FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常風景の旅 2代目。

Sort by 日記・情景

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、消失と再生 JR只見線と冬の桜

JR只見線会津大塩駅

JR只見線「会津大塩駅」の駅名標は錆びて草が絡み始めていた。しかし、この赤い錆色に、開通に向けえて工事が進められていると
聞いていても、この色はどうも絶望感があった。もっとも駅が再び開通すれば当然新しくなるのだろうから、造り直しは最後の仕事なかもしれない。

整備感ありの線路会津大塩駅

「会津蒲生駅」では線路の光景は、忘れられたしまったような駅の風景だったが、ここ「会津大塩駅」は駅舎は放置状態でも、線路は
草ぼうぼうの光景はなく、明らかに人の手が入っていて、線路をよく見ると工事車両を走らせているような線路には轍があった。

会津大塩駅

会津金山町「会津大塩駅」、このからすぐに炭酸水の湧き水所がある。

会津大塩風景

その炭酸水の湧く、大塩の風景。

只見線会津横田駅

「会津横田駅」の駅名標には、草が絡みみに絡んでいた。もう廃墟状態だったが。

ここも整備感あり会津横田駅

その前の線路に草はなく「会津大塩駅」同様に線路には車両の走っている擦れあった。

会津横田駅

前に見えるスノーシェッドの下は、見えてないが複線になっていて、列車点検等の引き込み線になってるのかもしれない。

会津越川駅前消防団屯所

「会津越川駅(あいづこすがわ)」前の消防団屯所と、今はなくなってきた火の見櫓。使われなくなり錆びて赤いのではなく、消防機関としての
赤く塗られたいるのだと思う。

只見線会津越川駅

会津金山町「会津越川駅」の駅名標のヒビに、僕は哀愁とアート的に「いいねえ。」を贈りたい。

まだそのままの会津越川駅

駅の前の線路は、まだまだ草が生えて、その駅の向こうは草茫々状態。

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、羽越本線「今川駅」

羽越本線「今川駅」

日本海の見えるホームから、そして日本海沖には粟島を望むJR羽越本線「今川駅」。

今川駅と上り列車

駅に到着すると、「ガラ、ガラ、ガラ、・・・」とディーゼル気動車のエンジン音、ホームへと急ぐが「時、遅し ヾ(・ε・。)ォ-ィォ-ィ。」だった。

今川駅下りホーム



JR羽越本線今川駅下りホーム

「あれ?」、ホームが変わっていた。
特急など長い車両の列車が停まらない無人駅でもしかし、ホームのは端(南側)は付け足し的に床は板張りでそこそこ長いホームだったが。

大雲寺の屋根と今川駅ホーム

その板張りの床を歩いた時の足裏に伝わる「やさしい」感じが好きだった。今回行くとその「やさしい」感覚がなく「あれ?」と気づくのに
時間がかかった。そして「あっ!ホームの土台が変わっている。」だった。

今川駅と日本海


今川駅上りホーム

老朽化、安全の為なのだろうが、気が付かない程度、またごく自然な駅風景の変化だったが、僕は「なんだかなあ。」とちょっと残念な気分になった。

今川駅構内踏切

昔はあちこちの駅にあったような気がする、知らない間にあの駅、この駅と安全の元跨線橋が当り前になって、構内を踏切を渡りホームへ移動は
少なくなり、その構内踏切を僕は見ると「ここはあ。」と興奮するし、渡る時だって思わず指差し確認して渡る、むしろその行為をする事が嬉しい。

海の見える構内踏切

構内踏切だって、線路を渡る本数により単線、複線と興奮度は変わってくる、この素材(木、コンクリ、アスファルト)とあと幅ね。

羽越本線今川駅構内踏切

だけど、ここはそこに海が見える。「海が見えるねえ。」と踏切内で立ち止まってはいけない。


Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、越後系駅の待合室あそこにあそこ、そしてベンチ考。

JR信越本線「前川駅」

山形県では同じようなホームと駅舎風景を見た、米坂線「成島駅」、陸羽東線「南野駅」、あるいはフラワー長井線「あやめ公園駅」と
それらは待合室の長さいっぱいのベンチの光景があった、時にそれはこんな長いの必要か思いながら、これはこの駅の特徴であると思った。

前川駅待合室

ここ新潟県で同じような駅だけど、信越本線「前川駅」の待合室をのぞくと、それは違った。
待合室長さいっぱいのベンチはなく、個人情報保護法に合わせたような、一人ひとり向けのベンチだった。

越後中里駅ホーム待合室

ついでに、上越線「越後中里駅」のホーム待合室、ここも一人ひとり向けベンチ、ベンチとベンチの間はそこには缶コーヒーとか
荷物を置けるよう
スペースがあり、その先には丸く曲がった穴の傘立てになっている。

JR上越線「越後中里駅」

話は変わるが、「越後中里駅」タイプの駅入り口が2ヵ所あるのって、いつも「どちらから?」と迷う、左から階段を登れば、だったら降りる時は
右側から降りるようになのだが、これが通勤とかならいつもどちらかと決まっているのだろう、たまたま違う方からで悪い事が起るとそれはジンクスになる。

上越線「塩沢駅」待合室

JR上越線「塩沢駅」のベンチも同様、これは同じ沿線なので統一されているのもあるだろうが、長椅子型のベンチではない。

上越線「塩沢駅」

JR上越線「塩沢駅」を降りると観光地としてマキシ通りがあるけれど、僕が時間を割いたのは「通り」よりも塩沢駅であった。

塩沢牧之通り

塩沢のメインストリート「牧之通り(ぼくし)」。これがあるせいか「塩沢駅」も通りに合わせたような駅舎になっている。

五日町駅待合室

ここでもベンチは同じ形、「がら~ん。」って画像に吹き出しが似合いそうな待合室。

上越線「五日町駅」

上越線「五日町駅」、待合室なんてどうでもいいじゃないかと、この駅外観に「工場萌え~。」。


Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、、、ある日の鉄道風景

磐越西線新関駅の青空

新潟市秋葉区磐越西線「新関駅」からの夏空、ホームから山間の駅、海辺の駅、川辺の駅の風光明媚な風景も良いけれど、
すかーと向こうまで見える平野、そしてその先には夏空、白い雲の光景と開放感。

枝豆畑と夏空

時には、遠くにいながらにしてその雲の下に雨が降っているのも「降ってるねえ。」見えるのも風景としてありでしょう。。
只見線塔寺駅ホーム

福島県会津坂下町JR只見線「塔寺駅」、時折新潟から会津へドライブ、そのたび会津坂下まで来ると国道49号線道路標識の「塔寺駅」の
文字にどんな駅だろうと気になりつつも素通り、駅周りをするようになりようやく駅へ、「なるほど、こんな駅だったのね。」と今では何回目だろう。

会津鉄道「南若松駅」前の畑

会津若松市会津鉄道「南若松駅」。線路脇のネギとたぶん柿畑の光景になんか気になる景色。駅前ネギ畑、柿畑ってあるようでないようで。

飯山線のある駅で

すっかりお蔵入りになっていた「ひまわり」、たぶん新潟県飯山線のある駅だと思うのだが、記憶にないくらい夏は遠い昔なった。

会津鉄道「門田」駅

会津若松市会津鉄道「門田駅」のホームの端へ、これが跨線橋とかないものだから、ホームの端まで行って線路を渡りホーム移動、
駅のホームをむこう、こっちと「行ったり」、「来たり」、駅撮りも歩く、多い時には1万2千歩だったことがある、階段登り降りもあったりして。

会津鉄道「湯野上温泉駅」

会津鉄道人気の「湯野上温泉駅」、待合室には囲炉裏もある、冬場に列車待ちで囲炉裏に座るっていうのはどうでしょう。


Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、一、二、三、四、五、「六日町駅」

上越線六日町駅の階段

「六日町駅」の階段、無論エレベーターもあるのだけど、電車にも乗らなず駅を撮りまくる僕としては申し訳ないので無料の階段を。

六日町駅

かと言って、エレベーターが有料って訳ではなく、駅を撮るだけの「タダ男くん」として申し訳ないので、エレベーター電気代も節約兼、
健康のため階段を登る。

六日町駅前

階段を登って行けば望める見晴らしの良い駅の風景だってある。

六日町駅前の六日町図書館

駅前の六日町駅図書館。駅周りをして気づくのが「駅前」とか、「駅と併設」があり、それは市町村の大小に限らず利用者がいるってこと。
時に、本来の本が目的利用もあるだろうが、電車待ち、お迎え待ち、待ち合わせとか、ある意味では町の中心地にあるよりも場所的には便利が良い。

六日町駅連絡路

「六日町駅」の連絡路、あえてただ「六日町駅」というのは、「JR上越線」と「北越急行ほくほく線」の併用だから。

六日町駅改札口

改札口前、ここでも改札口の柵はあるが、広々してゆったり幅。左に待合室、改札口を正面左はJR、右はほくほく線へ。

六日町駅ホーム風景

六日町駅ホーム風景、左側が「ほくほく線」、真ん中から右側がJRのホームになる。ちなみにずっと向こう見えている奥の山は八海山。

ほくほく線六日町駅ホーム

北越急行ほくほく線のホーム、JRに比べて編成車両数が少ないのでホームは短い。左の溝は除雪用の溝かと、雪をここへ寄せる。

JR上越線六日町駅ホーム風景

六日町駅JRホーム風景。判官びいきの僕として、ごもっともな長いJRホームよりも、ホームの短いほくほく線を応援したくなってくる。
「ガンバレほくほく線!」

六日町駅地下通路

六日町駅の地下通路、今は駅は見晴らしの良い橋上駅になり、通路は皆が自由通路となってるけれど、それ以前は線路を挟み東西の移動は
この地下通路を利用していたのではと、通路を歩くと暗さといい、壁の色いい、階段の角度といい、時代を感じさせる。
僕はこういう駅の地下通路が好きである、学生時代東京でのあちこちの駅の地下道を歩いて「オレもここまで知ってる都会人なったなあ。」と
ひとり悦に入るのである。そう言えば東京駅の八重洲口と丸の内側へ通じる地下通路は僕にとって「都会人にとってのステータス」のようであった。

Category: 日記・情景  

◇ 近郷近在的に珍しい跨線橋のある海辺の駅

桑川駅下りホーム待合室

「あれ?!」と羽越本線「桑川駅」を訪れると駅風景が少し変わっていた。なんだ~このホーム待合室は?

待合室のステンドグラス

特に海側の下りホーム待合室は、ステンドグラス風の派手で明るかった、コーヒーショップのようなテーブルが窓下に備え付けられ、
ベンチに座り海を眺めながら、弁当、おやつ、コーヒーできるようになっていてこの変貌ぶり驚いた、以前は建物もなかったような記憶がある。

珍しい跨線橋

それ以前は、ここの跨線橋風景が目的だった。
近郷近在県新潟県、隣県山形、福島、長野、秋田、富山の駅に跨線橋はあるけれど、この形のものは見たことがない。

桑川駅跨線橋

通常は橋の部分を完全に覆うようにあるが、ここのは(何のためかわからないが)片側だけ。風、雪の少ない地方へ行くと屋根のない歩道橋のような
跨線橋はあちこちで見るが、片側だけで僕は線路を見ながら階段を上り、時折跨線部分を眺めると何だか特別感のようで気持ちがいい。

羽越本線「桑川駅」ホーム風景

なので、通常なら跨線橋からこんなオープンな光景は見られない。通常は窓を開けたりして、時には窓のない跨線橋あるが、あれは息苦しさ感が
あるるけれど、実にこの開放感がいい、、、、もっとも冬場の風の強い季節はどうかわからないが、隣の夕日会館で風裏に状態なるかもしれない。

跨線橋の嵌め殺しの窓

ともかく、片側は開放感ある開けぴろげ、反対は嵌め殺しの大きな窓からは海が見える。

上りホームから

左の道の駅「笹川流れ夕日会館」がなかったら、この片側開放感のある跨線橋はなかったのかも。

上りホーム待合室テーマは雪

上り方面の待合室は跨線橋を降りると雨に濡れないように直結され、横開きの扉を開けると、まだまだ新しい木の匂いがした、雪をイメージらしい。

海の見える出入口

本来の桑川駅の待合室なれど、ガラスには「うみの待合室」とある。

夕日会館と一緒になったJR桑川駅

「桑川駅」は海が目の前でもあり、日本海の夕日を売りにした道の駅「笹川流れ夕日会館」と併設され、どこが駅の入口?てな感じでガラス張り
出入口になる。「笹川流れ」と云われるこの海辺の水は透明度があり、景色も風光明媚だけど。
僕の一番は冬である、風の強い日である、海が荒れに荒れ、桑川港堤防に波がぶち当たり、弾け上空30メートルは弾けるような波である。
まさにモンスター級の波、まさに化け物がドカーンと出現したような怖さもあるが、その怖さには引きつけられ怖さがあるんだよねえ。

Category: 日記・情景  

◇ 「駅」、、山形県編

奥羽本線「羽前中山駅」改札口

奥羽本線(山形線)「羽前中山駅」、無人駅であり、改札口の開放感が駅周りしている僕には気持ちがいい。
正面に見えるオレンジシートで包まれたのは除雪機、駅によっては向かいと手前ホームとで各一台設置、雪国はお金がかかるのである。

茂吉記念館前駅

奥羽本線(山形線)「茂吉記念館前駅」、奥羽本線であり山形新幹線はここも通過するので線路幅は広い、新幹線通過駅なのに対岸ホームへ
渡るのは構内踏切、さすがに東海道新幹線並みの速度でないしろ、渡る時はちょっと緊張。

奥羽本線蔵王駅

隣県へ、遠くへと駅撮りに出掛けて、あちこちで見る行先の地名、ここでは「かみのやま温泉」、「赤湯」、「山形」、「天童」の文字に
「思えば遠くへ来たもんだあ。」といつも感じ、それがなにやら僕は好きである。

山形市南館踏切

山形駅近くの「南館踏切」、ネットだかで太くガードされたヘンテコの踏切を見知っていたけれど、新幹線が通るからだけではないらしい、
他の奥羽本線の踏切はどこも全国同じだけど、ここだが違う。よほど高さに注意してもらいたいって事なか、過去に事故が多発したのだろうか。

左沢線羽前金井駅

左沢線東金井駅ホームから遠く山形市市街地が見える。その向こうの山が蔵王。遠くにビル群が見えるのあそこに何があるのかと気になってくる。
さっき通ってきたのだけど。

羽前金井駅から山形市街

撮影時休日なのに駅舎の掃除をしていた、到着した時は一生懸命オジサンふたりでガラス吹き、その脇を僕は「ご苦労様です」と感じつつ頭を下げてホームへ。駅前に停めた掃除人さんのJRの車のナンバーは仙台だった。

白い曼珠沙華咲く駅のホーム

羽前本線「砂越駅」のホームに咲く白い彼岸花、そのずっと向こうの山が鳥海山、1時間前まで雲で隠れ見えなかったが、見えると気持ちがいい。

羽前前波駅

陸羽西線「羽前前波駅」、僕はこの駅があるから陸羽西線へ行くようなもの、陸羽西線の始発駅の大きい「余目駅」、「新庄駅」よりも
行くなら「やっぱり羽前前波だな。」、駅をまわっていると自分好み駅って必ずある、それが有名か、有名でないか別として、出会ったと時は「ここ!」。である

奥羽西線「升形」

陸羽西線沿線は乗降客が減り、無人駅になったのもあり、また列車の連結車両数も短くなった。
ホームには長かった当時の証拠のようにホームの端の草ぼうぼうな所に駅名標が立つ。

奥羽西線「高屋」駅

陸羽西線「高屋駅」、駅から坂を下り約200mに最上川の船下り船着き場があるせいか、駅前は駅に見合わないくらい駐車スペースが広い。
そんな観光客が、「高屋駅ねえ、ふ~ん。」と云わんばかりにホームから眺めていた。

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 < >