冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 01 2013

Category: 日記・情景  

◆ 冬の街歩き

万代町の意匠



万代町



伊勢丹のディスプレイ




沼垂で見たバラ


冬になると色の風景がなくなる、まして雪など降るとなおさら。
そんな時に”色を!”と街に撮りに行く、以前はそんなフラストレーションを解消すべき園芸センターがあったが、今はなくなった。
当初は「こんな所(園芸センター)に花をわざわざ撮りに通うなんて、俺もオヤジを越えて趣味がこれでジジイなったなあ。」と思っていたが、
行くと係りの人と目線があって「また来たのか?」と思われているんじゃなかろうかと思うくらいになっていた。
なくなってみると冬は色の風景がなくなっているので、色探しは参るのである。

だから、こうして街に出て意匠を撮る。


ちなみに、新潟市中央区の現状の積雪は、これよりもないです、、、今年の新潟市は雪は少ない、その分どこかに降っているのかもしれない。


Category: 海・情景  

◆ 瀬波浜と足湯につかるのこと

瀬波浜




桃崎浜

1枚目の向こう側の岬は、昨日の記事の岩ヶ崎である、右から左の海へと三面川(みおもてがわ)が流れるのだけれども、わかりずらい。

そしてすぐに瀬波温泉である、何度も通っているはいるが、足湯があることを初めて知った。
海辺の写真撮りで足は冷たくなっていたので足湯もいいなあと、つかった。
「あったけえ」、あったけえのである、コタツに入ったようだった、足同様に手も冷たくなっていたので手もつっこんだんだ、温泉だぜ。


そして 大波、、人、人、、人
  ↓
Category: 海・情景  

◆ 岩ヶ崎で雪舞いて涙が流れる

岩ヶ崎




岩ヶ崎




岩ヶ崎


海はちょっと荒れていた、時折雪もちらつく眺めているとボロっと涙がでる。
べつだんに景色に感動した訳でもなく風と寒さで涙腺がゆるみ自然と涙が出てくる、いつものことだ。

列車でも通らないかと涙を流しながら風景を撮りながらちょっと待っていると貨物列車のゴトン、ゴトンという音が聞こえてきた。
「しめしめ (^^)v」と思っていたら視界に白いマイクロバススがあった、「じゃま、どけてどけて」と僕はつぶやく。
そうか、さっきホテルの送迎バスがいたなあ、どうやら送迎ついでに日本海のご案内なのだろう。見ていると皆で記念写真を撮ったり、
ひとり海へカメラを向ける光景が見えた。

”じゃまだなあ”からこんな日本海へ来てくれて、”ありがとう”の気持ちを含めてまるごと撮った、”ありがとう”。

■ 村上市の岩ヶ崎から間島、越後早川方面。


Category: 海・情景  

◆ 海原眺む、、、、村上市岩ヶ崎に於いて

over there




Happy day

ここはどうだろうと、出掛けたのは村上市の岩ヶ崎。
村上市街から三面川(みおもてがわ)渡って、ちょっと行くと高台になり、こんな光景が見える。

正直、雪があったら車を止める所もないなあと、心配したけれでも雪はまったくなかった、流石は海辺である。
雪があったら車も止められず撮れていたかどうか、ともかく狙い通りだった。
ちょうどこの下を、JR羽越本線が走っている。


Category: 海・情景  

◆ こんな海の見方もあるってもんだ

荒井浜、胎内沖油田を望む




使われていないだろう番屋内


胎内市の荒井浜の使われなくなった番屋から海を臨む。
番屋の中は漁業のための道具だらけ、でも使われなくなりごっちゃごちゃとしていた。
でも、その散らかり具合がなんだか懐かしかったためか、そしてこうやって中から海を眺めていると小学生の頃の秘密基地の事を思い出した。

秘密基地内は狭くても、何だかぬくもりがあって、そこから眺める外の風景は自分の領分ような感じがしていた。



Category: 冬・情景  

◆ 漁港の赤い扉の小屋

赤い扉の小屋



たぶん今は使われなくなった漁師小屋の中

松塚浜漁港の赤い扉の小屋、中には何が入っているのだろう?と気になったが、隣の棟の小屋の扉は外れて中は丸見えだった。
のぞいてみると「そうだよなあ。」番屋だもの網だわなあと納得した。


漁港裏の雪風景

「なんだか海ばかり来ているなあ。」と気がつく、考えると海辺は雪が少ないから出掛けやすいし、時にモンスター級にもなる波を求めていくのかもしれない。


以前載せた漁港の雪のない頃の風景


Category: 日記・情景  

◆ 港のカモメ

岩船漁港のカモメ



沈む夕日にかもめ

さぁーて、今日は撮るものも撮ったしと車を走らせ帰宅途中こんな光景が目に入ってきて港へと、僕は急ハンドルを切った。

先客がひとりずっと太陽にカメラを向けて撮っていたが、「カモメは入れんのかね?」と思いながら僕は傾いた夕日とカモメを追った。


Category: 海・情景  

◆ 日本海、煙突と雲のある風景;Monochrome,over sea.

火力発電所の煙突




海越えの煙突風景

冬の太陽の光は貴重だけれども、たまには雲のある風景だっていいじゃない。

そんなある日の冬の海辺風景。


Category: 冬・情景  

◆ 雪で霞む日の風景

雪の中の一本の銀杏の木




雪、羽越本線の貨物列車

何年前かに見つけた、というか気がついた田んぼの中の一本の銀杏の木。
秋は黄色く色好き、北海道のどこぞの景色のようなと、ついつい引き寄せられて2度ほど行った事がある。

銀杏の木、木こそ違うがこんな風景で北海道ならまさに”大地の風景”になるだろう、だけれども新潟には新潟平野あり、これだって大地。
だから北海道風ではなく、これは新潟風な新潟の景色である。 


Category: 海・情景  

◆ 冬の海、雪の荒井浜、暮らしに海がある風景。

冬の海 荒井浜



荒井浜


海を眺めて「おうおうおう、、これが冬の日本海だぜ~」とつぶやきながらニンマリしてカメラのシャッター押す。
何枚か撮ってると海辺を散歩する何人か現れた。

僕には”海と暮らす人なんだ”という言葉浮かんだ、冬の寒い日も、夏の暑い日も浜辺を歩く人。
と、そうだよなあ、山で暮らす人はどうなんだ? 冬の寒い日も、夏の暑い日も山を歩く人、海は山がないし、山は海がない、
お前はどちらが良いかと問われたら、、、むー、ちょっと時間をもらわないと答えはだせない。




Category: 海・情景  

◆ 荒井浜に雪積もる

荒井浜の雪景




砂浜に積もった雪


僕のお気に入り浜のひとつで、胎内市の荒井浜。

雪は、大体海から渡ってくる風が強く、みんな奥の陸部へと風が運ぶため、浜辺は雪は多くは積もらない。

昔、北風に吹かれ波うち際は白い波だらけ、そして少ないのはいえ雪の積もった浜辺の雪の白と波の白が一緒になって、
陸と海の境目のない白い世界を一度も見たことがある。

当然、その日はこんなではなく荒れ荒れだったが、写真を撮って歩くならこんな風景の方がいいなあ。



1枚目の正面に見えている白い雲は、たぶん海に降る雪だと思う、誰もいない海に降る雪、なんだかもったいないような気もするが、
その分こちらに降られても困るのだけれど。


Category: 冬・情景  

◆ 雪降る日の白い山

雪積もる池と雪景色



新潟雪景色



雪の森



白い風景


そこは、昨日の記事に書いた水汲み場からちょっと山に入っていくと、その光景に「お!!」と胸のあたりがぐっと押され息苦しくなるような、
まるで宝の山でも発見してしまったような気分になった。
なんて綺麗なのだとため息をつくような暇もなく、「あっちは、こっちはどうなの?」と僕は雪の中を走り回った。

たぶん、僕は欲深いんだな。


ちなみに、1・3枚目の下部分は貯水池、雪が積もって、シャーベット状になっている。
また、陽が差せば綺麗になるのだろうが、この辺りは気温も0℃前後、陽が差したら温度の上昇で木の雪は落ちてこんなキレイな風景にはならないだろう。



Category: 冬・情景  

◆ 新潟の雪、紅葉ならぬ白葉

新潟の雪




新潟の雪風景




雪の中で焦る、心象風景

我が家は、山へ湧き水を汲みに行く、コーヒー・お茶用である。

そして雪の中、水を汲みに行くが、いつもの所は雪で入れず、急遽場所を変更した。
そしてその湧き水所の所から見えた光景は、流石に「しまった。」と思った、水汲みだけの用だったのでカメラなんて持ってきてなかったのである。

水汲みの最中も周りが気になり、あそも、ここも、いいなあと目線が止まる。
だらか水汲みも早々終わらせて、またカメラを持って戻ったことは言うまでもない。、、、だって、、、これだもの^^

積雪は、30cmくらいだろうか道を入っていくと、長靴の足跡がいくつかあった、、、「だよなあ。」といるだろう、これだもの、この景色、
そして早く撮りたいという気持ちを抑えきれずに雪の中を僕は走っていた。

そんな気持ちを表したブレた最後のがその1枚である。


Category: 冬・情景  

◆ ある日突然、雪の結晶

突然の雪の結晶





雪の結晶




雪の結晶




雪印




雪印


1シーズンに1回あるかどうか、雪の結晶の撮影。
明日は「撮るぞ~!」てな感じで撮れるものではなく、その瞬間はあくまでも突然それは現れる。

そしてそれが現れていのが、どのくらいの時間かわからないだけに、ファインダーをのぞきながらも焦りまくりなのである。
これを撮れなければ来年、もしかして再来年などと思うと寒さで指がかじかみつつ、やっぱり震えるがガマンガマンであった。

完璧じゃないが、素人だし、まあいいじゃねえか。

普段はこの結晶も形が崩れたりして降ってくる、条件が良くないと簡単には撮れないが、条件さえあえば誰でも撮れるはず、
これが積もり積もって数10センチとか、数メートルとかになるなかと思うと不思議な気がしてくる。


Category: 日記・情景  

◆ 新潟、雪のとけた後で、、、と、驚き!

廃線



ど忘れした名前の木



雪のあと




曼朱紗華の葉っぱ

降った雪が融けた後の光景。


最後のはご存知、彼岸花の葉っぱ、花は誰もが撮っているが葉っぱを撮ったものは見たことがない。
花も儚いような紅いイメージがあるが、葉っぱだって”けなげ”なのである。

花が咲いている時は茎とあの花だけで葉っぱはない、花が散って秋深くなる頃にこんな葉っぱがにょきにょきと出てきて、
次ぎの年の咲く前の夏頃にはそんな葉っぱもなくなっているので、意識していなければたぶんそのまま見つけられないかもしれない。

**************************************************************

しかし、今日は驚いた!

病院の待合室でTVを観ていたら、皇居での歌会始の終わりのシーンで皇居の白くなった全景が写った、まだ残ってるだと眺めていると、
新潟のローカルニュースに切り替わる、そして観たモノは、新潟のNHKタワーから見た新潟市中央区の地上風景、、、、、。

雪が、なかったのだ!!! 

なんと、東京よりも新潟市の方が雪がないのであった、こんなこと初めてである。

もっとも新潟市の郊外に出たら、東京以上にあるのだけれでも、ともかく東京の方が多いなんて驚いた。


Category: 日記・情景  

◆ 心象風景 砂の家

上新栄町浜 ラ・マール




砂の家




海の家 ラマール




上新栄町浜




ちょっと離れた小針浜風景


先日の浜辺から南へと約50km離れた新潟市西区の上新栄町浜。

そこには「砂の家」がある・・・僕が勝手にそう名づけているだけ。

いわゆる本来は「海の家」だけれども、先日の海岸の漂着物が物語るように冬場は荒波、風が強い、よって浜辺の砂だって飛ばされてこんな風景が生まれる、、、こともある。


Category: 日記・情景  

◆ モノクロな冬景色

雪の日




雪と林




雪降る林




福島潟の冬




雪とはさぎ


三連休の最後の日、関東太平洋側は騒ぎなるくらいの雪が降った。
こんな場合、あちこちのブログで雪の話題がのぼりやすいのであえて、雪のモノクロ風景はあんまりないのではないだろうか、
かぶらないだろうとモノクロの雪風景。

通常、関東で雪の場合は、日本海側では晴れることが多いが今回はこちらも同様なお天気だった。
こちらの雪はまだまだである。

こんな記事を見つけた、「冬季うつ病」これだ、モノクロの雪風景を更新するくらいだもの、そうかもしれないとちょっと心当たりがあった。
 



Category: 冬・情景  

◆ 気温が下がったので、「雪の結晶」と思ったが見つからなかった。

雪風景




雪の上の足跡




プチ雪原



足跡


この日気温は下がり、車の室外温度計は0度だったが、この足跡の解けない具合からいっても、もう少しは低かったのかもしれない。

温度が低いから薄っすらした雪も解けず、雪の結晶を探すがみんな形が崩れていた。きっと風に飛ばされて地面に吹き付けられたのだろう。
でもふわふわだったので近づいて雪を「ふー」と吹けば飛びそうだった。

北海道とか極東ロシアの人からみたら「なにそれ!」だろうなのだろうけれども。


Category: 日記・情景  

◆ 浜辺のオートキャンプ場、、、冬だけど

紫雲寺浜オートキャンプ場




海を見ているベンチ

冬場、閉じられたオートキャンプ場、
日本海を越えてくる極寒のような北風で荒れ狂るう海は、見応えは十分にあると思う、だからってこんな所で「いいなあ~」って、キャンプを張って眺めている人もいないだろう。
もう目の前は海、潮だって相当かぶるだろうし、停めた車はずっと風で揺れっぱなし、風の音だって止む時があるのかどうか。夏場なら朝起きて目覚まし代わりに海でひと浴びもあるだろうが冬の今ではとんでもないこと。

けれども、ここのこんな誰もいない風景は好きである。



誰も座っていないベンチを、擬人化して見てしまう、、、、「何を見てるんだい?、退屈でないかい。」。


■ ビニールをかぶっているのは電源コンセント。


Category: 海・情景  

◆ 優しい冬の海

優しい冬の海


 海の向こうは、北朝鮮に、ロシアである、、、、眺めているとそんな国のことを感じることがある、そして時にはハングル文字、ロシア語の文字の印刷されたペットボトル、何かの切れ端を浜辺で見ることがある、海とはつながっているのである。



冬の海辺


そんなものを運んでくる海も、時としてこんな柔らかい光の風景があったりして、ニンマリした僕。


浜辺


こんな光のお天気だと寄り道だってしてみたくなってくる、「あそこに行ってみようか。」とちょっと乙女チックな、ほわほあ~♡とした気持ちで、藤塚浜漁港から、冬の浜辺、砂浜へと行って歩るいてみた。



次ぎのページ、
刺激が多きすぎるかもしれません、お気の弱い方にはお勧めできません。

Category: 海・情景  

◆ 冬の海風景、藤塚浜

冬、堤防での釣り風景




貝殻寂しく、冬の海

遠くに見える堤防でひとり釣りをしている影が見えた、「寒いのによくやるわあ。」と思いつつ、同じような場所で写真を撮っている僕も誰かが見たら、
やっぱり「寒いのによくやるわあ。」と見えているのかもしれない。
そして、僕はくるりと後ろを振り返った。




Category: 日記・情景  

◆ 漁港の裏風景

漁村の裏にまわる。




漁村の廃家




番屋の裏側

※ 昨日の記事の裏側の風景、ほとんど廃墟的。

何度も通っていると、見えている表だけ撮っていると飽きてくるし、他に何にかないだろうかと思うのである。
で、、、そして漁港の建物、番屋の狭い脇に裏へと入っていくが、、、、ここまで出来るようになるまで2年は掛かっているかもしれない。

2年の期間、、、やっぱり「不審者!通報」の看板の文字がきいているのかもしれない。

でも、こうやって撮ってみると、表でなく裏の風景だものこれじゃあ不審者と怪しまれても僕は「何がどう良いのか」と弁明できるからどうか自信がない。


Category: 日記・情景  

◆ 漁港風景、松塚浜漁港

小さい漁港




漁港の冬風景


なんだか雑多な風景で津波でも襲われた跡のようだけれども、まったく違う日本海の新発田市の藤塚浜漁港風景。

ココをカメラを持って撮っているといつも目が行くものがある。

「不審者?を見たら通報!」のデカイ看板だ。

こんな地味な漁港を撮ってどこが楽しい?と思われても仕方がないくらい寂しいような漁港でとりわけて”これ!”ものは何もない、
それゆえに見知らぬ人間がカメラ持ってウロウロしているってこと自体 ”こいつ、おかしい?!”ってことでなる。

でも、一度ココの漁師さん(たぶん)とすれ違いざまにニコッと笑って「こんにちは!」挨拶した時、にっこりと挨拶が返ってきた時は、僕はちょっと安心した。


※ 2枚、時期が違います。


Category: 日記・情景  

◆ 藤塚浜の漁港風景

漁港と猫



猫が向かえてくれた、いつもカメラを向けると猫に逃げられるので、そーと刺激しないように近づいたら、「何だオマエ、だれだよ?」と怪訝な目線でこちらを見ていた。



藤塚浜漁港

青空の日に出掛ける、
秋からこの冬まで晴れの日が貴重なくらい少ない、青空を見ると”儲けもの”のように思ってくるくらいである。
天気予報で全国の天気を見るたび、お日様がマークがうらやましく思えてくる。

だから、こんな日の光は、すべてが美しく見えた、、、、オーバーだけれど、ホントであるw


Category: 冬・情景  

◆ 冬、公園風景②

じゅんさい池




じゅんさい池①




じゅんさい池②




氷下の草木①

雪が降ったら写真を撮りにいく公園がある。

僕はここの雪の風景が好きで撮りに行くのだが、そんな雪の寒い中でも公園の池のまわりをぐるぐる歩いて散歩している人が必ずいる。
わかりにくいが長靴が必要なくらいの積雪がある。雪の中、防寒具と長靴で周囲200mくらいだろうか池の周りをぐるぐると歩いている。
寒くはないのだろかと思うけれども、健康の為なのか、こんなお天気でも歩いているとなるとたぶん年中休みなしってことだろう。
となると散歩、運動不足解消というよりもそれは鍛錬に近いものではないだろうかと思えてきた。

僕はこのところ何年も続けているウォーキングはずっと休みぱなしである、、、鍛錬が足らないというか気力負けである。

冬の池の水は、澄んでいる。
比重の重い冷たい水は池の下に沈む、一緒に濁り、泥も下へやって沈むからなのだろうか。
その澄んだ水がなんだだか寒々しく見えてくる。

■ 新潟市東区じゅんさい池


Category: 冬・情景  

◆ 冬、公園風景① 氷の下の秋

氷下の草木④




氷下の草木⑤




氷下の草木②




氷下の草木③

もう年を越して正月も終わろうとしている。
正月休みもあっという間なんだから、秋だっていつの間にか終わっている、
そんな秋に枯れただろうか、池に落ちた松の葉、落ち葉、草木が氷の下にあった。


Category: 日記・情景  

◆ 「白壁通り」などという通りで人を待つ

観に行かなかった草間




白壁通り

「白壁通り」などと大そうな名前のついた通りだけれども、ここで格子越しの風景で「誰か通らないかなあ。」と待っていたがいっこうに通らなかった。

なので、草間を撮った。

永遠の永遠の永遠の草間展


どことなくうちのお袋に似ているが、、、さすがにお袋は頭は普通に白髪交じり婆さんである。

観に行こうと思っていたが、「次の日、次の日」と延ばしていたら行かなかった、頭の中でひょっとしてこのテーマのように「永遠の永遠の永遠」に観れないかったりしてと思っていたがその通りになった。

人は通らず、予感はその通りになった。


Category: 日記・情景  

◆ お正月は、どこへ

異人池 カーブ・ミラー




新潟カトリック教会

あっけないと言うか、瞬く間というか正月三が日が終わった。
「正月や、そんなに急いでどこへ行く? どこ??! 」である。


カウチお正月だったが、これではいかん!と初撮りに出掛けた。
缶コーヒーでもとコンビニで車から降りると、そこは雪が凍ってツルツルの駐車場だった。
よくもまあ車が、これで止まったものだと感心したくらいだった。

これも正月の置き土産ならいいのだが、冬はまだまだ、寒さはこれからのはずである。

Restaurant


ちなみに、僕はキリスト教ではないけれども、教会の建物って気になるんだよねえ。


Category: 日記・情景  

◆ 雪の正月

冬のススキ




冬、葦風景




雪、タイヤの痕


年末まで雪はなかったが、雪のない正月は何度も迎えたことがあるが、どうも「おせち」のでない正月の食卓のようでなんか物足りないように気持ちになる。

でも実際は、雪が積もり、雪掻きなんて正月早々したくはないし、出掛けるのだってなあと思っても、嫌だなあと思っている反面、どこかでホッとしている。

この正月の雪、お天気も悪くて出掛けてもなあと、家で閉じこもりなので暇で暇で、時間をどうつぶそうかなどと考えていたのだけれども、

今年も暇どころか、あっとうまに夜の12時である、色々と予想もしてない事が起るし、休日の時間の経過はは早い、、、毎年の正月だ。

そして、、、、まずい、まずいよ、、、、体重計が怖くなってきたし ・・・( ̄  ̄ ||||;

雪がなければ、、、運動量は一気に上がった、、、、、はず。




Category: 冬・情景  

◆ 初夢はどうだった?

朝霜




福島潟の朝霜


最近の夢で多くなってきたのは、写真の夢。

夢の中で、歩いていて「このスポットはいけるよ。」、「この色、いいなあ。」時には、カメラがなかったりして「後ろ髪引かれる様な風景」を、なんとか持ち帰りたいなあと携帯で撮ったりとそんな夢が増えた。

景色だって、物だって、色だって、スポットだって当然自分の頭の中で作られたものだ、自分の気に入るようなものばかりである。



僕はカメラが趣味になってはいたが、「ココまでオレはハマっていしまっているのだろうか?」ここまでくると飽きてくるのも早いのじゃないかと、ちょっと危惧している。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >