冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 12 2012

Category: 日記・情景  

◇ いよいよの大晦日

上古町 法音寺小路




上古町の路地




上古町 新川小路




上古町 真浄寺小路




鍋茶屋通り




古町10のお菓子店


いよいよ今年もカウントダウン、
今頃になるとやり残した事、失敗したことが頭に浮かぶ、楽しかった関西旅行の事は遠い昔のようにどこかへと行ってしまった気がする。

記憶に残るは楽しい事よりも、辛いこと、、、、時間だってその時は、永遠のように長がく感じたりして。

でも、今は「喉元過ぎれば熱さを忘れる」である。
除夜の鐘の音で嫌な事を忘れましょう。


本年度中はありがとうございました。

来年はいっそう頑張っていきますので、また宜しくお願い申し上げます。


Category: 日記・情景  

◇ 2012年、年の瀬風景

交差点



交差点



古町通り



白山神社


モノクロ風景、日本海側の冬は青空がぐ~と減ってくる、その代わり陰気な曇り空に覆われたような日が増えてくる、ともすると、ともしなくても雪の空もある。
そうすると僕は気分を反映させるようにモノクロが増えてくるのである。



Category: 日記・情景  

◇ 新潟まちなか、師走風景

古町通り



西堀通り



古町の駐輪風景



柾谷小路

まだ雪のない師走の風景(今現在はある)。
街を歩いてみると風景自体はあんまり変わらないが、商店街の前を通ると店の中からの雰囲気が「売るぞ~!」さあ、いらっしゃい~!というようなプチ気迫、
街行く人の歩む速度が何がしか速く、ケイタイで話しながら歩く姿などを見るとやっぱこれは師走なんだって気がしてくる。

今年もあと三日である。

当ブロブは年内無休。正月だってお休みはなし。



Category: 日記・情景  

◇ 年の瀬、人生   - 徳川家康 遺訓より抜粋 -

上古町

こんな言葉が浮かんだ。 「人の一生は重き荷を背負いて遠き道を行くがごとし・・・・」 ― 徳川家康遺訓 抜粋 ―



小原小路




スクランブル交差点




街の灯


一年、時に人生と重ねて考えてみたりして。

「まだまだと思っていたが、ここまで来たなあ。あと何年だろう。」と時々思いたくないが考えてしまうのである。



ちなみみ、全文は・・・・・

「 人の一生は重き荷を負うて遠き道を行くが如し 急ぐべからず不自由を常と思えば不足なし
 心に望みおこらば困窮し 足る時を思い出すべし 堪忍は無事長久の基

 怒りを敵と思え勝つことばかり知りて 負くるを知らざれば害その身に至る
 己を責めて人を責むるな 及ばざるは過ぎたるに勝れり 」


Category: 日記・情景  

◇ 年の瀬、そして一年。

晩秋の頃




晩秋

1年、秋だ、師走だと思っていたが、もうクリスマスも終わった。
あとは除夜の鐘だけである、、、おっと、大掃除もあった。

1年の長さの感じ方は段々と短くなってくる。その1年間を感じる長さは年齢分の1だそうで、たとえば10歳ならば10分の1 として、
30歳なら30分の1、40歳は40分の1、60歳なら60分の1 の1年の長さを感じるスピードってことなるらしい。
単純に言えば10歳の子供に比べると60歳の人は1年が6倍の早いなあと感じ、30歳と比べたら1年間が半年くらいに感じるらしい。
小学校の時の1年間はえらく長く感じたものだ、子供時にばあさんが「ホント年取ると1年が短い。」って会話があったが当時は理解できなかったが、
今では夏が終わる頃のは「えーもう夏終わり?」てな感じになっている。



Category: 日記・情景  

◇ 海のある風景、信濃川河口

信濃川河口




新潟市街風景




新潟西港

風が強く海が荒れるようならとココのこんな風景を思い出して行ってみたが、すでに同じ発想の先客が3人いた。

やっぱり一度でもこの風景を見ると頭の中に風景の印象が織り込まれるのだろう。

ここは新潟西港であり佐渡汽船、日本海フェリー、タンカーの出入り口である、この日はさすがに船舶は欠航だった。

後で気がついたのだけれど、こんな荒れた潮の飛びまっくっている風景の脇で、ショベルカーは動いていたのだった。



Category: 海・情景  

◇ 冬、海辺のシャワーのある風景

冬の海辺のシャワー


冬のある海水浴場の風景、海は荒れ潮が飛んでいた。
ちょっとするとメガネのレンズは白くなった。

海から風がときたまゴーと音を鳴らす、その中でポツンとシャワーが立っていた。

いつもなら潮風で錆びないようにビニールが被されているのだが、来年の夏は大丈夫なんだろうか?と思ってしまう僕がいる。
まあ風景的には僕はこれで良いのだけれども。


Category: 冬・情景  

◇ ウミネコ Merry Christmas!de あります。

空を舞うウミネコ

クリスマスである、一年もあっという間だ。

それに合わせた写真でもと思ったけれでも、、、、、、ない。

ともかく 

            Merry Christmas ☆彡

            良い日を過せますように。                
                                      うみねこより



ちなみに、尻尾の黒いは”ウミネコ”、白いのが”カモメ”。


Category: 日記・情景  

◇ 日本海、波の花が舞う日。

荒井浜




海上のウミネコ


この日、風が強く天気予報は日本海側には「波浪注意報!」が出た、こんな日は僕はやっぱり海へと。
冬の日本海は荒れ模様で荒井浜では波の花が上空へと舞った。

そして荒れ狂うような海の上を北風に乗ってウミネコも舞っていた。
こんな光景を見て僕は冷たい風の中で、「やっぱり冬の海はこうでなくっちゃ!」とつぶやくのだった。

ちなみに、以前の「波の花」の記事(前のブログでの記事)は ココ!


冬至も終わった、今日からは昼が一日々と長くなっていくのかと思うとちょっと嬉しくなってくる。



Category: 神社仏閣・情景  

◇ 慈光寺の森にて

ホオノキの落ち葉




慈光寺の杉並木




枯葉の森の空




慈光寺の池




慈光寺の天狗堂




杉の苔


僕のお気に入りの森である五泉市白山の麓の慈光寺。

駐車場から本堂に行くまでの杉並木があり、歩けば10分位と案内看板に表示があるけれど、僕はカメラと三脚を持って1時間位ぶらぶらと歩く。
まさに森林浴てな感じで空気は街とは違って冷たいようでそして濃い感じがする。

お目当ては道の両側に聳え立つような大杉の根元に生えて苔たちである。
ここで初めて”モスグリーン”っていうのは、この色なんだと実感させたくらい苔があちこちにある。ここは晴れているよりも雨上がりでしっぽりと苔が濡れた方が良い緑色がでるのでいつも長靴で探索なのである。

では、本堂は? それはいつかまた。


Category: 日記・情景  

◇ 奥胎内の黄葉風景

奥胎内




奥胎内の道路と車




道路の濡れ紅葉と青空が写る水溜り




奥胎内ホテル脇の落ち葉




奥胎内のカーブミラーの紅葉

落葉樹の記事を更新で紅葉で順序が逆になるが、新潟の黄葉風景。

見事な赤い紅葉風景をあちこちのブロブで見させてもらっているけども、こちらはそんな赤い紅葉ではなく、どちらかと言えば葉っぱが黄色くなる黄葉風景がほとんどである。


追記:3枚目は、雨に塗れた道路と紅葉と青空が青く写った水たまり。

   最後の写真は、ぼこぼこにへこんだカーブミラーに写った紅葉風景。

Category: 日記・情景  

◇ 空を見上げれば

ブナ




生命


久ぶりの青空をブナの木々の下から見上げる、青空の日が少ないだけに「なんて青空はいいんだろう。」と思った。

落ち葉の上を歩くと甘い森の匂いがしてくる、そんな落ち葉の間から小さな芽が出てたりして、油断して踏みそうになったり、踏んでしまってから「ごめん!」なんて謝ったする、いつの間に僕はこんな植物に優しくなっただろうと思った。
離れたところから沢の水の流れる音が聞こえていた。


Category: 日記・情景  

◇ 枯れ葉よ、枯れ葉~♪:Autumn leaves.

奥胎内の落葉樹




奥胎内ホテル脇の落ち葉


いつも秋になると年甲斐もなくこんな風景を見ると「物悲しいなあ。」とちょっとセンチなるのだけれど、実はこの帰りに事故った、おカマを掘れられた。

どうやらセンチだったのは、僕よりも後ろの車だったのかもしれない、脇見だった。


今は怪我は幸いに何にもなく、愛車が修理され戻ってきた(後部全部取り替え)。

師走、みなさんお気をつけて下さい、と云っても後ろばかりはなあ。。。。



Category: 日記・情景  

◇ 晩秋、落葉樹

落葉樹




奥胎内の落葉樹

紅葉を探して山奥へと車を走れらせるが、ガソリンの残りの走行距離50kmと表示、山登りだもの帰ってこれるのだろうかとちょっと不安だったので、
エアコンを切り省エネ走行で寒さは我慢だった。

そんななか運転中に突然僕の目に飛び込んで来たのは谷を挟んでの向こう側の山の木々。
ウソだろうと「出来すぎのような落葉樹風景」を車を降りて眺めていたが、やっぱり「カメラ、カメラ!」と動いてしまう俺、観賞よりも撮ってしまう。

平野部よりもやっぱり山間部の朝晩の気温は低いんだろうなあと思ったのだった。


Category: 日記・情景  

◇ 今更の紅葉風景

奥胎内の紅葉



地名は熊出の紅葉②



地名は熊出の紅葉①




奥胎内の紅葉

12月になって今更の紅葉。

写真が趣味になる前は紅葉の時期って長いと思っていたけれども、写真を始めて意外に紅葉の旬は短いのだと気がつく。

でも、撮る事は撮ったけれども今年の紅葉撮り始めの風景。


Category: 日記・情景  

◇ 会津坂下のJR只見線無人駅「若宮駅」

只見線、若宮駅踏切



只見線、若宮駅



只見線の無人駅若宮駅風景



若宮駅風景

僕の趣味のひとつ、駅風景撮影。

福島県会津坂下町 JR只見線「若宮駅」会津盆地にある無人駅である、車にナビ(ホンダの純正)があっても行けなかった駅である。


衆議院選挙運動の最終日の土曜日、開始当初はちり紙交換車並みにゆっくりと走っていた街宣カーが、今日はあっという間に家の前を通り過ぎて行ったけれど、名前だけはしっかり残して行った。

ゆっくりと連呼して名前を覚えてもらるよりも、効果的かもしれない。

本日、期日前投票してきた。過去にどんな人でも僕の投票した人は当選したが、今回はどうだろうか?


Category: 福島・情景  

◇ 福島県喜多方の夕刻間際の駆け足

何が出るんだろう、蛇口。




やっぱりいいわ、赤い建物。




飲食店前の庭




喜多方の蔵造り


あっという間に陽は傾き、夏場ならまだまだイケるなあという時間でも空は暗くなってきて、喜多方についた時はせいぜい後1時間。
至るところはもう影に包まれてしまっていてあちここち散策もできないので、でもせっかく来たのだしと自分のお気に入りの「景色」だけを足早に進んだ。

やっぱりこの水道の蛇口は外せなかった。


Category: 海・情景  

◇ 電柱のある砂浜風景

砂浜



この風景を地元の浜辺で初めて見つけた時、「電柱の存在感がなんだかいいなあ。」と、でもよーく見たら電柱だけで電線はなかった。

こうなると、用を足さない電柱は僕にとっての浜辺のオブジェとなってた。


本日、冬タイヤに交換、オイルとフィルター、久々なのでフラッシングをY・Hでした、11,000円(><);
こういう突然のような大きい出費が年末って感じがした。
Category: 冬・情景  

◇ 誰もいない海

誰もいない海



僕は、過去に海へと釣り、写真撮りなので出掛けて車が砂にハマった事が数回ある。
一番最初は釣りで砂浜へと轍があるので行けるのだろうと思って浜辺へ、さてどの辺に停めようかと車を止めて場所を物色、
再度アクセル踏むとタイヤが空回り、後はギアをバック入れようが前進入れしようが、もうタイヤは空回りばかりして駆動の前輪は埋まっていった。
幸いにまわりに人がいたので何とか脱出して事なきを得たが、それから3回くらい経験したけれども、
一度は、夜の誰もいない浜辺でやった、タイヤ周りの砂を掘ったして脱出を試みるもまったく駄目、その時はちょっと涙が出た。
・・・・結局は脱出できず、JAFを呼んだけれども会員なかったので、来るまでしばらくかかった。

今は「石橋を叩いても渡らず」、「君子危うしに近づかず」である、またやったら僕は相当のバカだ。


こんな轍が浜辺にあるからって、車は注意である。
Category: 日記・情景  

◇ 新潟、太夫浜

北区太夫浜


やっと地元のものをUP。

ふた月以上も関西旅行で撮ったものを載せてきたが、このふた月の間撮ってはいたが、関西旅行の刺激がありすぎたのか、
僕の頭は「明日のジョー」ならぬ最後は白くなっての、写真に関しては頭が白くなったような燃えてこない時間が続いた。

そんな中の海岸風景。
Category: 京都・情景  

◇ 今出川通、相国寺参道と夢

今出川通同志社前の自転車




啓明館




アーモスト館




相国寺山門




相国寺参道

風邪で寝ている間、色んな夢を見た。
大体風邪を引くと訳のわからいような夢を繰り返し繰り返し見るパターンだ、今回は奈良の風景が、いつの間にか千葉房総風景の足場の悪い海辺に変わってたりしてなんだなんだここは?っていう夢。
小旅行していて見知らぬ町へと旅して「ここは!」、「ここは!」の連発でお気に入り風景に出会うが、他はどうなのって先へと進みながらも、通り過ぎてはまたそこに戻ってカメラを構える夢。
そしてカメラつながりなのか、ついには、宮崎あおいが僕の夢に出てきた。
(職場が同じ設定なのか)僕に「昼食で食べたいラーメン屋さんがあるのだけれどもここから15分掛かるので、下見したいので連れ行って欲しい」ってことで助手席に宮崎あおいを乗せてラーメン屋を目指す夢だったが、しかし、いつまにやら宮崎あおいは消えてた。



■ これにて長々の京都・奈良・尾道シリーズは終えて地元風景に戻ります、ストックはあるもののネタ切れ時にでも。
また地元新潟から。・・・こんな青空は中々出会えません。

Category: 京都・情景  

◇ 朝日のようにさわかやに、京都

京都の日の出




京都の朝日




京都の朝陽




京都東山に朝陽がさす

宿泊先で撮った東山に差す朝日の風景。

風邪にて本日日曜日は朝からずーーと寝ていたが、さすがに腰が痛くなり起きる。
起きてみれば、外は白い世界。他の地域でのブログを拝見してよそ事のように思っていたけれども、ついに自分の所も積雪は約20cm。
「来たか。」と嫌な順番がまわってきたようだった。

こうなってみると京都に差す朝日のさわやかさが悲しくも懐かしい。
Category: 日記・情景  

◇ 秋桜(こすもす)

新潟のコスモス




喜多方のコスモス




京都伏見のコスモス

花の写真で更新されているからって、亡くなった訳でもないにゃん太郎であります。
ちょっと食欲がおちております、快復後はダイエットになってくれたりして。

コスモスの季節は終わったけれど、いくつも撮ってない今年のコスモス。
カタカナよりも「秋桜子」って書いて「こすもす」と呼ばせるスナックがあって、昔僕は花よりもそちらの店のお姉ちゃんの方に僕は思い出があったりして、特にピンクと白のコスモスの花が咲いていると思い出すである。



w(゜o゜)w アチャー !! 寝すぎて腰が痛くなり、ちょっとばかり体を動かした方がとPC起動、ブログ確認、風邪の為10日分も予約投稿していたはず・・・と思ったら更新されている~(泣)



Category: 京都・情景  

◇ 名勝-枳殻邸(きこくてい)- 

渉成園(しょうせいえん)




渉成園(しょうせいえん)




渉成園(しょうせいえん)季節はずれのゼンマイ




IMG_4670ssz_20121208232611.jpg




渉成園(しょうせいえん)




渉成園(しょうせいえん)




渉成園(しょうせいえん)


京都・東本願寺のお庭である、かといって東本願内にはなくちょっと東に離れてある。

細かな説明は、省く。
数年前のデータ(とあるブログ)で、無人で入園料は寸志と書かれていたとあるので、百円でいいかなと思っていたっら料金所に5百円と明記されていた。

百円から5百円差では目玉が飛び出るくらい高いなあと思ったうえ、係員までいて百円って訳にはいかんだろうと、何年もここは次ぎの京都の観光では、はずせないなあと思っていたので5百円を払うと、
分厚い26ページものパンフレットをくれた。それは実に立派で映画のパンフレット以上の素晴らしいパンフレットだった、これなら拝観料を入れても5百円は安いなあと思った。
改めて、いい場所にあるなあと思った。


ちょっと風邪を引いたようであります、書いていることが朦朧としているかもしれないけれどご容赦願いたい。
皆さんも、ご自愛なのどと云って気をつけていても、家族がどこからかもらってくると、もうダメであります。


Category: 奈良・情景  

◇ 奈良の帰途

唐招提寺金堂夕景


奈良の町には陽も翳ってきて時間は午後4時59分。

僕もギリギリにまではと粘っていたけれども、さすがにそろそろ出なくてはと足は門へ。
名残り惜しく最後の1枚と後ろに振りかえると、金堂前にひとり、金堂の中の千手観音を頭に焼き付けているのだろうか、二人がまだいた。
名残り惜しさ、あきらめ、救いの気持ちなどなど、僕はこの二人には負けていたのだろう。


門を出てぶらぶらと歩き、西ノ京駅へ。

唐招提寺門前夕景




西ノ京 薬師寺の塀





近鉄橿原線西ノ京駅




近鉄西ノ京駅ホーム風景


近鉄線大和西大寺駅で乗り換え、特急がホームに入ってきて「やれやれ。」と乗り込む。
ドアが閉まってホームの乗客を見て、何でみんな乗ってこないだろうと「近鉄線の特急は特急料金がいるんだ!」と気がつく。

近鉄線特急車窓風景




近鉄線特急車窓風景




近鉄線特急車窓風景




近鉄線特急車窓風景

お陰で奈良・京都の町を車窓から撮り放題、というよりも特急料金追加分も元を取らねばと空いていることを良いことに座席を右左、
しかし、JR・私鉄と各社で違うのは乗る方は戸惑ってしまう。




Category: 神社仏閣・情景  

◇ 唐招提寺/鑑真和上御廟

唐招提寺 鑑真和上御廟瓦塀




唐招提寺 鑑真和上御廟内




唐招提寺 鑑真和上御廟内




唐招提寺 鑑真和上御廟




唐招提寺 鑑真和上御廟の門

やっぱり足跡を残した人の墓は違うと思った。
「何だ、この苔は?」と感じた時に僕が死んでもこんな墓は出来ないだろうと思った。
まして参拝者まで来る。


唐招提寺 御影堂




礼堂




唐招提寺 

閉門時間間近で人のいなくなった唐招提寺、その寂しさなのかそんなことを感じさせた。


Category: 奈良・情景  

◇ リベンジのような唐招提寺

唐招提寺 金堂、平成の甍



講堂、鐘楼



礼堂



御影堂 門

何年前かに薬師寺を参拝して、ここ唐招提寺まで歩き、門から中を眺め、復活した「天平の甍」は目の前にあったが、それでもあちこちまだまだ平成の大修理の最中、肝心の三尊は見れないし時間も問題もあったので、やむなく山門前で退散。

しかし、それから後に図書館で眺めた写真集、ビデオ、TV番組とかで見ると、修復中でも寄ればよかったと後悔したり、
なのでここもやっとの参拝だったけれども閉館1時間前、ちょっと焦る。

6度目やっとの日本に渡来した鑑真和上の思いからしたら大した事ではないのだけれども。
Category: 神社仏閣・情景  

◇ 奈良の長谷寺

奈良の長谷寺 参道




長谷寺 本堂




奈良の長谷寺




奈良の長谷寺 天神橋から望む




近鉄大阪線長谷寺駅ホーム

いわずと知れた奈良の長谷寺であります。

僕の歴史からすると初めて鎌倉の長谷寺を参拝して、十一面観音の大きさと自愛に満ちたお顔にビックリと共にじーんと感動した。
その時、ホントか、ウソか、はたまた聞き違えかかもしれないが、そんな観音様は古くは奈良の長谷寺から流れて湘南の浜に上がったのだと聞いた、
当時の僕には奈良なんて関西の遠い場所であり、僕には関係がないなあと思っていたが、頭には「長谷寺」=「奈良」の方程式が記憶されいて、これが時間は経ったが縁というのだろうか、ここ奈良の長谷寺も参拝できたのだが、行ってみたゆえか実際ここまで書いていて、自分の聞き違えだと思えてきた、地理的背景にここから流されて鎌倉までは無理があると思った。

なので自分の大間違いの記憶なんだろうと、行ってみてわかることってあるものだと思った。
Category: 京都・情景  

◇ 朱の杜、伏見稲荷大社

京阪本線伏見稲荷駅




伏見稲荷大社




伏見稲荷大社 




伏見稲荷大社 鳥居の杜





伏見稲荷鳥居




伏見稲荷大社 鳥居




伏見稲荷鳥居


赤い鳥居の前は、カメラを持っている人は人を入れない鳥居の風景をみんな狙っているので、誰もいなくなるのを待ってるけれども、
それはここは超のつくくらい有名な伏見稲荷大社、そんな瞬間はあるのだろうが、それを待っている人が鳥居前に立っていると、「なんだろう?、なるほど!」と俺も私もとまた人が集まる、そんな僕もちょっとは待っていたが、きりがないので待つのをやめた、人物が入ろうが何が入ろうがと適当に撮って先に歩いた。
すると、これが人がいなかったりするんだよねえ。




おもかる石、やっと初めて持つことができた。

伏見稲荷大社 おもかる石

石灯籠の頭の丸い部分を持った時に、軽く感じたら願いが叶うというのだが、僕は重くもなく軽くもなく見たままだった。
それなり?
Category: 京都・情景  

◇ ジャパーニーズ・ネオンサイン、in KYOTO

夜・四条大橋




京都 鴨川夜景




京都 先斗町裏鴨川夜景




京都四条、東華菜館


何ゆえに、今井町から突然の京都のネオンなの?

まあいいじゃあない、人生色々だし、12月師走だし、イルミネーションの時期だし。

本日、お気に入りのレストランが閉店していた、いつも前を通っては写真を撮らずにはいられなかった店構え。
閉店してみて「食っておけばよかったなあ。」と思うが、あーとのまつり。

何事も食えるときには食っておく、しかし写真の対象がまたひとつ減ったのだった、そんなこともありこちらも気分転換。

■ 全部手持ち撮影の為、ISO感度上げたら京のネオンもぼろぼろですわい(><);

三脚があると、、、、。



1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >