冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◆ 白山公園

白山公園の桜




桜の白山公園




白山公園


桜を愛でる人たちであふれていた。
何年前だったか、あまりの人出で思うように前へと進めず、それに懲りてから人混みを避けて歩くようになった僕。
そしてこのさくらの日、桜の下では飲めやの酒宴、そんな光景を眺めながらも、桜、桜、と眺める人、歩く人、写真撮る人、そして桜は取り合えずおいておいてパファーマンスでもと。


ジャグリングと桜


そんな光景を僕は「りゅうとぴあ(新潟市民芸術文化会館)」の上から眺める人となったのだが、その桜とイベントが重なってか
「りゅうとぴあ」も人でごった返し、エレベーターで屋上へだったが、満員の行列、例によって待つのが嫌い、人混みの嫌いな僕は、だったら階段でと上るのが、
入口になっている2階から6階へと階段を上るのだが、4階あたりで「何で待てなかったか」と僕は後悔した。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/21(日)  00:02 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◆ 桜の頃、恒例の寺廻り

真宗寺




勝楽寺参道




勝楽寺前の駐車場




勝楽寺の桜


桜が咲くと毎年恒例のように中央区西堀の寺町通を歩く、普段も時おり寺廻りで歩いているのだけど、こんな桜の風景に出会ったのが要因。
桜が咲く頃は元より、冬にだって歩くと「早く桜の季節がこないかなあ。」と歩くし、お寺か西堀通をのぞく冬の光景が好きだし、秋は秋で別にきれいな紅葉はないけれど、
ただただ目的もなく歩くよりは、お寺をまわってみるかと西堀の寺町を歩くのである。


本覚寺




正福寺


しかしねえ、正直いつの頃かお寺に抵抗がなくなり、むしろ訪れると落ち着く、癒され気分になるのは、オヤジを越えジジイに足を突っ込んでいるってことだろうか。

あえてジジイと認めたくない言い訳だが、それはカメラが趣味になり、山だの湖だの自然風景写真より、街撮りが自分に合っていたから。
京都・奈良だって観光と称してみんなお寺周りが当り前なんだし、僕は京都でも街歩きが好き。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/20(土)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 沢海 大栄寺の山門

大栄寺山門




大栄寺山門と桜




大栄寺本堂



山門と桜




大栄寺の桜


赤い山門のあるお寺は新潟市近辺では少ないせいもあり、僕はここの桜の風景が好きである。
数年前、やっぱり桜の季節に来てみると先客がいた、三脚を立て山門あたりから本堂へと構えていた。


山門と桜


ここの桜の風景は「他になくていいですよねえ。」から話が始まり、その三脚の人はどこを狙っているのか聞いた、桜の花のひと房を中心にして本堂を
狙っているらしかった、それもその桜に陽がさして無風であること、それを聞いた僕は撮り方は色々だけどその懲りようは僕はまねできないなあと思ったのだった。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/19(金)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 無為信寺の枝垂れ桜

無為信寺




阿賀野市無為信寺


お寺である、昔外回り時代に偶然見つけた風景に、京都の雰囲気を感じていた。
そして桜の季節である、僕が枝垂れ桜を撮ってる最中、カメラを持つ人どころか、見に来る人もいないなんてもったいないなあと思っていたら、
僕の後ろの墓場から墓参りを終わっただろう女性二人やって来た、どうも親子らしかったがこんな光景を見ても見向きしない、僕が「おー。」とかわざと云っても
スルーして行った、見事なのにどうして?だった。

無為信寺の桜風景


そして、墓参りする前に「おー、すご。」とかもう撮ったのかもしれない、娘母親だし、お父さんが亡くなっての墓参り、とてもはしゃぐ気になれなかったとか
そんな理由を僕はふたつ、三つ考えた。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/18(木)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 桜のある風景

火灯窓のある寺院風景




火灯窓




ぐんぐん走る

いつの頃から、学校グラウンドの風景というと金網越しに見えていたのは野球の光景だった記憶というかイメージ、それが、サッカーの風景も
違和感がなくなった。そういやあ単純に野球は9人で対戦すれば×2で18人、サッカーは11人、×2で22人になる、グラウンドの使用効率を考えると
サッカーかあ、などと考えると、そんな事が思い浮かぶようになった僕は古いに人間になった思えてきた。


羽越本線

いつかはここを「桜の季節に撮るぞ!」だった。
そして今年急に近くを走っていて「そうだった。」と気づき車を停め、電車の通過を待った、、、、しかし、下調べもしてなくいつ電車が通過するかわからない、
ただひたすら待って、我がガラケーで時刻を確認する、それからそろそろ来るのだろうか電車を待つ時間の長い事。
そして電車の通過はあっという間だった。


朱い橋のある風景


僕の「勝手に京都」風景。


桜山




鯉はスイスイ泳ぐ


偶然に見つけた桜、近づくと池があり、そこには鯉がたくさん泳いでいた。
鯉は僕が”きっと餌をくれるだろう。”と近づいたのだろうが、僕は”桜と鯉”を撮るだけで、偶然見つけたんだし餌なんてある訳ない、
でも段段鯉にもし訳ないようになるが餌かあと草でも抜いて思ったが、そんなもの食わせて池に鯉が浮かんでだりしてもと、僕は
”エアー餌”、
投げる格好だけ、でも鯉は「あれ、餌をくれているようだが、どこどこ?!」騒ぎ、やがてはたくさんいた鯉がいなくなった。


普段は、ブログは3枚程度、それが本日は倍の数字、それだけ桜には魅力があるってこと、あちこち走らせて、そして撮らせ、僕の写真のストックも満開状態。
でもいつかは散る日も来るのだろうが。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/17(水)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 春燦々

新発田城




白壁の櫓と桜




椿と電柱s




城門前


あれ、桜は終わったのかと思ったら、まだ桜かね?
とある政党のM進党のように終わったのかと思えば、未だに森友問題、、、、そんな状態の桜更新は、まだまだ続きます。
だいたい一か月は桜を求め追ったんだもの貯まりました。


桜の新発田城


2、3年前、僕の親父を連れてここの桜を見せた。
普段あんまり感動の声を出さない親父が「うえ。」って感じ息をのみ、「きれいだなあ。」と一言つぶやいた。
記念に葬式用に写真でも撮ってやるからと桜をバックに僕は撮った、こんなことを書くと”死んだのか”と思われるかもしれないが
まだ生きてます。
葬式写真は、来年撮り直ししなければならないかもしれない。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/16(火)  00:04 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ キハ52

桜ばかりで、終わりかと思えば まだまだ桜は続く、ので 一拍入れるのに まったく別な僕のツボ。

キハ52




糸魚川駅アルプス口




キハ52の車内


静態保存キハ52 のある風景、北陸新幹線開通で糸魚川駅が改築ともに、大糸線を走っていたキハ52を展示しているのだと思う。
実のところ僕はこの車両をずっと撮りたかった、出来たら走っている所を、その最後まで走っていたのがJR大糸線(糸魚川⇔松本)、
僕の住んでいる同じ新潟県でも、新潟県は長くそして糸魚川までは遠いしなあ、だった。


復活されたレンガ車庫とキハ52


そして久しぶりの「糸魚川駅」撮りで発見したものは、「国鉄色のキハ52」。
「えーえー、えー!」と僕は涙を出さんばかりの感動の出会いだった。
学生時代に通学で乗っていた車両に久しぶりに出会えた、それは会いたかった遠い昔の恋人に偶然出会ったような気分だったのである。
当然、撮ってる最中は僕はドキドキ「そうか、そうか、元気だったかあ」だった、そして新品同様なボディの色を見て「おまえさん、としってねえなあ。」だった。


糸魚川駅北口広場


糸魚川駅の周辺のあちこちで「がんばれ糸魚川」の文字があった。
昨年暮れの糸魚川大火、ニュースでも見たし、ちらりとネット中継も見ながら「えーー!」、燃え方は大惨事だった。

その光景がこの建物裏側になる、火元のラーメン屋も見たが、コンクリートの土台だけ残されいたが、そこだけなくそれが広い範囲に
コンクリートの土台が見え、しげしげと眺めながらこれは撮るものでないなと思えた。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/15(月)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1102)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (20)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (116)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (9)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (12)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村