FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 04 2012

Category: 日記・情景  

・ご注意!・・・・・てな感じで

ご注意!


浜辺にて、冬の間北風に吹かれ砂に埋まったビーチのトイレの絵を発見。
「ワレワレはチキュウ人である!」てな感じのエセ地球人が本物の地球人をトイレと称しておびき寄せてようとしているようだった、何気に地面のうんこ色も気になる。
ホントに本物のトイレなのであろうか。
うっかり入って、どこかへテレポートされないだろか。

しかし、なんだぁ頭の上のは「タケコプター」か?、こんな怪しげな絵では僕はそんな罠にはひっかから・・・・・もしこのブログの更新が止まったら、僕はここの扉を開けたのかもしれない。

葉っぱ

「それよりも大事な部分をこの葉っぱで隠しなさいよ。」と僕は云ってやりたい。

■ こんな事を書いているが、あくまで僕の主観である、基本的はこういうセンスは好きである。


*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので、よかったらご覧下さい。
Category: 日記・情景  

Alice's Adventure in Wonderland

ALICE


観葉植物

ちょっとの雨でも風でも平気で歩きまわれてフットワーク軽く、これって春なんですねえ。

こちらはようやく咲いた桜が散っていった、あっという間。
しかし、しかしであるここ数日fc2のブログをあちこち覗くとチューリップ掲載が多く目立つ、ミズバショウ、ムスカリ、シャガの花などそこそこに目にするが、藤の花が咲いた掲載には流石に「ウソだろう、去年の写真でねえの?!」と深夜独りツッコミをいれた。
と、そのあと信じれんことにアジサイのアップがあった、僕の口からは「えっ!!」と出てから「えっーーーー!」とブログの隅々まで見た。

まさに上下に長い不思議な国の日本である。

ちなみにこちらでは、藤は早やければ5月上旬だけれど例年なら5月中旬ごろ、今年は桜も1週間遅れているのでどうなんだろうがアジサイは5月の下旬からだろうか。



Category: 花・植物・情景  

Gerbera:ガーベラ

ガーベラ

昔、女の子へのお見舞いにと、町の花屋へ。
花など買ったことがないのでどの花にしていいのやらわからない、お店の人に何がいいのかお勧めを聞いて持っていったのがこのガーベラ。
これよりも濃いピンク色だったように記憶する。
花びらが大きくて茎が太く葉っぱがなかった、花びらにはフィルムが巻かれ、当時の僕としては未知な花だっただけに、花びらにフィルムまで巻かれた花はえらく高級に感じた。
初めて買った記念すべき花としてはふさわしいと思った、

それを持って心臓をドキドキさせながら女の子のアパートへとお見舞いに向ったのだが、その女の子は外出中だったようで不在だった。
ドアのポストにガーベラの花束を突っ込んで帰ってきたが、内心はいなくてホッとしていた。




Category: 日記・情景  

REAR WINDOW:リア・ウィンドウ

リアウィンドウ



TAXI


しつこいくらいの雪、雪、また雪、今年はあきらめるように春が来ないのではないかと思った。
そんな今年もやっと桜が咲いた、そんな今年だからこそ桜が待ち通しかった。
あきらめていた打者が逆転さよならホームランを打ったみたいに「やってくれた!」そんな感じである。

街を歩くと桜、桜、桜で、街行く人の顔だってゆるみ気味で桜を見上げては写真を撮っていた。
僕もそんな一人だったが、こんなリアウィンドウを見つけて「はっ。」とした、春っていいなあと実感した時。


そうだ、ボクのブログタイトルは「冬来たりなば、春遠からじ」である、やがては春が来るのである。


Category: 花・植物・情景  

桜の園のディア・ハンター

桜写る


鹿桜


桜鹿

あの名画「ディア・ハンター」という言葉が頭に浮かんだ、黄金の鹿が桜満開の中で跳ねていた。
けれど到底あの作品の感動にはほど遠かった。

今でも浮かぶ、クリストファー・ウォーケンのロシアンルーレットのシーン、見ていてもドキドキの緊迫感とあのタモリに似たおじさん出現。

まあともかく、ボクのカメラ中で鹿は跳んだんだ。

Category: 日記・情景  

見上げるの事

天を見上げる


「何だろうなあ、天は我を見捨てたかなあ!!」、、、、わかるなあ、その気持ち。

頭を悩ます深刻な問題、トラブル、人間関係、そしてどってことない事の時までも、こうやって天を見上げる時がある。
しかし、時が過ぎてしまうとそんな事は忘れてしまう、天を見上げるよりも「時間」なのだろうか。


*もうひとつのブログ「日々是好日 Here come the sun.」更新しましたので宜しかったら御覧下さい。
Category: 海・情景  

四兄弟

四兄弟

昨年震災以来の各地の原発は停止、問題は色々あれどもそれは置いておいて、供給問題だけにしぼったら、
今年の電力量はどうなるのだろうと一昨年のあのとてつもなく暑かった夏を思い出す。

エレベータのボタンを押す前にちょっと考える・・・「階段にしよう。」と、すると後から僕よりもずっと若いヤツが何の躊躇もせずエレベーターのボタンをブチッと押す。
そういうのを見るとムッカ!として僕の体温が上がってまた暑くなるだなあ。

頑張ってくんさないよ、紫雲寺の藤塚浜の四兄弟。






Category: 海・情景  

shell:貝殻

shell

砂浜を歩くと点々と白い貝殻落ちていた。
キレイな形の貝殻を拾って堤防の上に置いた、写真を撮りながら「なんだか乙女チックだなあ」と思った時”誰かに見られたら?”と頭に浮かんできたら恥ずかしくなった。
でも、誰もいない海だった。
今は、家の観葉植物の鉢の中である。





Category: 日記・情景  

遊覧船

遊覧船

昨日の記事の萬代橋の下を通る遊覧船、僕は貧乏人なのか船に乗って椅子に座って黙って景色でも見ればいいのだが、水面を撮ったり川端のビルを撮ったりとじっとはしていない。
「あのオヤジは実に忙しげだねえ」と耳に入ってきそうある。

だから僕の船の乗り方の目標は「優雅な乗ること」、動作はゆったり視線は慌てずゆっくりとモノを追う、そして時折ニヤッとするのである( ̄ー ̄)ニヤ。

■ ちなみレンズの関係でバックのマンションが歪んでおります。
 定規を当てると面白いように曲がっているのがわかりますが、実際には建物はしっかり直線。


アナスターシャ


カモメ

なんだろう?あの形は「かっぱえびせん」だろうか、しかし婦女子がかっぱえべせんを通常持ち歩いている訳がないが、わざわざ買ってきたなら
餌をやる方も食べるカモメもあのかっぱえびせんのうまさはもわかるらしい、万能の食べ物なのだろうか、残念ながら止められなくなるほどは食べられない。

もし僕が、カモメなら若い女子が餌をくれようとしたらいたずらで間違ったふりして指をかんだりするかもしれん「あれっ?」なんてわざとらしい顔して、まるで酔っ払いのオヤジだ。
Category: 日記・情景  

萬代橋

萬代橋

眺めていて橋の上を歩いている人は、何を考えながら歩いているのだろう。
それぞれに人生があり、来た道が違えば、これから行く目的も違うだろう。
そんな人生がすれ違っていく橋の上。

新潟市中央区信濃川にかかる萬代橋は石橋である、造られ百年は経つはず。
橋は、舗装されているので車で渡っている時は何とも思わないけれど、遠くから側面をこうやって眺めて見ると「よくもまあ、あんな薄い部分に車が通ったりバスが通っても崩れないものだ。」とまた、そこを人が歩いているなんてと「おっかなくないのかよ。」と危機感さえしてくる。
もっともローマの石橋で2000年経っても健在というのもあるのだから、まだまだ1900年は大丈夫。

そんな橋の下を2度ばかり遊覧船でくぐった時、船から見上げた橋の裏側を見た時は、見てはならないもの見たような気持ちなった、まるで女子のスカートの中を偶然覗いてしまったような不思議な感じになった。



Category: 日記・情景  

欅(けやき)

山居倉庫


山居倉庫2


山居倉庫3

ひと月前の酒田市・山居倉庫の欅並木、現在やっとこちらでは桜が咲き始めた。
やがては花が散るとやがては葉っぱが出てきて枝葉越えに空を見るなんて冬までにならないと見れなくなる。
僕はあんまり冬は好きではないけれど、こんな葉っぱのない木々の下を歩くと太陽の光が地面まで届いて明るくなっている、夜でさえ月夜ならけっこう明るい。そんな風景は好きである。
けれど桜が新芽が出始めた頃からそんな木々の下を歩い時葉っぱは太陽の光を遮ってやや暗くなる、そして歩いた後には時々虫が肩に着いていたりするのは、ちょっとなあ。

ともかく桜は今は旬だけれど、枝越えの空も今頃まであると気づく。
Category: 日記・情景  

猫のポーズ

猫

IDが「にゃん太郎」などという割には猫はうまく撮れない。
「おっ猫だ。」とカメラを構えると猫は最初はこちらの様子をうかがってじっとしているのだが、やがて「こいつの腕はダメだねえ!」とわかるのかプイッと横を向く。
そうなるとあとは「これぞ」ってポーズはしてくれず、終いには目の前から去っていく。

でもまったく相手にされてないようだが「こんなポーズもありか!」と思った。



Category: 日記・情景  

Wine bottles

レストランのウィンドー


新潟駅ホームの屋根

レストランの窓にワインのビンがずらり並ぶ、白いマーカーで書かれたのは値段だろうか。
そんなことを考えながら「いいねえ!」とシャッターを押す。でも窓越し店内にはこちらを見る人影がなんとなく見えるが、どうやら自分を撮られいるように思ったのか影はカメラを意識したように急に姿勢が良くなった。

そんな後で、新潟駅ホームの屋根の良い色を見つけた、「オレもこんな色を撮れるようになったのか!」と顔が自然とニンマリとなったが、その瞬間人とすれ違った。僕のニンマリ顔を見られたが、相手はどう思ったろう。



Category: 海・情景  

穏やかな海

広い海


海が静かだと光も穏やかに感じてくる、気持ちだってまったりとしてきて来てよかったなあと思う。

新潟市から国道345号で笹川流れ方面へ向う。村上市街を抜けて三面川過ぎて坂を行くとここの高台へとでる。急に視界が開け広い日本海を見渡せるようになる。
高台から見ると海の広さが実感できるので僕のお気に入りの風景のひとつ、2回に1回は一息がてら車を停めてちょっと眺める。
写真をは180度以上のすばらしいパノラマ風景は範囲が広すぎてとてもカメラでは納まらない。
海は広いな大きいなあ~♪ の世界である。
いまだに、撮れた!と手応えのあるものは撮れていない。

Category: 日記・情景  

sakura


こちらも、そろそろだなあと新潟市の中心街を4時間歩き回ってあちこち観察。
開花は「これからだよ。」てな感じ、でも他の人も「そろそろだろう。」みたいに桜の名所には人がいた。

僕の知っている、たぶん新潟では一番早く咲くだろう桜は、咲いていた。
8分くらいの咲きだろうか。
大雪だった今年やっと咲いてくれたなあと嬉しくなったが、咲いたばかりで地面には桜の花びらが落ちていた。
なんだ?!するとスズメが、チュンチュン鳴きながら花をついばんで落としていた、それもかなり。

やっとの桜を喜んでいるのに、鬼のようなスズメである ψ(`∇´)ψ チュンチュンチュン、ウキョキョキョキョ






Category: 花・植物・情景  

TSUBAKI

tsubaki

20代の頃アレクサンドル・デュマ・フィスの「椿姫」を読み、切なくなる箇所、なるほどなあと感じたところを線を引く代わりにページの角を折った。
今後も僕の人生に参考になるのではないか、だから読み返してみるべき箇所して折ったのであろうが、だいぶ後になって読み返してみると何で折ったんだろうという部分があった。
なんでだろう、当時の心境などを思い出してみて。
そして答えが出た。そうだ、あん時は僕は恋してたんだものなあとニヤリとした記憶がある。



mesibe


たぶん、当時はこんな色の人生感だったのではと思うのが、やがて椿の花のように散った。
Category: 魚・情景  

ALIEN

alian

これは、クラゲではない、「ALIEN!」である。
やっぱりSF「宇宙戦争」に出てくるような宇宙人なのではと思う、僕の子供の頃は宇宙人のイメージはこんなだった。
今のSF映画ではこんなタイプの宇宙人なんて「マーズ・アタック」以来見たことがない。

それってもしかしたら「スターウォーズ」が変えたのだろうろうか?
大体において二足歩行宇宙人ばかりである、昔の宇宙人型では足が多いから大変なのかもしれまいが、こんなクラゲのような格好でUFOを作ってそれを操作なんてどうも信じられないものなあ。。

ちなみにこれは 「カミクラゲ」。



Category: 海・情景  

青春の光と若い影

Silhouette

男子ひとりに女子ふたりの若い影のシルエット、僕も行こうと思っていたが歩道の土台が流されて足場が途切れ途切れで足を滑らせてもしも落ちたら?と、そんな事が頭をかすめた。
そんな僕の横を若いお姉ちゃんは厚みのあるサンダル履きでキャーキャーといいながらすたすたと渡っていた。
「若いなあ。」と感心したけれど逆光で見るシルエットもやっぱり若かった。


Category: 海・情景  

茜色の海

3DB_0348ssz.jpg

季節には似合わない様な暖かくて静かな海の風景だった。
こんな海の風景、汽笛が聞こえてきそうな風景を見るとこんな暖かそうではないが思い出す歌がある。

広い白い海に風が吹いて浮かぶ船の風景。

「冷たい部屋の世界地図」 作詞・作曲:井上陽水 

はるかなはるかな 見知らぬ国へ
ひとりでゆく時は 船の旅がいい
波間に揺られて きらめく海へ
誰かに似ているのは 空の迷い雲
潮風に吹かれ 何も考えず遠くを見るだけ

やさしさがこわれた 海の色はたとえようもなく悲しい

汽笛をならして すれちがう船
こんにちはの後は すぐにさようなら
見わたすかぎりの 水平線の
かなたにあるのだろう 僕の行く国が
とびかうカモメは 陸が近いのをおしえてくれる

はるかなはるかな 見知らぬ国へ
ひとりでゆく時は 船の旅がいい


とか何とかいっても、こういう青春謳歌みんたいなのを撮っている俺ってまだまだ若いなあと思う。
Category: 日記・情景  

シルエット:Silhouette

シルエット

自分の錯覚というか勘違い。
写真を趣味にするまでは風景を撮っている人を見ると、「こんな景色のどこがいいのだ!」と車を運転しながら眺めていたけれど、この時の自分も周りの人が見たらそんなものだったのかもしれない。

波、船、カモメ、岩、暖かい日差しのコラボレーションのこんな風景。
その人にしか見えない風景があるんだと、「こんな景色のどこがいいのだ」と今まで思って突っ込みいれた写真を撮っていた方々、どうも御免なさい。

今は、その人が何を撮っているのだろうかと推測するようになり、時に「やられたなあ。」と思うことがある。



Category: 海・情景  

砂の中の「海の家」

海の家

春の海を探しに出掛けた。
海は固い青色からやわらかい緑色になり、波は冬に比べて穏やかで水面に反射する太陽の光は少し眩しくなっていた。
でも、まだまだ風は冷たくて手はポケットに突っ込んだ。

そんな砂浜は、冬の荒波に打ち寄せられた漂流物(ゴミ)だらけだった、そして砂に埋まった「海の家」がそこにあった。



Category: 海・情景  

海のある風景

日本海

ザブーン、ザブーンと波の音を聞きつつ海を眺めていると気持ちは落ち着いてくる。
人間がそんな音に癒されるのはかつては海から誕生したからそんな記憶がどこかにあるんだと、若い時分湘南の海を眺めながら思った。
でも、生命が誕生して地上に上がってきたのが6億年前、いくらなんでも6億年じゃあ、記憶も何もねえだろう、大体当時は脊椎動物だったと思うのだが。
オヤジなったせいか夢のない今の考えである、しかしあの波の音には今も癒されている。

どうしてなのか今度、海へ行ったら考えるとしよう。





Category: 日記・情景  

おはよう:Good Morning

goodmornning

早朝写真の撮影時の引き上げ時、だいたい朝日が山から上がれば早朝風景も終わりって感じがするのだが、気持ちのいい朝だし、もう少し余韻を感じていたくなって何かを探すが、太陽は段々と上昇して光も黄金色から白んでくる。
そうなると撮るものはなくなったように感じてくる、それこそ気持ちも白けたように。


@これは以前に撮影したもの。

Category: 花・植物・情景  

植物:Plant

植物

まだまだ寒いだの、大風だのと騒いでいたが、各地の桜の開花が話題になってきた。
咲くときには咲くんだ。

写真が趣味となり、一年中撮る様になり被写体も色々なモノをあれやこれやと撮るようになると「植物は丈夫だなあ」と改めて思う。
霜が降りようが雪が積もろうが逆に炎天下であろうが、ちょっくら雨が降らくてもしっかり生き続けている。
なのに家の植物は、どうして簡単に枯れてしまうのだろうかと不思議である。



Category: 日記・情景  

電柱

電柱風景


妙に惹かれた電柱風景。

Category: 日記・情景  

春の嵐

赤いメーター


連日全国的な台風並みの荒天、何もかにも吹っ飛ばすかのような大風で家も揺れた。
交通機関、建物損壊、停電、死亡事故、ケガだとか予想外に被害が大きかったが、
本日そんな天候でも「春の青空」が垣間見えた。

どうせなら昨年からの日本中の漂っている悪い機運まで吹き飛ばして欲しい。
そして明日からは全国的な春なるような。



Category: 海・情景  

寒い春の海辺の風景

カモメ

大風である、室内にいるとストーブがいるけれど、外へ出ると生暖かい空気。春なんだねえ。
カモメも冬の渡り鳥なので、春が過ぎればこんな風にカッコよく飛んでいる風景を見れるのは減ってくる、お気軽にカメラを向けて撮れるものではなくなってくる。
撮れるのは今のうちである。
ちなみに、夏場も飛んでいるのはウミネコってことなる。


Category: 日記・情景  

新潟駅駅周辺散策

親子


自転車

新潟は広いようで狭い、そしてその中でやっぱりお気に入りの場所がある。
街を歩いて写真を撮っているのを、かっこよく英語で”Street photography”と云うらしい、
撮ってる人は”Street photographer”ってことになる。

ぶらぶら街を歩く怪しげなオヤジも写真を撮っていたら「オレは、Street photographerだ!」などと云えばおまわりさんも納得してくれるかもしれない・・・・・なーんて。



Category: 食べ物  

夜中の妄想

坂内ラーメン

写真を整理していたら出てきた。喜多方・坂内食堂のチャーシューメン。
以前なら夜中に見たら腹がギューと鳴って悶え苦しむようになって寝れなくなるだろうが、
今はその気持ちは少しはあるがこの肉だもの、麺だって見えないくらいの枚数、かぞえたら12枚とてもでないが今は食べきれる自信がなくて胸だってムカムカ気味。

たぶん10代や20代、30代だって夜も寝れなくなるような夢のような盛り合わせなんだろうがなあ。

今は普通のラーメンでいいやと思うお年頃である。


Category: 海・情景  

たそがれるカモメ

たそがれ

かもめ:「春はいつくるの?」 みたいな。

海辺のマラソン大会で応援、海風が冷たい上になんと雪までちらついた、
マラソンランナーたちは、いくら走って汗をかいていても寒すぎるだろう。
ビニール袋をかぶっている人もいた即席ウィンドブレーカーだ。

しかし、ちょんまげかつらでメイドさんの格好のオジサンが印象的だった・・・見たくはなかったけれど、目線は追ってしまったヾ(- -;)




12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >