリーとでもいうのだろうかと妙に寂しい風景に見えた。


JX日鉱日石エネルギー工場




青空と飛行機


そして今回行くと鉄格子の門には「工場取り壊し」予告看板があった、「ついにここもか。」消えてしまう風景がまた一つ増えた。

ちなみに、赤い煙突は製紙会社のもので現在はしっかり稼働中。。。

そして本日で8月が終わり夏も終わったなと感じる日。

とある新潟市の小学校グランド

何事も来るまでは長いけれども行ってしまうのは、早いんだよねえ。



Category: 日記・情景  

◆ 沼垂東、祭囃子が遠くで聞こえた日

沼垂定住記念碑前




朗小路の家


お祭りの出番を控えたドラえもんの山車を前に眺めていると、僕のカメラを見てなのか「カメラマンですか?祭りを撮りに来なさった?」と町のオバチャンに言われた。
僕は手を振りながら「ただの趣味で~。」と答えた、正直祭りはどうでも良かった、むしろ普段の沼垂風景を撮りに来たのにお祭りで雰囲気が町の変わり何かガッカリ、などとは言えず、
「ほ~、なかなかの山車ですねえ。」と答えると、「後ろもすごいんですよ。」と言われ、僕は後ろまでまわり「ほ~。」と答えた頃、どこからやって来たオジサンに、
「扉が開くんだよ。」と言われて、なるほどそれはドラえもんの「どこでもドア」を題材にした山車だった。
それが分かったら「京都行きてえなあ。」と思った、そして「どこでもドア」の山車をしげしげと見たのだった。





Category: 日記・情景  

◆ 夏空・・・・偽りの残暑

寺町のトタンの家




トタン屋根




子安大師


麦わら帽子をかぶり、こんな空を見ながら立ち止まっては「暑いなあ。」汗をふく、そんな光景を長い冬にイメージする、太陽の拝める日が少ないので
毎年早く来ないものかと「夏」を思う。
そして本番の夏の8月のはずなのだが、ここの所涼しい。僕は正直言ってまだまだ夏を感じ足りていないので「もうちょっと太陽を浴びさせてくれ~。」と思うだけれども、
人に会うごとに「涼しくなったねえ。」なんて言われると、「オレはもっと夏が欲しいんだ。」と心の奥で気持を抑えつつ、「ホントですなあ。」とニコッと笑い偽っている自分が嫌である。





Category: 日記・情景  

◆ 沼垂東寺町、トタン屋根の屋根の上

3C8A0675ss27.jpg




3C8A0677ss27.jpg


「なんじゃこりゃあ?!」と時に電線は写真を撮るのに邪魔だと感じることもあるけれど、でもそれは自然風景だったらである、、、、僕の場合。
街風景撮りがメインな僕としては、そんな邪魔な電線も風景の一部、かえってない方が「不・自・然」なのかもしれない。


Category: 日記・情景  

◆ 沼垂、旧寺町踏切

旧寺町踏切




旧貨物線


いつもの沼垂東の寺町を歩いた、遠くで何だかたどたどしいような祭り囃子の太鼓の音が響いてた。徐々にこちらへと近づいてくるような音なんだけれども中々に近づいては来ない。
とは云え、こんな感じで遠くから聞こえてくる祭り囃子の音が実は僕は好きである、「もうそんな季節かあ」と気づかせ、遠くからその現場をどんなだろう想像させる。

歩いて行くと町内の山車置き場へに着いた、そこで小学生くらいの男の子が太鼓を叩いていた、周りでは数人大人が夜の本番を前に家いるよりはいいだろう的に、
はしゃぐ心を抑えるようにというか、集まって軽く”打ち合わせ”の宴会をやっていた。
「どうだい一杯!」と振る舞い酒でも出るかと僕は期待したが、出・な・かっ・た。


Category: 日記・情景  

◆ 沼垂、あっという間の猫物語

東新潟沼垂公衆市場の猫




沼垂公衆市場の猫

一瞬だった。ぶらぶら歩ている僕の視界に急に入ってきて、そこを横切ろうとしたキジネコさん。
一旦止まってこちらを見る猫行動パターンはまったくなし、僕のことなんてまったく眼中になし、「猫まっしぐら!」だった。
かえってどこへ行くのか僕の方が気になった。
やがてキジネコさんは中をうかがうようにシャッターを前にして座った、「そんな所、座っても何もねえだろう。」と僕は思ったとたんに猫は消えた。

