冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 05 2012

Category: 日記・情景  

みどり光る

新緑


翠映えて

GWの頃のもの、若葉初々しい緑の頃お気に入りの森へと行った時。

お日様が当る若葉の青は眩しく光り森の脇の小川にそんな緑がただ事でないくらいに写りこんで光っていた、僕にはそれは緑ではなくて黄金色にも見えた。

写真を撮りながら僕は、「にたー」って顔をしていたに違いない。


Category: 日記・情景  

某市 某簡易郵便局

郵便局

某市 某簡易郵便局・・・しっかり現役。
局名を書いてもいいのだが、この建物でセキュリティは大丈夫なんだろうかと、この更新がきっかけで強盗にでも襲われたらと思うと、郵便局名は書けない次第の某簡易郵便局である・・・(でもわかる人はわかってしまうかもしれない)。

仮にも金融機関だし、このレトロさがいいなあと思って写真を撮って変に「(¬д¬。) ジーーーッ 怪しい!」って誤解されていけないので写真を撮る日は、営業していない日曜日とかと休日に撮る。
Category: 日記・情景  

JR東日本 羽越本線・五十川駅(いらがわえき)・・・これだけ?

五十川駅b


五十川駅a

昨日に続き、鉄道関係・・・たまたま、ストックがあったので合わせてみました。

初めて見た時は、「なんだ、これだけ?!」と視界がさっぱりしすぎているのでなんか物足りねえなあとまわりを見渡した。
プラットホームはしっかりあるし、ホームに待合室もあるみたいだし。
何か足りねえなあ、そうか、駅舎だ、どこにある?駅前ってだいたい舗装されてなかっただろうか。
そして見えてる向こうのホームへはどこからどう行くのだった。
まさかこれが?駅舎!トイレかもと思ったが、駅舎なのか、探ってみたら向こう側のホームへとつながる地下通路の入り口だった。
待合室は、写真左写るコンクリート建物になっていた、ここは無人駅でもあり、出入り口はあるが駅舎がないのだった。
さっぱりし過ぎる駅ではあるが、けれども僕にはずっと記憶に残る駅になった。

・山形県鶴岡市五十川 JR羽越本線五十川駅 無人駅でホームからは日本海が見える。





Category: 日記・情景  

磐越西線 豊実駅(ばんえつさいせん とよみえき)

豊実駅キハ47


キハ47豊実駅


豊実駅

TVで鉄道写真を撮るのを観た。
僕もいいなあと撮りたくなって、撮るならあそこしかないと磐越西線豊実駅、以前撮ったイメージで撮ればいいなあと出掛けた。
お天気も晴天で快晴は同じ、季節も同じ、列車の時刻も同じ、撮った場所も同じだったけれど、今回は桜も散った約20日遅れて桜の木は葉っぱだらけどころか至る所緑の葉っぱ、葉っぱ、同じように撮れるかと思ったらやっぱり大甘の僕だった。

自然の風景は、いつも同じだろと甘く見たら痛い目にあう。

別段、僕は鉄男って訳ではないけれど列車(ディーゼル車)の写真を撮ると走って来た時のなんともいえないドキドキ感があるんだよねえ。
ちなみに、列車は15時42分発下り新潟行き、この時乗り降り客なし。列車型 キハ47 でカラーリングは新潟色。昨年の7月の福島・新潟大洪水の影響で一時磐越西線は一部ストップしていた。
やっぱり近くを流れる阿賀野川を見るとその時の爪あとがなまめかしく流木・瓦礫・ゴミがまだあちこちに残っている。
Category: 海・情景  

浜辺にて

浜辺


海辺

漂着物と公園

何か書かねばと無理やり頭をひねっても文章が浮かばない時だってある日。




Category: 海・情景  

夏を待つ海辺; Beach Side.

BEACH


シャワー

すぐそこは海である。
海の家も、設置されたシャワーも、「まだかなあと夏を待っている」そんな風景だった。

まだ人だって泳ぐ訳でもないが、浜辺では子供がはしゃぎ、大人な楽しそうに散歩、カメラを持ったオジサン、わんこ、「どんなかなあ?」と海の様子を見に着たみたい。

日差しは夏直前の「ただ今調整中!」みたいな感じで、温度を上げたり下げたり、あとは太陽さんの気分次第。
もうすぐ、ここにも海水浴風景に変るはず。

・新発田市藤塚浜




Category: 日記・情景  

浜辺の集落を歩いた

藤塚浜の木


小路


海抜

真っ青な空の下、(新発田市)漁師の町・藤塚浜の集落の坂道を歩いた。ひっそりとしたどこにもあるような集落だったが、どこか違った。
何本かある小路を入っていくと緩やかな坂ありそこを登り越えた先は、日本海へとつながる。

ここをカメラをぶら下げて写真を撮って歩いた人間なんて歴史上いないんじゃないかと考えながら歩いたら、「なんてオレは偉大な事をしているのだろう!」と嬉しくなった。
が反面、怪しまれていないだろうかとやっぱり人の目線が気になったが、通ったのは、バアチャンだけで僕を怪しみもしなかった。

海辺近くの集落に注ぐ日差し、そして影はもう夏模様。
Category: 海・情景  

鳥瞰・帰還

脇川漁港


帰還


漁船

21日に載せた沖のボートが帰ってきた
漁獲具合は、甲板に載った青い空(カラ)のプラスチックのコンテナの重ね具合から見たらダメか〜って感じでしょうか?
21日に書いたように、やっぱり目的は魚というよりも海に沈んだ宝物とかなのかもしれない。
ここに来るまで、海岸線ではあちこちに釣り人を何10人も見たけれど、沖へ出た漁師がこうなんだから釣果はあんまり芳しくないのでは。

・村上市脇川漁港


Category: 海・情景  

ウミネコが、白く飛んだ日

黒いシッポ


飛ぶウミネコ


ウニネコと岩

5月快晴で気持が良かったが、この日持ち出した2台のカメラが白とびしっぱなし、地面は白くとぶは、シャッター速度がいつもより遅いは1台ならまだしも2台とも同じような症状で何だ何だ?とパニクり気味。

そんなあたふた頭で2時間近く粘って”まあ、見れるかな”ってのはやっとこれだけ。
当たり前に鳥さんにこう飛んで欲しいとか、こういうポーズなどお願いしてもとってくれるはずもなく、そんな瞬間を待つが緊張感が薄れ「やれやれ」とがっくりしていてカメラを下ろした時に、「ほーれ!ざまー見ろ」的にそんなシーンが起こる。
ますます「きっー!」なった。
Category: 日記・情景  

温故知新

旧七谷郵便局


img 8418ssz

・加茂市 旧七谷郵便局

時々、昔の建物で洒落ているなあと思うものがある、当時はきっと「ハイカラ」って言葉がぴったりだったんだろう、
木造の旧郵便局系を見るとたいてい「〒」の逓信マークが瓦が乗っている、細かい部分まで気を使っていたとうか、郵便局は国家の仕事って誇示していたのかもしれない。
最近は、古い家を改築しての喫茶店だのレストランなどがあるが、時に「無理があるだろ温故知新!」って思うような物件もある。
先日、そんな感じのレトロショップに立ち寄った、まあよく言えば骨董品屋だけれど、どこをどう眺めても骨董品というよりはガラクタを収集のような店だった。
当たり前に欲しいなあと思うような物はなく、場違いな所へ来てしまった感じですぐに、店を出たくなった。


もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新した、こことちょっと雰囲気を変えてみた。


Category: 海・情景  

とんだウミネコ日和

on the bort


風力発電

ウミネコととある駅を撮りに出掛けた。
カメラは2台体制で臨んだが、いいお天気だったので、とんでもないくらい眩しすぎたのかみんな白く跳んだ。
その上に露出の調整がうまく行かないどころか、Nikon D300が露出がまったく思うように働かない。
ここぞと思う時に思うようにカメラが動いてくれない焦り、そしておかしいなと思いながらもカメラを調整してもまったく直らないどころか、原因がわからん。
撮った写真をモニターでも確認して、「おっかしいなあ??!」道路の端で茫然自失的に立ってカメラがいじっていたがまったく直ってくれず、ちょっと汗が流れた。

