冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◇ 5月のストック整理、会津桜編。

光明寺跡

光明寺跡、山奥であっても風景は変わるのものであった。
去年の桜の季節に訪れた時には、左の部分には光明寺の本堂があった、当然その陰になっていた墓は見えなかった、
今年訪れると「あるものがない。」、当然最初は「何だ、なんだ?」と違和感あるものの原因が理解できるまで1、2秒間白くなる。




遍照寺

国道49号線を会津に向かって走っていると、たくさんの桜の木に気になり立ち寄った、寺院。
これからまだまだこの先会津へと入って行けが桜の風景が広がるに、いきなり大関級が登場したような感じなった。


柳津奥之禅院

桜は元より、黄色い水仙の花と桜、青空、、、これだけで春の到来、恋の始まりのような小さなドキリがあった。


月光寺

月光寺裏のJR只見線の鉄橋、僕としてはこれだけで満足な光景だったが、ここを「上り会津若松」行きの列車が通過する瞬間を待つカメラマンが、
この時、僕の左には5人いた。


JR郷戸駅

JR只見線「郷戸駅」、僕は衝動的に寄って見ようだったが、到着時に三脚を立てたカメラが一人、僕の後に二人、県外ナンバーの車が来た。
時刻表を見れば、1時間以上待つ事になる、撮り鉄さんの待機力おそるべしだった、僕はこんな風景を撮って移動、でないとこれからの風景は撮れていたなかった。


久保田のはさかけ

山奥の集落久保田にて、はさかけなのか道路脇に立っていて奥には桜が咲く、これぞ山村風景だった。



法用寺

いつもの法用寺、時々桜の花びら舞った、それを待つのか三重塔の前で「待っている。」ようだった。


会津美里の果実畑

会津美里町新鶴の山の畑風景、果実だと思うが、サクランボか桃か、ブドウかわからない。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/20(金)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◇ 蔵の喜多方紀行

喜多方のお店




喜多方の居酒屋




喜多方ハーモニカ横丁




喜多方のお庭


喜多方の路地をぶらぶらと歩いていると、その路地から見えた庭が気になった家があった。
近づこうかとすると前に停まった車に人が乗り出て行ったので、人けのないのを確認して家の近づきその家の庭をのぞいた。
昭和の庭だった、「あれ、これってそのような雰囲気に作ったのか?」と僕はじろじろ覗き、カメラも向けた。


喜多方の枝垂れ桜




喜多方の枝垂れ桜の遊歩道


喜多方を出る途中に「日本一の枝垂れ桜」の文字が目に入った、僕としては「日本一の枝垂れ桜」は秋田の角館と思っているのでその「日本一」というのが怪しげだったが、そのまま車を進めるとまたも「日本一」の矢印の描かれた看板があった、行くなら今年は今日、今しかないなと矢印に向かって車を走らせると、所々に警備員が立っていた。
そしてそうか「日本一長い枝垂れ桜の遊歩道」だった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/19(木)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

◇ 雀林で犬に、吠えられない

納屋




農家の蔵のある庭


ここ雀林を訪れ集落をブラブラと歩いているとある家の庭からいつも「ワンワン、わ・わ・ん!」と白い犬に吠えられる。
そらあ見知らぬ人間、怪しい人間を見たら吠えるのが犬のお仕事なんだから仕方がないが、来るたびに吠えらると「今日もか?」となり、
いつしか僕は近づくと気配を消すようにして「今日はどうだろう。」こっそりと様子を見るのがだやっぱり吠えられる。


雀林




会津美里町からの会津盆地風景




雀林の納屋


この日またいつのように近づき静かなので、”(自分の)気配消し”がうまく行ったのかと思っていたが、全く吠えられるどこか姿も見えない。
改めてワンコどこ行った?と様子を見ると姿なし、”まさか”と思ったが実情はわからず、毎度吠えられて気分は良くなかったが吠えられないと”寂しい”ものである。

いつも五月蠅い人間がいる、事あるごとに何かを云う、「うるせんだよ。」と感じていても、いなくなるとやっぱりこれと同じで寂しくなるものであろうか。



にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/18(水)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇ いつもの雀林にて

雀林法用寺




雀林の小屋




雀林




雀林の菜の花と竹林


地名の雀林と聞いて何なんだろうと思っていたけど、昔話の「雀のお宿」の舞台のような光景を見つけて、ここがその舞台ではないと分かっているが、
ひょっとしてこんな所なのでと地名に納得した。


磐梯山とだいこんの花

会津美里町雀林の法用寺を訪れたあと、例によって雀林の集落歩いてみた。
どこでもそうなのだが、ちょっと見は変わり映えがなくても、じっくり見ると「あら?変わったのか。」と落胆に近い変化があるがことがある。
ここを曲がると”こんな光景があるはず。”が、「あれ、ない。」と自分の遠い記憶と現実を比べて「こんなになったんだ。」と思う事もあるである。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/17(火)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◇ いつもの会津美里町の法用寺

法用寺三重塔




本堂と三重塔




法用寺本堂




法用寺三重塔と会津美里町


この時、帰り際駐車場の車に乗り込もうかとした時、ここ法用寺の駐車場にデカいバスが入って来た。
何度もココを訪れているが、こんな光景は初めてでゴジラがぬーと目の前に現れたような感じだった、「法用寺ってそんなに有名だったの?」と思ったが、
だいたいここまでの道路はバスの車幅くらいなんじゃないかと思えるほど狭く、僕は少々あっ気にとられ何なんだと様子を見ているとバスが停止すると、
あれよあれよと、胸だの腰だのにツアーワッペンをつけた人たちが下りて来た。
まさかにここまでもインバウンド効果なのかとバスのフロントガラスに見えたツアー名のプレートにはいわゆる仏像同好会のようなものだった。
なるほど。

そういやぁ、いつも締まっている法用寺の本堂の扉が開いていてのがちょっと納得だった、この機会に合わせたのだろう。
その時いつも締まっている本堂内が見られ僕は「これは、これは。」とカメラを向けて何枚も撮ったのだが、家に帰りそれらを見直すと、
本堂内の見えにくい位置に「撮影禁止」の立て札が写っていた、
「スイマセン、僕撮ってしまいました m(__)m」。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/16(月)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇ 会津盆地と向こうに見える山

会津美里町に菜の花咲く




会津美里町と磐梯山




会津盆地の畑風景


車を道路に停めて「おー。」と歓心しながらカメラを向けると 「会津磐梯山は~宝のやまよ~♪」が頭に浮かんだ。
別段、金銀や宝物ざっくざっくではないがこんな風景を眺めていると気持ちがホッとすると同時にカメラを向ける。
ずっと以前から通ったことはあっても素通りばかりでココを意識して訪れたのは2011年冬なるだろうか。


会津美里町と会津盆地




法用寺三重塔と会津美里町

震災被害は元よりだけど風評なので観光打撃の会津地方。
「頑張れ福島」と僕は訪れたのがその年の12月だった。そうだ「あそこの三重塔のお寺に行ってみよう。」と車を走らせて会津美里を通ると
雪のかぶった会津磐梯山と会津盆地とあちこちに柿の木が見え、その柿の木には紅い実がぶら下がっていた。

季節は違っても訪れた当時のその眺めと2011年に訪れた時の気持も「そうだったよなあ。」思い出す、そしてそれがなかったらここも、奥会津の桜の風景も撮ってはいないだろうなと思うのである。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/15(日)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◇ 奥会津の春、山村風景

牧沢の山桜




牧沢の納屋2




牧沢の納屋

途中で車を止め、カメラを出して撮影。
その間に土地の人と思われる人が家に引き込みかけてこちら(自分の車)を見て、「おや?見ない車だねえ。」とこちらを様子を見るように見直し、
僕がカメラを出して山の風景を撮り出すと納得するように家に入っていった。


牧沢に咲く桜




牧沢

坂道で撮っていると後ろからジイサンが立ち止まって僕を見た、僕は「こんにちは」と挨拶すると散歩中のジイサンは「いいやろう。」とあちこち説明してくれ、
「今年の春は早いねえ、いつもならあの山はまだ白いのに。」と会津訛りで話し、「いつもなら桜はまだだ。」とも言いつつ春の陽気かジイサンの顔はニコニコし、
そして饒舌させたようだった。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ

にほんブログ村
自分でも気に入ったとはいえ 「撮り過ぎたかあ」 と感じることもある  いつもありがとうございます。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/14(土)  00:01 |
  2. 福島・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1047)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (20)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (113)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (9)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (12)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村