立てかけた木製パレットの後ろのシャッターが猫の出入り口の隙間なのか、開いていた。


Category: 山形・情景  

◆「 行くぜ、東北。」 山形編

JR東日本の「行くぜ、東北。」CMポスター風にと遊んでみた山形編、笑ってやってください、そして鉄道の雰囲気が伝われば幸甚であります。

釜淵駅

JR奥羽本線「釜淵(かまぶち)」駅 二両編成電車「秋田行き、発車~!」


真室川駅

JR奥羽本線「真室川(まむろがわ)」駅  駅を前にすると”わたしゃ 真室川の~ 梅の花~♪、ハァ、ヨイヨイ”とついつい僕の口から出た。


釜淵駅のひまわり

JR奥羽本線「釜淵(かまぶち)」駅  たくさん咲いているのも良いけれど、目立ってないけれど文句も言わず、”私、頑張ってる。”と地道なこんな風景が僕はやっぱり好き。


羽前前波駅

JR陸羽西線(奥の細道最上川ライン)「羽前前波(うぜんぜんなみ)」駅  ずっと一直線、トンネル先まで一直線、上りも下りも一直線。



最上駅

JR陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)「最上」駅 「快速リゾートみのり 仙台行き発車します~!」


瀬見温泉駅

JR陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)「瀬見温線(せみおんせん)」駅の構内踏切と島式ホーム。 ここに到着すると選挙カースタッフがトイレ休憩中、駅はみんなの駅になっていた。


神町駅

JR山形線(奥羽本線)「神町(じんまち)」駅 同じ奥羽本線でも福島↔新庄間を通常「山形線」という、その間の山形↔天童↔新庄間は無人駅でも乗客は目立った、ここも無人駅。


乱川駅

JR山形線(奥羽本線)「乱川(みだれがわ)」駅  ただの無人駅だけれども僕にとっては山形県の駅撮りの一番最後に残った駅でもあり、
またこの時、明るいうちになんとか到着をと駅をめざし陽の沈む夕暮れとの争いにもなった思い出の駅。


【参考まで】・・・飛ばしてOK
山形県の鉄道は極端に云うと「丼」の字に走っている、上横線が、JR陸羽東線、西線、別名(奥の細湯けむりラインと、奥の細道最上川ライン)、下線がJR米坂線、少し上にずれJR仙山線、
そして縦線が日本海側を走るJR羽越本線と山の盆地部を走る奥羽本線になる。
真ん中の点が、山形駅から寒河江方面(終点・左沢駅)を走るJR左沢線(あてらざわせん)。
後はプラス第三セクターの赤湯~長井~荒砥(あらと)駅を走るフラワー長井線がある。

そして我が新潟市から山形県で一番遠い位置にある及位駅(のぞき)、と分水嶺のある堺田駅に着くと、「ここまで来たぜ~。」と感激しつつも、ここままできたら欲をかくようについでに
隣の県もちらりと片足でも突っ込むかと、そしてナビの「秋田県に入りました。」、「宮城県に入りました。」の案内の声に運転しながらバンザイであった \(^o^)/。


Category: 日記・情景  

◆ 松浜本町商店街を横切る

松浜本町商店街




松浜本町商店街の路地


銭湯の煙突をめざして銭湯の入口は歩いてみるも見つからず、見落としたかともうひと回りするもやっぱり見つからなかった、銭湯だって客商売、
煙突があっても目立たないのでは意味がない、こうやって見つけられないのはもうやってないのだと、考えつつ歩いているまっすぐの風景が気になってきて
商店街の通りを横切り路地へとまた入っていった。
その間ずっと「邪魔だなあ、早くずれよ。」と思っていた車に近づくが運転席に人は乗っていたがずっと止まったままだった。



夏の空

止まったままの車の中で何をしているのだろう、人待ち? 結局はわからんかった。


Category: 日記・情景  

◆ 松浜本町3丁目の高台から見下ろす

松浜本町3丁目の坂道




松浜本町3丁目のぐるり坂




松浜本町3丁目


ここ松浜の高台に上がって風景を眺めていると、やっぱり正面に見えた煙突が気になった。
たぶんそれは銭湯のものだろうとは推測できたが、「ここにもまだ残っていたんだ。」と、後で坂を下りて松浜の通りを歩いた時に行ってみるかと思って行ったのだが、
煙突はどこからも見えるので場所が「ここかな?」と大方の特定はすぐできたが、しかし煙突はあってもそれらしき銭湯の入口を見つけれらず煙突の見える範囲でぐるりと
1周してみたが結局見つけられずであった。なので実際営業しているのかわからなかった。

とはいえ、こうやって地上の風景が見渡せる場所ってのは、見えている場所が実際はどんな所か想像を掻き立てるのか僕は好きはである。

有料観覧席


そして阿賀野川の河川敷、花火見物で一番良い場所は有料観覧席、しかしさ素晴らしくって綺麗なのだけれども上ばかり見ていて首疲れますよねえ。
もっとも寝っころがればいいのだけれども、混んでたら無理 (笑)




そして話は変わるが、、、、これを観るとギバちゃんが好きになるかも(笑)

LOTO7「話は変わる」篇ほか






Category: 日記・情景  

◆ 松浜本町3丁目

松浜本町3丁目太子堂前




松浜本町3丁目

毎年8月25日はここ新潟市北区松浜の「ござれや花火大会」、阿賀野川打ち上げ場近くの河川敷は2週間も前から「場所取り」が始まっていた、
でもひょっとしたら8月入ってからかもしれない、そのくらい観覧場所の確保は大変ってことだろう。
以前にこの辺りの高台から見ていて「(河川敷だけでなく)なるほど、ここもありでしょう。」と花火を見ていたことがあったが、ここは「花火見物のマル秘ポイントだなあ。」と感じつつも
ひょっとしたらもっとベストなポイントがあるのかもと暗い夜道を花火を見上げなら歩き回った記憶がある。


松浜本町3丁目の稲荷神社前


夜歩いて「こんな所か。」と思ってたけど、後で昼間に行ってみるとイメージと全然違った、ここなら思った所が人様の敷地だったり、ここも思っていたのが足場が悪かったり
昼間しっている地元人は絶対有利だなあと思った。



Category: 日記・情景  

◆ 松浜の高台へ登る

松浜の二股の道

高台にある松浜稲荷神社へと行った、車は阿賀野川の土手にとめて歩いた行った。
坂を登っていく途中で、「どっちに行ったら?」と二股に分かれ道、迷うというか、どちらかに選んで進むのは簡単だが、それすらもったいぶるような僕にとっての嬉しい選択だった。


松浜の坂道を登る

実際、両方の路地へ数歩あるいてはその先の様子を見て戻り、また片方もどうように様子見、「どっちがいいかなあ。」と、そしてその先にはどんなになっているのだろうかと、
ついでにこの嬉しさを「撮影するべえ。」とカメラを構えたが、路地は狭くこれ以上撮影のための僕立ち位置は後ろへは下がれなかった。


松浜と阿賀野川


そして右へと選び坂を登って見つけた光景があった、、、、これだって始めに目に飛び込んできた時「おっ!」と感じつつも美味しいもの後、10mくらい進んで、
こんなものかとわかると、戻って”美味しいもの”に取り掛かった(笑)


PCが新しく変わってから頭を悩ませあきらめていた、メールデータが復活した、数年前からのあの人、この人、彼、彼女からのメール、写真の復活だった バンザイ \(^o^)/

これでPCが壊れたら無理かと思っていたデータ、画像は元より、音楽、メール、ブラウザのお気に入り、等々、、、、もとのPCに近づきつつある。


Category: 日記・情景  

◆ 駅まわりをして分水嶺を見る

JR奥羽本線 秋田県院内駅


駅撮りで、地元新潟県の駅を全部撮り、そして2県目の駅制覇が山形県。
それも新潟からは山形県の遠い県境なのど位置の駅ばかり残っていた、ついでながらとその隣の県の駅もと、新潟県から山形県に入り、一度県境越え秋田県へ出て、
そこから今度は宮城県へ、宮城県からはJR陸羽東線(奥の細道湯けむりライン)に沿って山形県の駅へと戻るようにまわった。


鳴子御殿湯駅




鳴子温泉駅




鳴子温泉駅前ご利益小道


しかし、山形県では暑いくらいの夏空、秋田に入った時も同様だったが、宮城県の鳴子温泉郷に近づいて来ると曇っており、空は重そうに暗いなあとと思っていたらパラパラと雨が降ってきた。

「まずいなあ。」とここまで来て中止か雨天決行かと考えつつ国道47号線を山形県に向かって走っていくと、また空は晴れて夏空で暑くなった、
「あら?(鳴子あたり)あそこだけ。」と思った時に、なるほど山でもあり、あそこは入道雲の下だったんだとわかった。
いつもは「夏だなあ」と遠くから見る入道雲もその下は、雲が厚くともすると雨だったりするのかと当たり前なことに気が付いた。

堺田駅




分水嶺




堺田の分水嶺


積乱雲を抜け山形県に入った「堺田駅」前に分水嶺があった。
行くまでは「分水嶺」という名前は聞いたことあるよ~程度でもあり、さして興味わかなかったが、小川が右と左へと分かれて流れいるのを見て「これが分水嶺かあ。」と実感。
日本海と太平洋へ水が流れていくここが堺目なのかと見ていて”ここで小便でもしたら。”僕のおしっこは日本海と太平洋に分かれるのかと考えたが、
さすがに実行には移せなかった。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >