FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 06 2013

Category: 日記・情景  

◆ 新潟市・フレッシュ本町市場あたり

梅屋小路



本町市場


やっぱり、この日は空が主役のようで、あちこち行っても空にばかり目が行った、梅雨だというのに儲けものようなお天気であった。




最近写真編集ソフトLightroomの動きが遅くなったので、暑いくなったしPCの動きだって遅くはなるだろうと思いつつも、中をのぞくと綿ぼこりがうっすら貯まっているのも見えたら、気になってきて遂にはカバーを開けて掃除をした。

CPUのファンがホコリだからけで、思っていた以上にホコリが溜っていてブラシとエアスプレイと、掃除機で掃いたり、吹き飛ばしたり、吸い込んだり、何とかきれいした。

お陰で速度も速くなったような気がしてきて、ついでに写真データも、外付けHDDに移行とPC内データの断舎利をした。



Category: 日記・情景  

◆ 今日もシブい扉に会う

青い扉



白い塀に青い扉のある風景



お気に入りの扉


ここを通ると ”これを撮らねば ”、”これを見て行かなければ ”というのが僕にはある。

いつも同じものを見ていて飽きないのかと問われると「飽きない」のである。
それらは、いつもと同じ時もあるし、違って見えることもある、そして「やっぱ、ええなあ。」と眺めてはニンマリする。

この扉は、長年かかって出来た”ネンキ”のようような色、艶、錆、表面の傷、そこに写る電線の影などが相まって現代アートでもあるようでさえ思えてくる。

けれども、それらが突然なくなっていることもある、その時は、あるべきはずの柱を取っ払らわれたような、ココロに穴がぽっっかりと開いたように感じるのだが、
でも頭を切り替えてポジティブに「オレは何度も撮っていたんだし。」と安堵するのである。

でも、今度はこの扉が開いたら何が見えるのかだな。



Category: 日記・情景  

◆ 梅雨、晴れた日の廃虚風景

旧沼垂駅辺り



旧沼垂駅操作場


梅雨の晴れ間、「この空いいじゃないか。」と街を歩き、撮り飽きてもまだ空は明るい、「いいなあ。」この陽の長さはと思いつつ、
だったらあそこも行っていみようかと沼垂の廃虚へと行ってみた。

石油タンクは空、線路のない枕木と電柱、廃虚と云っていいのかどうかだが、そんな風景、梅雨の晴れ間に行ってみた。


Category: 日記・情景  

◆ さらば青春の光

シャトービル



坂内小路

「さらば青春の光」なんてカッコいいタイトルの映画があったが、時期的は、そんな光の季節が始まったばかり、、、、、

青春には光が必要だよなあと、僕はもうオジサンだしとちょっと寂しく「さらば青春だよなあ。」となってくる、時々通学の光景で男の子と女の子の学生さんが、
うれし恥ずかしそうに並んで歩く光景を見ると「青春だなあ~」と思ってしまうのである。

そんなおじさんの僕は、うれし恥ずかしの青春こそないかもしんないが、光だけはこんなのを求めているのであった。

ちなみに、「さらば青春の光」はDVDで持っているが、いまだ未開封、それも何年前にどこで買ったのかのかも覚えていない、
さらば「さらば青春の光」ならぬ「さらば僕の記憶」であった。



Category: 日記・情景  

◆ 路地へと差し込む光。

路地



路地と自転車



路地に当たる光

この数日、山の方を望むと大きくモクモクしなった入道雲が、青空に下で白さが映えている。

もう季節は夏なんだけれども、遠く山の上でそんな白い雲を見ると「夏だなあ。」と感じるのである。

そして街の裏通りなど歩くと光が差し込んでいて、冬の柔らな光ではなく光線のキツイ日差しが路地へと照らしてていた、
僕はそんな光をあちこち確認するように歩きながら路地をのぞいた。


Category: 日記・情景  

◆ 日曜日の思い出掘り起こし

古町



古町



下古町


町内会の仕事で、アメシロ駆除の薬剤散布を手伝った。
朝の4時起きである、僕が駆除剤を撒く訳ではないが散布係の人が家々の庭へと入ってく後をホースが引っかかったり、どこかにからまないようにとホースを持ってついていく担当だった。

そして、ある家へと入っていくと墓があった。
「そうだった、小学校以来だ、そういえばここにあったなあ。」と、うん十年思い出すこともないことを思い出した。そして自宅の家の新築時に間借りしていた家もあった、嫌だなあと思っていた薬剤散布の手伝いが僕にとって”思い出起こし”となった。

これは映画「シネマパラダイス」に出てくる、主人公が久しぶりに帰った故郷の風景を見て「そんな思い出があった。」そんな感じだった、
そういえば子供頃は、どこだって、どこの小路、家にだって入って行けた、今同じことやったら、そらもう、やばいだろうが、
そんなDNAがオヤジになっても、街歩き、路地好きにとなっているのかもしれない。


Category: 日記・情景  

◆ ダラダラと無駄な町の歩きの方

下古町の猫



下古町の食堂

いつもは、街を歩く時はあそこ、ここと通りに沿ってタテにと効率よく歩いているのだが、この日は通りを横切り隣の通りへもと、ヨコの移動をしてダラダラと時間を掛けて同じ所を何度も通ったりした。
所要時間からしたら実に無駄のある歩き方だったが、気持ちのいい青空だったので、ダラダラと歩くのも気持ちが良かった。そんな時に突然、目の前を人物をバックにネコが横切ると、「今しかないだろう。」とネコさんにカメラを向けた。
バックの白衣のオバちゃんがいなかったら撮ってはいなかった。


Category: 日記・情景  

◆ 梅雨の晴れ間を歩く

西堀通りの青空




西堀通りのイタリア軒脇


家の車庫から車を出す際に右へ行くか左へ行くかで行き先が変わってくる。

本日、「どっちがいいかなあ。」と20秒くらいだろうか考えて左へと車を出した、出したとたんバックミラーで見るとそちらの方向に青空が見えた。
「失敗したなあ。」とバックミラーを見てちょっと後悔したが、左へと出した車の風景も徐々にこんな感じで青い空にと変わってきて、僕は「しめしめ!」と思わずにはいられなかった。



Category: 日記・情景  

◆ 雨の日は、不動尊へ

菅谷不動尊本堂のもみじ



菅谷不動尊の紅葉


カメラを始めて神社仏閣へと足を運ぶことが多くなった、とういか抵抗がなくなってきている。
カメラがあるので被写体としての神社仏閣もそうだけれども同時に参拝したり、境内の森・木々には日頃のあれやこれのストレスを忘れさせるような癒しがある。

みたらせの滝から後ろ向くと本堂の社務所のおじさんの後姿が見えた、境内には誰もおらず、このおじさんと僕だけになった、雨の土曜日午後3時頃だった。


Category: 日記・情景  

◆ 不動尊と田螺(たにし)

菅谷不動尊 龍と象



菅谷不動尊


新発田市の菅谷不動尊へ行った。本堂の脇のみたらせ滝にある六畳程の大きさの池の不動尊の像にひしゃくで水をくんで掛けるのだが、
この日、その池の石ころが全部田螺(タニシ)だったことに気がつく、池の底一面に黒い石で敷き詰められているのかと思っていたらよくよく見るとそれは、あそこもここも全部田螺だった、かがんで見ていたらイモリがその上を泳いでいた。

何度も来ていてそれなりにいるのは知っていたが、まさかに池の底一面は田螺だ、これには驚いた。

ちなみに、不動尊は眼病に霊験があるといわれ田螺は願い事があると、田螺を持ってきて池に放つのだという、眼病に悩む人が多いのか霊験あらたかなのだろうか、実は僕も目が良いほうではない。


Category: 日記・情景  

◆ とある駅のホームのはずれにて

時庭


駅舎も、屋根もホームだけの何もないような駅だった、けれどもホームのはずれにしっかり「この先はダメだと。」云わんばかりの行き止まりの柵があった。
何があるって訳でもなかったが立ってしばらく景色を眺めていた。

長井フラワー線 「時庭駅」、、、、実は駅舎立派のがあるのだが、集落の集会場になっていて、「公民館」兼「駅」になっている、
そんな建物の中を抜けて行くとホームへと出るだけの無人駅だった。



先日町内の寄合い会に参加、「にゃん太郎さんの隣に座ろうかと~」と数軒隣のおじさんが僕の隣に座った。
すると寄合い会の幹事さんが、
そのおじさんに「タバコ吸うよねえ~」と灰皿を置いて行った、「良かったあ。」とおじさんは云ったが、「僕は吸わねえんだよ!」とも云えず、
まあ仕方がねえなあと我慢したが、灰皿が置かれるなり、どれどれと一服、進行係の組長の話が面白くなくなると一服、「ちょっと!」と問題点を発言すると一服、
この人ヘビースモカーかよと思った。だいぶ灰皿は吸殻山盛りじゃね?とのぞくが数本しかなかっただ、

むっ!、おかしい?そんなはずはないと思っているとタバコにまた火をつけてプカプカ、スーである。またまたおかしい、
こんなにさっきからプカプカ吸っている割に吸殻が少ないのは食べている訳であるまいに、、、、、しばらくするとまたタバコに火をつけるのを見ると一度消して短くなったシケモクだった。

そうかあ、このオヤジは半分吸っては消し、しばらくしてまた火をつける、一本で2度おいしい作戦なんだと今日日タバコも400円越えているんだものなあと急に納得するが、家に帰ると服はお陰様で1本で2度おいしい作戦でタバコ臭くなっていた。

ちなみに、会場は、20数名、見ると喫煙者は3名だった。


Category: 日記・情景  

◆【駅シリーズ】今泉駅風景 JRとフラワー長井線乗り合い駅

今泉駅前



今泉駅


山形県長井市 今泉駅。
車まであちこちの駅をまわりながらここ到着した時は、空はこんな風に見えた、そして気温は30℃越えた「夏」だった。
そんな空をバックにして停まっている列車とホーム風景を見たら、撮らないではいられなくなった。


今泉駅


僕の趣味のひとつである、駅を撮ること。
時々そんな駅も今までブログに載せていたけれども今後は時々【駅シリーズ】として載せていくかもしれない。




12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >