FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 情景・モノクロ

Category: 情景・モノクロ  

◇ ハンノキ並木を Monochrome で

ハンノキ



ヒシクイ飛ぶ

ハンノキの雪の並木道を歩いていると、ヒシクイの群れが飛んできた。
そう云えば、以前この鳥を目的に撮影していたジイサンを思い出した、「1000枚は撮るです。」という枚数に、連写だろうから多いのは
わかってはいたけど、これを1000枚撮ってそれを後で確認するのも大変でしょうと僕は言ったことを、ヒシクイの群れを見て思い出した。

並木

奥に見えるのは、五頭山(ごずさん)の山峰、写真の左側に山を越える県道があった、通ると必ず云っていいくら猿に会う。そんな山道でも
車で越えられるで僕はよく走っていたけど、所々道路にひび割れがあった。

雪のハンノキ並木

それが単なる山間の地面のしっかりした道なら良いが、崖を崩して造成した道では、年々走るたびにそのひびの部分が怖くなってきた、
「なむさん!」とつぶやくように走るようになった、事故でも起こったら警察、救急車だのすぐ来てくるれるのだろうか、大体その場所がどこか
わからないし説明もできるのかと山の中では大変だろうなあと考え心配しているうちに、通行止めになった。

雪の上に我が足跡つける

ここまで来て足跡はなかった、時間が遅くなってきたものあり、このあと雪の上に足跡を付けても文句を言われることもなかろうと、「わしが足跡をつけてやる。」と云わんばかりに、サク、サクでなく僕はブルドーザーのように足を引きずるように歩いた。

見上げると冬だと植物は冬眠状態のよう思いがちなのだが、寒くても、雪が積もっていても植物の枝は日々しっかり伸びているようである。


Category: 情景・モノクロ  

◇ 福島潟、まずは モノクロ雪景

田園雪景

福島潟近くの田んぼ、田んぼ道とあぜ道には足跡もタイヤの痕もなし、「わしが、足跡をつけてやろう。」とばかりに途中下車
「わしの一歩は小さいが・・・」。

遊水館前桜の林

数か月後には桜、今は雪桜。

遊水館前の桜

「今日は何を撮ろう?」と撮るものを考えた時、何なんだろうビュー福島潟で夜景を何度もリベンジして訪れているのに、また行ってみるかと
今度は夜景はないけど、雪がある、「福島潟へ行こう」が頭に浮かぶ、先日夜には撮れなかった雪の福島潟、湖畔の雪道を歩くかと。

福島潟の足跡

先客がもう足跡をつけていた、このよたよたは何なんだ、まっすぐでないのはきょろきょろと何かと撮ろうと探しているからか。

福島潟、潟来亭とビュー福島潟

雪の上に、棒が立っている、これは本来遊歩道の誘導のポール替わり、こんなもんだだろうと闇雲に歩いた日にゃあ、下手をすると
前の小川も雪で埋まっていると、ハマることもあるので、コース誘導するためのポール(棒)が立っている。


Category: 情景・モノクロ  

◇ ストック整理 モノクロな ○○

光照寺と北越製紙の煙

火事でもなんでもない、お寺の屋根と、煙突の煙がかぶって写っているだけ。

真宗大谷派泉性寺

本当に今年は多くの寺院回りをした、観光地京都ならまだしも地元新潟で。桜の季節ならあるかもしれないが、1月の段階でここまで多くは
訪れた記憶にない。

曹洞宗法音寺

曹洞宗法音寺、やっぱりここからがベストだと思う。寺をまわって気付くのが本堂の建物、屋根が大きいので錯覚で扉が小さく見える。

会津本郷真宗本願寺派常勝寺

会津本郷 真宗本願寺派常勝寺

高森大欅前

新潟市高森神社前、親父が近くの施設入所したのもあり、ここへ訪れる回数が増え、初めてここの雪の風景撮った。

高森薬師からの雪田んぼ

その高台からの田園風景と阿賀野川

古町5

古町通5の路地

雪のチューリップ畑

冬場ならではのチューリップ畑の白いストライプ風景

雪のタバコ畑?



粟島

粟島、島の左が浮いて見えるのはたぶん水面に反射しているから、逆にこの効果を利用すると「ダルマ夕陽」が撮れるのかも。

海辺ひとり

海辺のひとり、、、地元の人の散歩かと撮ってから、他をよそ見してまた見るといなくなっていた。この波であるまさかは、ないと思うだが。

たんぼひとり

冬の田んぼ道をひとり、どこを歩こうがそれは好き、冬の田んぼを歩く人がいてもいいじゃない、でも障害物がないと風があるとつらい。

田んぼ作業ひとり

田んぼで、ひとり野良作業。

冬を歩くひとり

時折雪が舞う県道をひとり歩く、ガッツあり。

冬を釣るひとり

海岸でひとり、「やれやれ釣れんかったなあ、帰るぞ。」と云わんばかりに竿をしまい中、向こうにこんな風景があるのを知っているのだろうか。

会津本郷でひとり

お天気の良い冬の会津盆地で、ひとり、左に見えるのは磐梯山。

会津本郷のふたつ

会津本郷の小学校跡に残された二本の木、Google street viewで見ると建物が残っているのだが現在は二本の木だけ。

岩船沖ガス油田

岩船沖ガス油田

冬の月

冬の月


Category: 情景・モノクロ  

◇ また、またリベンジ、アートな灯りに酔う

新潟市北区ビュー福島潟



ビュー福島潟 5、6、7階

現代アートのような美しい光の情景に、僕は酔うといか改めてこんな光景があったのかと「うむ~。」とうっとりとそしてしびれた。

歩道橋からビュー福島潟

ライトアップではなく、ただの室内灯が外にもれているだけなのだが、その「灯りの光景」に魅入られて、僕はその光を追い3度訪れた。

福島潟潟来亭



潟来亭前

あちこち電気の消えても明るさが残る周囲、入園者の姿もなく暗い福島潟で怖さを忘れ撮ってまわった。夜っていうのは、その雰囲気に入り込むと
「ナイト・ハイ」と云うのか気分が高揚してくる、暗い中で、これも、これも、あっちも「いいねえ!」の連発であちこち飛び回ったが、、、、
「あ~、そうか。」、と自分のしくじりに気付いた。雪の上を飛び回ったは良いが雪の上では時として自分の足跡に「あちゃ~」となった ( ▽|||)サー


Category: 情景・モノクロ  

◇ 路地に、小路に、通りに

法音寺小路

こんな狭いが「法音寺小路」と名前がある、この先を行くと昨日の載せた屋根に獅子が乗っている「法音寺」へと出る。

古町通り5の路地

この路地も壁に描かれたらくがきの存在感が目立つ、初めて見た時の印象はらくがきに ”ひどいねえ。” だったが、
でもよく見るとこれはディスプレイとしてなら、これはこれでありに思えてきた。

路地の上の階段

上空の階段っていうのは、ちょっと魅力を感じる。

鍛冶小路



西堀と広小路の交差点



西堀通

大和デパート跡の何もない空間、その向こうには調理専門学校、NTTのアンテナ、アパホテルが見えているけれど、いずれ新しく建物が建つと
それらは全く見えなくなる。”ただそれだけ”なのだが、そうなるとたぶん僕にとっては永遠に見れなくなる光景だと考えると何でもない風景も貴重になる。

Category: 情景・モノクロ  

◇ モノクロ 冬の情景

西川水路橋

西川水路橋

越前浜

越前浜

越前浜のトンビ

越前浜のトンビ  トンビの群れが見えているだけでも10羽、獲物をはオレか?とちょっとばかりとビビるオレだった

角田浜

角田浜と郵便配達

リーゼント製造中

リーゼント製造中  雲製造中だなとカメラを向けると何やらリーゼントのあんチャンに見えた

福島潟のはさぎと月

福島潟のはさぎと月

福島潟

福島潟

法用寺

法用寺本堂 参拝記念なのだろうが、らくがき、千社札は、やらない人間からしたら見苦しいと思う、そんなことをしても仏様のご加護があると思う?

法用寺三重塔と会津美里

法用寺三重塔と会津美里

雀林

雀林  路地というか、家と家の間を入っていって。

会津若松のはずれ

「会津若松のハズレでで、愛をさけばない」、その代わりにレンズを向けた。


Category: 情景・モノクロ  

◇ 寝屋の鉾立岩の見える風景

碁石と鉾立岩



碁石の海岸

「ここからも見えるのか。」、さっきまでいた寝屋漁港の鉾立岩が見えた、この位置からは鉾というよりもタコだった。

鉾立岩の見える風景



府屋の岬



旧府屋トンネル

目的地が遠いと決まっているとついついそこへと猛進する僕である、車を運転しながら気になる風景あってもチラ見して先へと進む。
気なる風景は ”今度時間があったら” と頭の中に ( ..)φメモメモするのだが、それはやっぱり時間と共に忘れることが多い、また後で
気が付いて訪れても季節、天候、時間が違うと「な~んだ、こんなだったの?」とがっかりする割合を多い。

この時は目的地は決まっていたが、珍しく時間と気持ちに余裕があった、いわゆる ”のんびりドライブ” なので「ここ気になっていたのよね。」と
この日、国道から旧道へと曲がった。その道の先は通行止めのトンネルとあって車なんてまったく通らなかった。




1234567891011121314151617181920212223242526272802 < >