FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Sort by 日記・情景

Category: 日記・情景  

◇ にゃんさん、古墳に登りて、こーふんする

古墳の上

奈良へ行くとあちこち古墳だらけ、時には古墳のまわりに池があったり、宮内庁管轄だったりして柵が巡らせてあったりで、近づけない。
それでも、我が新潟には古墳がないので、「いいなあ。」と古墳に憧れるのである。

胎内市城の山古墳

そんな古墳が新潟もあった、っていうかそこはかなり前から知っていて、周りが田んぼの平地なのそこだけ小山になり、木まで生えている。
「古墳ぽいなあ、古墳じゃねえの?」とは思っていたが、”新潟にある訳がない”と脇を何年も通り過ぎていたが、今は何年も通らないくなった。

城の山古墳

それからなんだかったかで胎内市に「城の山古墳」と云うのがあると知り、それはどこだ?と調べると「えー、あそこか?!」。
今更感ありの”やっぱり”の場所だった、そしてやっと僕は古墳にやってきて、「古墳だよ~」とこーふんしながら、上がっていいのだろうか?と

古墳の上に墓があった

古墳の上がると墓があった、これは後からものだろうと想像しつも、古墳に登ったことなんてないので答えはわからず。

古墳の上でこーふんする

畏れ多いことと感じながら古墳の上に登った、古墳って墓だよねえ、その墓の上にあがるなんてなあと思いながらも、そこから見える周りの
風景を眺めると車で通って見ている風景とは違ったのは数mとはいえ高いから、古墳の上には三角点だってあった。

三角点



城の山古墳の説明看板



古墳

やっぱり古墳の上でこーふんしても、畏れ多さもあるのだろう、足裏の感覚は土、杉の枯れ葉、雑草のふかふか感を増幅させ、それがかえって
”畏敬の念”となり、上半身は古墳に上に感動しているのが、足の裏は居心地の良いような、悪いような、縁もゆかりもないけれどご先祖様の墓を踏んでいるようで雑草だって歩くのになるべく踏まないようにしていた。

Category: 日記・情景  

◇ 三条本成寺で彫刻で失敗する

本成寺太鼓門

本成寺太鼓門の脇に貼られている「石川雲蝶のポスター」、この度はお寺もさることながら、雲蝶のお墓も行ってみようと本成寺を訪れた。

石川雲蝶の墓

前回来た時に墓があったのは知っていたが、それがどこなのかわからなかった。何年の年月を経てやっとお詣り出来た。

静明院の門

本成寺とその塔頭にいくつかある「石川雲蝶の彫刻巡り」が出来るのは、今回初めてしり、500円で全寺をまわれるというのなら
実にお得のようで、それも縁もゆかりもない寺の中の入れるというのは僕には「いいねえ。」だった。

雪除けの三角屋根

屋根から雪が落ちてきても良いように三角屋根で落雪防止。

石川雲蝶作「亀」

「こちらです。」と、案内されていったその部屋には「亀」、これが彫刻家かあ、日本のミケランジェロだった。
そしていくつかまわってから僕はダメ元で恐る恐る聞いた、「撮っていいですかねえ。」、、、全然問題なかった、失敗したもっと早く聞いてみるのだった。

久成院の門

久成院の門

久成院の石川雲蝶

久成院・石川雲蝶の獅子

本照院の門

本照院

本照院の石川雲蝶

本照院・石川雲蝶の龍

石川雲蝶の龍と獅子

「龍と獅子」なのだけれど、前日もの書いたが龍と云うより僕にはドラゴンだった。

本成寺と塔頭12寺あるいくつかの寺に石川雲蝶の彫刻が残っているのもあり、本成寺を全部まわる形になったのだが、まわっていて
時計を見るとそこそこに時間が経っているのだが、飽きもせず、嫌々感もない、むしろ充実しているような”お寺での時間の経過”に
僕は、お寺で時間をレジャー施設のようにまわり歩き、それでいて楽しい気持ちあり、「僕は完全に年寄りなったんかなあ。」と寺の中心で思った。

ちなみに 石川雲蝶の彫刻、市は違うけれど魚沼市観光協会から、石川雲蝶のデジタルカタログが見れる。
Category: 日記・情景  

◇ 本成寺本堂へあがる

本成寺

いつしか乳金具見ると、撮るようになった。

もったいぶって竹ぼうきを撮る

境内は広いとはいえ、本堂は見えているので歩けばすぐなのだが、僕は水門辺りで本堂へは中々行かずもったいぶった。

本成寺破風屋根



お上がり下さい

いつの頃からだろう、お寺へ行って勝手というか本堂の戸を開け中へと入りお詣りするようになったのは、無論全部ではないが、
大体「お上がり下さい。」と掲示がある、時には厳粛な気持ちなったり、癒されるような気持ちになり落ち着いつく。

本堂の金ぴか

撮影禁止の所もあれば、大丈夫なお寺と宗派によって違うようである、その昔禅宗の本山福井「永平寺」に行った時、「どこを撮っても構いませんが
僧だけは撮らないで下さい。」と説明があったのを覚えていて禅宗は、比較的撮影の良い所が多いようだが、でもやっぱりフラッシュは禁止だと思う。

法事椅子

この時広い本堂に一人、当たり前に誰もいない、入って撮影前にぐるりと堂内を見渡しから、正座して手を合わせから撮影はしたが
誰もいないというのも、一人隠れて悪い事しているようで撮りずらいものがある。


Category: 日記・情景  

◇ 海辺の神社にて

大巳貴神社(おおなむちじんじゃ)



海辺を見張る狛犬

越後七浦シーサイドラインの間瀬にある大巳貴神社(おおなむちじんじゃ)、そのすぐに越後七浦観音は大きいのでシーサイドラインをドライブの折
訪れた記憶があったが、トイレ休憩で久しぶりに観音様に寄り、周辺をぶらつくと神社があったのに気づく、「あったけ?。」と記憶にないような。

大巳貴神社の狛犬

何十ぺんもシーサイドラインを走っているのに神社に参拝した記憶がないので、これは参拝せねばと急な石段を登った、段数はそれ程でもないけれど
急な角度は「年寄り向きではないな。」とキツイ=僕も年寄りなったんだろうかと落胆気味になりながら御社へ。

大巳貴神社

階段を上りきり御社と狛犬、海、沖に見える佐渡ヶ島を眺めていると、”ひょっとして来たことあるかも。”と思えてきた。

佐渡ヶ島

佐渡ヶ島

間瀬海岸

その昔冬場にデートで通った、海辺を運転しながら冬の日本海らしい大荒れした海を見ながら、「(東映)映画のオープニングの波のようだねえ。」と
会話をした記憶がある、その時は観音様も寄らず、また神社があったかどうかも知らずだったせいか、ご利益なくその後、僕はフラれた。

間瀬大巳貴神社

そんな事を急に思い出すと、まさかに、ひょっとしてあの時寄って二人して手を合わせていたら人生は別のものになっていたのかもしれない、
いやいや縁がなかったら訳だから観音様も大巳貴神社に手を合わせても、やっぱり同じ事になっていたのではと、海を眺めながら思った。

Category: 日記・情景  

◇ 時には、トキでも撮る

トキ

ほとんど、僕は鳥は撮らないのだけど、ある日グーグルマップを見ていて寺泊あたりで「トキ」の文字が気になった、トキは佐渡ヶ島だと思っいたので
その文字に「なんだこれ?!」が第一印象、そして「いる訳ねえじゃん。」と思いつつ調べてみると、そこには本物トキがいた。

ゲージの中のトキ

「うっそだろう~」、なんでなんで、いるの?と、さらに調べると佐渡ヶ島一か所だともしも鳥ウィルスに感染したら大変なことになるので
分散させているらしかった、佐渡ヶ島以外で4カ所、僕は佐渡ヶ島まで行かないと見れないのかと思っていたのもありあまり興味をもたなかったが、

長岡市 トキと自然の学習館

でも、そんな情報知ってしまうと、これは行かねばなるまいとずっと昨年から機会を狙っていた、長岡市トキ分散センターへとやっと足を運んだ。
目の前にその姿を見た時思わず「おっ、トキだ!」と声を発した。しかしあの朱鷺色のピンクではなく黒かった、説明では繁殖期に入ってらしかった。

トキと自然の学習館

ここ長岡トキ分散センターではそのトキを間近に見れるのだが、そこにはネットが邪魔だった、望遠でネットを消すよう撮ってはいが、
そのトキとの距離を見計らって撮っているとかれこれ1時間はなった。その間にもどんどん入場者がやってきては撮影しているのだが、

黒いトキ

その人様のカメラモニターを見ていると撮るのは良いけど縦横にネットのストライプがくっきり入っていた。

ドジョウをついばむトキ

ドジョウをついばんでいた、水たまりの中にドジョウが見える。

トキ分散センター

分散センターの看板を見て、そう言えば鳥取だか中国地方にいるのは知っていたが、それは出雲であり、それよりも先に多摩動物公園にいたのに
僕は意外だったが、一番は書いたが、新潟県の本土側見れることだった、それも海を渡らない、車でドライブがてら行けることに、それまで
近場を何度も通っていたのに、全く知らないかった、気づかなかったことに僕は後悔大有りである。
こう云うのを、僕的には「トキすでに遅し」という。


Category: 日記・情景  

◇ 寄居諏訪神社と砂丘館

寄居諏訪神社

中央区寄居になる諏訪神社、知ってはいてもカメラが趣味なると改めてその存在を意識し、境内に入り撮影、そして参拝するようになったが、

諏訪神社の狛犬

カメラが趣味になってからは、そんな神社仏閣が増えた、神社よりも寺を撮ると、落胆気味に「おれもジジイなったなあ。」と思うだった。

寄居諏訪神社境内




寄居諏訪神社本殿

知る人ぞ知る、本殿の横には稲荷神社があって、その脇には新潟大学へ抜ける道があるのだが、地元の人でないとわからないし、地元の人でも
ひょっとしたら気が付かないのかもしれない、僕はそんな裏道を発見するが大好きであり、そこを歩く時の”ここ歩いて良いの?”とドキドキ感が

諏訪神社

何とも言えない。そして本殿の裏には天井トタン屋根がなくなった車庫があった、床も車が出入りしたら穴が空きそうで、使用中止状態だった、
僕はここを通るとその廃墟状態の車庫に入り天井がなくなり、そこから見える空を撮るのがどういう訳か幸せだったが、それも今はなくなった。

砂丘館

その昔日本銀行新潟支店の支店長役宅だったのが、今は「砂丘館」名前が変わりイベントなどが行われる。

砂丘館の庭

だからって、お庭が良いかと思えば、普通の庭である。カメラを始めた頃新潟市をあちこち撮り始めた、ここの脇を通るとそれなりの雰囲気に
カメラを向けたが、中へ入って良いのかわからず、不審者のように内部を撮った記憶があるが、今は邸内には何度も入っているので

砂丘館庭入り口

この日も、今更ってな感じで玄関先だけで撮っていたが、中からカップルが出てきて僕が撮っていた訳でもないのだろうが、そのカップルも
玄関先からとり始めた、やがて後姿を追うとレンタサイクルに乗ってカップルは消えた、「安吾風の館」でも行ったのだろうか。


Category: 日記・情景  

◇ 春のそぞろ歩き

白龍大権現

年明けの参拝は、寺回ばかり、大体50寺はまわったはず、やっと神社まわりを始める、生まれてこんなパターンは始めてだけど
どうも例年の年始の神社まわりより気運が上がっているような気がするが、やっとここらで神社まわりをはじめる。

人情横丁と新津屋小路



変わりゆく路地

この路地を撮って10年は経過、以前は路地奥の正面には大和百貨店の建物が見えたが、今はその建物なく、10年前には見れなかった風景ある。

消えゆく風景

そして、大和百貨店の新潟撤退のニュースは、子供の頃からよく知るデパートだったけに本当に驚いたけれど、今度は三越百貨店、
伊勢丹統合して、いずれは想定はしていたので驚いたことは驚いたが、大和百貨店の時よりも驚きは小さいが、この景色がなくなるかと思うと、

見守る超男

カメラを持って街を歩いてると、変わらないような風景も時間が経過すると、「えっ!」なんてのばかり、そういう点ではカメラが趣味になっていて
ある意味で”街の記憶”が撮れたんものカメラに感謝である、趣味になってなからひょっとして変わったのも気が付かないで終わっているかも、
いわばカメラは時の見守りのようなものと、今では思うようになった。



12345678910111213141516171819202122232425262728293004 < >