FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 06 2013

Category: 日記・情景  

◆ 新潟市・フレッシュ本町市場あたり

梅屋小路



本町市場


やっぱり、この日は空が主役のようで、あちこち行っても空にばかり目が行った、梅雨だというのに儲けものようなお天気であった。




最近写真編集ソフトLightroomの動きが遅くなったので、暑いくなったしPCの動きだって遅くはなるだろうと思いつつも、中をのぞくと綿ぼこりがうっすら貯まっているのも見えたら、気になってきて遂にはカバーを開けて掃除をした。

CPUのファンがホコリだからけで、思っていた以上にホコリが溜っていてブラシとエアスプレイと、掃除機で掃いたり、吹き飛ばしたり、吸い込んだり、何とかきれいした。

お陰で速度も速くなったような気がしてきて、ついでに写真データも、外付けHDDに移行とPC内データの断舎利をした。



Category: 日記・情景  

◆ 今日もシブい扉に会う

青い扉



白い塀に青い扉のある風景



お気に入りの扉


ここを通ると ”これを撮らねば ”、”これを見て行かなければ ”というのが僕にはある。

いつも同じものを見ていて飽きないのかと問われると「飽きない」のである。
それらは、いつもと同じ時もあるし、違って見えることもある、そして「やっぱ、ええなあ。」と眺めてはニンマリする。

この扉は、長年かかって出来た”ネンキ”のようような色、艶、錆、表面の傷、そこに写る電線の影などが相まって現代アートでもあるようでさえ思えてくる。

けれども、それらが突然なくなっていることもある、その時は、あるべきはずの柱を取っ払らわれたような、ココロに穴がぽっっかりと開いたように感じるのだが、
でも頭を切り替えてポジティブに「オレは何度も撮っていたんだし。」と安堵するのである。

でも、今度はこの扉が開いたら何が見えるのかだな。



Category: 日記・情景  

◆ 梅雨、晴れた日の廃虚風景

旧沼垂駅辺り



旧沼垂駅操作場


梅雨の晴れ間、「この空いいじゃないか。」と街を歩き、撮り飽きてもまだ空は明るい、「いいなあ。」この陽の長さはと思いつつ、
だったらあそこも行っていみようかと沼垂の廃虚へと行ってみた。

石油タンクは空、線路のない枕木と電柱、廃虚と云っていいのかどうかだが、そんな風景、梅雨の晴れ間に行ってみた。


Category: 日記・情景  

◆ さらば青春の光

シャトービル



坂内小路

「さらば青春の光」なんてカッコいいタイトルの映画があったが、時期的は、そんな光の季節が始まったばかり、、、、、

青春には光が必要だよなあと、僕はもうオジサンだしとちょっと寂しく「さらば青春だよなあ。」となってくる、時々通学の光景で男の子と女の子の学生さんが、
うれし恥ずかしそうに並んで歩く光景を見ると「青春だなあ~」と思ってしまうのである。

そんなおじさんの僕は、うれし恥ずかしの青春こそないかもしんないが、光だけはこんなのを求めているのであった。

ちなみに、「さらば青春の光」はDVDで持っているが、いまだ未開封、それも何年前にどこで買ったのかのかも覚えていない、
さらば「さらば青春の光」ならぬ「さらば僕の記憶」であった。



Category: 日記・情景  

◆ 路地へと差し込む光。

路地



路地と自転車



路地に当たる光

この数日、山の方を望むと大きくモクモクしなった入道雲が、青空に下で白さが映えている。

もう季節は夏なんだけれども、遠く山の上でそんな白い雲を見ると「夏だなあ。」と感じるのである。

そして街の裏通りなど歩くと光が差し込んでいて、冬の柔らな光ではなく光線のキツイ日差しが路地へと照らしてていた、
僕はそんな光をあちこち確認するように歩きながら路地をのぞいた。


Category: 日記・情景  

◆ 日曜日の思い出掘り起こし

古町



古町



下古町


町内会の仕事で、アメシロ駆除の薬剤散布を手伝った。
朝の4時起きである、僕が駆除剤を撒く訳ではないが散布係の人が家々の庭へと入ってく後をホースが引っかかったり、どこかにからまないようにとホースを持ってついていく担当だった。

そして、ある家へと入っていくと墓があった。
「そうだった、小学校以来だ、そういえばここにあったなあ。」と、うん十年思い出すこともないことを思い出した。そして自宅の家の新築時に間借りしていた家もあった、嫌だなあと思っていた薬剤散布の手伝いが僕にとって”思い出起こし”となった。

これは映画「シネマパラダイス」に出てくる、主人公が久しぶりに帰った故郷の風景を見て「そんな思い出があった。」そんな感じだった、
そういえば子供頃は、どこだって、どこの小路、家にだって入って行けた、今同じことやったら、そらもう、やばいだろうが、
そんなDNAがオヤジになっても、街歩き、路地好きにとなっているのかもしれない。


Category: 日記・情景  

◆ ダラダラと無駄な町の歩きの方

下古町の猫



下古町の食堂

いつもは、街を歩く時はあそこ、ここと通りに沿ってタテにと効率よく歩いているのだが、この日は通りを横切り隣の通りへもと、ヨコの移動をしてダラダラと時間を掛けて同じ所を何度も通ったりした。
所要時間からしたら実に無駄のある歩き方だったが、気持ちのいい青空だったので、ダラダラと歩くのも気持ちが良かった。そんな時に突然、目の前を人物をバックにネコが横切ると、「今しかないだろう。」とネコさんにカメラを向けた。
バックの白衣のオバちゃんがいなかったら撮ってはいなかった。


Category: 日記・情景  

◆ 梅雨の晴れ間を歩く

西堀通りの青空




西堀通りのイタリア軒脇


家の車庫から車を出す際に右へ行くか左へ行くかで行き先が変わってくる。

本日、「どっちがいいかなあ。」と20秒くらいだろうか考えて左へと車を出した、出したとたんバックミラーで見るとそちらの方向に青空が見えた。
「失敗したなあ。」とバックミラーを見てちょっと後悔したが、左へと出した車の風景も徐々にこんな感じで青い空にと変わってきて、僕は「しめしめ!」と思わずにはいられなかった。



Category: 日記・情景  

◆ 雨の日は、不動尊へ

菅谷不動尊本堂のもみじ



菅谷不動尊の紅葉


カメラを始めて神社仏閣へと足を運ぶことが多くなった、とういか抵抗がなくなってきている。
カメラがあるので被写体としての神社仏閣もそうだけれども同時に参拝したり、境内の森・木々には日頃のあれやこれのストレスを忘れさせるような癒しがある。

みたらせの滝から後ろ向くと本堂の社務所のおじさんの後姿が見えた、境内には誰もおらず、このおじさんと僕だけになった、雨の土曜日午後3時頃だった。


Category: 日記・情景  

◆ 不動尊と田螺(たにし)

菅谷不動尊 龍と象



菅谷不動尊


新発田市の菅谷不動尊へ行った。本堂の脇のみたらせ滝にある六畳程の大きさの池の不動尊の像にひしゃくで水をくんで掛けるのだが、
この日、その池の石ころが全部田螺(タニシ)だったことに気がつく、池の底一面に黒い石で敷き詰められているのかと思っていたらよくよく見るとそれは、あそこもここも全部田螺だった、かがんで見ていたらイモリがその上を泳いでいた。

何度も来ていてそれなりにいるのは知っていたが、まさかに池の底一面は田螺だ、これには驚いた。

ちなみに、不動尊は眼病に霊験があるといわれ田螺は願い事があると、田螺を持ってきて池に放つのだという、眼病に悩む人が多いのか霊験あらたかなのだろうか、実は僕も目が良いほうではない。


Category: 日記・情景  

◆ とある駅のホームのはずれにて

時庭


駅舎も、屋根もホームだけの何もないような駅だった、けれどもホームのはずれにしっかり「この先はダメだと。」云わんばかりの行き止まりの柵があった。
何があるって訳でもなかったが立ってしばらく景色を眺めていた。

長井フラワー線 「時庭駅」、、、、実は駅舎立派のがあるのだが、集落の集会場になっていて、「公民館」兼「駅」になっている、
そんな建物の中を抜けて行くとホームへと出るだけの無人駅だった。



先日町内の寄合い会に参加、「にゃん太郎さんの隣に座ろうかと~」と数軒隣のおじさんが僕の隣に座った。
すると寄合い会の幹事さんが、
そのおじさんに「タバコ吸うよねえ~」と灰皿を置いて行った、「良かったあ。」とおじさんは云ったが、「僕は吸わねえんだよ!」とも云えず、
まあ仕方がねえなあと我慢したが、灰皿が置かれるなり、どれどれと一服、進行係の組長の話が面白くなくなると一服、「ちょっと!」と問題点を発言すると一服、
この人ヘビースモカーかよと思った。だいぶ灰皿は吸殻山盛りじゃね?とのぞくが数本しかなかっただ、

むっ!、おかしい?そんなはずはないと思っているとタバコにまた火をつけてプカプカ、スーである。またまたおかしい、
こんなにさっきからプカプカ吸っている割に吸殻が少ないのは食べている訳であるまいに、、、、、しばらくするとまたタバコに火をつけるのを見ると一度消して短くなったシケモクだった。

そうかあ、このオヤジは半分吸っては消し、しばらくしてまた火をつける、一本で2度おいしい作戦なんだと今日日タバコも400円越えているんだものなあと急に納得するが、家に帰ると服はお陰様で1本で2度おいしい作戦でタバコ臭くなっていた。

ちなみに、会場は、20数名、見ると喫煙者は3名だった。


Category: 日記・情景  

◆【駅シリーズ】今泉駅風景 JRとフラワー長井線乗り合い駅

今泉駅前



今泉駅


山形県長井市 今泉駅。
車まであちこちの駅をまわりながらここ到着した時は、空はこんな風に見えた、そして気温は30℃越えた「夏」だった。
そんな空をバックにして停まっている列車とホーム風景を見たら、撮らないではいられなくなった。


今泉駅


僕の趣味のひとつである、駅を撮ること。
時々そんな駅も今までブログに載せていたけれども今後は時々【駅シリーズ】として載せていくかもしれない。



Category: 日記・情景  

◆ 山形で出会った駅

フラワー長井線西大塚駅舎



フラワー長井線西大塚駅改札口



フラワー長井線西大塚駅ホーム風景

痛かった、・・・・・過去形。
昨日、せっかく県外遠征で山形まで行ったが、そこで撮ったCFカードのデータが消えた!・・・ちなみにサンディスクExtreme8Gだけれでも、安いのを買ったので偽物も出ているというので本物かどうかは実際わからない(笑)

そして、CFカードの中にはこんな駅舎が入っていた、山形フラワー長井線「西大塚駅」。

ショックで白くなった頭で、どうにかならないのかとネット検索、最初は無料ソフトを調べていたがあることにはあるが、
肝心のカード内の全データを復活するとなるとどこも有料になるようで、かと言って意味のわからない横文字ばかりの海外のフリーソフトでは訳がわからないし、ヘンテコな所に飛ばされてヘンテコな事になってもと嫌なのでパス。

仕方ないので、その中では安かった市川ソフトラボラトリーの 画像復活.com で2千円払って復活させた(CFカードに限らず、どのメディアも大丈夫らしい)。復活の所要時間20分くらい?(データによる)。

ただし、RAW画像形式は、復活できなかったが jpeg形式のものだけは復活できた、この際はなんだって画像が戻ればなんだっていい。

が、、、、完璧ではく、復活できないものも数枚あった(880枚データ中の数枚だ・・・数枚というのは明確にはわからないてこと)、

僕のブログのリンク先は写真ジャンルが多い、もし僕のようにお困りなったら、お試しあれです、ちなみにCFカードでダメになったのは2度目、初回は大してたものも入っていたないのでそのまま。

くれぐれも、ソフトは問題ないけれどもダメな時もあるらしので注意書きはよく読んでください。

しかし、テレビの刑事番組で消えたPCのデータ復活、あれってホントだったってことだ。



Category: 日記・情景  

◆ 参った日曜日、こんな日もあるさ

止まれ


参った、本日山形県米沢まで行った、テレビをモニター替わりでデータ確認後、CFカードをPCへ。
しかし、「カードが初期化されてません、初期化してください」と表示が出た。

えー、2時間半掛けて出掛けた米沢のデータがパーである、あり得ん、なんとか復活させるべく奮闘中。

でもなあ、なんだか前兆があった。本日撮影していても、「今のは良いだろう!」と思ってカメラのモニターで確認するとみんなシロ飛び気味、なんだあと露出を落としても何だかおかしいなあと、おまけにマイカーのバンパーを少しこすってしまった、ありゃあ (><);


Category: 海・情景  

◆ 海に浮かぶ島、、、、、ではなくて

日本海越しに見る弥彦山と角田山

昔こんな光景のジャケットデザインのレコードを買った、CDでなくレコード、その音楽聴きながらいいなあとこんな光景のジャケットを眺めていた、それは青い空と海に浮かぶ島の風景だった。
しかし、この風景はそんな風に見えるが島ではなく越後平野の弥彦山(左)と角田山(右)である、海岸線がくの字になっているといことだろうか。

新潟県はずっと海岸線が長い、なので見慣れている陸地から見ている光景も海辺からは別な風景に見える。
逆を言えば、こうやって見えている場所の人が我が新潟市から風景を見て、やっぱり「なんだか、違うなあ。」と思うのだろう、同じ新潟県人なのに。


*ちなみにジャケットは、リッチー・パイラーク「ヒューブリス」、、、、、しかし、良い時代ですなあ、ネットで聴けるような時代になりましたw
Category: 日記・情景  

◆ バス:BUS

万代センター



万代センターのバス



万代・バス停留所

ほぼ移動の割合はマイカーである、なのでバスは乗るのはほとんどないが、でもバスに乗りたい思うことがけっこうある。
車窓の風景、木の床の匂い、、、、だけれども最近乗ってないので、まだ木の床のバスあるかどうすらわからない僕である。


暑い、早いようだけれども、たまらなくなって遂に扇風機を出した。
そんな暑さのせいか、PCの動きもちょっと遅くなっているような感じで、デスクトップのCPUメーターの%はいつもよりも上がっている。

なので、扇風機は人様よりもPCのタワーにも向けて冷却しているが、ちょっと洩れてくる風のおすそ分けで人間様は涼んでいる。

しかし、そんなPC向けの扇風機いつまで続くだろうか。


Category: 日記・情景  

◆ 薄暮の上古町のアリス

上古町の雑居ビル



上古町にアリス

この日、ここの通りにある学習塾の入り口で学生さんが一生懸命ドアを引いて、ガタガタやっていた。
何してしてるのだろうと見ていたら、急にドアを押して何気ない顔して入っていった。
そうか引くんでなく押すドアだったのだ。

オジサンはそういう体験をよくする、そういう時は「歳はとりたかねえなあ。」と思うのだが、僕は学生さんのそんな光景を見て、
「歳は関係ない時だってあるだぜ。」となんだか安心したのだった。




Category: 日記・情景  

◆ 初夏風景 at Niigata City.

柾谷小路とNEXT21



親子

当たり前だけれども、冬の雪のない風景は、気分が軽くなる、気持ちもいい暑くても我慢が出来るけれども、、、、、。


とはいえ写真とは関係ないけれど、新潟はフェーン現象なのか本日は、気温は30℃越えした。
昨晩は寝苦しく寝返りばかして冷たい部分を探していたのような気がする。

そんな本日の昼の空は、青いのだけれども白い雲がプカプカ浮かぶ完全な夏の空だった。
暑さにはまだ身体が慣れていないのである、、、、、、ちょっとへばる (ノД`)=з


Category: 日記・情景  

◆ 夕闇を待つ古町裏通り飲み屋風景

開店を待つ通り



夕景古町


夕景を期待して行ったが、6時でもまだまだ明るい、これでは店が開いていてもなんだか申し訳ないようで入りずらいような空の明るさだった。
でも、打ち水された小路を見て「なんだか粋だなあ。」と感じつつも、
あれ?これって「やってますよ、いつでもどうぞ。」ってことなのだろうかと店々の前を通り様子をうかがった。



この所食事の量も抑え、間食、飲んでもつまみの量も抑えて、毎晩のように夜のウォーキングを1時間、
お陰さまでなんだか腹周りがちょっとばかりへっこんだようで、ベルトの穴がひとつつまった。

「よしよし。」と喜んでいたが、お通夜があり久しぶりに礼服だ、
これなら久しぶりに履くズボンはウエストがガバガバじゃないだろうかと思って
喜びながら履いたら、ウエストはパツパツだった、オレはオレは、、、、、d( ●`ω´● )/アウチ!!


Category: 日記・情景  

◆ エゴノキの花

エゴノキの花


こんな風景を追ってリベンジを兼ねて山へと行った、上記撮影したものは2年前のもの。



乾いてしまったエゴノキに花



今年のエゴノキの花

「落花生」と書いて「らっかせい(ピーナッツ)」だけれども、僕はこのエゴノキの花を見ると散って落ちた方がキレイなんじゃないか、
「これだって落花生っていうんじゃねえ?」とそんなことが頭に浮かんでくる、そんなエゴノキの落ち花模様だ。

そんな花を数年前に発見、昨年は時期が合わず、今年こそはと行ってみたが御覧の通りだったが、人生酢いも甘いも知ったオヤジ族には、
こんな乾燥して踏んづけられたような花だってありなんじゃねえ、と思うのであるであった。


Category: 花・植物・情景  

◆ GREEN:緑 みどり ミドリ

杉の緑



GREEN 緑



裏五頭山


車で山をひとつ越えた、「あるもの」を探す為に、しかしどうやら時期は終わっていたようだったが、山の緑は恐ろしいくらい綺麗だった。

車を停めて写真を撮ろうすると道路に「うんこ」があちこちにあった、さすがに人間や犬ではあるまいに、猿だろうかと、
ひょっとしたら木々の陰から何匹もの猿が僕を見ているのだろうかと思ったら急に背中が寒くなってきて車に乗りカーステレオでデカイ音で追っ払うような椎名林檎をかけた。


Category: 日記・情景  

◆ 萬代橋と礎町(いしずえちょう)あたり

川端町 萬代橋



礎町

時間的には夕方なのだが、いっこうに暗くならない。

「さすが」と云うのが適切な言葉なのかはわからけれども、さすが6月である中々陽が暮れてくれない。
冬場ならとっくに暗くなり、「夜の新潟だぜ~」って撮れるのだろうが、午後6時でも夜と云うよりまだまだ昼間のような明るさである。

これからお酒を飲もうとしているのに、「何だか申し訳ないような」そんな明るさである。


Category: 日記・情景  

◆ 新潟駅前飲食店街

駅前楽天地



新潟駅前弁天通商店街

時々飲み会とかで飲みに出て、ついでだからと”夜の風景でも撮るべえ”とカメラを持って行こうとなるのだけれども、
やっぱりアルコールが入る前のしらふならいいが、飲んだ後に撮ったものは、これはまさに酔っ払ったような写真だらけで、撮った自分でも理解に苦しみ後で首を振ったりする。
でもアルコールが入ると度胸がつくのか一歩踏み込んだ写真も多いが、マネキンの顔、看板の度アップではなあ、そしてお酒の量でその度合いは増してくるようである。

1枚目の右側のビルが傾いている、これはレンズ問題でも、僕の構図がおかしいのでもなく、実際に前に傾いているのである、
50年くらい前の新潟地震で傾いたと聞く、そんな昔からの傾きも驚くが、このビルが50年以上も経っているのだとそれも驚きである。


Category: 日記・情景  

◆ 夕刻の上古町(かみふるまち)

上古町



上古町



上古町廂間(ひあわい)

家の奥の廂間(ひあわい)を撮影していると、後ろから、む?む?てな顔をしたおじさんが「何撮ってんの?」と僕に聞いてきた。
来たか~”何撮ってるの攻撃”、果たしてわかるかなあと「この奥の風景の雰囲気が良いんですよ~。」というと
おじさんは、「ほうほう、これねえ」といいつつ指を刺し「わかるわかる。」といい、最後に「手前の部分はそうは感じないけれども奥はいいねえ。」と云った、
僕は”このオヤジわかってんじゃんか”と理解されなかったらどうしようかという心配は消えたのだった。


Category: 日記・情景  

◆ 夕なずむ白山公園 : Hakusan Park.

白山神社



白山公園



白山公園



白山公園

夕景白山公園、飲み会まで時間があるので普段はいることない時間帯に白山公園へ、午後6時前にしてこんな明るいのかと、
ありがたいなあと、喜んで撮っていた割にはそこそこの枚数がブレていたのはちょっと辛い(><);

6月6日である、この日になるといつもあの歌が頭の中で浮かんでくる。
「棒が一本あったとさ、葉っぱなか、葉っぱじゃないよ かえるだよ、かえるじゃないよアヒルだよ~♪」
「6月6日に雨ざーざー降ってきて~、三角定規にひびいって~♪」そしてあのヘンテコのなコックさんが最後に頭に浮かんでくるのである。



Category: 日記・情景  

◆ 白いツツジの花咲く頃とミラーの中

りゅうとぴあ・新潟市芸術文化会館



りゅうとぴあ

カメラに単焦点レンズをつけて歩き回った、ここ白山公園でつつじが白い花が咲いているの見て、そういやあ去年も今頃来たなあと、
そして、カメラ持ってぶらぶら撮り歩きしていた時、おまわりさんとすれ違いざま「ちょっと待って!」と声を掛けられはしないだろうかと目線を外したことを思い出した。

補:1枚目は、白山公園 新潟市民芸術文化会館「りゅうぴあ」にある通路のミラーに写ったもうひとつの世界。
イベント・演劇・コンサートなどのポスター、パンフレットが置いたある。

Category: 日記・情景  

◆ リバーサイドの風景

万代

飲み会だった、出掛けついでにヨドバシカメラへ寄った、年何回かペースで行くのだがその度にレイアウトが変わっているように思えたが、
今回はカメラ売り場が移動して変わっていた、展示品を見ているとCanon 5DMark Ⅲが、29万9千円だった(無論ボディだけ)、
ちょっと値段が下がったんだなあと触って見ていると、「どうですか、安くなりましたよ~」と店員さんの声、ブルブルブル「買えませんて。」と答えると同時にカメラを置いた。

たぶん、買わないのではく、(高くて)買えないお客だとわかると、追っ払うのにこう云うのだろうかと思った。

■ 正面は信濃川の右岸やすらぎ堤になる
Category: 日記・情景  

◆ 季節の変わり目の勘違い

りゅうとぴあ前

あちこちが梅雨入りして、「関東甲信越」も梅雨入りだと聞き今年は早いなあと思っていら梅雨に入ったのは「関東甲信」であり「越」が入ってなかった。
すぐ気がつけば良かったのだだろうが、その時に雨が降ったので、「さすがに梅雨だなあ。」と納得していたのだ。
「甲信越」の「越」は、「越後」の越、気象庁での地方の「越」は「越前・越中・越後」になり北陸地方になるらしい。

そんな事なんだっていいやねえ、今日も清々しくて気持ちにいい季節だった、ウォーキングに階段登り頑張りましたワイ。


Category: 海・情景  

◆ 「夏を待つ浜」とかいっても、、、、

浜辺の井戸



廃漁師小屋

「夏を待つ浜」と云っても、ここは海水浴場ではなく、漁師浜、なんだか錆びた井戸のポンプが寂しそげだった、ハンドルをもって動かそうとしたが、ピクリとも動かなかった。

この浜辺に着いた時に、釣りをしている姿が二人見えた、今だったらキスだろうか、海水浴よりも釣りの方が似合う浜である。
夏にカメラを持ってきても変な人だと思われない海辺だ。

Category: 海・情景  

◆ 荒井浜より愛をこめて

荒井浜



荒井浜にて

冬にだって来るお気に入りに浜、漁師小屋がバラバラだけれども浜辺に並んでいる、中にはボートと網、マーキング用のウキ、錨、時に海からボートを引き上げる為の錆びた中古のトラクターがなどが道具がは入っている。
しかし、使われていない小屋、もう潰れてしまっている小屋もあちこちで見える、そんな光景と海の風景が好きで、ここと隣の桃崎浜へは良くの来る、こらからは夏を向かえ海水浴シーズン、カメラを持ってぶらぶらして変に誤解されてもいけないので、今が秋までの間の撮りだめである。

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >