FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 山形・情景

Category: 山形・情景  

◇ 屋根、屋根、屋根、でも”や~ね”ではなく”いいね。”なのだ。

山門屋根の向こう鶴岡市街

山門の屋根、その向こうには鶴岡市街が見え、その奥には羽黒山、湯殿山、月山の出羽三山が見えたら良いのだろうが、残念ながら木々で見えない。

もうひとつの階段

女坂と云う訳でないが、参道の石段比べると登るのが楽な階段、五百羅漢堂と放光堂と位牌堂の屋根。

五百羅漢堂と山門、弥勒堂、そして五重塔

手前屋根から五百羅漢堂、山門、弥勒堂、奥に五重塔。季節は冬モードで木々の葉っぱが茂っていないのでよく見えるけれど、夏になると
このようには建物がよく見なくなる。この季節ゆえの見える境内の風景。

位牌堂の屋根

位牌堂の屋根、善宝寺ではお墓はない。その代わりに位牌がずらりと並べられたお堂がある。ここの初めて入った時はその位牌が並ぶ光景に
威厳というか、畏怖を感じた。思わず”関係ないオレが立ち入ってはマズイ。”とそんな気持ちさせた。

位牌堂の仏様

その位牌堂の入口を入ると右側に立つ、仏様である。威厳と畏怖の感じそこに立つ仏様の像も、「おー!」と崇高さを感じ、その雰囲気に
ひとめぼれというか、一気に私の心をとらえたのだった。

善宝寺の石段

善宝寺の石段

高台にある本堂前から見えるのは屋根、屋根、屋根、でも”や~ね”ではなく”いいね。”なのだ。 そして赤い(茶色い)瓦を見ては、駅撮りした
「小波渡」あたりでも同じような瓦を見た。鶴岡なのか、庄内なのか、山形なのかと、異文化を感じると車を遠方まで走らせて甲斐があったように思えてくる。


Category: 山形・情景  

◇ お寺でブラブラで癒される時

善宝寺本堂

善宝寺本堂

本堂前

額の文字は「感應殿」か、恥ずかしながら読めず、でも字は上手いというのはわかる、うまい上手すぎる、こんな字が書けたらなあ。

僧堂(坐禅堂)

僧堂(坐禅堂)、曹洞宗の大きいお寺にはこの「選佛傷」の文字を見ることがある。

善宝寺坐禅堂

選佛傷(せんぶつじょう) 仏祖を選び出す所の意、禅宗寺院内にある僧の坐禅する禅堂。僧堂。

常香炉

境内の「本堂」、「選佛傷」前にある「常香炉」。この時すっかり境内は山影に入った。

五重塔

石段を登った本堂前から見える「五重塔」、五重塔、多宝塔などは大体真言宗寺院に多いが、曹洞宗禅宗寺院に、それもこれほど立派な五重塔が
あるのは珍しい、ちなみに建立は明治時代。

あちこち撮っているのもあるけれど、寺院の境内を撮りまわり、時々建物なんかに「へえ。」と関心する、用もなさそうなのがブラブラと撮影しまり
ある人にしたら「このオヤジおかしじゃねえ?」と見えるかも。
参拝客の順序から一緒に参道を歩いていたような人は参拝していなくなり、私はまだ残こっており、そしてお札を買うわけでないし、朱印帳に
記帳してもらうわけでもない、ただただ境内をブラブラ、それがどこか気持ちが落ち着いてくる、いつの間にやら私は寺院好きなってしまっている。

Category: 山形・情景  

◇ やっぱり本堂裏(龍王殿)でも、、、、

龍王殿(左側)

ここでも龍王殿周りの浜縁(はまえん)へと上がれないのような大きな賽銭箱、その向こうのガラス窓に本殿の屋根が写る。

龍王殿の彫り物

やっぱり本堂裏(龍王殿)でも、もったいぶりのブラブラ撮り、龍王殿の彫り物だって何度も見ているはずなのに、獅子はたてがみ、牙のある象まで
たてがみにこんなだったかと記憶がなし。頭の悪い脳みそに感謝、記憶力が良かったら何度も同じ所を訪れないかも、記憶が悪いゆえの感動満載(笑)

龍王殿狛犬

狛犬に角?たてがみのデフォルメ?どっちにしろ撫でてしまう頭のデッパリ、そして肉付きがいい。

鶴岡市善宝寺龍王殿

それゆえにか、頭のデカさに、獅子舞の「獅子頭」がこれかと、思えてくる。

龍王殿の本殿

龍王殿の浜縁まわりの高欄は昔は朱色してんだろうかと、時に写真を撮りにあちこち訪れると「もっと早く来てたら。」感じることが何度もある。

石垣

日当たりの悪い龍王殿まわりは例年だと、この頃なら雪が残っているのだが、今年は山形県鶴岡でも雪が少なかったということだろう。

寺紋

龍王殿の寺紋の彫刻のあるガラス窓に写る本殿の屋根。

かなり多めにあった写真ストックも、徐々に底が見えてきた。
「7都県緊急事態宣言」が出る日本、世界でも大変な状況なのだからそれもしょうがない。
最近は、撮って撮れないこともないけれど、「こんな時に撮ってていいのだろうか?」と気持ちは萌えずで、枚数はいつもよりもぐっと減ってくると
云うものである。
たぶんでも、その先はボツ的未投稿、過去の再編集を行えば、数か月は大丈夫なので、当面は年中無休予定。
※現在は山形県鶴岡編は、まだまだ移動の自由のあった時期、山形県の感染者もゼロだった時に撮ったもの。



どうか皆さんも お気をつけ、お大事に。

Category: 山形・情景  

◇ 龍王殿から屋根をのぞむ

本殿屋根と鬼瓦

本殿の屋根と鬼瓦、その上にある丸いのはお経の巻物だと聞いたことがある、よく見るは一つよりも三つだと思う。

本殿屋根と回廊



本殿から龍王殿への回廊

本殿から龍王殿の回廊、偶然の造りなのかもしれないが、低めの回廊とガラス戸で中がのぞける、それをのぞく私は「こうなっているのか。」と
ちょっとばかりドキドキそして秘密の内部を見たようで儲けたような気分にもなってくる。

龍王殿ガラス窓に写る本殿屋根

龍王殿のガラス窓に写る本殿の屋根。何度も訪れここでカメラを向ける人を見てきたが、「こんなにいいのになあ。」、かき氷ならイチゴとかでなく
小豆金時が”どうぞ”と出てきたようなワンランク上の気分、だけどこんな風に屋根を撮っているような人は見たことがない。

龍王殿階段

龍王殿前と角?ある狛犬

龍王殿周りの石垣

この龍王殿は山を切り崩して建てられたらしい、がけ崩れ防止なのなか周囲は何段にも石垣積まれている。

Category: 山形・情景  

◇ 常香炉の龍を磨きたくなった

善宝寺常香炉とおみくじ

多くのおみくじに、人々は何を思ってここへと訪れているのだろうと、哲学的な事を思った。

常香炉

「常香炉」の龍は珍しい、ここは「龍澤山善宝寺」と云うくらいに龍とゆかりがあるのだろうか、それにしても”磨きたい”とそんな気持ちになった。
ちなみにここは曹洞宗寺院、そして臨済宗寺院の「禅宗系寺院」では「龍」の文字の入ったお寺が多い。

境内の常香炉



開運殿下通路

本殿と慈照殿を結ぶ回廊を「開運殿」と呼ぶらしい、その下を通るだけでも”何やら良いことがありそうな。”思えてくる、そこをくぐると龍王殿。

龍王殿前階段

毎度のもったいぶり症の私は、何度も訪れているにも関わずじっくりとそして何枚も撮ってしまう。

本殿と龍王殿

この時一組夫婦が脇を通ったが姿が奥の影へと消えるのを待った私であった。ここ山形まで2時間掛けて来たんだしと、風景が無人なるのを待った。

龍王殿

ツイン屋根の「龍王殿」、階段も二つ、同じ建物なのに賽銭箱も二つ、初めて頃は両方入れないといけないだろうと賽銭を入れていたのだが、
最近は、本堂賽銭箱、その後ろのツイン屋根の龍王殿の二つの賽銭箱とあるなかで、本殿と龍王殿は片方の賽銭箱にと私は略式なった。

ちなみに関係ないけれど、京都伏見稲荷へ参拝した時本殿から末社(相当するある)に全部賽銭を入れて周った、あらかじめ多さは過去の参拝で
わかっていたので、日頃小銭を貯めていた缶からビニール袋へ移しそのビニール袋を持って本殿から始まり相当数の末社へと賽銭と手を合わせた。
そのたびにビニール袋に手を突っ込んで、”こんなもんか”つまみ賽銭箱に入れて参拝していると自分は「お大尽の参拝になった気持ちなった。」。


Category: 山形・情景  

◇ 何度も来ているのに善宝寺では山門でいつもウロウロするのだ

善宝寺山門

山形県鶴岡市「善宝寺」山門と左は休憩所、左奥には弥勒堂が見える。総門の修復工事のため臨時の通路、それゆえに何度も訪れたいるが
初めてこのアングルで撮った、工事がなかったら撮れない場所でもあった。

山門と五百羅漢堂

山門と五百羅漢堂、前回訪れた時は特別期間で五百羅漢堂内を参観できたが、今回は通常の風景の戻っていたので、久しぶりに中をのぞく。

羅漢堂

ガラス窓の穴から堂内はのぞけ、そして撮影禁止もなかったので撮らせていただいた、こういうのを見ると「おもちゃのチャチャチャ♪」を思い出す、
人が見ている時は動かいないが、人が見ていないときには動きだしているのではと。

山門の毘沙門天

山門には毘沙門天と韋駄天が安置され、初めて訪れた時は通常山門には仁王像なのにここでは毘沙門と韋駄天に「えー!」と思いながらも
カッコよさに魅入られ、神々しさに善宝寺恐るべしと感じ入った。

山門の韋駄天

「お前隠しているだろう。」と悪いことを見透かされているような視線にドキリ。

山門と弥勒菩薩石像

山門裏彫り物と、奥には弥勒菩薩石造。

本堂前参道の石段

何度も訪れているだけにこの階段のキツサは十分わかるが、階段を降りてくる親子、あんな小さい子供がここを登ったのか、後ろのお母さんは
小さい子供抱えて上り下り、「母は強し」。

龍華庵と三十三観音堂

龍華庵(右)と三十三観音堂(左)

山門の屋根

山門の赤瓦の屋根に、この善宝寺の威風尊厳を感じてくる。 ちなみに、善宝寺は総門があり、その次に山門があるが、現在は総門は修復工事中。

自粛的に土曜日、やることもないので先週に引き続き整理処分、「いつかは使うだろう。」ととっておいた物は、この際とまとまて処分。
処分場へと持ち込むと「えー!」と思うくらい車の台数、何かの間違いかと思って受付をすると「17」の呼び出しを渡された。何度か来たことがあるが
こんなの初めて、季節は変わり目の4月、自粛の週末ってことでゴミ処分場が混むのだろうかと、自宅と処分場の往復いつもの土曜日より
道は車で埋まっていた。とはいえ周囲では桜開花、じっとしてなれないのが人間のサガなのか。

Category: 山形・情景  

◇ 今だから善宝寺に参拝す

鶴岡市善宝寺

正直な気持ち、「ここへ行かなくては。」と思っていた。
不安からか世の中は暗い雰囲気に包まれ、私自身も胸の奥には”モヤモヤ”した気持ちもあり、山形へ行こうだった、東日本大震災の後もここへ来た。

善宝寺の石段

風評などで観光も減り「活性」を上げるためにも訪れた方がいいだろうと震災地(山形県・福島県)に出掛けることで、自分自身のモヤモヤも
少し晴れた、その時に訪れたのがここ鶴岡市の善宝寺(昔人面魚などで有名になった寺院でもある)。

善宝寺と石段

今回もコロナウイルス騒ぎで、世の中の暗い雰囲気、そしてやっぱり自分のモヤモヤ感もあり、これはまた善宝寺の行かねばと思ったのだった。
ここの参道の石段がそこそこの段数で登るのはキツイ。

善宝寺社務所

それを一段一段と登ることで嫌な雰囲気も払ってくれるような気持ちにもなってきて、ここで手を合わせ「コロナウイルス終息」と願ったのである。

善宝寺本堂

善宝寺本堂

善宝寺本堂の賽銭箱

ここ善宝寺本堂にある賽銭箱が大きい、そう云ったら失礼かもだが山形県鶴岡市の片田舎にあるお寺にこんな大きい賽銭箱が必要なのか?
その大きさにこそ、みんなあちこちから参拝にきているに違いなく、”霊験あらたか”なのだ、思うゆえの参拝でもあった。

時間帯もあるのか、コロナウイルス騒ぎもあってか神社では参拝者はいるものの毎度訪れる時よりも参拝者の姿はどことなく少なく感じた。
その分私は心置きなくゆっくりとと「コロナウイルス早期終息」をお願いできたである。


12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >