FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 06 2012

Category: 福島・情景  

喜多方まちなかめぐり ⑤ + JR只見線 会津高田駅

ふれあい通り


一丁目


一丁目


若喜商店 蔵

3枚目の瓦の風景は去年も撮った、自分に取ってはどこか惹かれる物があるらしい、昨年の撮影枚数150枚くらい、そして今年は300枚、
僕の見る眼も変ってきたってことなんだろうか。あっ、カメラが変っている、いやっ!たぶん梅雨の最中の好天気が気分を高揚させているんだろうなあ。

*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しかったら御覧下さい。

Category: 福島・情景  

喜多方まちなかめぐり ④ + JR磐越西線 喜多方駅

シュールな蛇口



小田付道上路地



小田付道上 植木


歩いていると突然ブロック塀に水道の蛇口があった。
「トマソン」並になんのためにあるのかと、まさかに道行く人に喉が渇いたらいつでも飲んで~って訳ではないことは多分わかるのだが。
家の前に水道の蛇口ある家は、数え切れないくらいあるが、蛇口だけ敷地から突然のように飛び出ているのはまず珍しい。

そんな不思議な蛇口の後ろ髪をひかれつつ進むと狭い路地には植木鉢いくつも置いてあった、こうなると路地なのか個人宅敷地なのかわからなくなる。
たぶん、個人宅敷地のような気もしたがこれら植木群に惹かれパチリ。


*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しかったら御覧下さい。




Category: 福島・情景  

喜多方まちなかめぐり ③ + JR磐越西線 会津豊川駅 

甲斐本家蔵座敷


甲斐本家酒蔵


甲斐本家酒蔵

甲斐本家蔵座敷は、NHKの「美の壺」の「蔵」でも登場紹介され黒漆喰のりっぱな蔵造りの座敷で国登録有形文化財にもなっていて公開されていたが、
昨年暮れ公開をやめられたらしい、昨年7月に来て見ていてよかったなあと思った。時々こういうパターンがあるので「見ようか、見るまいか」、「買おうか、買うまいか」と迷った末に「見なかった」、「買わなかった」で後悔することがあるので躊躇したら「行動しておく」ように僕はなった。

ちなみに3枚目の右の門が開いていて、ここから入ってこの酒蔵を見学して反対側にまわると蔵座敷があった。
Category: 福島・情景  

喜多方まちなかめぐり ② + JR磐越西線 姥堂駅

白山米穀店


清川

喜多方の小路を歩きちょっと息を呑んだ銭湯風景、今は「白山米穀店」の看板がある、以前来た時にも見ているはずだが手前のさら地には家がまだ建っていたのでは思う。

そしてやっぱり煙突、地酒の酒造蔵元が何軒かあるせいか煙突が目立つ、たまらないのはレンガ造りの煙突になっている。

*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しかったら御覧下さい。


Category: 福島・情景  

「ダウンタウンへ飛び出そう~♪」福島県喜多方市 ① + JR只見線 塔寺駅

蔵とMINIサイクル


若喜商店


蔵と蔦


ガンバレ東北・福島というので、福島県喜多方へ。梅雨の最中ではあるが天気予報では信じれないことに一日晴れになっていた。
これなら喜多方へ行くしかないなあと車を飛ばした。そして現地では抜けるような快晴だった!

蔵の町と銘打つだけだけあってまさに蔵だらけ、一年ぶりの町歩き、勝手知りたる喜多方の町だメイン通りはパスして即裏通りへ、裏道へ奥へ奥へと入っていた。

Category: 山・情景  

神頼み

擁壁


法面保護


先日、日課になっている夜のウォーキングの途中にお堂で「どうか宝くじTOTOで1億円が当りますように。」と手を合わせた。
するとしばらく行った交差点で、なにか丸いものが落ちていた、お金?
1円玉だった、なーんだと思いつつも拾おうとすると?? 5円玉2枚と100円玉も脇に落ちていた、合計111円拾った。

5円玉2枚っていうのが「ご縁がある」って具合で妙に神がかっているなあと思ったと同時に、さっきのお祈りがきいたのか、幸先がいいなあと思ったが、待てよ、はたまた「1億円なんて欲張らずにこれで我慢しろい!」ってお告げなんだろうかと両方浮かんだ、どっちだ。



■ 山道の擁壁・・・がけ崩れ防止の崖の地盤固め。 ともかく、そんな光景が美しく見えた。


*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しかったら御覧下さい。


Category: 海・情景  

新潟市北区、太夫浜 更新追加画像あり

太夫浜

新潟市北区太夫浜

たんぶん、他の人ならこんなふうに撮らないだろう、立ち上る煙が湾岸戦争の折のクェートとか思うような海岸風景。
けっしてそうではない、あくまでも撮り方である。

向こうに見えるのはMG化学の工場である、一度でいいから工場萌えで工場内部を撮りたいものだが、しっかり関係者以外立ち入り禁止があるので、ここからならなんら問題はないだろう。


Category: 福島・情景  

福島県南会津郡下郷町 大内宿

大内宿


大内宿 屋根


大内宿の路地


大内宿 セピア

会津若松から日光へと通じる日光街道筋にある大内宿、今だに茅葺屋根の家がずらりと並び軒下には店を開いている。
そんな風景から江戸の昔を想像するとこんな光景だったのだろうかと思う。

越後・新発田藩の参勤交代コースは会津領を通り、この宿場を通ったであろう、そして多分、「下に~、下に~!」の後、休憩か泊まりだったんではなかろうか、そして日光、江戸へと向ったのでではないだろうか推測される宿場町である。

最寄の会津鉄道・湯野上温泉駅が茅葺屋根なのもたぶん、この茅葺の町並があるからなのかもしれない。

耳を澄まして周りの観光客の話し声を聞くと、おばちゃんも、若いキレイなお姉ちゃんも、みんな~、あのー訛りのある~、東北 弁で~、しゃべってんだ~、それを聞いて昨年の「3.11」を思えば東北地方は観光まで出来るようになったんだと思った・・・(それは全部の地区でないにしろ、去年を思えば落ち着いてきているのだなあと感じた。)


Category: 花・植物・情景  

Monochromeで菖蒲に出る

白い菖蒲の花


菖蒲


僕の誕生月は6月であり、いわば誕生月の花ようでもある菖蒲だけれどどうも好きになれない、菖蒲園に誘われてもあんまり気乗りはしないくらいなので、自分ひとりで撮りに行くなんてありえないこと、そんな訳で写真を撮っても綺麗に撮れたためしがない。
写真は気持ちの注入~!必要である。

でも、この菖蒲だけは特別である、「綺麗に見えた。」、「撮りたい。」思った。
モノクロだけれども僕のイメージではこんな風に白い菖蒲に見えていたのである。そして初めて菖蒲を撮りたい~と、
菖蒲撮りに、勝負に出た写真である オイオイ(¬д¬。) ジーーーッ 結果は?





Category: 山・情景  

シダ:羊歯

シダと黄色い花


山のシダ


山に入ると、あちこちにシダが満載である、まだまだ若葉なので葉っぱも綺麗だけれど、これが大きく育つ頃には緑も濃くなり葉っぱも枯れり虫食いがあったりになってくる、シダに限らず緑は今が旬なんだろうなあ。


Category: 山・情景  

山の看板

クマ出没


山の道


ホウノキ

山にかかる霧が撮りたくてずっと山道を奥へ奥へと車を走らせる。
そこに現れたものは! クマ同様に僕をビビらせた。

車を降りて撮ってはみたものの「ガサッ!」と草が動いただけでドキリとした、地元の農家の人だった。
マイカーだからこそここまで来れるが、徒歩だったらちょっとちびるな。

山道を車を走らせていると道路脇に黒い影が見えた!ついに現れたかとびっくりする共に黒い影の方をよく見ると、それは黒いタイヤだった。
不法投棄である、こんなことをする奴こそクマにでも襲われたらいいと思えてくる。



*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しかったら御覧下さい。





Category: 日記・情景  

地獄極楽小路

地獄極楽小路


 「通り一本はさんで一流の料理屋があり、巷の人は地獄極楽と呼び、新潟名物の一つになっていた」「行形亭(いきなりや)の築山からは刑務所の中が見下ろされ、美しく着飾った新潟芸者が客と戯れる態を好奇と羨望の眼で見上げる収容者。これは新潟刑務所独特の情景であった」「お隣の三味の音や歌声まで夜間はよく聞こえるので、感無量なものがあるだろうと思慮致した」

 収容者が自殺未遂を図ったこともあったらしい。一命を取りとめた後の事情聴取に、「自分も隣の極楽さんに出入りした身分であったが、今は地獄につながれの身である。これが世間でよく聞いた地獄極楽かと悲観のあまり自殺を決意したと告白した」との記述もあった。

■ 説明及びエピソードは、産経ニュース記事より抜粋



12345678910111213141516171819202122232425262728293006 < >