FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 06 2015

Category: 日記・情景  

◆ 梅雨空晴れて 

新潟西港突堤付け根とチャリ




新潟西港とJAL飛行機


休日のお天気予報見ていて”期待できないな”と思いつつも、ひょっとしてギリギリ前日まで天気予報を見ても「 雨 ☂ 」だった。
「あーあ。」と思いつつも梅雨だしなあとあきらめていたので、当日ゆっくり寝いて目を覚ますと外が明るい?青空と太陽が出ていた。
「なんじゃ、こりゃあ。。。。」と青空を見ても笑うに笑えず、こんなになるならもっと早起きしたのにと、ちょっとイラついた。


ハマアサガオ


だったら出掛けるかと家を出ると雲が厚くなってきてフロントガラスにはぽつりぽつりと水滴、またも「なんじゃ、これ。」だった。
小雨ならまだ良いかと我慢していたが本格的に降り始め「天気予報は大当たりだな。」とあきらめて家に帰り、今日はふて宴会じゃと飲み始めると、
雨が止み、空が明るく、雲だってフォトジェニックな雲、またまた「なんじゃ、これ。」だった。

しょうがないよね、梅雨時だもの。 みつを

なので、撮ったもと、記事、日時は一致はしていない。


日課の夜のウォーキング中に「あれ?」っと発見、数日前に西の空にあった1等星と2等星の間隔が狭まっていた。
このままではくっつくのではと思ったら、ひょっとして七夕「彦星と織姫星」なのかと、オヤジになってその星の発見に気づいたがばかりか、
もう10年も夜歩いているのに気がつかなかったオレだった (/□≦、) ☆彡


Category: 日記・情景  

◆ ひび割れた日々

海辺の埋め立てられたところ




On the Mud.

干ばつなので水辺がカラカラになり池の底が現れ、ヒビ割れ・地割れを映像や写真で見ることがある、そして凄いなあと感じつつ、見てみたい撮ってみたいと思ってくるのだけれど、
そんな場面は身の回りではありそうでないものである、だからかそんな事すら忘れこんな光景を目にしても「これだ!」と気がつくのに僕は時間がかかった。
後から「そうだ、そうだ、これ、これを撮らねば。」と気づいてから遠くから眺めていたがやっぱりこの地割れの”ヒビ”を撮らねばと近づいた。


ひび割れ




海辺町のひび割れ


ひび割れた地面に上がると、それは固まりきれてなく柔めの羊羹の上に乗ったようで油断したらずぼーと靴がぬかっていくようだった。
そして「これだで、これ。」とカメラを向けている間中は、泥のきつい臭いが漂い臭かった。
のんびり撮ってたら衣服に臭いがつき、そのままではどこへも行けなそうだったので、もっとひび割れを撮りたいと思う気持ちとは裏はらにして退散した。

そして実はここは、埋めたてられた海辺なのである。


Category: 日記・情景  

◆ 村上市 石船(いわふね)神社の石垣

穴だらけの石




穴だらけの石垣




村上・岩船神社


村上市の石船神社(いわふねじんじゃ)に初めて参拝した時に、参道脇の石垣の石々に無数の穴が空いているのが気になった。
「なんだろう?」と考えたが答えは出なかったが、それは神社、宗教などとは無関係で、こんな石のある所がきっとどこかにあってそこから運んで来たのだろうくらいはわかったが、
とはいえ自分の周りではまず見たことがないし、あちこち出けているがこんな穴だらけの石はやっぱり見掛けた記憶もなく、「なんだろう?」だった。
幸いというか偶然宮司さんがおられたので聞いてみると、神社周りには石がないので海から引き上げたものだという、だから軽石のような穴は、海の波による侵食だといわんばかりで
そんなことはみんな知ってるよ的に何でそんな事が不思議なんだとおかしげな顔をしながら説明してくれたのを思い出す。

ついでにここは新潟平野の北と端というか始まりであり高台にある、神社の正面からずーーーーと平地が上越まで続くのである。

お詫び、石船神社と書いていわふねじんじゃと読むのですが、わかっていながら間違っておりました ミ(ノ_ _)ノ=3 スイマセン



Category: 日記・情景  

◆ 桃崎浜で海を見る人

桃崎浜のボート




桃崎浜



桃崎浜沖


写真を撮っていて、ふと気がつくと目の前をお巡りさんが通っていった。
巡回パトロールだろうか、海、沖を見るように防潮堤を歩いて行った、当然「僕」を見たと思うのだが、お巡りさんが通り過ぎてから僕が後で気づいたくらいだから、
当然僕の存在は認識されていたはず。

カメラが趣味なり、あちこち出掛けると気になる看板「不審者注意!」、「不審者を見たら110番」、何もない所をカメラを下げてぶらぶら歩いている僕の存在は、
ひょっとして「それ!」じゃないだろうか、、、、、と思う事もある。
あちこちですれ違うお巡りさんに声を掛けられないのは、しっかり「あんたは不審者じゃないよ。」と認めてくれているってことなのだろうか。

それとも見えていないのかも、だったらそれもちと寂しい、今度は黒い毛糸帽子かぶり、サングラスをして、地味な服装でキョロキョロしていようか、
そして背中に唐草模様の風呂敷包み。


Category: 日記・情景  

◆ いつもの桃崎浜 

桃崎浜の番小屋




浜ゆう




青いボート


とりわけて何がある訳でもないが何なんだろうなあ、カメラを持ってここへ来ると落ち着く。
僕の写真領域での「被写体のふるさと」とでも云うのだろうか、「帰ってきたよ。」というような気分になり、らっくりと落ち着く。

そんな桃崎浜でも季節も良くなり釣り人姿が増えてきた、でも見るからに家族レジャーでの釣り、お父さんと子供、ともすればお母さんが釣り竿を持ち、
何か釣ったら今晩のおかずにってパターンが想像される釣りの光景、でも僕が見ている間は何も釣れていないし、子供たちの様子からも釣り竿を持つよりも
砂浜ではしゃいでいるのを見ると、それからも釣れてないとわかった。

僕もカメラでなく釣り竿だけを持ってここに来たら、たぶん懐郷の念はどこへやら、そして釣れずに飽きてくるとやっぱり「カメラを持ってくればよかったなあ。」と思うはずである。


Category: 日記・情景  

◆ 弥彦散策

諏訪の木小路




諏訪の木小路・成沢商店

弥彦駅前に車を駐車してあちこちとまわる、駅前通りを歩いていると視界がこんなに広かったっけ?と観光ホテルがなくなっていた、大きい建物だっが何もなく更地、
見えかった向こうが見えているのである、「あじゃあ。」と口をあんぐり (゜д゜)

弥彦へもずっと来ていないってことなんだ。

弥彦神社本殿前





弥彦神社の狛犬、、、、、ゴジラ?




聖人清水

ともかくも目的の「弥彦駅」の撮影をした、お天気も快晴だったのでまあ良いのが撮れ、グーグル・マップへ投稿すると瞬く間に表示回数が増えていった。
今は止まったような状態だが1ヶ月で表示回数は26000回、だからって写真が上手いとか下手とか全く関係ない!良い具合に投稿出来たというだけの事。
だから表示回数がゼロだの50回なんてもある。
今、そんな投稿のためあちこちを撮り投稿して「にゃん太郎の世界征服」の野望を目指している Ψ( =`▽´= )Ψウケケケ♪、、、、、つうか、その道はまだまだ果てしなく遠いのだけれども。


弥彦線弥彦駅


Category: 情景・モノクロ  

◆ 海岸線沿道のパチンコ屋

国道7号線沿道のパチンコ屋




パチンコ屋ホール解体


山形県からの帰り、県境を越え新潟に入り海岸線の国道を走ると
目印になっていたようなそこにあったパチンコ屋がなくなっていた。


パチンコ屋ホールの跡


その代わりに無残に骨組みが、、、、、、、うむ、これか?! こうなったの?
疑問を感じつつ一度通り過ぎてはまた戻り、これが最後だからなと。
日曜日であり、工事現場は誰もいない、まさに撮影好日になった。


Category: 山形・情景  

◆ 鶴岡市小波渡にて

小波渡




オミジャ(御水屋)前の消防器具庫




皇大神社と東福寺の参道




小波渡の路地の止まれ注意

鶴岡市の小波渡(こばと)、海辺を走る国道7号線から一歩入るとこんな風景ある、小さい集落だが、大通りにとんでもない細い家と家の間も歩いて約2時間くらいはぶらぶら出来た。

時にすれ違う住民と「こんにちは」と声かけたり、頭を下げて挨拶したが、小波渡駅で僕と同じように県外ナンバーの車でやって来て駅の撮影していた人もいた。
いわば駅撮りの僕の同業者のようなもんである。


小波渡駅上りあつみ温泉行き




小波渡の漁港入口


僕を見てお互いに同じよう趣味だとわかったろうに、通常なら目線とか挨拶や、時に「どこから?」などの話になりそうなのだが、目線も無視するような素振りですれ違って行こうしたが、
僕が「こんにちは」と云うと挨拶は返しただけ、ここ小波渡の住民の人たちの挨拶よりも感情が感じられなかった、それが20代なら僕はなんとも思わなかったが、
見かけは僕と同年くらい、僕は「良い年こいてさあ、挨拶も出来んのかよ。」と思ったが、人生色々、人もそれぞれ、鉄道だってその人の鉄道があるってもんだと気がつかされた。
が、その人の撮った写真がとんでもなくダメダメな出来であって欲しいと思った。


ちなみに説明すると、1枚目の背後には2枚目の赤い扉の消防器具庫になる、その右脇を通っていくと裏は小さいラーメン屋で、その脇の路地を入って行くと
4枚目の足跡のところにすぐ出たので、これでは探検にならんとまた集落にもぐるようにバックしてぶらぶらすると3枚目の奥から出てくる。
1枚目の奥に数十m行くと6枚目の青い燃料貯蔵所の前へ、そしてその先へと行くと小波渡の集落から国道7号線へと出る。


Category: 日記・情景  

◆ 小岩川漁港にて

小岩川漁港




小岩川漁港の陽炎を狙ったがダメだった。




小岩川漁港のサンダルのある風景




小岩川の路地


小岩川を素通りして帰るつもりだったが、陽が伸びてきているので寄り道もありかなと、国道7号線からハンドル左にまわしたが
でも、寄り道した所で「何を撮る。」って目標もなくただ漁港をブラついた。


羽越本線を抜けた山間の入口




山の畑風景


ここは漁港でもあるが線路(羽越本線)を越えるとその向こうは山になる、行ってみたが何もなかったので引き返したがその時に、山の坂の上で農作業する光景が目に入った。
この矢印の先 写真の上から3分の1くらいにケツを向けた光景があるのだが見えるかどうか  ↑

多分お年寄りだろう、あんな所に、登るだけでも大変なのにそこから農作業、水だってともすれが下から汲んで登って水撒き、油断したら転げ落ないとも限らない、
「俺にはできんなあ。」と眺めていると、バイクに乗ったオジサンが目の前に止まり「なんか撮るもんあったかい。」と言われ「探しつつぶらぶらしてますわ。」と答えつつ
気になった山の畑作業のことを聞いた、「あんな所に畑仕事は大変そうですねえ。」というと「年寄りの趣味みたいなもんで、みんな80過ぎだよ、あのバーさんはまだだけど。」と僕を驚かすようなことを云った。
「えーーー。」だった、、、、「なおさらに俺には無理ーーー。」。


Category: 山形・情景  

◆ ホテル雷屋のある波渡崎風景

波渡崎漁港




雷屋裏の波渡崎


ホテル雷屋のフロント入口のある階というか屋上階というかともかく地上階からホテル裏を眺めると堅苔沢漁港あり、そしてさすが釣りり王国山形・庄内だと感じるくらいに
漁港にはあちこちに釣り人の姿あった。


雷屋脇の避難階段




避難階段から見る波渡崎漁港




ホテル雷屋脇




雷屋展望から見た避難階段


車で漁港にまわってみると釣り人の脇で漁師のジイさんとバアさんが網を繕っていた、それもジイさんは正座してやっていた、バアさんは普通に尻を付いて作業、
ジイさんは何ゆえに正座なのかわからないが、その傍らでは息子なのだろう漁具の整理をしていた。普段食べている魚にも見えないこんな手間があるんだと思ったが、
そのまた脇には全く関係ないだろう家族が釣りをしていた、「それってちょっと邪魔じゃねえのか。」とでも家族レベルの釣りはそんなもんだなと、しっかり大物狙いの釣り人は、
落ちたら大変じゃなかろうあと、そんな危なっかしい所での釣りだった。


留棹庵(りゅうとうあん)島




堅苔沢漁港


堅苔沢漁港沖に浮かぶひょっこりひょうたん島のような留棹庵(りゅうとうあん)島、小さく見えるが人の姿は4人見える。




Category: 山形・情景  

◆ プチ廃墟探検 ホテル雷屋

ホテル雷屋展望ビュー




ホテル雷屋フロント入口




ホテル雷屋の裏

国道7号線を北上して新潟県と山形県の県境を越え暫く走って行くと海辺のこのホテルが目に入る。
「そうそう雷屋があったな。」と頭の中に出来た山形鶴岡方面ルートのイメージの光景の一箇所であり、また印象も強い。
しかし、いつしか閉店したかと思っていたら、今は廃墟化している、僕の記憶の中ではホテルの前に数台の車が停まっている印象がしっかりある。


入口前




バルコニーにて




廃墟となったホテル雷屋


タイトルでは探検だなんて云っているが、実際には中には入れないので表から中を覗くだけ。
だけれど入口脇の展望台から風景だけでも見る甲斐があった。



Category: 山形・情景  

◆ 小波渡駅裏の風景 kobato

小波渡駅裏の山




小波渡駅裏




小波渡駅裏の畑風景


お気に入りの駅JR羽越本線「小波渡駅」の駅裏の山に登った。
小波渡駅は対面ホームであり、下り方面は海側にあり駅舎本来の出入口になるのだが、反対側の上り方面のホームは山側にありそのホームの裏はすぐ山になる、
そしてその山には畑があったのはわかっていたが、駅ホームの裏には「クマ出没注意」の立札があったのでチキンの僕は、「なんだかなあ。」とホームのそこで足が止まっていたのだが、
初めて裏山に登った、そこは下から見えなかった風景に「ここ」、「ここも」と撮りながらも背後も注意を怠らなかった。

その反面、駅を通り抜けて行く畑の存在と、その山ゆえに急坂登ってまで開墾された畑風景に人間の凄さを感じたのだった。



12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >