FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 神社仏閣・情景

Category: 神社仏閣・情景  

◇ 村上市 曹洞宗耕雲寺の「脚下照顧」

耕雲寺鐘楼門と本堂



耕雲寺鐘楼門

鐘楼門をくぐり、「くぐり」と書きながら、色々こうか、これか、これではどうだ。と撮りつつやっとくぐったって感じである。

耕雲寺本堂



本堂

脚下照顧(きゃっかしょうこ)、どこかで見たなと、たぶん「靴をそろえろ」なのかと思ったが、調べたら自分の足元をよく見ろってことらしい。
とやかく言わず、自分の見ろ。 とやかくあーだこーだと理屈を言う前に、まず自分の足元、自分自身をよく反省せよ。

本堂前

また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけるべきと、いかにも曹洞宗禅宗の哲学的に言葉でもある。

本堂の火灯窓

いつもは戸は閉まっていたような、この日お盆でもあり、また暑い夏でもあり、戸は開放され不用心かと思いきやしっかりと防犯カメラが設置してあった。

本堂の窓

本堂の脇へとまわると、窓下の柱に「釘」、飛び出していて危険な感じなのだが、何か役目があるのだろうかと、僕は飛び出した何本か釘を
眺めては、幕を掛ける釘か?何だろう?と気になった。

本堂をのぞいてた。

開いている窓から堂内を、カメラを始める前は本堂どころかお寺さえカメラを向けられず、石仏、お地蔵さんだっても同様だったのに、
今では、全く抵抗なく寺院の本堂内までカメラを向けられるようになった自分自身に「年取ったなあ。」と感じた。

しかし、ここまで来るには色々な撮る撮らないの葛藤はあった、京都・奈良の仏閣、浅草浅草寺なら躊躇なくカメラを向けられるのに、
いざ地元のお寺になるとカメラが向けらかった僕、まさに「脚下照顧」、自分足元を直せ、撮る撮らないは自分自身の問題、むしろ撮らないことに
かえって差別があるんじゃないだろうかと、そんな葛藤から今ではお寺は僕には「癒しの場」になっている。


Category: 神社仏閣・情景  

◇ 三川・平等寺の平等ってなんだろう

平等寺薬師堂



平等寺梵鐘と薬師堂

2、3度訪れているとは思うだが、正直何年前か思い出せない、ただ平等寺の印象があるのは木に囲まれ鬱蒼として暗く、それがかえって
歴史を感じさせていたのだが、この開けたような明るい薬師堂風景に、「こうだったかなあ。」と思い出すが、期間が開いているのか思い出せない。

薬師堂と石段

調べてみると、以前は薬師堂周りには何本も杉の木が並んでいたのが分り、「オレの知ってるのはこの頃。」だった。

岩谷薬師堂

逆に云えば、気づかないくらい訪れていないって事だった、現在の阿賀町平等寺ではなく市町村合併前は三川の平等寺だった。

薬師堂

茅葺の下に垂木が並び、茅葺の茅は傷んでいるように見えるが、その下のどっしりと垂木の並びに見事な造りだなあと感心した、
カメラを始めて色々場所、建物を撮るようになり、こんな目線も変わってきているけれど、若い者から言わせるとそれは、「歳」ってことでもある。

薬師堂と若宮八幡宮



緑板

薬師堂を参拝して、お堂の縁板を歩いて一周すると、裏側はどことなく周りの樹々から光を吸収したかのようにお堂の板壁は緑色に見えた、
陽当たりの悪いお堂の裏側なので苔のようなカビなのかもしれなかったが、季節的に樹々の薄い若葉の葉っぱを通して、太陽の光の
透過光のようにも思えた。


Category: 神社仏閣・情景  

◇ 本成寺赤門

赤門

三条市本成寺の山門、赤いので「赤門」と呼ぶらしい、京都あたりなら何ともない寺の風景のだろうが。
その奥に見える門が、「水門」、ちょっとした堀があり、それは防火用水なのではと、用水が脇にあるから「水門」なのだろうかと推測。

本成寺赤門

初めて訪れた時、「なんだデカさ!」と驚き。五間の山門なんて県内では見たことなかった、それも赤く、肘木の多さに嬉しくなり、ちょっと感動
近くに歩いていた人に「これって大きいですが、新潟一でしょうかねえ。」とたずねると、その人は自慢げに「新潟一だよ。」と答えたのを覚ている。

赤門と本照寺

そして当時は、そんな感動があったが、まさかに名匠石川雲蝶の彫刻がここで見れたとはまったく知らなかった。
山門の向こうに、見えるのが塔頭の本照寺、その門の破風板には龍が装飾され、その龍には羽がある、僕には西洋のドラゴンなんじゃ?だった。

本照寺の門の石川雲超

それがこれ。門の破風板右左の二カ所、計四つのドラゴン、お寺で龍は見たことがあるが、ドラゴンに僕は「何度も龍だよなあ。」と見直した。

参道と水門



大持国天王

山門の大持国天王

大多聞天王

大多聞天王  これも他の寺院で見られなようなカッコいい彫刻。

赤門と親子

そんな「大持国天王」と「大多聞天王」の守る赤門と通る若いファミリー。若い時分には神社仏閣なんて興味がなかった僕としては若い世代が
それもお寺へファミリーで訪れる光景を見ると、どこか日本もまだまだなと、ホッとするのだが。

Category: 神社仏閣・情景  

◇ 鳥屋野逆ダケの藪

鳥屋野逆ダケの藪管理棟、トイレ

鳥屋野逆ダケの藪管理棟(無人)、トイレ

逆ダケ入り口

周囲には駐車場はないが、歩いて5分の距離の専用駐車場がある。

石碑

順徳天皇承久3年(1221年)行幸の記念碑

竹藪

西方寺旧跡にある竹藪

竹藪探検

広い竹藪を歩く、経験的にありそうでない。

西方寺旧跡竹藪

足も元を見て ”通路” を見るのだけ、途中で僕は竹藪の中で竹藪に入り、迷う、、、出口は見えているので安心ではある。

竹の子

逆さ竹



竹藪の中央あたり

想像以上に広かった、中央にはベンチ、他のもあったが、竹藪だけにやぶ蚊注意。

逆ダケ進行中

佐渡ヶ島流罪の親鸞聖人の竹の杖が根付いて逆さ竹になったいう。竹の枝は天に向けて伸びるが、天でなく地に向かって伸びている。

逆ダケ



逆さ竹



竹藪西口の駐車場案内

駐車場は、歩いて5分の旧鳥屋野小学校跡地にある「ひまわりクラブ」の駐車場に兼用されている。

指定駐車場になってるひまわりクラブの駐車場

ちなみに、駐車場の向こうに見えている山は、地名にもなっている「鳥屋野神社」。

西方寺旧跡

敷地の隣は、西方寺旧跡になる。

西方寺旧跡参道

竹藪歩きと、西方寺旧跡で時間がつぶせるし、駐車場は離れていても時間の心配ないので、鳥屋野神社と今の西方寺まで歩いてみてもいい。

鳥屋野神社鳥居

鳥屋野神社鳥居

鳥屋野神社本殿

ちょっと高い台に位置する鳥屋野神社本殿

鳥屋野神社境内の梅

ちょうど梅が咲いていた。

西方寺



西方寺お堂

鳥屋野神社前にある現在の西方寺。
車の停めたら、駐車時間とかの心配はなく、のんびりと2時間コースくらい散策できる。

Category: 神社仏閣・情景  

◇ 鳥屋野・西方寺旧跡

西方寺旧跡

旧西方寺の親鸞聖人御旧跡の門。

西方寺旧跡(境内)

旧境内

親鸞聖人像

親鸞聖人銅像

西方寺旧跡



親鸞聖人銅像再建碑

親鸞聖人銅像再建碑

西方寺旧跡



西方寺旧跡参道



西方寺旧跡境内

西方寺旧跡には親鸞聖人銅像、当時の雰囲気を残る境内があって、その裏手には親鸞聖人伝説の逆ダケの竹藪となっていて、想像より広い。

逆ダケの藪



竹藪

その竹藪探検もできるが、夏場はヤブ蚊などが出るので、季節は秋・冬・春が良いのかもしれない。

駐車場案内図

それなりに旧跡は見所もあるのだが、周囲には駐車場がないので、南方面歩いて5分に旧鳥屋野小学校跡地にある「ひまわりクラブ駐車場」になる。

駐車場案内

離れているが、専用駐車場でもあるので、2時間くらいは問題ないだろうから、ここに停めたついでに、5分くらい歩いたついでに現在の西方寺、
その前に鎮座している鳥屋野神社を訪れてはどうだろうか。

Category: 神社仏閣・情景  

◇ 雪の慈光寺を参拝す

山門と雪の石段



山門と本堂

自分の予想では、これほどあるとは思っていなかった。
とはいえ、例年よりは積雪はすくないと思う、例年ならこの山門向こうは雪で行けなかったような記憶があるが、もっとも今回は除雪されている。

本堂



木魚

木魚、今なら躊躇なくカメラを向けられる、初めてここ慈光寺を訪れた時、これが「木魚の謂れの木で造った魚かあ。」と見上げつつも
ちょっと薄暗い寺院内では、カメラで仏様に関わるような物と撮っては不徳にあたる、失礼、そして変なモノでも写ったら、などとカメラを向けるのは

坐禅堂

躊躇があったが、今では曹洞宗系は撮影はOKらしいし、他宗派でも特に注意書きがなければ大丈夫だとわってきた。

坐禅堂と院庭

坐禅堂前の中庭の雪、座禅はやったことがないのでわからないが、たぶん壁に向かってするのではないかと思う、雪を前のして座禅していたら
雪が気になり雑念だらけになるのではと思うのである。

坐禅堂



坐禅堂と廻廊



廻廊

普段は廻廊は薄暗く、奥に見える赤い消防ポンプ台車を撮ろうするとISO感度を上げるか、三脚を使わないとブレるのだが、雪のレフ版状態で
廻廊の内部は明るくなり撮りやすくなった。
Category: 神社仏閣・情景  

◇ 冬の慈光寺

慈光寺本堂

今年は雪が少ないので、果たして積雪はどうかと思ったが、少ないとはいえさすが山裾にある慈光寺だった。

慈光寺座禅堂

ないとはいえ、雪の風景を撮るには十分な積雪量だった。

慈光寺本堂前



座禅堂座禅堂

坐禅堂の戸は開け放たれ、そこからは中庭に積もった雪が見えた、戸が開けっぱなしなら寒いはずなのだが、ずっと参道を歩きやって来たのもあり
寒さを感じなかった。しかし雪に目が慣れた僕でも、そこから見る庭の雪の光景には「多いなあ。」だった。

本堂前のお地蔵様



天狗堂

 天狗堂への階段、けっこう勾配が急で、カメラ器具を持ちながらの参拝で登ったことがあるが、高さはないのだが「はあはあ」もの、
雪は少なめと云え、この雪でこの足跡ってことはそれなりの参拝する人がいるってことかと、足跡などないと思っていた僕にはちょっと意外だった。

参道

たぶん、この時間 3時前、雪がなかったら高い太い杉並木の参道は薄暗いのだろうが明るくて、シャッタースピードも速いのは雪のお陰なのだろう。
今年は雪が少なくてこのくらいである。数年前の大雪の年には3月末だったかにやってくると、雪はこれよりも多く、雪の重みで折れたのだろう
あちこちには杉の枝が落ちていて、時には「こんな太いのに!」と驚かせる枝の太いものもあったが、この日はあちこちには杉のパ葉っぱのみ、
これだけも僕は、今年は雪が少ないのだとわかった。



12345678910111213141516171819202122232425262728293009 < >