そんな中、ウミネコ撮りに行った沖で漁船に人が10人くらいが立っている、網を上げているように見えないのだが、
僕は映画アラン・ドロン、リノ・バンチュラ「冒険者」よろしく、宝物でも探っているのではかと想像した。
Category: 日記・情景  

漫ろ歩き:そぞろあるき

スクーター


通り

______________________________________________________________________________________

漫ろ歩き:そぞろあるき [名](スル)当てもなく、気の向くままにぶらぶら歩き回ること。・・・goo辞書より。
______________________________________________________________________________________

でも僕の場合、「ぶらぶら歩き」だいたいのコースは決めているのだけれど、その日によって当たり外れはある、この扉の向こう側どうなっている、薄暗い路地の奥が気なったり、かえってそれが魅惑だったりして、
今日は「やったなあ。」と手応えで悦び勇さむかように撮ったものを家のデカイTVで確認すると「あらっ!」とガッカリすることがよくある。

そういう時、PCにデータを移して何日ほったらかしてから確認すると良くなっていることがある。
僕はこれを「寝かす」と云っているが・・・・実際の程はわからない。


・駅前楽天地・新潟駅北口


Category: 花・植物・情景  

白い菜の花(ダイコンの花)

白い菜の花


黄色の菜の花が終わると、今度は白い菜の花があちこち一面に咲いてくる。
しかし調べてみると菜の花とそっくりなのだが(同じアブラナ科の)ダイコンの花らしい。

晴れた日には光が反射して眩しいくらいで、カメラを構えて油断していると暗く写ってしまう。

写真を撮るようになって僕は色々知ることが増え賢くなっているはずである、「この白いのがダイコンの花だったんか。」と、カメラが趣味だと勉強になるのであった。

が、、、数日するとかなり忘れている。


・新潟市北区福島潟。
Category: 日記・情景  

藤の思い出

モノクロ 藤の花


藤というと昔、僕の家にもあった、それは時期になると見事な咲き具合だった。
ただ家のは伸びて2階に藤棚があった、花が終わると葉っぱは夏の日光を遮ってくれたが、時期が終わると種?だのもじゃもじゃの枝で掃除と云うか手入れが必要だった。
そんな手入れを今は死んだ婆さんがやっていた、今でも僕は屋根に上がって怖いと思うのに、婆さんなのによくやるわと思っていたが、後でやっぱり「おっかなくて手入れが出来ないから」と根元から切ってしまった。
藤を見たらやっぱりそれを思い出す。

モノクロ 藤



Category: 日記・情景  

藤の華の咲く頃

藤の花


藤 満開
陽が徐々に暮れ始め、藤棚へとライトの灯りの色も増していく。


今年お初の藤の花でも撮りに行こうかとライトアップされるというので新潟市江南区 北方文化博物館へと出掛けた。
しかし思った以上の人出で、駐車場は車の行列、藤咲く庭は人、カメラ、三脚がずらりと並んだ。
そして藤の花同様に気になったのは、みんなどんなカメラとレンズ、三脚を使っているかだった、勝ったなあ思える脇で僕はどーんと陣を構えた。
オレって嫌な人間になったなあと思った。
Category: 日記・情景  

木の床の電車

車窓

ちょっと車窓の風景が物足りなく、同行者にエキストラで歩いてもらった・・・まあ、いわゆる演出写真である、

当の本人は、意識してかどうかわからないけれど何だか歩く姿がThe Beatles 「Abby Road」の誰かに似てるようにも見えた、
でもこんなに離れているのにこちらの視線を意識してたのだろう普段と違いロボットみたいでぎこちなかった。

・加茂市・冬鳥越スキーガーデン内展示・無料 旧蒲原鉄道 電車モハ61



*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しくお願いします。
Category: 日記・情景  

懐古風景・鉄道

旧蒲原鉄道 モハ1・モハ61

今は動いてはいない電車だけれど、こうやって写すと今まさに駅へと入って行くように見えてくる。

実際にはこうやって乗客も乗って走っていたはずであり、さまざまな人間模様もあったのだろうなあ等と今は見れないそんな情景を思い浮かべる。
そう思うと撮ることで「今」を残せるものは何でも撮っておいた方がいいのだなあと記録を残すためにも撮っておこうと思う。
とはいえ、自分自身の記録となる自分のポートレイトは1枚も撮ったことがないなあ。


★彡 加茂市・冬鳥越スキーガーデン内展示 旧蒲原鉄道 モハ1・モハ61の2両連結、右端に黒くED1展示。



Category: 花・植物・情景  

母の日;Mother’s Day.

花 広角

土曜、日曜日と久ぶりの友ふたりと会った。どちらも予定外の出会いだったのか僕は嬉しかった。
けれど、僕は話しながら相手の顔を見ていると「こいつ、年を取ったなあ。」と感じた。

写真を撮っているとそんなことを思い出し、花のように枯れては、また次の年に咲いたらなあと思ったけれどそれは女子だけだなあと思った、そして僕は言うだろう「いつもお若いですねえ。」と。
男の場合は別で相手を見てオレもそんな年かと思わせるような年取った基準がないとなあとそんなことを考えていた。

今日は、「母の日」。
おふくろの顔を見ながら感じた「年を取ったなあ、かあちゃん。」。年取った母の顔を見るのはやっぱり悲しいものである、死んだ婆さんに段々似てきて、年々小さくなっていく、来年また咲いてくれたらなあ。
Category: 海・情景  

横たわるテトラポット

テトラポット1

とある漁村の護岸堤防前の砂浜の風景。

お天気のいい日、砂浜のテトラポットを見て動物番組に出てくるドドやセイウチがハーレムで気持ちよく日向ぼっこするシーンを思い出した。
Category: 花・植物・情景  

灯台下暗し的な

庭の植物
露出を落としただけなのにHDRみたいに。

”灯台下暗し”的な我が家の庭の植物、ついにネタ切れで困ったー的な無理やり探して来たようだけれど、年数回雨上がりには僕には美しく見える名前もしらない植物である。
でも、綺麗だなあと思う時はいつもバタバタして撮れそうで撮れていない。


*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しくお願いします。
Category: 日記・情景  

芽吹く

新緑・新芽

萌える新緑の始まり「芽吹く」、もうすっかり新緑の葉っぱになってしまったけれど載せるのをすっかり忘れていた
山陰(やまかげ)の芽吹き風景。

僕の住んでいる新潟・下越地方ではGWくらいからが「芽吹き萌え~」の見頃となるが、この新緑前の点描ならぬ”線描”のような芽吹き始めの風景の時期は意外と短かい。


若葉

明るい緑の木漏れ日からやがては、暗い森へと変っていく。



Category: 日記・情景  

忘れていた桜風景

手水


手水ひしゃく


手水舎

桜花びらじゅうたん



桜散る風景のUPをすっかり忘れていた。
さすがに大型連休だったんだ、撮りまくっていたってことだろうか。

ともかく、「ありがとう」来年まで「さようなら」。
Category: 花・植物・情景  

ほんものMoss Green

モスグリーン


モスグリーン


moss


moss green

杉の大木に生える苔、まさに本物のモスグリーンである。

カメラを始めてからとりつかれたように見るとどうしても撮りたくなる色がいくつかある、雨の後のこれもそのひとつ。

相手は、苔だけれど僕は萌え~なのである。

とはいえ、小学生の頃モスグリーンだとか言われてそれはもう綺麗な深い緑色のスエード風のジャンパーを着ていた、
綺麗がゆえに僕のお出かけ用の服だった、当時モスグリーンは”苔の色”だと教えられていたら果して着てたかどうか、それが子供心っていうのかな。
Category: 日記・情景  

GWの記憶の断片

旧新潟交通電車



廊下



とある港の風景



GWのある日の記憶の断片。
撮って1週間も経ってないのに、僕の中では「そんな事があったなあ。」的な他人事のような記憶になっている。

それは頭がボケてきたのか、見たものを脳ミソに記憶させる前に撮ってしまって終わりとなっているからだろうか。


*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しくお願いします
Category: 山・情景  

GWはGreen Weekだったりして

green


山の緑

「GW」の意味はゴールデン・ウィークではなくて、ほんとは「Green Week」だったりしないだろうか。

毎年のこと、桜が終わって新緑のを迎えると目の保養的に「これで少しは長生きできるなあ。」と思えるほどの緑の綺麗さである。
そして幼稚園児のような初々しい新芽の時期は1週間くらい、この時期がまたなんともボクの萌え~の時間でもある。
Category: 日記・情景  

フックに記憶を掛けるように整理する

フックにかける


菜の花

GWは終わった。NHK的に言えば「大型連休も終った」となる。
過ぎてしまうと実にあっという間の連休だった、その間の出来事が何があったろうかと思い起こすとすぐには浮かんでこないけれど、改めて連休の間に撮った写真を見返して記憶の断片をフックに引っ掛けるようにして整理するとあれもあったこれもあったなあと記憶が色々蘇ってくるのだが、

けれども、連休が終わったばかりなのにそれらは遠い記憶のような気がしてくるのは何でだろう。


Category: 日記・情景  

胎内市の川に霧は降るのだ

胎内川霧


胎内 木々

胎内市胎内へ、山奥の緑はどんなになっているだろうと気になったので車を走らせたら、未だに奥胎内へは積雪のため通行止めとなっていた。なんだ~とガッカリしていると、車を停めたその先の緑の谷間に霧が出現していた。
川霧である、僕は「おおっ w(゜o゜)w オオー !!」だった。

いつかはこんな風景が撮りたいと思っていたが突然の出現、しかし予想だにしない”時は5月である”有り得んだろう。
奥胎内は雪のため5月下旬まで通行止めになっているくらいだから気温は低いのだろう、そのせいか5月新緑の時期に雨と共に霧は出現したのだろう。
とはいえあっという間に霧は消えていった、今回のGWに儲けものをしたような気分になった。


Category: 日記・情景  

緑一色(リュー・イーソ)の頃

菅谷不動尊


菅谷緑


椿 白

GW後半、雨続き。
でもって頭に浮かんのだのが新発田市「菅谷不動尊」、桜も散ったし緑が綺麗なのではと、雨の中あえて出掛けた。

かえって雨でしっとり濡れた緑はまだ若々しく色も明るい、緑ってこんなに綺麗だったの?てな木々の緑だった。けれどこれはこれで良いのだが晴れて太陽が照ったら緑のシャワーならぬ、葉っぱ越しの緑色の光が降り注ぐだろうにと欲深く眺めた。



*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しくお願いします


Category: 日記・情景  

Black & Green

Black & Green

こんな色はどうだろうか?

黒、意味もない景色でもキレイに見えるモノがある。

Black

黒い机に外の光が反射し新緑がわずかに映えている光の様子、
僕はまるで青い光に引き寄せられていく虫取り器の虫のようにちょっとよだれが垂れてきた。


本日は雨、だからってくさっていてもしょうがないので出掛けた。
そして気がついたことがある、モミジの葉っぱが艶かしいように刺激的な緑色発っしていた、「なんなのだこの緑は。」しげしげと眺めた。
Black & Green が綺麗に見える新緑が青葉茂る頃までが僕の初夏までのお楽しみ、秋になればBlack & Red だ。
Category: 日記・情景  

On a rail

石を置く

GWに入ってのんびりとあちこちまわって写真でも撮りまくりと思っていたけれど、そうは問屋は卸してくれない。

そんなストレスがあるからか線路に置き石をした、てなことではなく、昨年も撮ったけれど、今年はカメラが変ったのでどんな写りになるのかとちょっと線路に置石撮影に行ったら、見事な写りになった。



*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので、よかったらご覧下さい。

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 < >