FC2ブログ

Index

3152: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 猫の細道

せっかくロープウエイで千光寺山の頂上から

  • 0
  • 0

3151: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 体力の限界ロープウエイで下山

千光寺山の頂上まで登るまでは、”これ如き

  • 0
  • 0

3150: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 山の上から愛をさけぶ~

尾道と言えば、あちこちに有名観光スポット

  • 6
  • 0

3148: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 尾道の径はキツイのだ

天寧寺三重塔の屋根と、ロープウエイ乗り場

  • 2
  • 0

3147: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 アーケード商店街から千光寺山へ

アーケードの尾道本通りを入り直ぐに、千光

  • 0
  • 0

3146: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の尾道 はるばる来たぜえ、おのみち~♪

早朝の京都駅、午前6時半。前日悩んだ末に

  • 2
  • 0

3145: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 正面橋を渡って

鴨川の左岸には、そこそこの人が歩いている

  • 0
  • 0

3144: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 夜の街歩き

時として、夜の風景に魅入られることがある

  • 2
  • 0

3143: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 京の夜を歩く

夜の先斗町を歩く、夜の歩き「京都だぜ~、

  • 0
  • 0

3142: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 東山区 深夜+ワン

京都市東山区の夕景。奥には京都女子大学、

  • 2
  • 0

3141: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 吉田山から今出川通り、京阪に乗って

季節も終わりかと感じさせる咲く白い花、そ

  • 2
  • 0

3140: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 吉田神楽岡町から

粟田口、瓢亭前、南禅寺、法然院、くろ谷金

  • 2
  • 0

3139: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 黒谷あたり

どこかに書いたが、この時あえて綺麗な紅葉

  • 0
  • 0

3138: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 法然院あたり

言わずと知れた茅葺屋根の法然院山門風景、

  • 4
  • 0

3137: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 南禅寺水路閣

目の前に自分にとってあり得ん光景があった

  • 2
  • 0

3136: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 粟田口から南禅寺へ

南禅寺を目指して歩いていると「なんだここ

  • 0
  • 0

3135: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 夕刻始まる三条通りを歩く

京都スタイルの看板建築、「かっこいい、い

  • 2
  • 0

3134: ◇ 外出自粛のノー・カメラ週末のため、遠い思い出の京都 夕刻大宮通りから三条通りを歩く

四条大宮駅前でバスを降りて、大宮通りへと

  • 0
  • 0

3133: ◇ 緊急事態宣言解除されたけど、遠い思い出の京都 大宮通りから大徳寺

相国寺境内の石畳と築地塀。烏丸通、鞍馬口

  • 0
  • 0

3132: ◇ 緊急事態宣言解除されたけど、遠い思い出の京都を

京都御所、何年前だったか京都御所も拝観し

  • 2
  • 0

3131: ◇ 緊急事態宣言解除されても撮り歩きまでまだ先、なので遠い京都の思い出を 泉涌寺で「そうだ京都、いこう。」

泉涌寺、京都を何度も訪れてあちこち周った

  • 2
  • 0

3130: ◇ 緊急事態宣言で自粛、遠い京都の思い出を再編集する 下鴨で迷う

鴨川に掛かる賀茂大橋と出町飛び石の風景、

  • 4
  • 0

3129: ◇ 緊急事態宣言で、遠くなった京都の思い出 祇園花見小路から八坂の塔を探る

京都といえば祇園、舞妓さん歩く光景のある

  • 2
  • 0

3128: ◇ 緊急事態宣言で、遠くなった京都の思い出 祇園の路地を探る

京都祇園、新橋通り、石畳と格子、そして簾

  • 0
  • 0

3127: ◇ 緊急事態宣言で、遠くなった京都の思い出 木屋町先斗町

京都木屋町通交差点から、四条大橋あたり、

  • 6
  • 0

3126: ◇ 緊急事態宣言で、遠くなった京都の思い出 五条の橋上から、木屋町へ

牛若丸と弁慶の出会った五条大橋と欄干、歴

  • 0
  • 0

3125: ◇ 緊急事態宣言で、遠くなった京都の思い出 五条楽園あたりで外人さん見る

京都へ旅、目的地はいくつもあったが、その

  • 2
  • 0

3124: ◇ 緊急事態宣言のため、遠くなった京都の思い出 石塀小路をぬけて

京都東山区ねねの道にある「石塀小路」、石

  • 0
  • 0

3123: ◇ 緊急事態宣言のため、遠くなった京都の思い出 鴨川を渡る

京都市を流れる鴨川、その鴨川に掛かる正面

  • 2
  • 0

3122: ◇ 緊急事態宣言のため、遠くなった京都の思い出

「おいおい、コロナなのに京都?!」ではな

  • 4
  • 0

3121: ◇ 令和2年のゆく桜かな

改めて近づき桜を下から眺めると、幹、枝さ

  • 2
  • 0

3120: ◇ 「この道寄り道まわり道♪」でも遠回りの太田川

どうせ帰るのならちょっとばかり遠回りして

  • 2
  • 0

3119: ◇ 満開の桜に、散る花びら

新発田市宝光寺中庭の桜。回廊と桜散りかけ

  • 2
  • 0

3118: ◇ 火灯窓のある桜景

胎内市乙宝寺の桜から帰途、そうだ新発田市

  • 4
  • 0

3117: ◇ また来年の乙宝寺の桜

そろそろ引き上げるかと思い始めると「最後

  • 0
  • 0

3113: ◇ 桜の中にこっちも見てねえと新緑は始まっていた

桜ばかりに目が行っていたけれど、突然 「

  • 4
  • 0

3116: ◇ 桜参道と雪洞(ぼんぼり)と

誰もいなかった風景に突然、旅行雑誌の「る

  • 2
  • 0

3115: ◇ 山門の向こう側

山門の向こうに見える茅葺屋根の弁天堂、そ

  • 4
  • 0

3114: ◇ 越後の片田舎の寺で”奈良”を感じる

新潟の田舎で直感的に「ここだけ奈良だな。

  • 0
  • 0

3112: ◇ 桜の中の赤い情景

赤と云うよりも、朱色の地蔵堂に、桜が似合

  • 2
  • 0

3111: ◇ 錆びた屋根だって待ちに待った桜なのかも

誰にでも、桜の思いがあると思う、思い出だ

  • 2
  • 0

3110: ◇ そこに桜隧道もあるのだけど、桜の味わい方は色々

桜のトンネルの入り口横から見たらなんてこ

  • 4
  • 0

3109: ◇ 粋な黒塀に 見越し桜~、、、お富さん~♪

誰もいないうみ~♪ ならぬ誰もいない さ

  • 2
  • 0

3108: ◇ 誰もなき場所 美しく咲く君 悲しからずや

いつも湧き水をくみにいく近くの神社の桜景

  • 4
  • 0

3107: ◇ 遠山の桜は散ってはいくも、撮った花は散るまじ

桜の春の始まりだった、でもこの時「緊急事

  • 6
  • 0

3106: ◇ 菜の花畑の人にだってそれぞれ事情ってものがあるだろうさ。

自分の事は棚に上げ、「オイオイ、いるじゃ

  • 2
  • 0

3081: ◇ ストック整理 冬の海辺で

岩ケ崎電線の先、もう何年もなるけれど電線

  • 4
  • 0

3105: ◇ 黄色い世界

今年は雪はなかったけれど、長い冬が終わり

  • 8
  • 0

3083: ◇ ストック整理 モノクロ海辺あたりで

誰も写真なんて撮ることないだろう、私のお

  • 0
  • 0

3080: ◇ ストック整理 冬の海景を求めて

新潟市北区福島潟にある鴈かけ橋の照明、奥

  • 2
  • 0

3104: ◇ 大地の歌そして「春」 桜色から

神社の下から見上げる桜、「やっぱり桜は青

  • 6
  • 0

3102: ◇ 楽しい山形で、あっという間に月は昇るのだ

小岩川漁港とそこに掛かる国道7号線の橋、

  • 0
  • 0

3103: ◇ 温故知新ではなく、新しき訪ねて古きを知る、”温新知古”な 「小岩川駅」

「ありゃりゃ?!」、小岩川のメインストー

  • 2
  • 0

3101: ◇ 久しぶりに訪れた山形・五十川駅

駅になんて興味もない当初は、脇を走る国道

  • 2
  • 0

3100: ◇ 雷屋の雷は遠くへ行った。

山形県堅苔沢の丘、国道7号線脇に大分前か

  • 2
  • 0

3099: ◇ 逆光、ひょうたん島はどこへ行く~♪ と、さくら、さくら

鶴岡で「参拝したし、撮るものも撮ったし、

  • 0
  • 0

3098: ◇ 屋根、屋根、屋根、でも”や~ね”ではなく”いいね。”なのだ。

山門の屋根、その向こうには鶴岡市街が見え

  • 0
  • 0

3097: ◇ お寺でブラブラで癒される時

善宝寺本堂額の文字は「感應殿」か、恥ずか

  • 2
  • 0

3096: ◇ やっぱり本堂裏(龍王殿)でも、、、、

ここでも龍王殿周りの浜縁(はまえん)へと

  • 0
  • 0

3095: ◇ 龍王殿から屋根をのぞむ

本殿の屋根と鬼瓦、その上にある丸いのはお

  • 0
  • 0

3094: ◇ 常香炉の龍を磨きたくなった

多くのおみくじに、人々は何を思ってここへ

  • 0
  • 0

3093: ◇ 何度も来ているのに善宝寺では山門でいつもウロウロするのだ

山形県鶴岡市「善宝寺」山門と左は休憩所、

  • 0
  • 0

3092: ◇ 今だから善宝寺に参拝す

正直な気持ち、「ここへ行かなくては。」と

  • 2
  • 0

3091: ◇ 駅が良ければ、消防小屋にまで「いいねえ!」するってもんだぜえ

JR小波渡駅は、ある意味自分にとってはワン

  • 0
  • 0

3090: ◇ 海辺の春の足音

JR羽越本線「小波渡駅」裏山の畑道、季節は

  • 1
  • 0

3089: ◇ 裏山を「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の覚悟をもって

JR小波渡駅の裏山から風景、駅だけでなくこ

  • 4
  • 0

3088: ◇ 地下道からも惚れたやっぱり「小波渡駅」

鶴岡市JR羽越本線小波渡駅の周辺駅は大体、

  • 2
  • 0

3087: ◇ 海が遠くに見える駅「小波渡」駅

高台にあるJR羽越本線「小波渡駅」、そのお

  • 0
  • 0

3086: ◇ 素通りできなかった、「小波渡駅」

反対ホームの坂道にちらりと見える黄色い「

  • 2
  • 0

3085: ◇ 鶴岡市小波渡消防小屋から

お気に入りの山形県鶴岡市JR「小波渡(こば

  • 2
  • 0

3082: ◇ ストック整理 藤塚浜あたり

落堀川にある堤防錆びた鉄の塊は、ボラード

  • 0
  • 0

3084: ◇ 神も仏も

「勘弁して、いい加減してよ」。と世界的に

  • 0
  • 0

3079: ◇ 富士山を眺めながら「好日有之」

二葉町の丘の上から、春めいた市街風景に富

  • 0
  • 0

3078: ◇ 西海岸に太陽が傾くころ

新潟西海岸第1突堤、海への架け橋に春がや

  • 0
  • 0

3077: ◇ 「海辺のカフカ」ならぬ展望台から望む、「海辺のかすか(むこう)」を望む

ファイヤーマンが、見送る自転車カップル、

  • 0
  • 0

3076: ◇ 四ツ屋町歩き

出来たら同じ「よつや」でも、東京新宿の「

  • 0
  • 0

3075: ◇ 四ツ屋町「開運稲荷神社」

「ぬ、ひ、ひ、ひ、ひ。」と喜びたくなる坂

  • 0
  • 0

3074: ◇ 「西海岸」と「ひわやま」のこだわり

西海岸公園の訳の分からん遊具越しに日本海

  • 0
  • 0

3073: ◇ 早春を歩く 西海岸・・・・・公園。

海辺にある中央区西海岸公園から「春だなあ

  • 2
  • 0

3072: ◇ 記録として 新潟三越

新潟三越店が閉店となれば、いずれこの「○

  • 4
  • 0

3071: ◇ 夢は屋根よりも高く

鬼がこちらを見ている (以前はネットはネ

  • 2
  • 0

3070: ◇ 帰り道、寄り道、上新栄町浜

角田浜の海の家「青い風景」を撮って私は満

  • 0
  • 0

3069: ◇ 海と空と雲と、そして佐渡ヶ島も

立ち並んでいた角田浜の海の家からは今は歯

  • 0
  • 0

3067: ◇ 春の海、角田浜

誰もいないのを期待したのだけど、到着する

  • 2
  • 0

3068: ◇ 群青日和

群青日和、日本海側の冬は雲った鉛色の空ば

  • 0
  • 0

3066: ◇ 新潟砂丘の眺め

新潟市西蒲区四ツ郷屋の砂丘畑。パイプはス

  • 0
  • 0

3064: ◇ 逆光の海辺

やっぱり良い風景には通ってしまう。しかし

  • 2
  • 0

3063: ◇ 切断された電柱のある浜辺

10年以上前に、この辺り夏に泳ぎの来た記

  • 0
  • 0

3062: ◇ 海辺では、やっぱり青空がお似合い

「やっぱり海は青空だわ。」と思う。たかが

  • 0
  • 0

3061: ◇ 海辺のキャンプ場、冬

紫雲寺記念公園オートキャンプ場、沖をタン

  • 4
  • 0

3060: ◇ 丘を越えて行こうよ

丘の向こうに海が見える、これは私のとって

  • 0
  • 0

3059: ◇ 藤塚浜の坂道で

そこが坂の頂点。この坂道を越えるとやがて

  • 0
  • 0

3058: ◇ 海を感じる時

ここに立ち海を眺めて、「やっぱり冬の海は

  • 0
  • 0

3057: ◇ あの日に帰りたい

以前なら対岸の松浦漁港を「いいね、いいね

  • 0
  • 0

3056: ◇ 落堀川の河口にて

落堀川の橋の上に立ち、風景は春の花は咲い

  • 0
  • 0

3055: ◇ 笹川に陽が傾くころ

風で海は荒れ、所どころに大きな白波立つ、

  • 0
  • 0

3050: ◇ Monochrome 笹川の冬波 endless love

堪りませんわ。来る波を撮っていると、「こ

  • 0
  • 0

3053: ◇ Monochrome 笹川地区

笹川橋の下か、海を眺める。地面の砂地は以

  • 0
  • 0

3054: ◇ 笹川地区の丘に登る

気になってはいたが、初めて笹川地区の丘に

  • 2
  • 0

3052: ◇ 川が流れ込む海辺にて

浜辺では時々「なに??」ってのがある。そ

  • 0
  • 0

3051: ◇ 美しきは危険なかおり

「危険は美しい。」と感じることがある。危

  • 4
  • 0

3019: ◇ ストック整理 冬空そぞろ歩き

新潟市中央区旭町しょうこん坂、招魂社跡地

  • 0
  • 0

3048: ◇ 日本海、冬波迫る波打ち際にて

「うえ。」、先に見えてる波の高さは、明ら

  • 0
  • 0

3049: ◇ 浜辺のうた

藤塚浜の駐車場に車を停めて、海の家の間か

  • 2
  • 0

3047: ◇ 海辺のシャワーのある風景

新発田市藤塚浜海水浴場にあるシャワー、夏

  • 0
  • 0

3017: ◇ ストック整理 振り返ればそれは季節の変わり目

秋、帰るかと家に車で向かうが、まだ時間余

  • 2
  • 0

3046: ◇ 中村浜の丘で

何年前かに見つけた私のお気に入り、日本全

  • 0
  • 0

3045: ◇ 冬の新潟、空と海と

冬の新潟、空は厚い雲に覆われている、正直

  • 2
  • 0

3044: ◇ 荒井浜にオレ的歴史あり

胎内市の荒井浜にて、新潟の冬の空はこんな

  • 0
  • 0

3043: ◇ 荒井浜は「あらイイ浜。」では、もうなくなった

たしか、初めて訪れ時はここまで車を乗り入

  • 2
  • 0

3042: ◇ 冬空日本海に波を求めて

鉛色の冬空、晴天になってほしいのだが、こ

  • 0
  • 0

3041: ◇ やっぱり素通りできない岩ケ崎にて

村上市の岩ケ崎、このあたりから国道345

  • 0
  • 0

3040: ◇ St.バレンタイン・デイには お寺を

バレンタイン・デイにはお寺の風景を。カメ

  • 0
  • 0

3039: ◇ 雪のない冬、沼垂(ぬったり)テラス商店街を歩く

久しぶりの沼垂テラス商店街、この日の目的

  • 2
  • 0

3038: ◇ 新発田の街を久しぶりに歩く

以前新発田市へやって来ると、車の止めて置

  • 0
  • 0

3037: ◇ 日本海冬、波ものがたり

「やっとこの季節がやってきたか。」、村上

  • 4
  • 0

3036: ◇ ビュー福島潟、夜のひかり

建物の灯りが目立つのを待った、暗くなるに

  • 0
  • 0

3035: ◇ 陽は落ちるも

午後5時6分、閉館時間でも全館照明は点灯

  • 0
  • 0

3034: ◇ ” もっと光を!”の逆転のMonochrome発想

新潟市北区福島潟にある「ビュー福島潟」と

  • 2
  • 0

3033: ◇ おー、もっと ひかりを。

運転しながらも暗いなあと感じる日本海側の

  • 2
  • 0

3032: ◇ スルーされたイルミネーションに、悲しさをおぼえるのだ

冬の夕刻に、思い掛けずに イルミネーショ

  • 4
  • 0

3031: ◇ とある家の前で昭和にボクはもどった。

ある家の前で、足が止まった。店じまいとか

  • 4
  • 0

3030: ◇ 海だって山々の事情ってのがありますわい

アート?モンスター?いえ、漂着物の山、怪

  • 0
  • 0

3029: ◇ 村松浜あたりは石がゴロゴロ、

「あれ、ここも遠浅の浜だったの?」と周り

  • 0
  • 0

3028: ◇ 階段ばなし

夕暮れの階段、しじま風景とは逆に私の気分

  • 2
  • 0

3027: ◇ 階段がたそがれる時

「む、む、む、む。」、こんな光景があった

  • 0
  • 0

3026: ◇ 夜のトバリが降りるころ

陽が落ちて夜の帳(とばり)が降りるころ、

  • 0
  • 0

3023: ◇ いずれ消える記憶とルイ・ヴィトン

何年前かにラフォーレ原宿新潟店が撤退した

  • 0
  • 0

3024: ◇ 「街の灯」、窓にそろそろ光が灯るころ

街の灯、薄暗く全景は見えないがいつも歩い

  • 2
  • 0

3022: ◇ 黄昏る階段 タテ 

日中の短い冬、街をブラついていても暗くな

  • 2
  • 0

3021: ◇ 斜日

土手を車が走っていた、これは撮らねばと車

  • 0
  • 0

3020: ◇ 気がつけば逢魔が時、胸中さわぐ

今日はダメだなあと、夕闇迫り引き上げる頃

  • 2
  • 0

3018: ◇ 失われつつ街景

知ってはいたけど、目の前でこんな風景を見

  • 0
  • 0

3016: ◇ 広い砂浜でひとり 科学を考える

立っている辺りは、単純に波打ち際から海の

  • 0
  • 0

3015: ◇ 渚のシンド、、、いやいや 渚のジジイですじゃ

波が押し寄せる、長靴を履いているので波が

  • 2
  • 0

3014: ◇ 越前浜で、オレは波とたわむれる

なんてこなく波を撮っているけれど、新潟県

  • 2
  • 0

3013: ◇ トンビが舞う冬の海水浴場

ここ越前浜は、新潟県にあって「越前浜」の

  • 8
  • 0

3012: ◇ ころり三観音をまわる

会津美里町 中田観音(弘安寺)中田観音の

  • 0
  • 0

3008: ◇ やっぱりここでも神社仏閣

会津本郷「廣瀬神社」、ここでも街歩きに神

  • 0
  • 0

3009: ◇ 化石の公園と赤い屋根

山の公園を登るのをあきらめ撤退、焼き物の

  • 0
  • 0

3007: ◇ 白鳳山公園入口

白鳳山公園の入口で、奥へと登る坂道、そこ

  • 2
  • 0

3010: ◇ 登り窯のある山の上から

柿ノ木の会津美里雀林は向こうの山の裾野辺

  • 0
  • 0

3006: ◇ 登り窯のある町、坂道をのぼる

お地蔵さん並ぶ、暗い感じもなければ、ほっ

  • 2
  • 0

3005: ◇ 会津盆地の真ん中で

今度来る時はいつだろうと、”雪が積もった

  • 0
  • 0

3004: ◇ 会津美里町JR只見線「根岸駅」

ここへ来たら、やっぱりいつもJR只見線「根

  • 2
  • 0

3003: ◇ 「Have a Nice Day」 の日

なんてことない柿ノ木と畑越しの風景なんだ

  • 0
  • 0

3002: ◇ 遠くに見える背あぶりの山

いつもここの背あぶり山に並ぶ風力発電の風

  • 0
  • 0

3001: ◇ 錆びたドラム缶のある風景

ここ雀林を訪れると必ず撮るものがいくつか

  • 2
  • 0

3011:

  • 0
  • 0

3000: ◇ 雀林に菜の花の咲くころ

冬に菜の花咲く、10数年前2月に冬の京都

  • 0
  • 0

2999: ◇ 法用寺の子安地蔵堂前石段をおりて

法用寺境内にある子安地蔵堂前の石段、この

  • 2
  • 0

2998: ◇ 法用寺に来れば会津盆地もあるでよ~

法用寺境内からの会津盆地と会津若松景、道

  • 0
  • 0

2997: ◇ 意加美神社から

法用寺三重塔と会津盆地風景、この時この青

  • 2
  • 0

2996: ◇ 「会津日和」とお気に入りのお寺にて

ここ雀林の法用寺では、参拝した証なのか、

  • 0
  • 0

2995: ◇ お気に入りの法用寺、まずは山門から、ちびりちびりと、、、

もったいぶり性の僕は、好きな物はどどーん

  • 0
  • 0

2994: ◇ 柿ノ木のある会津風景

僕は秋の柿の季節になると「朱色の柿」を撮

  • 2
  • 0

2993: ◇ 冬晴れの日、盆地の片隅で

冬晴れの会津盆地、会津若松市街と右側に鶴

  • 0
  • 0

2992: ◇◇ 新年明けましておめでとうございます。◇◆

新年明けましておめでとうございます旧年中

  • 8
  • 0

2991: ◇ 2019年大晦日

胎内市村松浜の冬の日本海、「やっと海らし

  • 4
  • 0

2990: ◇ Monochrome 路地歩き

なんやかや年末、ブログを更新つもりが時間

  • 4
  • 0

2989: ◇ 「五ケ浜ワンダーランド」、年末も迫りてちょっと詰め込み うp

五ケ浜の集落を歩いて海へと、今まで歩いて

  • 0
  • 0

2988: ◇ 五ケ浜ワンダーランドを歩く

はじめは少し集落に入ったら引き返すつもり

  • 0
  • 0

2987: ◇ 迷宮への誘い、「はて、右か左か。」

地下道を抜けると迷宮の入口、錆びた”車止

  • 0
  • 0

2986: ◇ 五ケ浜を歩く

新潟市西蒲区五ケ浜の船小屋のガラス戸が珍

  • 6
  • 0

2985: ◇ 五ケ浜にて

車のエンジンをかけると、ナビが 「メリー

  • 6
  • 0

2984: ◇ 天高く音の響く場所

Merry Christmas!とはいうものの、ストック

  • 0
  • 0

2983: ◇ ストック整理 スマホの画像も たまってくるから、たまりませんワイ。

誰も同じだと思うけれどスマホは、本来の撮

  • 0
  • 0

2974: ◇ 令和元年年末のストック整理  「神社編」

新潟市秋葉区金津「堀出神社(ほりいでじん

  • 0
  • 0

2973: ◇ 令和元年年末のストック整理  「と、言えば」

出雲崎の石井神社から日本海を見下ろす。漁

  • 2
  • 0

2982: ◇ 水のある場所、大毎(おおごと)を散策

村上市の大毎集落の通りを歩いていると、路

  • 0
  • 0

2981: ◇ 川の流れ、ココロからもうろこ流れる

歩きながらずっと川のせせらぎを聞き気持ち

  • 0
  • 0

2980: ◇ 大毎のメインストリートを歩く

坂道を降りてメインストリートに出る。さっ

  • 2
  • 0

2979: ◇ 大毎の坂のある風景

国道7号線の坂を登り、村上市大毎集落を上

  • 0
  • 0

2978: ◇ 大毎を歩くのこと

大毎を訪れたのは2度目か?、「吉祥水」と

  • 2
  • 0

2977: ◇ 村上市大毎で オー・マイ・ゴッド!

村上市大毎、「おおまい」と読むのではなく

  • 6
  • 0

2976: ◇ 県道249号線をいく

村上市「清流の里 荒川」で見つけた小屋の

  • 0
  • 0

2975: ◇ 待ちぼうけえ、待ちぼうけえ♪ 

山あいの県道を走り紅葉を探した、紅葉らし

  • 0
  • 0

2968: ◇ 季節外れのシャワールームにて

壁のデザインを眺めながら「シャワー」は”

  • 0
  • 0

2967: ◇ 神看板と赤いポストのある所、そしてアウトな人

「キリストは罪を赦し永遠の命を与える」、

  • 2
  • 0

2972: ◇ 行きはよいよい~♪、帰りもヨイヨイ~♬

神社を参拝、何も考えず頭に浮かんのが「紅

  • 6
  • 0

2971: ◇ 赤い衝撃、紅い参道で右往左往する。

赤い衝撃に、僕は参道で右往左往した。多分

  • 2
  • 0

2970: ◇ 黄色い社務所にて

以前載せた新発田市豊田神社、前回は紅い風

  • 0
  • 0

2966: ◇ 雨の中から虹伝説

新発田市二王子の裾野あたりで神社仏閣まわ

  • 8
  • 0

2965: ◇ とある神社の黄色い秋

新発田市菅谷の山裾を年に1、2回通るだろ

  • 0
  • 0

2964: ◇「 旧新潟税関庁舎」と「旧〇〇映画館」になった街景

雄姿復活、などと言っても復活して数か月た

  • 4
  • 0

2963: ◇ 暖簾越しに、旧小澤家住宅

この日入館料が無料、何度も訪れている「(

  • 0
  • 0

2962: ◇ 犬も歩けば〇〇に当たる

あそこの神社でも寄っていくかと思いつきつ

  • 0
  • 0

2961: ◇ 紅葉すること

こういう所にいると、立ったまま写真を撮っ

  • 0
  • 0

2960: ◇ 煙が目にしみる

山間の県道249線、何だか記憶がある、昔

  • 4
  • 0

2959: ◇ なんとなく白い風景

結婚式場、祭日だというのに鉄門は閉まって

  • 0
  • 0

2958: ◇ 「碁石」の海のある風景

右側が碁石の浜辺の通り、海水浴、キャンプ

  • 0
  • 0

2957: ◇ 「碁石」の家々の間から海が見える。

「碁石」集落の海側に並ぶ家々は地盤がが高

  • 2
  • 0

2955: ◇ 海辺の板壁の風景

碁石地区の海への路地、海辺に沿って道路が

  • 2
  • 0

2956: ◇ 「碁石」の曲がりくねったメインストリートにて

「そうか、そうか」前回訪れた時は、向こう

  • 4
  • 0

2954: ◇ 海に島の浮かぶ夕景

あきらめの悪い僕は、引き際が潔くない。暗

  • 0
  • 0

2953: ◇ 碁石海岸の駐車場が、陽は傾くころ

碁石の浜に陽が傾くころ、「ここかなあ。」

  • 0
  • 0

2952: ◇ Monochrome 碁石の浜

帰ったら今日はビールを呑もう。村上市碁石

  • 0
  • 0

2950: ◇ Monochrom 雨の森は静かに

雨の森、人なんていようはずがない。夏場の

  • 2
  • 0

2949: ◇ Monochrome 「雨の森をひとり」

荒川剣龍狭に掛かる太鼓橋の上から撮った、

  • 4
  • 0

2951: ◇ Monochrome 高い所から失礼します

高い所から街を俯瞰するのは気持ちが良いけ

  • 2
  • 0

2948: ◇ Monochrome そぞろ歩き 「原点回帰する」

長い鉄道旅から赤さびを落とし、原点回帰で

  • 0
  • 0

2947: ◇ 「駅」、、、消失と再生 JR只見線と冬の桜

JR只見線「会津大塩駅」の駅名標は錆びて

  • 2
  • 0

2943: ◇ 「駅」、、、羽越本線「今川駅」

日本海の見えるホームから、そして日本海沖

  • 2
  • 0

2946: ◇ 「駅」、、、越後系駅の待合室あそこにあそこ、そしてベンチ考。

山形県では同じようなホームと駅舎風景を見

  • 0
  • 0

2945: ◇ 「駅」、、、、ある日の鉄道風景

新潟市秋葉区磐越西線「新関駅」からの夏空

  • 2
  • 0

2944: ◇ 「駅」、、、人生それぞれの待合室

「ありゃりゃ?!」てな具合で駅が変わって

  • 2
  • 0

2942: ◇ 「駅」、一、二、三、四、五、「六日町駅」

「六日町駅」の階段、無論エレベーターもあ

  • 2
  • 0

2941: ◇ 近郷近在的に珍しい跨線橋のある海辺の駅

「あれ?!」と羽越本線「桑川駅」を訪れる

  • 4
  • 0

2940: ◇ 「駅」、、、福島県境の只見線の駅風景

旧式の信号機か、「赤」と「青」が回転し色

  • 0
  • 0

2936: ◇ 「駅」、、山形県編

奥羽本線(山形線)「羽前中山駅」、無人駅

  • 2
  • 0

2939: ◇ 「駅」、、、もう田舎の駅って感じ越後田中駅

住んでいる人に申し訳ないけれど”田舎です”

  • 2
  • 0

2937: ◇ 「駅」、、、久しぶりに訪れ見出しちまったぞ「五日町駅」!

国道17号線を曲がり、その先に「五日町駅」

  • 4
  • 0

2938: ◇ 「駅」、、、山形県陸羽西線「待合室」風景

ベンチが待合室に合わせて造られているのは

  • 2
  • 0

2935: ◇ 「駅」、、、JR只見線沿線情景

「入広瀬駅」に到着、まずは撮影は「構内踏

  • 4
  • 0

2934: ◇ 「駅」、、、JR只見線(新潟県)駅の場面風景

乗り入れがJR上越線と只見線の「小出(こい

  • 0
  • 0

2933: ◇ 「駅」、、、JR上越線「一場面」

JR上越線、「土樽駅(つちたる)」、跨線橋

  • 4
  • 0

2932: ◇ 「駅」、、山形県でお気に入り駅「羽前前波」駅

山形県新庄市JR陸羽西線「羽前前波駅(う

  • 0
  • 0

2931: ◇ 「駅」、、、なんとなくゲ・ゲ・ゲ・な駅景

駅に到着すると二人カメラマンがいた、一人

  • 0
  • 0

2929: ◇ 「駅」、、、失われた湖畔の駅景

国道252線からのスノーシェッド越しに見

  • 0
  • 0

2930: ◇ 「駅」、、、、県境の駅「大白川」駅の「雪」。

JR只見線「大白川駅」、この先只見へは雪多

  • 2
  • 0

2925: ◇ 駅撮りにて、ついでに寸景ありて(福島県会津編)

福島県会津若松市JR磐越西線「広田駅」、よ

  • 4
  • 0

2928: ◇ 「駅」、、、JR左沢線「羽前山辺」駅

駅ホームにある赤い枠の駅名標、リンゴ型に

  • 0
  • 0

2927: ◇ ダムがあって、ふるさとがあって

会津下郷昭和電工「旭ダム」、一度目知って

  • 0
  • 0

2926: ◇ 丘陵の駅、、、、北越急行ほくほく線「魚沼丘陵駅」

新潟県湯沢、魚沼、上越地方を走る北越急行

  • 0
  • 0

2923: ◇悲喜こもごも、駅、そして待合室

新潟県柏崎市JR越後線「石地駅待合室」、人

  • 2
  • 0

2924: ◇ 「駅」、、、会津鉄道「門田(もんでん)」駅

「門田(もんでん)駅」に僕は分かっていて

  • 2
  • 0

2922: ◇ 「駅」撮りで拾った一場面(山形編)

山形線(奥羽本線)茂吉記念館前駅あたりか

  • 0
  • 0

2921: ◇ 長い駅名の「上越国際スキー場前」駅

新潟県内ではここJR上越線「上越国際スキー

  • 4
  • 0

2920: ◇ 「駅」、、、久しぶりに来たなあと思わせる駅

駅には色々な形の駅舎がある、沿線で似たよ

  • 4
  • 0

2919: ◇ 「駅」にて、熊注意。

相当な駅を見てきているが、こんな蛇がにゅ

  • 0
  • 0

2918: ◇ 「駅」、、、新潟県で2番目に長い駅名

長い駅名のJR上越線「岩原スキー場前」駅な

  • 2
  • 0

2917: ◇ 「駅」、、、、たまには工事中の駅だってあるわな。

石打の農道、山村のようでちょっと違う、静

  • 0
  • 0

2916: ◇ 「駅」、、、石打の地下道をくぐって

ホームに立ち、それを眺めると「雪の多い新

  • 0
  • 0

2915: ◇ 「駅」、、、なになに、”なんの”こととでしょう?

何もないようなシンプルな駅のホームに立っ

  • 2
  • 0

2914: ◇ 「駅」、、、、北余目駅で特急「いなほ」通過する

北余目駅で出会った男性と挨拶から始まり、

  • 0
  • 0

2913: ◇ 「駅」、、、、北余目(きたあまるめ)で庄内弁と出会う

周囲は田んぼ、シンプルな相対式ホーム風景

  • 0
  • 0

2912: ◇ 「駅」、、、、会津の長野にて

会津鉄道で僕の好きな駅、線路のカーブの曲

  • 4
  • 0

2911: ◇ ふたつの芦ノ牧温泉駅

「芦ノ牧温泉南駅」を訪れると、見送りの光

  • 0
  • 0

2909: ◇ 池ポチャ!

久しぶりのラウンドで、コロコロと打ったボ

  • 4
  • 0

2910: ◇ 金津のニラの花咲くT字路で

まだまだ、駅のストックはたっぷり、箸休め

  • 0
  • 0

2904: ◇ 「頑張れ無人駅」、、、小さいけれど「めが」な駅

以前訪れた時は、ホームの反対側にも左側同

  • 0
  • 0

2905: ◇ 「山形県の駅」 JR羽越本線「吹浦駅(ふくら)」

何年前だかに初めて訪れて「吹浦駅」は知っ

  • 0
  • 0

2908: ◇ 駅の階段で「1」か、「2」かと、人生の選択のように迷う。そして「きらきらうえつ」

山形県酒田市、JR羽越本線「砂越駅」ホーム

  • 0
  • 0

2903: ◇ 「夏空のある駅」、、、JR磐越西線「新関駅」

夏の頃の駅風景。JR磐越西線「新関駅」のホ

  • 4
  • 0

2907: ◇ 「駅」、、、 ど~こかでえ~♪ 只見線「上条駅」

JR只見線「上条駅」。駅の風景を目にして、

  • 0
  • 0

2906: ◇ 「駅、Station」、ここは撮りたかったふたたびの「入広瀬駅」

JR只見線新潟県側を訪れるのは2度目、初め

  • 2
  • 0

2902: ◇ 「駅」、フーテンの「越後広瀬駅」

魚沼市「小出」から山あいを走り「只見」、

  • 2
  • 0

2901: ◇ 「ローカル駅」、、、JR左沢線「南寒河江駅」

山形駅と左沢(あてらざわ)駅を結ぶ、JR左

  • 4
  • 0

2900: ◇ 「駅」 山形駅でなく北山形駅

この時は、無人駅中心まわる、それでも山形

  • 0
  • 0

2899: ◇ 「無人駅」 JR陸羽本線「乱川駅(みだれがわ)」

JR陸羽本線 「乱川駅」のホーム待合室。正

  • 2
  • 0

2869: ◇ ストック整理 夏祭りの頃

古町通10と風間小路の交差するあたり、神

  • 0
  • 0

2898: ◇ 「駅」、、、これがあ、、、「越後中里駅」は無人駅なの~

JR上越線 「越後中里」、スキー場なのどあ

  • 2
  • 0

2897: ◇ 「駅」、県境の駅「土樽駅」

新潟県と群馬県の県境の駅、JR上越線「土樽

  • 0
  • 0

2896: ◇ 「駅」、毛渡沢橋梁を見上げる

右の古い石造りの橋脚は、どこか西洋のお城

  • 6
  • 0

2895: ◇ 「駅」 会津鉄道 「南若松駅」に列車来る

久しぶりの福島県会津美里町、会津鉄道「南

  • 2
  • 0

2894: ◇ 「駅」 奥の細道湯けむりライン、黄金に浮かぶ駅

収穫を待つ黄金に囲まれたかのような田舎の

  • 0
  • 0

2893: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、 最上川のある風景と終着駅

夏ってな駅の光景に、ちっこい駅だけど「い

  • 0
  • 0

2892: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR只見線の営業休止駅

JR只見線「会津塩沢駅」と注釈入れないと、

  • 6
  • 0

2891: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、無人駅でも小綺麗なJR奥羽本線 羽前中山駅。

分かってもいても、ホーム出ると「山形方面

  • 0
  • 0

2890: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR奥羽本線から蔵王の見える駅

JR奥羽本線「かみのやま温泉駅」、2度目

  • 2
  • 0

2887: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR奥羽本線 「中川駅」

山形県南陽市JR奥羽本線 「中川駅」 貨物

  • 0
  • 0

2889: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR左沢線「羽前長崎駅」

ここのひまわり畑を狙ってきた訳でないが、

  • 0
  • 0

2888: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、、JR左沢線「羽前金沢駅」

ここは電化されておらず、走るのはディーゼ

  • 0
  • 0

2885: ◇ 「駅ですがなあ。」、、で見つけた 椅子だけでいっすかねえ。

「ここって?」と思う人もいるかもしれない

  • 0
  • 0

2886: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、小砂川駅(こさがわ)

前回は2013年に山形県最北駅の「女鹿駅

  • 2
  • 0

2884: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR羽越本線 「上浜駅」

秋田県にかほ市JR羽越本線「上浜駅」、国道

  • 0
  • 0

2883: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR磐越西線「姥堂駅」で、下り列車くる

初めて来たときは向こうに見えているバイパ

  • 0
  • 0

2882: ◇ 「駅ですがなあ。」、、で見つけたお寺

会津の駅撮りで見つけたお寺、田んぼ道を走

  • 2
  • 0

2881: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR磐越西線「会津豊川と堂島駅」

JR磐越西線「会津豊川駅」、何やら線路の上

  • 0
  • 0

2880: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR磐越西線福島県「広田駅」

福島県磐越西線「広田駅」、5年ぶり、ちな

  • 0
  • 0

2878: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、他愛のなシーン、「北余目駅」

山形県JR羽越本線「北余目駅」を撮っている

  • 2
  • 0

2879: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、会津鉄道「大川ダム公園駅」

福島県会津鉄道「大川ダム公園駅」のホーム

  • 0
  • 0

2877: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、飯山線いろいろ

JR飯山線「足滝駅」への途中にある十日町市

  • 4
  • 0

2876: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、JR飯山線「魚沼中条駅」

この沿線は三角屋根が似たような駅舎が目立

  • 2
  • 0

2875: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、、飯山線「下条」駅

十日町市の「大地の芸術祭」の作品が、ここ

  • 0
  • 0

2874: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、北越急行ほくほく線「美佐島駅」

何の変哲もないような駅舎、実はこれが凄い

  • 0
  • 0

2873: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、北越急行ほくほく線「しんざ駅」

久しぶりの北越急行ほくほく線の駅、いわゆ

  • 2
  • 0

2872: ◇ 「駅ですがなあ。」、、、、飯山線「内ヶ巻」駅

夏の晴れ、前回の雨で天気が天気だったゆえ

  • 0
  • 0

2871: ◇ 「駅ですがなあ。」 飯山線「越後鹿渡(えちごしかわたり)駅」

飯山線「越後鹿渡(えちごしかわたり)駅」

  • 0
  • 0

2870: ◇ なんともう9月ですわ、、、そして当分意趣替えのような「駅ですがなあ。」シリーズ続きます

この日約6年ぶりにJR飯山線の駅をまわっ

  • 2
  • 0

2868: ◇ 連日のストック整理 まだまだ夏

お気に入りの岩ケ崎の風景、いつも撮ってい

  • 0
  • 0

2867: ◇ ストック整理 渋温泉から日本海

長野県渋温泉の裏路地のあちこちにはパイプ

  • 0
  • 0

2799: ◇ ストック整理 出雲崎あれこれ、皐月の頃

出雲崎夕日ライン橋からの尼瀬の風景出雲崎

  • 4
  • 0

2800: ◇ ストック整理 皐月・水無月の頃

ストック整理なので時期は空を見上げれば「

  • 0
  • 0

2866: ◇ 令和のお盆過ぎて

お盆が過ぎて、遅い(親戚の)墓参りに行っ

  • 2
  • 0

2865: ◇ 林道の山道を越えて

久々の「林道新発田南部線」をおっかなびっ

  • 0
  • 0

2864: ◇ 山を越え

久しぶりにやって来くると、道路から向こう

  • 2
  • 0

2863: ◇ やっぱりここも村上市曹洞宗の「諸上寺」で

村上市「耕雲寺」へ寄って、僕の中では「ム

  • 0
  • 0

2862: ◇ 村上市 曹洞宗耕雲寺の「脚下照顧」

鐘楼門をくぐり、「くぐり」と書きながら、

  • 2
  • 0

2861: ◇ 村上市 曹洞宗「耕雲寺」

お盆連休に、村上市の由緒ある曹洞宗「耕雲

  • 2
  • 0

2860: ◇ 誰もいない青空の下で

誰もいない、桜の頃なら上から桜を見下ろし

  • 0
  • 0

2859: ◇ 空と雲と緑と花

「りゅうとぴあ(新潟市民芸術文化会館)」

  • 4
  • 0

2858: ◇ 真夏、街を歩く

この時、脇で20人ぐらいグループがガイド

  • 0
  • 0

2857: ◇ 夏、陽の傾き始める頃

まだまだ明るのだけど路地のスナックの看板

  • 0
  • 0

2856: ◇ 県境を越えて

足滝駅を撮って信濃川沿い県道から広い国道

  • 2
  • 0

2855: ◇ 暑い日は、「りゅうとぴあ」に登る

りゅうとぴあ(新潟市民芸術文化会館)外か

  • 2
  • 0

2854: ◇ 飯山線「足滝駅(あしだきえき)」、、、、ちなもに小生のPCディスプレイは、iiyama です

僕的に秘境駅的にお気に入りの駅、新潟県県

  • 3
  • 0

2853: ◇ 令和元年の新潟まつり

みんな 「その時」を待つ。そしてその時が

  • 0
  • 0

2852: ◇ 夏の空は、気まぐれだよね。

さっきまで、真上から陽射しに汗をふきふき

  • 2
  • 0

2851: ◇ お盆だし、お寺

大日堂(金堂)前の手水舎、ここでの水は湧

  • 0
  • 0

2850: ◇ 太陽が頭上にいる頃

当初は車庫の脇には車も止まってなく、この

  • 0
  • 0

2849: ◇ 「よーいドン!」を思い出す。

小学校のスクールバス車庫を狙う、左に白っ

  • 2
  • 0

2848: ◇ ハイヌーン、時を待つ

何の気なしに撮ったのだが、後で「あの光景

  • 4
  • 0

2847: ◇ ストック整理 令和の鉄の道

JR米坂線には無人駅がけっこうあり、ここ

  • 0
  • 0

2839: ◇ ストック整理 「長野の旅は、短かった。」

山間部でもスプリンクラーが動いてのは初め

  • 0
  • 0

2846: ◇ 国道345号

こんなガードロープだの、ポールもあるけれ

  • 2
  • 0

2845: ◇ 「ろくぶて」を思い出す

このあたり来たら、線香の匂いがした。海の

  • 4
  • 0

2844: ◇ 脇川の港を歩く

ここの港は、大きい漁船がないのもあり、底

  • 2
  • 0

2843: ◇ 海の聞き方

海の眺め方はそんなものはない、見る人がそ

  • 4
  • 0

2842: ◇ 暑中お見舞い申し上げます

「蒸し暑いなあ。」と感じているうちに、梅

  • 4
  • 0

2841: ◇ 脇川地区を歩く2

古小屋を側面と正面から。小屋は海に向かっ

  • 2
  • 0

2840: ◇ 脇川の今昔物語というか、遠い記憶

脇川漁港と国道345号が走る脇川大橋現在

  • 0
  • 0

2838: ◇ 脇川地区を歩く

本当に久しぶりの脇川地区、脇川の漁港と橋

  • 2
  • 0

2837: ◇ バシャバシャと泳ぐ

脇川漁港の隅で、親子が泳いでいた。暑い、

  • 0
  • 0

2836: ◇ 旅ってな感じで、「今泉駅」から

車では味わえない光景だった、駅といえば駅

  • 0
  • 0

2835: ◇ 桃崎浜には 桃 は、もうない

今までは、撮るのはこっち向きではなく、背

  • 2
  • 0

2834: ◇ 「山形日和。」と米坂線「成島駅」

6年ぶりに訪れた米坂線「成島駅」、他の米

  • 4
  • 0

2833: ◇ 海辺、トンネル向こう

なんなんだろう、「新潟県」5本のポール、

  • 2
  • 0

2826: ◇ 鉄道駅寸景

信越本線長鳥駅前の坂道、長鳥地区民が全額

  • 4
  • 0

2832: ◇ お気に入りは電気柵と共に

ここを通る素通りなんて出来ないくらい、大

  • 0
  • 0

2831: ◇ 日本北限の茶畑に紫陽花が咲いていた

村上市瀬波にある茶畑茶畑の葉っぱは、新茶

  • 2
  • 0

2830: ◇ 僕は「みょうこう」に乗船す

北上へと向かうと、聖篭の東港で「護衛艦み

  • 2
  • 0

2829: ◇ 夏、村上市脇川あたりで

6月末の震度6の地震が襲った。村上地区、

  • 0
  • 0

2828: ◇ 二度目なのに、信越本線北条駅

信越本線北条駅に着くと、カメラを持った先

  • 0
  • 0

2827: ◇ 歩道橋のある駅

信越本線「茨目(いばらめ)駅」、ぱっと見

  • 2
  • 0

2825: ◇ My Favorite Station 「長鳥」

駅のホームを撮影していると、下り電車がや

  • 0
  • 0

2824: ◇ デカい社殿の見る駅、「越後岩塚」駅から

JR信越本線「越後岩塚」駅、訪れたのは3

  • 0
  • 0

2823: ◇ 駅だって色々事情ってのが、あるってもんですわい。

長野電鉄終点「湯田中駅」。前回撮ったので

  • 2
  • 0

2822: ◇ JR飯山線「森宮野原駅」

トイレ休憩がてらJR飯山線「森宮野原駅」に

  • 2
  • 0

2821: ◇ 鳥居のある池

目的の池を撮り終えて高原の山を下る帰途、

  • 0
  • 0

2820: ◇ 高原の白樺に囲まれて

高原の池の脇に白樺に囲まれたトイレがあっ

  • 2
  • 0

2819: ◇ 高原の池にて

昔家族旅行で長野善光寺をまわり、草津温泉

  • 4
  • 0

2817: ◇ 花開く温泉

温泉街には観光客向けの共同浴場の他に、地

  • 2
  • 0

2816: ◇ 中華店と商売の敵

安代薬師六地蔵ここを通ったら、この「来々

  • 0
  • 0

2815: ◇ 裏通りで傘差す人

向こうからずっと下り坂になる、向こうから

  • 0
  • 0

2814: ◇ 「坊や飛び出しはあぶないよ。」

ここを歩いたら、この子に会わないと。渋温

  • 0
  • 0

2813: ◇ ここは裏通りなのか

五番湯とポスト五番湯(松の湯)気温が高い

  • 2
  • 0

2812: ◇ 渋温泉、曹洞宗「温泉寺」

甲子大黒天(きのえねだいこくてん)温泉寺

  • 4
  • 0

2818: ◇ 安代湯

風呂に入ろうするジイサンに、「ひょっとし

  • 0
  • 0

2811: ◇ 八番湯あたり

八番湯(神明滝の湯)、ここで前回も感じた

  • 0
  • 0

2810: ◇ 薬師堂のある風景

渋温泉にある「渋高薬師」、今回渋温泉を訪

  • 2
  • 0

2809: ◇ 渋大湯(九番湯)あたり

渋大湯であるのに「結願湯」表札に書かれて

  • 0
  • 0

2808: ◇ 「ひしや」のある路地

渋温泉の路地は、どこを歩いてもタイル張り

  • 0
  • 0

2807: ◇ 温泉街の路地にまぎれ込む

渋温泉の裏路地、僕はこんな空間が好きなの

  • 0
  • 0

2806: ◇ 僕は、やっぱり温泉よりもこれでしょう

横湯川と赤い欄干の和合橋、この川の上流は

  • 0
  • 0

2805: ◇ 温泉街の坂をのぼる

二番湯を撮っていると浴衣を着た中年カップ

  • 2
  • 0

2804: ◇ 長野県山ノ内町渋温泉

渋温泉の上り坂のメインストリートの真ん中

  • 0
  • 0

2803: ◇ 高原列車は行く、夜間瀬駅

長野電鉄「夜間瀬駅」、長野県で僕の大好き

  • 2
  • 0

2802: ◇ 僕的いいね!の長野電鉄「信濃竹原」駅

長野電鉄「信濃竹原駅」、昭和も昭和、大昭

  • 0
  • 0

2801: ◇ 高原の山道を走ると、寺はあった。

山の坂道を車を走らせながら、そこに初夏の

  • 0
  • 0

2797: ◇ 今度は海の青から、緑の山を目指す。 

目的地に向かい長い長い国道を走っていると

  • 0
  • 0

2798: ◇ 遠い記憶から 三つの駅風景

奈良県「吉野口駅」のプラットホームは5線

  • 0
  • 0

2795: ◇ 出雲崎の小路を猫が横切って

1枚目がなかったら、ひょっとして にゃん

  • 2
  • 0

2796: ◇ 町歩きで深読みすると、なんか宗教的メッセージが、、、、

「悔い改めよ」、「変えますニッポン」、「

  • 2
  • 0

2794: ◇ 出雲崎町の港のある風景

トラックに掛かれたカタカナの「ハイロ」っ

  • 2
  • 0

2793: ◇ 羽黒神社あたり

羽黒町の善乗寺脇の路地、こういった板壁の

  • 4
  • 0

2792: ◇ 出雲崎町羽黒町「運行寺」辺りから、鳴瀧町「鳴瀧神社」

羽黒町にある運行寺、ここでも出雲崎の町並

  • 0
  • 0

2791: ◇ 出雲崎町の木折町あたり

出雲崎の町並が残る、木折町、井鼻あたり、

  • 2
  • 0

2789: ◇ 出雲崎で高台に登ったり

出雲崎の町を歩くと、空き地が目に付く。そ

  • 4
  • 0

2788: ◇ 出雲崎町 円明院辺り

円明院からの出雲崎港公卿小路円明院、良寛

  • 0
  • 0

2787: ◇ 昼下がりの路地歩き

こんな路地が地元にあることに感謝、カメラ

  • 0
  • 0

2786: ◇ 午後3時あたり

写真を撮り終わると、見えていない右からも

  • 0
  • 0

2785: ◇ 路地裏にチューリップ咲くころ

某国の新潟総領事館の裏路地に咲いていたチ

  • 6
  • 0

2784: ◇ Like a Savannah.

車を走らせていると、テレビで観たような光

  • 0
  • 0

2783: ◇ Monochrome Alley (路地・裏通り)

カメラが趣味なる前から、僕は路地の風景が

  • 0
  • 0

2782: ◇ 路地歩きは楽し

路地の竹垣が光が当たって明るくなっている

  • 2
  • 0

2781: ◇ 皐月、古町路地歩き

この先は風俗店並ぶ小路、昼間と言えど歩き

  • 0
  • 0

2780: ◇ 令和の神社まわり

令和を迎え、御朱印をいただきになのか参拝

  • 2
  • 0

2779: ◇ 果たして令和初の6月6日は雨ザー、ザーか

護国神社の境内には、新しく随神門と廻廊が

  • 0
  • 0

2778: ◇ 祈り人、結婚する人、そして撮る人、令和、五月晴れ。

以前は石畳に石の大きな鳥居があったのが、

  • 6
  • 0

2777: ◇ 間瀬漁港の夕景

「何かないか?」探している時はなく、「早

  • 0
  • 0

2776: ◇ 磐越西線「五十島駅」

初めて訪れた時は、ただ単純に来たついでだ

  • 0
  • 0

2775: ◇ 五月晴れの空の下

朝から五月晴れ、とても家にジッとなんてし

  • 0
  • 0

2774: ◇ 五月晴れ、岩谷歩き

ホーロー看板の水原さん、薄汚れてこの汚れ

  • 0
  • 0

2773: ◇ 岩谷山平等寺

明るすぎたなあと、今改めて見ると、かなり

  • 0
  • 0

2772: ◇ 三川・平等寺の平等ってなんだろう

2、3度訪れているとは思うだが、正直何年

  • 0
  • 0

2771: ◇ 阿賀町岩谷平等寺

何年ぶりだろう、でもいつもここを僕は車だ

  • 0
  • 0

2734: ◇ ストック整理 5月

田中町の裏路地、以前は奥に幼稚園があった

  • 0
  • 0

2769: ◇ 十二山神社のある集落

何年も何度も通っていたけど、一度数年前に

  • 0
  • 0

2768: ◇ 阿賀町菱潟、春の場面

どこにもある新潟の山間の集落の風景のよう

  • 4
  • 0

2767: ◇ 阿賀町菱潟、なんかいいぜえ。

他では既に終わっている桜、会津柳津方面で

  • 0
  • 0

2766: ◇ 阿賀町菱潟全海堂

この日は、目的はJR磐越西線「豊実駅」をめ

  • 0
  • 0

2765: ◇ レイルウエイ ブルース (鉄分が多くなる日)

遠くで汽笛が聞こえると徐々に「来るぞ!」

  • 2
  • 0

2764: ◇ 砂丘畑のむこう

新潟平野田んぼの風景も時には美しいとは感

  • 2
  • 0

2763: ◇ トラックの見える砂丘風景

人影は小さいながらあちこち見えたけど、こ

  • 0
  • 0

2762: ◇ 砂丘畑にて

佐潟を半周し、ここにはこんな砂丘の風景が

  • 0
  • 0

2761: ◇ 中年は、荒野をめざす

読んだ記憶はないけれど、五木寛之の小説「

  • 2
  • 0

2760: ◇ 咲いた咲いた

佐潟には何度か訪れたことがあったが、いつ

  • 0
  • 0

2759: ◇ ストック整理 桜 Monochrome

会津野沢遍照寺遍照寺の桜遍照寺駐車場、桜

  • 0
  • 0

2758: ◇ あやめ苑で、桜を撮る

あやめ苑なのに、桜を撮った。それは桜が降

  • 2
  • 0

2757: ◇ 久方ぶりの会津若松は、雨の散策なのだ

会津若松のメインストリートの「神明通り」

  • 2
  • 0

2756: ◇ 牧沢の霞む桜並木

柳津町牧沢の山中にある「桜公園?」、雨降

  • 0
  • 0

2755: ◇ 桜の季節に会津に雨は降るのだ

僕は会津方面に桜を撮り行くと出来るだけ「

  • 0
  • 0

2754: ◇ 咲花で桜散るとろ

咲花温泉の桜は遠くからだと満開のように見

  • 2
  • 0

2753: ◇ 桜、鉄撮りの日

JR磐越西線「咲花駅」、桜とSLばんえつ号の

  • 6
  • 0

2752: ◇ 心清水八幡神社(こころしみずはちまんじんじゃ)

桜の季節、会津坂下の「立木観音」を訪れる

  • 0
  • 0

2751: ◇ 会津坂下「立木観音」にて

会津坂下「立木観音」、会津に何度も訪れる

  • 0
  • 0

2750: ◇ 月光寺の桜

僕が初めてここを見つけたのが、数年前温泉

  • 0
  • 0

2749: ◇ 福島会津「円蔵寺虚空蔵尊」あたりで

毎日ウォーキングしている僕でもこの石段を

  • 2
  • 0

2745: ◇ 会津のそんじょそこらの さくら

福島県には、こんな名前もない桜の風景があ

  • 4
  • 0

2748: ◇ やっぱり訪れしまう、会津柳津駅

新潟よりも遅めの会津の桜の季節になると、

  • 0
  • 0

2747: ◇ 野沢町真言宗遍照寺

西会津野沢町「真言宗室生寺派遍照寺」から

  • 0
  • 0

2746: ◇ そして僕は、東をめざす

地元の桜は終わり、僕にとっての本番のよう

  • 0
  • 0

2744: ◇ 桜の山はあちこちに あるです。

僕は十分に桜の名所になると思うだが、誰一

  • 2
  • 0

2743: ◇ 祝 令和 元年  まだまだ サクラサク

元号が変わっても、まだまだ平成時代、それ

  • 0
  • 0

2741: ◇ ここでも桜林にありがとう、そして平成にも ありがとう

ここを撮りながら、「誰か撮っているのだろ

  • 2
  • 0

2740: ◇ 春が来たりて笛を吹く ぴーひゃら、ぴーひゃら、平成時代ラス前 

昨日載せた黒塀の裏側、その塀からの見ごた

  • 4
  • 0

2739: ◇ 桜咲く、そして桜を追う日、追う時

「桜咲く。」、毎年のことながら年が明け、

  • 2
  • 0

2738: ◇ 黄色い春、平成最後の土曜日

春に浮かれり、隣は何を撮る人ぞ実は数年前

  • 10
  • 0

2737: ◇ ヤアヤアヤア、黄色い季節がやってきた

まだまだ白い雪が残る山は、飯豊山(いいで

  • 0
  • 0

2736: ◇ そのトンネルの向こうへ

この先は桜のトンネルか?「いいねえ。」と

  • 6
  • 0

2735: ◇ たぶん、オレのサクラ

「桜美林」その表現の意味が、わかったのよ

  • 2
  • 0

2733: ◇ JR羽越本線「中条駅」

JR羽越本線「中条駅」、知り合いに「あちこ

  • 2
  • 0

2732: ◇ にゃんさん、古墳に登りて、こーふんする

奈良へ行くとあちこち古墳だらけ、時には古

  • 2
  • 0

2731: ◇ 三条本成寺で彫刻で失敗する

本成寺太鼓門の脇に貼られている「石川雲蝶

  • 0
  • 0

2730: ◇ 本成寺本堂へあがる

いつしか乳金具見ると、撮るようになった。

  • 0
  • 0

2729: ◇ 本成寺赤門

三条市本成寺の山門、赤いので「赤門」と呼

  • 0
  • -

2728: ◇ 海辺の神社にて

越後七浦シーサイドラインの間瀬にある大巳

  • 2
  • 0

2725: ◇ 時には、トキでも撮る

ほとんど、僕は鳥は撮らないのだけど、ある

  • 0
  • 0

2724: ◇ 寄居諏訪神社と砂丘館

中央区寄居になる諏訪神社、知ってはいても

  • 0
  • 0

2723: ◇ 春のそぞろ歩き

年明けの参拝は、寺回ばかり、大体50寺は

  • 0
  • 0

2722: ◇ 春の歌

「ひょっとしら梅が咲いているのでないだろ

  • 0
  • 0

2721: ◇ Monochrome;Memory in SAKATA

ここは映画「おくりびと」のワンシーンにも

  • 0
  • 0

2720: ◇ 加茂港と大神社

鶴岡市加茂港、知っている人なら「加茂水族

  • 0
  • 0

2719: ◇ 酒田の港あたりで

「酒田港駅」を撮影に訪れた時、その駅前に

  • 0
  • 0

2718: ◇ 「酒田港駅」と「夫婦で見ろ」

久しぶりに「酒田港駅」へ、初めて訪れた時

  • 0
  • 0

2717: ◇ 海にむかう寺と書いて、砂高山海向寺

寺名に「海」がついているので空海から名を

  • 0
  • 0

2716: ◇ 石畳の相馬楼あたりで

相馬楼(竹下夢二美術館)の前に立ちカメラ

  • 0
  • -

2715: ◇ 舞娘坂の「姿見小路」

酒田へ来たら料亭「香梅咲(かめざき)」と

  • 2
  • 0

2714: ◇ 石畳のある舞娘坂あたり

映画「おくりびと」のロケ地、酒田市舞娘坂

  • 2
  • 0

2713: ◇ 神社があったり、図書館があったり、光丘(こうきゅう)の丘

「おくりびと」の舞台になったNKエージェン

  • 0
  • 0

2712: ◇ Yamagata 酒田市「日枝神社」

実は、全体説明的に広い構図で撮ろうしたら

  • 2
  • 0

2711: ◇ 「おくりびと」は、おくられて

映画「おくりびと」のNKエージェントロケ地

  • 0
  • 0

2710: ◇ 酒田市中通りにて

一方通行の中通り、両側はシャッターが閉ま

  • 0
  • 0

2709: ◇ 「本間家旧本邸」と云っても

白壁、松、青空とちょっと探したらありそう

  • 6
  • 0

2708: ◇ ケヤキ並木のある風景

倉庫の周りをぐるりと2周した、観光の季節

  • 0
  • 0

2707: ◇ 青空、それは春

季節の冬は好きではない、木々の葉っぱが落

  • 0
  • 0

2706: ◇ Monochrome Sankyo-soko 屋根と屋根の間

「ここはないな。」といくつも屋根が並ぶ廂

  • 2
  • 0

2705: ◇ Monochrome Sankyo-soko

昭和の面影残す三角屋根の山居倉庫、米管理

  • 0
  • 0

2704: ◇ 青空と米穀倉庫

確か欅が緑の葉が生い茂る頃に来たことがあ

  • 0
  • 0

2703: ◇ 北東に進路を取れ、やっぱり山居倉庫は冬に限る

朝から快晴、お天気の変わりやすい冬も今日

  • 2
  • 0

2699: ◇ ストック整理 モノクロ雪景

向こうにさっきすれ違った人が見えた、来た

  • 2
  • 0

2700: ◇ ストック整理 

雪の冬は車は走りにくく到着時間が計算でき

  • 0
  • 0

2702: ◇ 西堀通を上から下へ

赤い看板に目が行く、なんだ?と「イタリア

  • 0
  • 0

2701: ◇ 西堀通を歩いて、また寺を訪れる

正月に初詣が寺を撮った西堀通りの本浄寺、

  • 0
  • 0

2698: ◇ 白山公園あたりで春を感じる

街歩きして冬にはあんまりみない太陽に光が

  • 6
  • 0

2697: ◇ 法音寺小路から

これって小路というか小路名があるの?そん

  • 0
  • 0

2696: ◇ 東新道(鍋茶屋通)あたりで

鍋茶屋は新潟市では老舗料亭、恥ずかしなが

  • 0
  • 0

2695: ◇ 西堀通8辺り

この路地の突き当って左はお寺、正月に西堀

  • 0
  • 0

2727: ◇ 鳥屋野逆ダケの藪

鳥屋野逆ダケの藪管理棟(無人)、トイレ周

  • 0
  • 0

2694: ◇ 春を歩く

路地に入ると美容院の看板がパッと目に入っ

  • 0
  • 0

2726: ◇ 鳥屋野・西方寺旧跡

旧西方寺の親鸞聖人御旧跡の門。旧境内親鸞

  • 0
  • 0

2692: ◇ 雪の慈光寺を参拝す

自分の予想では、これほどあるとは思ってい

  • 0
  • 0

2691: ◇ 冬の慈光寺

今年は雪が少ないので、果たして積雪はどう

  • 0
  • 0

2690: ◇ 参道の雪を踏む

僕は雪はあまり好きではないけれど、ココ五

  • 0
  • 0

2689: ◇ 酒田・山居倉庫

この風景が、僕には冬場浮かんでくる、若葉

  • 2
  • 0

2693: ◇ 雪の参道を下る

  • 0
  • 0

2687: ◇ 海辺近くの丘に灯りがともる頃

帰ろうと思って車を帰途と目指させば良いの

  • 0
  • 0

2688: ◇ 夕日に染まるころ

お天気は青空が良いとは思っていても、こう

  • 2
  • 0

2686: ◇ 海辺近くで、夕日を追って

日本最北端の茶畑、季節は冬なのでお茶の木

  • 0
  • 0

2685: ◇ 遠くに見える

さっきまで、陽が傾き今日は終わりだなとあ

  • 0
  • 0

2684: ◇ 気になった馬下の山を

引き上げる時、やって来た時に気なった馬下

  • 0
  • 0

2683: ◇ 冬の桑川港で

何年前、ここで大波が堤防にぶち当たり弾け

  • 0
  • 0

2682: ◇ それは突然に、雪が舞い、そして晴れ

冬の天気は変わりやすい、この日は僕の予想

  • 0
  • 0

2681: ◇ 海は、やっぱり冬の海でしょう。

波はまだまだま迫力に足りなかった。それで

  • 0
  • 0

2680: ◇ 冬の笹川集落を歩く

笹川地区へやってくると、いつも向こうの橋

  • 0
  • 0

2679: ◇ ガタン、ゴトンと響く浜辺で

トンネルは左が海辺を走る国道345線、右

  • 0
  • 0

2678: ◇ 笹川に、カモメが舞う日

雪の日、僕はこれを狙い笹川まで行った。な

  • 2
  • 0

2677: ◇ 桑川、雪積もる弁天岩から

海辺のこんな雪の光景は平野部に比べたら時

  • 0
  • 0

2676: ◇ 粟島の見える僕的稲佐の浜

砂浜へと降りた、その上に雪が積もるとどう

  • 2
  • 0

2675: ◇ 冬の海景、弁天岩パーキングあたりで

桑川パーキング、車を駐車出来、トイレもあ

  • 0
  • 0

2674: ◇ 冬の海景、馬下あたり

馬下の正面に見えたパウダーシュガーを振り

  • 0
  • 0

2673: ◇ 冬の海辺を走る

岩ケ崎の高台を下って進むと後は大体ずっと

  • 2
  • 0

2672: ◇ 冬の海景を求めて

雪があちこち積もっている中、冬の海景を求

  • 0
  • 0

2671: ◇ 雪原に陽傾くころ

ただの田んぼ風景も雪が積もれば「雪原」と

  • 0
  • 0

2670: ◇ 神社裏の冬の欅

青々と葉っぱの茂る季節も良いけれど、冬の

  • 0
  • 0

2669: ◇ 竹藪の向こうの風景

田んぼに積もった雪を見て「雪原と云えば、

  • 2
  • 0

2668: ◇ 雁晴舎の上から みんな がんばれ~ と叫ぶ

白鳥は、昼間はあちこち田んぼへエサ撮りで

  • 2
  • 0

2667: ◇ 雪の処女地を

冬の福島潟はどう気乗りがしなかったが、や

  • 0
  • 0

2666: ◇ 冬の福島潟を歩く

久しぶりに雪の積もった福島潟を雁晴舎(野

  • 0
  • 0

2665: ◇ ハンノキ並木を Monochrome で

ハンノキの雪の並木道を歩いていると、ヒシ

  • 0
  • 0

2664: ◇ 雪の並木と福島潟

白い背景なので遠くからでも、そこにカメラ

  • 4
  • 0

2663: ◇ 雪、昼下がりの福島潟

人の姿は何人かあった、みんなカメラを持っ

  • 2
  • 0

2662: ◇ 福島潟、まずは モノクロ雪景

福島潟近くの田んぼ、田んぼ道とあぜ道には

  • 2
  • 0

2660: ◇ ストック整理 モノクロな ○○

火事でもなんでもない、お寺の屋根と、煙突

  • 0
  • 0

2661: ◇ ストック整理 まずは冬の海から

岩船沖を航行するタンカー桃崎浜から海の向

  • 0
  • 0

2659: ◇ 夜の港から

この夜の交差点の灯りを見て、誰もいないの

  • 2
  • 0

2658: ◇ 信濃川夜色

朱鷺メッセ展望台からの夜景、いつでも撮れ

  • 0
  • 0

2657: ◇ 暗くなるまで待って

久しぶりに街の夜景が撮りたくなって、朱鷺

  • 0
  • 0

2656: ◇ 「暗闇でどっきり」ではないけれど

閉館時間で周囲は暗くなっては、誰もいない

  • 0
  • 0

2655: ◇ 夜のとばりが落ちて

夜のトバリが落ちたけれど、そこは雪で明る

  • 2
  • 0

2654: ◇ また、またリベンジ、アートな灯りに酔う

現代アートのような美しい光の情景に、僕は

  • 0
  • 0

2653: ◇ 福島潟で宵闇迫りて

リベンジした。もうふた月もしたら、ここは

  • 2
  • 0

2652: ◇「 ビュー福島潟」の夜景

帰り道で「ビュー福島潟」を通ると、「あり

  • 4
  • 0

2651: ◇ 菅谷不動尊 消雪パイプの水は勢いよく流れて

のんびり撮っていたら、参拝時間が終わった

  • 8
  • 0

2650: ◇ 雪の菅谷不動尊

何度来ているのかわからないけれど、参道の

  • 0
  • 0

2649: ◇ 白鳥が飛ぶとき

冬の田んぼ風景撮っていたら、その視界に入

  • 2
  • 0

2647: ◇ 雑念だらけのオレ

まだまだ雑念だらけのオレ、赤いアスファル

  • 2
  • 0

2648: ◇ 路地に、小路に、通りに

こんな狭いが「法音寺小路」と名前がある、

  • 6
  • 0

2646: ◇ 寺のある風景、ゾウさんも いるぞう

良い歳したオヤジが子供の頃には、こんな滑

  • 2
  • 0

2645: ◇ 白とモノクロの狭間で

夜中から雪が降り田んぼをおおった、降り過

  • 2
  • 0

2644: ◇ 越後、田んぼ冬景色

歩いているフォームからして、日々ウォーキ

  • 0
  • 0

2643: ◇ 空がオレンジからブルーへとかわる頃

海の空は、オレンジ色からブルーへと変わり

  • 4
  • 0

2642: ◇ 冬、日本海に陽が向く頃

「海の向こうに風景と釣り人」を狙っていた

  • 2
  • 0

2641: ◇ 桃崎浜の向こう

ビルの根元が見えないのは、地球は丸いって

  • 2
  • 0

2640: ◇ 寺町歩きで、夕景迫る

「禁」の文字が外れたのはわかるが、ひとり

  • 2
  • 0

2639: ◇ そうだ沼垂、お寺へ行こう

沼垂を初めてカメラを持って訪れた時は、お

  • 2
  • 0

2638: ◇ 煙突の煙を撮る男

煙突を撮る男、季節としては最高である、青

  • 2
  • 0

2637: ◇ 沼垂、アンダー・ザ・スカイ その2

時間なのあ曜日か、青果店のシャッターは閉

  • 0
  • 0

2636: ◇ 沼垂(ぬったり)、アンダー・ザ・スカイ

カメラを向けるとお客さんが出てきた。あり

  • 0
  • 0

2635: ◇ モノクロ 冬の情景

西川水路橋越前浜越前浜のトンビ  トンビ

  • 0
  • 0

2634: ◇ 福島潟の夕暮れ

福島潟にある野鳥観察の棟の雁晴れ舎の屋上

  • 2
  • 0

2633: ◇ 福島潟、昼の月

福島潟に昼間の月が浮かんでいた。夜の月ば

  • 2
  • 0

2632: ◇ 角田浜、水たまりのある夕景

雨の上がった夕方に、紅い夕日を求めて角田

  • 0
  • 0

2631: ◇ 新潟だけど越前浜

越後なのに、なんで「越前浜」なのかわから

  • 2
  • 0

2630: ◇ 川の立体交差する西川水路橋

川の立体交差、鉄橋を流れる西川、下を流れ

  • 0
  • 0

2629: ◇ 平成の最後の正月、僕の初詣はお寺を歩く

浄土宗 往生院  正月二日この日、一日で

  • 2
  • 0

2628: ◇ 会津本郷を、ちょっと町歩き、、、てか早歩き

会津本郷駅前の農協倉庫、昭和の頃には駅周

  • 0
  • 0

2627: ◇ どーも、どーもで 磐梯山が見える

会津本郷駅のホームにはドーモくん、その向

  • 4
  • 0

2625: ◇ そうだ、会津本郷へ行こう、、、似ている会津高田駅

「北会津受水塔」のすぐそこの踏切を渡れば

  • 0
  • 0

2624: ◇ む、む、む、・・・の会津盆地で給水塔

こちらの方では給水塔ではなく「受水塔」と

  • 2
  • 0

2623: ◇ 根岸駅と中田観音

何度目かわからない、ひょっとしたら駅撮り

  • 0
  • 0

2622: ◇ 子安地蔵堂(法用寺内)

石段は青く苔むし、段差もガタガタである。

  • 2
  • 0

2621: ◇ 意加美神社お堂前(法用寺内)

雀林の法用寺境内の法用寺本堂裏にある「意

  • 2
  • 0

2620: ◇ 雀林の法用寺

山門の仁王像は傷みが激しく本堂内に安置、

  • 1
  • 0

2619: ◇ 会津美里雀林から「鶴ヶ城」を探す

この時は銀杏は終わったが、赤い柿はたわわ

  • 12
  • 0

2611: ◇ ◆◇ 謹 賀 新 年 ◇◆◇

明けましておめでとうございます昨年中は大

  • 8
  • 0

2613: ◇ 大晦日

「はて?」と、お気づきの方は、観察力は鋭

  • 9
  • 0

2614: ◇ 砂山を超えて

目の前に砂山の壁、10mはあったろうか。

  • 4
  • 0

2615: ◇ スクリューをスリスリする日

なかなか見ることない船のスクリューを僕は

  • 0
  • 0

2569: ◇ 「まだまだ青い頃のストック整理」を忘れておった

村上市塩谷曹洞宗高泉寺、室外の板塀に時計

  • 2
  • 0

2616: ◇ 美術館にて

昔みた「刑事コロンボ」の中で現代アートの

  • 0
  • 0

2617: ◇ 青空、信濃川、トイレと怪獣決戦

小路・路地を歩き行き止まりに突き当たると

  • 0
  • 0

2612: ◇ クリスマスには、赤とんぼを!

紅葉の更新が終わって「やれやれ」と再度ス

  • 0
  • 0

2610: ◇ クリスマスイブには紅葉を

自転車を見て誰がここも止めたのかと、「ポ

  • 4
  • 0

2609: ◇ 黄色い蛭野散策

いつもこの黒いトタン屋根、煙突、黄色い銀

  • 0
  • 0

2608: ◇ 2018年 蛭野の黄色い風景

ちょっと遅かった感のある村松蛭野の黄色の

  • 4
  • 0

2607: ◇ 弥彦神社の黄葉

名前はなんという呼ぶのかわからないが、窓

  • 0
  • 0

2606: ◇ 緊急参戦的赤い風景 その2

散っているのかと思えば、それはクモの糸と

  • 2
  • 0

2605: ◇ 緊急参戦的赤い風景

新潟市西蒲区種月寺、訪れて3年目にしてや

  • 4
  • 0

2604: ◇ まだ早かった白山公園

銀杏の葉は落ちて、紅葉ぽかったがイメージ

  • 2
  • 0

2603: ◇ さよならの映り込み

西堀通もともと西堀通「シャトービル」自体

  • 0
  • 0

2602: ◇ 庭には 庭の窓がある

こういった東屋って丸い窓が多いような気が

  • 2
  • 0

2601: ◇ まだまだ、青い

中央区にある「旧斎藤家別邸」、本宅ではな

  • 0
  • 0

2600: ◇ 温泉街の夜は始まる

まんじゅう屋から出ている蒸気は、温泉まん

  • 0
  • 0

2599: ◇ またしても、我が影を撮るとき

午後3時くらいになると、斜光の良い光にか

  • 0
  • 0

2598: ◇ 川端町から本町へ、日曜日の午後

叔父さんが介護老人施設入所したので、現金

  • 0
  • 0

2597: ◇ 青空リバーサイド

秋が深まり鉛色の冬に近づいてくると、青空

  • 0
  • 0

2596: ◇ ボートをぼ~と見送る日

初めて信濃川遊覧船の「ベアトリス」の船名

  • 0
  • 0

2595: ◇ みなとぴあにて

ここある映画を観た時「あれ、ここは?」と

  • 2
  • 0

2594: ◇ ワイナリー・カーブドッチで、どっちに行ったらいいのだ。

撮っていると、男女数人のグループがいた。

  • 2
  • 0

2593: ◇ 忍び寄る影

自分を撮ることが増えてきた。いい光が来た

  • 0
  • 0

2592: ◇ 五合庵に吊橋

国上寺祈祷道場、かの上杉謙信が祈祷して1

  • 2
  • 0

2591: ◇ 国上寺(こくじょうじ)にて

国上寺(こくじょうじ)とカッコでひらがな

  • 0
  • 0

2590: ◇ どうもすみません、まだ緑で (^^ゞ

弥彦神社の随神門前は紅葉は青々、菊祭りの

  • 0
  • 0

2589: ◇ 「夏井のはさぎ」から弥彦へ

久しぶりに「夏井のはさぎ」、弥彦山をバッ

  • 4
  • 0

2588: ◇ 陽の暮れる頃と蜃気楼とお寺

陽が短くなって自分の影を撮ることが多くな

  • 4
  • 0

2587: ◇ 人それぞれの寺院、正月までのカウントダウン

厳粛な時間、梵鐘を鳴らすことで世の中の安

  • 2
  • 0

2586: ◇ 龍王殿と甍の映り込み  

普通神社仏閣では、本堂、本殿の扉まで階段

  • 0
  • 0

2585: ◇ 龍の背中なのか二つ屋根の龍王殿

確か前回訪れた時は本堂脇からの竜王殿への

  • 0
  • 0

2584: ◇ 石段をのぼる

初めてここを訪れた時、この賽銭箱の大きさ

  • 0
  • 0

2583: ◇ 久しぶりの善宝寺で、山門までもが長かった

韋駄天のバックル山門の毘沙門天「どのくら

  • 4
  • 0

2582: ◇ ほんとに久しぶりの善宝寺で、感じたものは。

山門の獅子の彫り物も、左右で「あうん」。

  • 4
  • 0

2581: ◇ 寝屋の鉾立岩の見える風景

「ここからも見えるのか。」、さっきまでい

  • 0
  • 0

2580: ◇ 鉾立岩のある港

とりあえず、この日寝屋漁港を目指していた

  • 4
  • 0

2579: ◇ 粟島浮かぶ、いつもの岩ケ崎

ここを知ってしまうと、素通り出来なくなて

  • 2
  • 0

2578: ◇ 解体と創作について

建物解体中の内部を見ながら「こうなってい

  • 2
  • 0

2577: ◇ 古町ブラ歩きとお気に入り(だった)シャトービル

緑の扉の向こうは、銭湯だった。いつしか休

  • 0
  • 0

2575: ◇ 白山公園と白山神社あたり

この日、白山公園の紅葉時期のロケハンにき

  • 0
  • 0

2574: ◇ 白山公園あたり

いつもここの立体交差点を渡るとき、エレベ

  • 0
  • 0

2573: ◇ 3年目の赤と黄色

岩室の「種月寺」夏冬はもちろん訪れ、そし

  • 4
  • 0

2572: ◇ 青空と短くなった煙突

本町通の上にある「いづみ湯」、その脇の路

  • 0
  • 0

2571: ◇ 暑さぶり返したある土曜日の街歩き

小路の向こうに見えるのは、「アパホテル新

  • 2
  • 0

2570: ◇ 「本町通」と「二葉町」あたり

その昭和の時代、断然の賑わいを見せていた

  • 0
  • 0

2521: ◇ ストック整理 山形で

山形県南陽市熊野大社、本殿の古臭さいはす

  • 0
  • 0

2568: ◇ 旅人は、また出発地点へと戻る

一通り塩谷を歩き終えると、公民館前にとめ

  • 0
  • 0

2567: ◇ 塩谷の上大町あたり

塩谷の通りはずっと切妻妻入り(切妻屋根の

  • 2
  • 0

2566: ◇ 稲荷山の上から愛を叫ぶ

「そばや」の前を通り海辺と抜けると、胎内

  • 2
  • 0

2565: ◇ 塩谷の町なかの小路のある風景

このスタンドはやっているのだろうか?と日

  • 0
  • 0

2564: ◇ 塩谷の里で~、そばや、そば~や

「真の神は・・・」と書かれたキリスト看板

  • 0
  • 0

2563: ◇ 塩谷のセンター

昨日も書いたが、この「かどや」商店の店構

  • 0
  • 0

2562: ◇ 塩谷の「神社の通り」

塩谷の塩竈神社前。そして初めて車が止まっ

  • 0
  • 0

2561: ◇ 海辺の町の停留所のある風景

やけに新し感のあるバス停留所のプレートを

  • 2
  • 0

2560: ◇  集落の裏を歩く、、、、そして、やらかしましたわい、無画像更新 (^^ゞ

今回は珍しく多い枚数更新したなあと、思っ

  • 0
  • 0

2559: ◇ 坂の上の小屋

浜裏通りにはの小屋が気になって近づいてみ

  • 0
  • 0

2557: ◇ 海辺の青空砦

そこに何本の木で造られた柵は、それは青空

  • 0
  • 0

2556: ◇ 海辺の防護柵

インディアンのアパッチ砦でも、戦国時代の

  • 2
  • 0

2555: ◇ ボートのある風景

村上市塩谷、一時代には北前船も寄港の地、

  • 2
  • 0

2545: ◇ ストック整理 モノクロな○○

これから本格的に夏の海のシーズンを誘うよ

  • 0
  • 0

2554: ◇ やっぱり人生は何につけて根を張ること

やっぱり根っこは大事でしょうと、PCの目途

  • 2
  • 0

2553: ◇ 清水園の優美な庭と、とりあえず ヽ(^。^)ノですじゃ。

こんな光景を見て、デートで箱根強羅公園の

  • 2
  • 0

2552: ◇ 石橋をたたいて渡る、そして新しきPCを前にして、ぶ~たれるオレ

あなたは、「石橋を叩いて渡る」派か、関係

  • 6
  • 0

2551: ◇ 泉水の石灯篭はたそがれて

かなり前に、金沢の兼六園に行って、あの有

  • 0
  • 0

2550: ◇ 清水園の泉水あたり

書院の障子張りのガラス窓、ガラスは歪みが

  • 0
  • 0

2549: ◇ 文化財を前にして気持ちは地団駄。

書院からの中庭風景。中門の乳金具に目をや

  • 2
  • 0

2548: ◇ 清水園、大門をやっとくぐり抜け書院へ

清水園は新発田藩溝口家の別邸、大門でブラ

  • 2
  • 0

2547: ◇ 新発田「清水園」この日、門から先に僕は中々進まなかった。

ここまで更新記事を書くのに1時間、画像デ

  • 2
  • 0

2546: ◇ 残暑の日、新発田散策

新発田市は城下町なので街は迷路状態で入り

  • 2
  • 0

2519: ◇ 夏の想い出

情報に疎い僕が知らなかっただけなのか何度

  • 0
  • 0

2544: ◇ 10月のストック整理ストック

福島県喜多方市蔵造りある神社の竹やぶ、そ

  • 2
  • 0

2543: ◇ 給水塔の帰りに、鉄道博物館へ

この日給水塔を撮ってまわてった帰り道、ま

  • 2
  • 0

2535: ◇ 三重交差する新潟中央JCT

高速道路の新潟中央ジャンクション(JCT

  • 0
  • 0

2542: ◇ 越後蒲原豪農田巻邸 「椿寿荘」

クロックスモドキのサンダルを履いて庭に出

  • 2
  • 0

2541: ◇ 「椿寿荘」で長い時間の経過を自覚する。

コンデジ時代に初めて訪れた、カメラが趣味

  • 4
  • 0

2540: ◇ 田上町椿寿荘で僕のサガを知る。

既に、椿寿荘のお庭はブログに載せたけれど

  • 0
  • 0

2539: ◇ 私を給水塔に連れって! 旧中島給水塔

取水塔の向こうは緑見えないが信濃川、その

  • 4
  • 0

2538: ◇ 旧中島浄水場ポンプ室棟

ここ長岡市水道町水道公園にある旧中島浄水

  • 0
  • 0

2537: ◇ 給水塔のある風景 長岡中島浄水場

やっぱり長岡市の「中島給水塔だ。」と思っ

  • 0
  • 0

2536: ◇ ワシは怪しい探検隊的に配水塔というか、配水タンクの悩み

以前は水槽部の階上には展望台になり床がグ

  • 0
  • 0

2534: ◇ JR羽越本線「坂町駅」給水塔

駅に給水塔って自然な光景なのだが、そう感

  • 2
  • 0

2533: ◇ 出湯共同浴場「漲泉窟(しゅんせんくつ)」

給水塔シリーズのように続いている、まだ数

  • 0
  • 0

2532: ◇ 天神林浄水場給水塔

ありそうでないのが、ないのがこのタイプ。

  • 4
  • 0

2531: ◇ 新潟市江南区 「亀田町上水道高架タンク(平成の亀田八景)」

やっぱり「ここだよね。」と給水塔と云った

  • 0
  • 0

2530: ◇ コンクリートの古墳のような亀田上水道タンク

このタンクを忘れていた、恐らく前日の「阿

  • 0
  • 0

2529: ◇ 阿賀野川浄水場給水塔 円盤型なのか?

ここは昔から知っていた、なのであちこち給

  • 0
  • 0

2528: ◇ 給水筒ふたつ代表 白根(大凧合戦)と中之島(桜でかくれんぼ)給水塔

現在は平成の大合併により新潟市なった、そ

  • 0
  • 0

2527: ◇ 直立な給水塔 信濃川浄水場

高くて大きいので遠くからでもその姿は見え

  • 4
  • 0

2526: ◇ 怪しい探検隊は給水塔をめざす 青山浄水場給水塔

この日、用事ありだけど気になってカメラ持

  • 2
  • 0

2525: ◇ 僕はあくまでも給水塔を

ここへと近づいて行くと僕はドキドキしてき

  • 0
  • 0

2524: ◇ 長岡市 西部丘陵池給水塔 

この形状は何型っていうのか、ゴルフでティ

  • 4
  • 0

2523: ◇ UFO出現的な妙見町給水塔

長岡市妙見町にある給水塔、車で近づいて見

  • 0
  • 0

2522: ◇ 給水塔めぐり 旧白根配水塔

この所、あちこち給水塔めぐり、1度訪れて

  • 9
  • 0

2520: ◇ 豪農の田巻邸 椿寿荘 何年ぶりだあ~?

給水塔探しであちこち周り、「そう言えばあ

  • 0
  • 0

2511: ◇ 喜多方に久しぶりにやっと来れたけれど ストック整理編

喜多方には、色んな蔵があちこちに見られる

  • 2
  • 0

2456: ◇ ストック整理 海辺と鉄道

この時まだまだ本格的夏ではなかったが、時

  • 0
  • 0

2510: ◇ ストック整理会津美里編法用寺、根岸駅、そして若宮駅。

福島県会津美里町雀林にある法用寺の本堂。

  • 0
  • 0

2517: ◇ 聳える事山の如し

建物を撮っていると、これが昭和とかでなく

  • 0
  • 0

2516: ◇ 長岡市 旧中島浄水場給水塔

交差点で車のハンドル切ると目の前に、この

  • 2
  • 0

2514: ◇ 空が広くなった燕

燕市の仲町商店街、僕が初めて訪れた時は道

  • 2
  • 0

2515: ◇ 赤い看板と給水塔

前回は天候は曇り空で、やっぱり給水塔って

  • 4
  • 0

2513: ◇ 白根魚町あたりから

白根魚町「魚町」バス停、魚屋が多いのかと

  • 0
  • 0

2512: ◇ 南区旧白根を歩いた

新潟市南区白根を歩いた。車では白根配水塔

  • 0
  • 0

2509: ◇ 旧白根配水塔ロケハン

燕市の給水塔を撮影、帰りに白根市へ街歩き

  • 2
  • 0

2508: ◇ 燕市旧浄水場配水塔

燕市の中ノ口川土手沿いの県道を走りながら

  • 0
  • 0

2507: ◇ 旧吉田町 香林堂(今井家)

「越後の鹿鳴館」とも称される洋館内部らし

  • 0
  • 0

2506: ◇ 月潟は、あの越後の角兵衛獅子の月潟でもある

旧新潟交通「月潟駅」の月潟でもあるのが、

  • 0
  • 0

2505: ◇ 旧新潟交通「月潟駅」

旧月潟駅を走っていた新潟交通燕線は赤字で

  • 7
  • 0

2504: ◇ 鉄人にふたたび会う

黒い車体のかさぶたのような修復を重ねてた

  • 0
  • 0

2503: ◇ 旧月潟駅電車風景

まだまだ現役で走っていた時、途中これは路

  • 0
  • 0

2502: ◇ 白いハチドリ飛ぶ

黄色いヒマワリとコンクリートの桐原駅舎の

  • 0
  • 0

2501: ◇ 5年の時は流れて

見附まで来たんだし、久しぶりに「北長岡駅

  • 0
  • 0

2500: ◇ 「押切」萌え

そういやあ、こんな柱には灰皿があったもの

  • 0
  • 0

2499: ◇ ビエナ・ビスタとアイス

「ビエナ・ビスタ・カフェ」、かなり昔に買

  • 2
  • 0

2498: ◇ 見附市本町通り

見附市本町通りを歩くと、「マジ!」って商

  • 0
  • 0

2495: ◇ 南陽の山裾景

気になっていた、「めざせ旧高畠駅!」でそ

  • 0
  • 0

2497: ◇ 山形駅景拾写2

フラワー長井線「おりはた」駅、漢字で書く

  • 0
  • 0

2496: ◇ 山形駅景拾写

フラワー長井線の西大塚駅、初めて訪れた時

  • 0
  • 0

2494: ◇ 映画「64」で観る場面考察的には

大仰に 映画「64」で観る場面考察的に、

  • 2
  • 0

2492: ◇ 置賜郡高畠(駅)

駅舎の裏へとまわる、駅舎前の建物はたぶん

  • 2
  • 0

2493: ◇ 静かな時間

やっぱり、木の床はいい、通学で電車、バス

  • 0
  • 0

2491: ◇ 旧山形交通 高畠駅

地元瓜割石で建てられた旧山形交通「高畠(

  • 4
  • 0

2490: ◇ 熊野大社は石段を登り

三越百貨店のライオンのような大きさの狛犬

  • 0
  • 0

2489: ◇ 祈り

時々思う事、神社仏閣なので長々と手を合せ

  • 0
  • 0

2488: ◇ 山形県南陽市 熊野大社

到着して気になったのが、8月だというのに

  • 0
  • 0

2487: ◇ 熊野大社へ行こう。

山形フラワー長井線の駅まわりをして、初め

  • 0
  • 0

2486: ◇ フラワー長井線 宮内駅

初めて訪れた時は、ともかく山形フラワー長

  • 2
  • 0

2485: ◇ フラワー長井線 にしおおつか 板壁の駅

駅入口のの看板が新しくなっていた、以前の

  • 0
  • 0

2484: ◇ 風時々吹いて稲はなびく

時折風でなびき揺れる稲、そして阿賀野川土

  • 2
  • 0

2483: ◇ 高森の丘から

今年の春に寝たきり状態、時に骨折で入院し

  • 0
  • 0

2454: ◇ 夏のストック整理

五泉市慈光寺の杉の参道にある三十三観音。

  • 0
  • 0

2482: ◇ 不動尊の緑

棒葉だろうか、僕はこの緑の風景が好きで、

  • 0
  • 0

2481: ◇ 菅谷不動尊の三角屋根

一面に落書き、数から言えば参拝者の多さな

  • 2
  • 0

2480: ◇ 不動尊にて

暑い夏の午後ってこともあってか、菅谷不動

  • 0
  • 0

2479: ◇ 夏、ある日の夕焼け

川沿いの道路を走って家に帰る途中、それは

  • 2
  • 0

2478: ◇ 喜多方寸景

何で英語なんだと、「神は復活する。」、「

  • 2
  • 0

2477: ◇ 喜多方拾景 五号倉庫のある風景

会津喜多方清酒会社の倉庫よく見たら「五号

  • 0
  • 0

2476: ◇ 蔵の町 喜多方

陽が長い夏場とは言え、到着する頃にはもう

  • 3
  • 0

2475: ◇ Negishi Station

JR只見線根岸駅、それは会津盆地にありホー

  • 2
  • 0

2474: ◇ 朱い色のお寺にて

カメラが変わった、桜の季節、季節が変わっ

  • 0
  • 0

2473: ◇ 荒井浜で、僕は未来を思って ”ぞくり” とした。

ここは海水浴場ではないので海水浴客はいな

  • 0
  • 0

2472: ◇ Monochrome: At Port オヤジは風景に ぽーと した。

岩船漁港へと流れる石川、その上に掛かる岩

  • 4
  • 0

2471: ◇ 坂の上の雲

ここまで来たら、あそこへ行ってみるかと砂

  • 0
  • 0

2469: ◇ タバコ畑で途中下車

タバコ管理作業車から眺め、当日は日曜日の

  • 2
  • 0

2468: ◇ Monochrome: At Beach オヤジたそがれる

とりあえずは、海水浴場だけど、端っこのた

  • 4
  • 0

2467: ◇ 海水浴場の端っこにて

目的地に到着、先客がいた。三面川側に向け

  • 0
  • 0

2466: ◇ 川と海のぶつかる場所

「いいねえ、いいねえ。」と恐る恐ると近づ

  • 0
  • 0

2465: ◇ 暑中お見舞い申し上げます

暑中お見舞い申し上げます今年は暑く長い夏

  • 0
  • 0

2464: ◇ 漁港、夏の光

これは青森県泊漁協の漁船、新潟県内のあち

  • 0
  • 0

2463: ◇ オジサンは頭を横に振った

「石川」という川に沿って車を走らせている

  • 2
  • 0

2462: ◇ 日曜日、午後の港で「海の男」

岩船漁港に久しぶりに立ち寄った。たまたま

  • 4
  • 0

2461: ◇ 沼垂通り辺り

道路向こうの路地撮影、その脇では「こうし

  • 0
  • 0

2455: ◇ ストック整理 彌彦神社

彌彦神社一の鳥居前、何てことのない風景な

  • 2
  • 0

2460: ◇ 夏のにいがた俯瞰

「信号あり」、地元の人間としては当たり前

  • 0
  • 0

2459: ◇ 萬代橋を渡る

夏である、こんな風景を撮るのは”オレだけ

  • 0
  • 0

2458: ◇ 風鈴の夏 

この時、全く風鈴の下の短冊に、願い事が書

  • 2
  • 0

2457: ◇ 風鈴ふうりん、りん、りん、りん

白山神社へ境内に入ると、「あれ、なんでこ

  • 4
  • 0

2453: ◇ 夏は来たりて笛を吹く

昼下がり歩いていると、太陽のメラメラ日差

  • 2
  • 0

2452: ◇ 昼下がりの路地

2度目の路地、途中路地と交差するものの全

  • 2
  • 0

2451: ◇ ある寺院の本堂にて

僕は本堂の中をのぞいた。それは何度目かも

  • 0
  • 0

2450: ◇  スローなブギーしてくれ。

「スローなブギーしてくれ。」 山門参道、

  • 0
  • 0

2449: ◇ いつもながら山門で、もったいぶる

門扉の乳金具、やったり僕は撮っちまう。そ

  • 0
  • 0

2448: ◇ 角田山妙光寺

僕がぶらぶらと撮っていると、カメラを持っ

  • 0
  • 0

2447: ◇ やっぱ寺院では、落ち着くのか

今更だけど、日常お寺を訪れる回数が増えた

  • 0
  • 0

2446: ◇ 角田山に「あやかし」がいた。

明かり取りの窓だとわかるのだが、「これは

  • 0
  • 0

2445: ◇ 記録として 新潟駅シン・ホーム

新潟駅の新ホームが出来たというので入場券

  • 3
  • 0

2444: ◇ 角田浜の夏景

「海開き」は、まだまだだったが、その朝か

  • 2
  • 0

2443: ◇ 弥彦そぞろ歩き

「たこけやき」幹が太くタコのように枝が伸

  • 2
  • 0

2442: ◇ 弥彦公園トンネル

プレートは外れているけれえどトンネル名は

  • 4
  • 0

2441: ◇ 再びの舞殿・楽舎と参集殿

あんちゃんは、いなくなったろうか?と参道

  • 2
  • 0

2440: ◇ 動いてくれないのね

参集殿脇ドカ!と座ってスマホのあんちゃん

  • 4
  • 0

2439: ◇ 斎館舞殿・楽舎と、そして参集殿

ここ彌彦神社にやって来ると、一の鳥居・本

  • 0
  • 0

2438: ◇ 参道を歩む人たち

僕の思っていたよりも人が多かった。世は2

  • 2
  • 0

2437: ◇ 末社十柱神社の屋根

このたび豪雨の被害各地にお住まいのブロガ

  • 0
  • 0

2436: ◇ 青いシルエットに囲まれて

木々に囲まれた彌彦神社の広い境内を撮り歩

  • 2
  • 0

2435: ◇ 随神門をくぐりて

随神門をくぐり拝殿を眺めながら「さっき、

  • 0
  • 0

2434: ◇ 随神門で Z(ゼット)

さすがは越後一之宮彌彦神社である、常に人

  • 0
  • 0

2433: ◇ 随神門を前にして

目の前は随神門、そして本殿、その前に手水

  • 0
  • 0

2432: ◇ 彌彦神社のあちこちで立って待つ

車を停めた駐車場からはショートカットの東

  • 0
  • 0

2431: ◇ 彌彦神社の前に

久しぶりの越後一之宮「彌彦神社」へ、この

  • 0
  • 0

2426: ◇ ある土曜日の寸景

「えっ?」と初めて気づく、新潟市中央区古

  • 2
  • 0

2427: ◇ 旦飯野神社(あさいいのじんじゃ)

旦飯野神社=あさいいのじんじゃ、読めんじ

  • 0
  • 0

2429: ◇ 夏の始まりのハーモニー

天気が良いで海を目指した。ここ青山海岸ま

  • 0
  • 0

2428: ◇ 梅雨晴れの日、弘願寺前にて

この小路を何度と前を通り、そして何度も何

  • 0
  • 0

2425: ◇ カトリック教会で心静かに

特別な場合以外は、聖堂内は「自由に見学で

  • 0
  • 0

2424: ◇ 怪人の影がいる裏路地

路地の怪人を見つけた、あのウルトラセブン

  • 2
  • 0

2423: ◇ 裏路地(まだあった檀林小路)

商店街に「檀林小路」とあったものの、この

  • 0
  • 0

2422: ◇ 津川新善光寺

確か10年前くらいだろうか津川を訪れた時

  • 0
  • 0

2421: ◇ 檀林小路を歩く

小路を歩いていると、赤い大きな花が見えた

  • 0
  • 0

2420: ◇ 津川の檀林小路(だんりんこうじ)

港町旧豪商平田家跡の煉瓦塀住吉神社脇の小

  • 2
  • 0

2419: ◇ 津川中町の住吉神社

格式にある神社本殿前に「左近のなんとか」

  • 0
  • 0

2418: ◇ 津川雁木残る中町通あたり

豪商旧平田家跡のレンガ塀、津川の町を歩い

  • 0
  • 0

2417: ◇ 津川のスクランブル交差点

津川の町を通る県道14号線、昔は会津街道

  • 0
  • 0

2416: ◇ 橋が気になった神社

下見でGoogle street viewで津川を検索して

  • 0
  • 0

2415: ◇ 津川の常浪川を渡って

常浪(とこなみ)川に掛かる城山橋、津川の

  • 2
  • 0

2414: ◇ 雁木発祥の地 津川

和製アーケード「雁木」の発祥の地、そこ設

  • 2
  • 0

2411: ◇ 蛭野の午後

僕のお気に入りの場所である、銀杏の季節に

  • 2
  • 0

2413: ◇ 山寺の硝子窓に映る緑

良い季節である、この緑色が白だった季節も

  • 4
  • 0

2412: ◇ 寺院(慈光寺)の窓のある風景

長い年月の太陽の日差し、雨、風、雪によっ

  • 2
  • 0

2410: ◇ 廻廊の火灯窓のある風景

山門前の緑に目線をやり「いいねえ!」する

  • 0
  • 0

2409: ◇ 大木の杉並ぶ参道を歩く

慈光寺を代表する三十三観音、その昔仕事の

  • 0
  • 0

2408: ◇ 緑の参道を歩く

緑の慈光寺の参道を久しぶりに歩いて、「ち

  • 0
  • 0

2407: ◇ 村松慈光寺、緑の頃

いつの頃からか、”お寺にいる”ことが落ち着

  • 2
  • 0

2406: ◇ 荒川の上流にて

山間の赤い橋、時間に余裕があったので寄り

  • 4
  • 0

2405: ◇ エメラルドの谷間と出会う

新緑の季節に雨、「雨か~」とがっかり、で

  • 0
  • 0

2404: ◇ 秋田奥羽本線駅周り

角館内陸縦断鉄道の角館駅ホームに停まる阿

  • 4
  • 0

2403: ◇ 角館哀愁、散ってしまった桜の花びら

あちこち桜は散り、残り物のような桜の風景

  • 0
  • 0

2402: ◇ 角館で、理想と現実に会う。

「角館でも行くか。」、そしてこんなポスタ

  • 0
  • 0

2401: ◇ 桜流れる緑映える排水路のある風景

どこかで書いたけど溝に流れる花びら、ただ

  • 0
  • 0

2400: ◇ 角館、和の”SA KU RA”

桜散る田町上丁の通りで外国人の家族を見た

  • 2
  • 0

2399: ◇ 桜が見れん、未練さくら

「桜の角館」が散ってしまった緑に風景にな

  • 0
  • 0

2398: ◇ 下中町に残っていた桜

角館の武家屋敷通りは緑に変わり、ガッカリ

  • 2
  • 0

2397: ◇ 武家屋敷通りの緑

なんと云っても、秋田角館の桜の名所中の名

  • 0
  • 0

2394: ◇ 来たぜ、東北。

「行くぞ、東北」、「来たぜ、秋田」の勢い

  • 0
  • 0

2393: ◇ 行ってきたぜ、東北。

お目当ては、角館の枝垂れ桜である。こんな

  • 0
  • 0

2396: ◇ 久しぶりのストック整理 その2

冬が終わり、いつしか昼が長くなり、今まで

  • 2
  • 0

2395: ◇ 久しぶりのストック整理

超久しぶりのストック整理、ファイルの中は

  • 4
  • 0

2392: ◇ 夕なずむ時コアラをみつけた

そろそろ帰ろうかと家へと車は向かっている

  • 0
  • 0

2391: ◇ 誰もいなかった農村公園

夕暮れ迫る頃に帰路の途中に見つけた公園、

  • 0
  • 0

2390: ◇ 豊実駅午後3時42分

この日の一番目的地、JR磐越西線「豊実駅

  • 0
  • 0

2389: ◇ 阿賀町日出谷で初めての中村

日出谷中村の護徳寺の参道、約30年間に年

  • 0
  • 0

2388: ◇ 阿賀町鹿瀬駅と琴平清水

久しぶりの鹿瀬駅、以前は駅舎の中はアンテ

  • 0
  • 0

2387: ◇ 芽生えの頃

ここで鹿瀬ダムを撮っていると、脇に車が停

  • 0
  • 0

2386: ◇ 阿賀麒麟山温泉旧松仙閣跡

廃虚状態になった旅館の裏手に周ると阿賀野

  • 0
  • 0

2385: ◇ 会津柳津旅日和

月光寺に到着、桜は遅かったかと本堂の裏に

  • 2
  • 0

2384: ◇ JR只見線「会津中川駅」の桜風景

さらりと駅の風景を撮っているけれど、これ

  • 2
  • 0

2383: ◇ JR只見線「早戸駅」、

ここまで来たら、久しぶりに寄ってみようか

  • 0
  • 0

2382: ◇ 会津柳津、里の春

春になれば~♪ どじょこだの、フナっこだ

  • 0
  • 0

2381: ◇ 旧小学校の時計は5時20分で止まっていた

旧小学校の時計は止まっていた。僕が実際に

  • 0
  • 0

2380: ◇ 会津柳津町の桜の国で

西会津、会津柳津町と車を走らせたら、こん

  • 0
  • 0

2379: ◇ 会津柳津町麻生

ただただ咲いている桜なのだが、ここ柳津町

  • 0
  • 0

2378: ◇ また今年も西会津の桜を訪れる

今年も福島県会津に、一度桜の時期に訪れる

  • 2
  • 0

2377: ◇ 桜の「会津中川駅」

何度も桜の頃になると、会津を訪れているの

  • 0
  • 0

2376: ◇ 桜、雪降る如くに

やれやれ雪が解け、春になる。雪はうんざり

  • 0
  • 0

2375: ◇ 桜の降った日

乙宝寺で散ってしまった桜の光景の後、「残

  • 0
  • -

2373: ◇ 桜の終わりの乙宝寺寸景

ここ2、3年桜の開花はハズレなのような気

  • 0
  • 0

2372: ◇ 翳りゆく春のはじまり

咲く春に、散る春。春も色々、僕はこんな光

  • 0
  • 0

2371: ◇ 桜の散りごろ、”散るを知る”

雨の日、この日ばかりは「雨の桜」を狙って

  • 0
  • 0

2370: ◇ 用水の桜へリベンジ

やっぱり青空だと思った、雨の日には何とも

  • 2
  • 0

2369: ◇ 桜の撮り頃

「ここだ!」思った時は、そこに撮影中の人

  • 0
  • 0

2368: ◇ 陽が傾く頃のオレ

桜の開花ともに、椿の花は地面に咲いた。す

  • 2
  • 0

2367: ◇ 菜の花畑で「虹伝説」に出会う。

正直な所、はじめは虹なんて気がつかず曇り

  • 0
  • 0

2366: ◇ それは雨上がり、いや霰上がりとでも云うのか

さっき降ったアラレの後は、雨上がりならぬ

  • 0
  • 0

2365: ◇ 自分で見つけた桜名所

川辺の竹と桜を見つけた時、「これぞ桜の和

  • 0
  • 0

2364: ◇ 寺院の桜の陽が差して

雲間から桜に太陽の光が差す光景を見て、改

  • 2
  • 0

2363: ◇ ある寺院で青空を見た

家を出掛ける時は、「あ~ぁ、今年の桜は雨

  • 2
  • 0

2362: ◇ 桜は、いつものお寺から

桜が咲き始め前は、心待ちに「早く咲かない

  • 0
  • 0

2361: ◇ さくら、雪崩れる

雪崩ていた。仕組みは、こんな光景の重なり

  • 0
  • 0

2360: ◇ 用水は、桜降る如し

”見頃”の情報は聞いていても、当日は雨模様

  • 2
  • 0

2359: ◇ 桜2018

2018年の冬は、想定外に雪が多かった。

  • 0
  • 0

2358: ◇ 時間が長くなったなあと感じるある日曜日

六軒小路、高級の冠が付く料亭「鍋茶屋」、

  • 2
  • 0

2357: ◇ 光り当たるドアのある裏路地

二次反射で光がうずまきのように当たるドア

  • 0
  • 0

2356: ◇ 今日も路地裏で

銭湯(だった)の裏路地を探検した。そして

  • 0
  • 0

2355: ◇ 春を歩きまわる

新潟市のメインストリート柾谷小路。弘法大

  • 0
  • 0

2354: ◇ 春の徘徊、、、、いや、そぞろ歩き

冬の間、見なかった色が普通にあった、その

  • 0
  • 0

2353: ◇ 岩ケ崎で往復ピンタ

この日、村上の海岸線を岩ケ崎から撮影が始

  • 2
  • 0

2352: ◇ 貨物列車EF510 通過する

遠くから踏切のカン、カン、カンと音が聞こ

  • 0
  • 0

2351: ◇ 春爛漫の柏尾の丘から鉄を!

春になり陽が伸び冬場の行動だったら、そろ

  • 0
  • 0

2350: ◇ 浜新保を歩く

村上市浜新保の通り、直ぐ裏はJR羽越本線に

  • 2
  • 0

2349: ◇ 浜新保あたり

漁船引き揚げ用ウィンチ、漁船と云ってもこ

  • 0
  • 0

2348: ◇ 馬下(まおろし)の暗号でしょうか?

錆びた鎖の並びに英語?でも簡単には読めそ

  • 4
  • 0

2347: ◇ 村上市馬下(まおろし)

以前訪れた時よりも馬下集落に空き地が目立

  • 0
  • 0

2346: ◇ 越後早川海辺

いつも素通りする早川の浜辺にある船置場、

  • 0
  • 0

2345: ◇ いつもの「岩ケ崎」あたりで

いつもの岩ケ崎、ここも前に見えている木が

  • 0
  • 0

2344: ◇ 川辺の椅子と雨の桜花

信濃川右岸に設置されたベンチ、この日歩き

  • 0
  • 0

2343: ◇ 新潟、高いと所から失礼します

外回りの仕事しているころ、万代シティ駐車

  • 2
  • 0

2342: ◇ 青と白と赤と

お天気の悪るかった長い冬、「早く春が来な

  • 0
  • 0

2341: ◇ 陸にあがった船

砂浜に並んだボート、休業中なのか、廃業な

  • 0
  • 0

2340: ◇ 中央区沼垂あたり

蒲原神社の舞殿と鳥居。梅の名所でもある蒲

  • 0
  • 0

2339: ◇ 風車の見える丘から

通行量は、少ないはずなのに「撮るぞ~!」

  • 4
  • 0

2338: ◇ 「ラマンチャの男」とカメラを共に風車へ突進する

風景に気になり通り過ぎたものの、「待てよ

  • 0
  • 0

2337: ◇ 荒井浜で空飛ぶ物体

背後からブーン、ブーンと何やら音がして、

  • 4
  • 0

2336: ◇ 桃崎浜

以前からあったゴルフボール、持ち主は砂浜

  • 2
  • 0

2335: ◇ 曇り空の海辺

せっかく村上の海辺まで遠征しても雲の多い

  • 2
  • 0

2331: ◇ 煙突のある風景

「沼垂テラス商店街」すっかり知名度得て人

  • 0
  • 0

2334: ◇ 看板とつくしを見つけた日

吞兵衛街の店先だってどことなく春を感じた

  • 0
  • 0

2333: ◇ 春、青空の下の古町通

新潟市中央区のメインストリート「柾谷小路

  • 0
  • 0

2332: ◇ ビルの谷間から

ほぼ鉛色の空の長い冬を過ごすと、ビルの谷

  • 0
  • 0

2329: ◇ ある日のカメラ散歩

新潟市ではコーヒーの美味しい店は何軒もあ

  • 0
  • 0

2330: ◇ 河畔の近くで

以前はギリギリ水辺まで行けたのだが、今は

  • 0
  • 0

2328: ◇ 色を感じる季節

やっぱり春なんだと思うと周りの風景にどれ

  • 0
  • 0

2327: ◇ 2017年の撮り残し

写真ファイルを整理して「こんなこともあっ

  • 0
  • 0

2319: ◇ Spring has come. ある日のスナップ その2

県民会館前のポスト、桜の時期は後は桜で埋

  • 0
  • 0

2326: ◇ いい日ちい旅立ち

人様はどうだかわからないけど、僕は旅と云

  • 0
  • 0

2325: ◇ 表の世界と裏事情

大きな鏡の中の向こうの世界は逆さまである

  • 2
  • 0

2324: ◇ 白山公園の燕喜館にて

白山公園にある「燕喜館」は、何度も訪れて

  • 0
  • 0

2323: ◇ 上古町あたりをそぞろう 

立派なアーケードはあるのだけど、僕はどう

  • 0
  • 0

2322: ◇ 「春っ。」て感じで、上古町を歩く

冬場にはあまりお目にかかれなかった「光と

  • 0
  • 0

2321: ◇ 春ってことで

夜の街で、暗い夜に果たして、この看板は目

  • 0
  • 0

2320: ◇ 富士、桜に、日本酒とジャパニーズスタイル

「あれは?」と陶器の酒樽を見つけた。注ぎ

  • 0
  • 0

2318: ◇ Spring has come. ある日のスナップ

僕の好きな階段のある風景、何度も書いてい

  • 0
  • 0

2317: ◇ 青山海岸のある形

まだ町のあちこちには雪が残っていた頃、「

  • 0
  • 0

2316: ◇ 赤い屋根のある所

何度目だろう、この光景。砂に埋もれても、

  • 2
  • 0

2315: ◇ 越前浜景とご連絡

新潟県では珍しい遠浅の浜辺、僕の写真を撮

  • 0
  • 0

2314: ◇ 春、旅に出る、、、、、、みたいな

「なまはげ」 といえば 朝から「雲はどこ

  • 0
  • 0

2313: ◇ 雪の種月寺

山門から本堂までの参道は除雪はされていた

  • 0
  • 0

2311: ◇ 夕焼けの農業用ハウスのある風景

大雪の後、気温は下がり雪の表面は固くなっ

  • 0
  • 0

2312: ◇ 雪の足長おじさん

生活道路はないせいか除雪されず、行き止ま

  • 0
  • 0

2310: ◇ 光と影のある朝

こんな光と影をいつかは撮ってみたかったが

  • 0
  • 0

2309: ◇ 凍れる植物

撮影していて目の前で時間の経過ともに、白

  • 0
  • 0

2308: ◇ 朝靄のかかる日

引き上げ際に駐車場に着くと、その向こうの

  • 0
  • 0

2307: ◇ 朝日の当たる木

日の出前から散々撮ったはずなのに、引き揚

  • 0
  • 0

2306: ◇ 夢まぼろしでない幻日

日の出前から、この太陽が出るまで待ってい

  • 0
  • 0

2305: ◇ 雪と稲架木(はさぎ)

さっきまで、手前の照明(雪にすっぽり埋ま

  • 2
  • 0

2304: ◇ 余裕な朝と、焦る朝

カメラマンは向こうに。遅れてきたカメラマ

  • 0
  • 0

2303: ◇ 日の出と影を待つ男、オレ。

影についてコメントがあった、前方のカメラ

  • 2
  • 0

2302: ◇ The Sound of Silence

静かな朝には違いないのだけど、この瞬間の

  • 0
  • 0

2301: ◇ 世界は日の出を待っている

やっと太陽が山の尾根からちらりと顔を出し

  • 0
  • 0

2300: ◇ 名曲「朝日のようにさわやかに♪」尻もちをつく

夜明け前のキャンプ場、もうひと月半先の菜

  • 0
  • 0

2299: ◇ 寒い朝、夜明けを待つ時

ここなら「いいじゃないか。」と決めた場所

  • 2
  • 0

2298: ◇ 雪をかき分けて行くと、上弦の月に気づく

どうにかこうにか雪をかき分けここまで来た

  • 0
  • 0

2297: ◇ 朝靄は 泥んこ田んぼ気分なのだ

駐車場の目の前は、靄で視界がきかなった。

  • 2
  • 0

2296: ◇ 仙人のいる笹口浜

笹口浜の番屋(舟屋)風景なのだが、さっき

  • 0
  • 0

2295: ◇ 羽越本線、雪の月岡駅あたり

湧き水を汲みに帰り、羽越本線の月岡踏切で

  • 0
  • 0

2294: ◇ 白い色調

雪原に雪が飛んだ。この時に隠れられるはず

  • 0
  • 0

2293: ◇ 雪のチラつく日

時々雪が舞った。人様のブログなので時々雪

  • 0
  • -

2292: ◇ 風、雪の走る道

ヨウモツ小屋(網を仕掛けて魚を待つ小屋)

  • 2
  • 0

2291: ◇ アルパカのいる冬景色

目の前にアルパカがいた。杭と雪のコラボで

  • 2
  • 0

2290: ◇ 白い世界の”足あと”

こうなると地面はホワイトアウト状態、どこ

  • 0
  • 0

2289: ◇ 雪の積もった日、福島潟へ

白い世界で、悪人顔の色を見つける。田舎の

  • 4
  • 0

2288: ◇ 夕陽のガンマン的な

陽が沈むこの光景が、クリント・イーストウ

  • 0
  • 0

2286: ◇ レストラン前の丸い池の青い空

池の水面に映る青空が撮りたかった、冷たく

  • 0
  • 0

2287: ◇ ワイナリーに翳りゆくとき

池が凍っていた、まわりには障害物もないか

  • 0
  • 0

2285: ◇ 葡萄畑のある風景、あるワイナリーにて

見た事あるようで、雪とコラボのブドウ畑を

  • 4
  • 0

2283: ◇ 家と家のハザマから 日本海

路地好きな僕は例によって、「海の家」の家

  • 0
  • 0

2284: ◇ さらば青春の光と影

電柱の影が長く伸びていくのを見ながら、「

  • 2
  • 0

2282: ◇ 陽の傾く頃、当てられた

海へと出た出てみると、ふたりに目が行った

  • 0
  • 0

2281: ◇ 冬の海、角田浜

角田浜のいくつかある海の家は、冬ってこと

  • 2
  • 0

2280: ◇ 判官舟かくし

久しぶりに西蒲区にある「判官舟かくし」の

  • 0
  • 0

2279: ◇ 雪原の鹿

ちょっとばかり、大きな鹿に見えたり。雪の

  • 2
  • 0

2278: ◇ 電柱のある風景

電柱のある風景が、これが街なら不自然にも

  • 0
  • 0

2277: ◇ 冬のある日、良い日旅立ちに変わった

我ながら、ここまでシャッターを切れるとは

  • 0
  • 0

2275: ◇ 大空と大地の中で

柵の風景を見て、ひょっとして牧草地として

  • 0
  • 0

2274: ◇ そこに 道はある 

「道はある」 そして 「開ける」。僕は子

  • 0
  • 0

2273: ◇ Monochrome・冬の木立

落葉し筋川筋衛門のような枝だらけ光景を前

  • 0
  • 0

2272: ◇ 海の見える丘

砂丘畑の丘に登ると海が見えた、以前登った

  • 0
  • 0

2270: ◇ 丘を越えて

なだらかな起伏のある砂丘地だが、所どろに

  • 0
  • 0

2269: ◇ 青と白と緑と 雪の葱畑 

収穫の終えた畑ばかりかと思っていたら、ネ

  • 2
  • 0

2268: ◇ 白銀は招くよ

僕は雪はあんまり好きではない、それは単に

  • 0
  • 0

2267: ◇ カントリー・ロード

突然の冬の青空に歓喜しながら砂丘畑を撮っ

  • 0
  • 0

2266: ◇ 雪のリベンジ広陵

出掛けると曇り、ともかく西をめざし車を走

  • 0
  • 0

2265: ◇ 水たまりが出来たら

家から空を見上げて、「大丈夫そうだな。」

  • 0
  • 0

2264: ◇ 古町広小路あたり

同じ「古町」でも白山神社側の”上古町 ”比

  • 0
  • 0

2263: ◇ 飲み屋街の路地

こんな路地にもサントリーの自販機が、それ

  • 2
  • 0

2262: ◇ まだ残る風景と消えゆく光景

その昔新潟「大和デパート」だった跡地、僕

  • 0
  • 0

2260: ◇ 鎌倉とイタリア

勝手に僕のイメージ先行の鎌倉的某路地、こ

  • 0
  • 0

2259: ◇ 工作員でも耕作人でもありません。

休耕中の砂丘畑にスプリンクラーのパイプが

  • 0
  • 0

2258: ◇ 僕的似非北海道景

北海道の風景をブログなので拝見し、「いい

  • 0
  • 0

2257: ◇ アラレに追い立てられて方向を見失う

今見れば粉砂糖をまぶしたような”優しい”風

  • 0
  • 0

2256: ◇ 青空と霰(あられ)

バツ・バツ・バツ!と身体に当たる霰を感じ

  • 0
  • 0

2255: ◇ 晴れのち霰(あられ)

遠くの空を見て「向こうは降っていそうだな

  • 0
  • 0

2254: ◇ 荒涼なるかな浜辺 

イメージで云う、「海辺の砂浜」とは違うと

  • 0
  • 0

2253: ◇ Monochrome Tayu's beach

揺れる水平線の向こうに白い船が見えていた

  • 0
  • 0

2252: ◇ 冬の日本海、カモメ飛ぶ

浜辺に陽が差し、海の向こうは暗い空、この

  • 0
  • 0

2251: ◇ 冬の晴れ間のトラウマ

以前写真を撮りに時、電柱の上空を飛行機が

  • 2
  • 0

2250: ◇ 太夫浜景色

東港の火力発電所の煙突の煙は海からの風で

  • 0
  • 0

2249: ◇ いざ、太夫浜へ

雲の様子、形が気になってその時は撮ったの

  • 0
  • 0

2248: ◇ これも人生、谷あり山あり

構図の先にカップルが立っていた、さっきカ

  • 2
  • 0

2247: ◇ 潟来亭にしのびよる影

僕はこんな影が好きである。冬はあまり好き

  • 0
  • 0

2246: ◇ 冬の青空

大学駅伝を観ながら、やっぱり関東は天気が

  • 0
  • 0

2245: ◇ 元旦の僕はウォーキングする

「今年もよろしくお願いいたします。」の僕

  • 0
  • 0

2237: ◇◆ 平成三十年 賀正 ◇◆

新年あけましておめでとうございます本年も

  • 8
  • 0

2236: ◆ 本番前の大晦日

初詣になれば参拝者でごった返し本殿までの

  • 2
  • 0

2244: ◆ 久しぶりの路地を歩く

久しぶりの「山口マッサージ」のある東堀通

  • 0
  • 0

2243: ◆ 年末の光と影と銀ダラ

昨年NHK「ブラタモリ」で”新潟は砂の町”

  • 1
  • 0

2242: ◆ 年末の上古町

何年も前を通っては、店の前に立ちパロディ

  • 0
  • 0

2241: ◆ りゅうとぴあの屋上で

12月だというのに、りゅうとぴあ(新潟市

  • 0
  • 0

2239: ◆ 夕闇迫るころ

12月に入るとあっという間のように夕方が

  • 0
  • 0

2238: ◆ カラスが鳴くから帰ろう

ガス灯の灯る薄暮の頃、カラスの群は帰って

  • 0
  • 0

2240: ◆ 失われた風景

情報として壊されてなくなるのはわかってい

  • 0
  • 0

2235: ◆ 大屋根の風景

若干残っていた紅葉、今年は紅葉撮りはやっ

  • 0
  • 0

2234: ◆ 瓦屋根のある風景

あちらこちらに瓦屋根、ここ北方文化博物館

  • 0
  • 0

2233: ◆ 黒い台所の風景

長年使用で煤で黒くなったのか、またそれを

  • 4
  • 0

2232: ◆ 障子のある風景に落ち着く

我が家にだって障子はあるのだが、バリッと

  • 0
  • 0

2231: ◆ 博物館の椅子のある風景

お庭の拝観用にと籐椅子が3脚置いてあった

  • 0
  • 0

2230: ◆ 博物館三十分

戦前は県下一の領地を持つ豪農の館伊藤邸、

  • 0
  • 0

2227: ◆ 蛇口のある浜辺にて

北からの漂流物のニュースが今年は多い。こ

  • 0
  • 0

2228: ◆ 砂の上の足あと

僕の歩いていく方向に足跡があった、しっか

  • 0
  • 0

2229: ◆ 冬の浜辺にオレ

人がわにゃわにゃといるより、こんな静かな

  • 0
  • 0

2226: ◆ 岡に上がったカッパ

「波高いのに危なくねえの?」「寒くて体だ

  • 0
  • 0

2225: ◆ 時のすぐ行くままに

この瞬間、海岸には3人。波打ち際では、釣

  • 0
  • 0

2224: ◆ 海辺のカフェ

タイトルに「海辺のカフェ」と書いておきな

  • 0
  • 0

2223: ◆ 上新栄町浜の小屋のある風景

4枚いつも通りアップロードしているけど、

  • 0
  • 0

2222: ◆ 浜辺の屋舎

誰もいない海を狙って行った、車を止めよう

  • 0
  • 0

2221: ◆ 勝木駅

JR羽越本線の「勝木(がつぎ)駅」、駅を

  • 0
  • 0

2220: ◆ 海の見える駅

羽越本線「越後寒川駅」、ここまで来るまで

  • 2
  • 0

2219: ◆ ウィンチのある港風景

荷台を海に沈め漁船を載せてウィンチで引っ

  • 0
  • 0

2218: ◆ 寝屋漁港の係留風景

船が出た後に、渡し板が岸壁に残されていた

  • 4
  • 0

2217: ◆ 寝屋漁港

出航中だった、いつだったか訪れた時に、こ

  • 0
  • 0

2216: ◆ ウミネコ飛ぶ漁港

漁船の船尾をのぞくと、水中のスクリューが

  • 0
  • 0

2215: ◆ 洗濯物掛けのある漁港

何年前だか、ここに軍手が干されていた。港

  • 2
  • 0

2214: ◆ 村上市脇川

初めてここ脇川に来た時、両親を乗せての遠

  • 0
  • 0

2213: ◆ 漁港のある脇川地区

デッキに数人乗った漁船が出航して行った。

  • 0
  • 0

2212: ◆ 今川駅抒情

おい、おい、おい、おい・・・・懐かしい色

  • 4
  • 0

2211: ◆ 岩ケ崎と粟島とそして日本海

この風景を見て、これはモノクロだと思って

  • 0
  • 0

2210: ◆ いつか消えゆく駅風景(新潟駅)

などと、言っても現在の駅ビル(写真正面)

  • 0
  • 0

2209: ◆ はっきりしないお天気の土曜の午後

新潟駅周辺を歩くと、やっぱりここに来てし

  • 4
  • 0

2208: ◆ 高根 6時。

旧小学校を再利用したそば屋の時計は6時ま

  • 0
  • 0

2207: ◆ タイムスリップ

実は、誰もいない旧小学校の風景とその周り

  • 2
  • 0

2206: ◆ 高根、旧小学校

廃校を利用して、「高根醸造所」が入ってい

  • 4
  • 0

2205: ◆ 村上市関口

数年前に山の電気柵の風景を見た、小規模な

  • 2
  • 0

2204: ◆ 小岩川、海がすぐそこにある町

海ある所に、海鳥あり。どこも同じかと思っ

  • 0
  • 0

2203: ◆ 山形県鶴岡市JR小岩川駅前

初めて、小岩川を駅撮影で訪れた時、僕は車

  • 0
  • 0

2202: ◆ 駅前の廃ホテル

新潟駅前のワコーホテル、いつのまにか知ら

  • 4
  • 0

2201: ◆ 五十川駅

初めてここの駅を見た時は、「えーー!」と

  • 0
  • 0

2200: ◆ 1日2回の小波渡駅

小波渡駅前に車を停めたのもあって、駅を撮

  • 2
  • 0

2199: ◆ 鶴岡市小波渡

2011年の震災以降、避難のため海抜表示

  • 0
  • -

2197: ◆ 久しぶりの「小波渡駅」

前日から良いお天気になるのはわかってた。

  • 2
  • 0

2196: ◆ Cloudy day

ベット?夏が行ってしまった荒井浜へ、案の

  • 0
  • 0

2195: ◆ 秋、いつもの浜辺風景、そして変わっていく風景

初めて訪れたのはいつだったか、それまで浜

  • 0
  • 0

2194: ◆ どこの駅でしょう?的な具合で

「どこの駅でしょう?」なんて変なタイトル

  • 0
  • 0

2193: ◆ 陽傾く緑の公園の椅子

さて帰ろうかと車での移動中、「うむ?!」

  • 0
  • 0

2192: ◆ 乙宝寺、苔むす切株

赤い扉の防火施設の横に切株があった、そこ

  • 0
  • 0

2191: ◆ 乙宝寺の赤い扉

乙宝寺を訪れるといつはもはシンボルマーク

  • 0
  • 0

2190: ◆ 村上そぞろ歩き

天狗の団扇と黒い古いタイプ荷台付き自転車

  • 0
  • 0

2189: ◆ 生命の赤い色

腹を割かれ、逆さに吊るされて乾されても、

  • 2
  • 0

2188: ◆ 村上トライアスロンの日

この日、村上でも行ってみようかと行った所

  • 2
  • 0

2187: ◆ 雲は飛び跳ね、コスモスは踊り

雲は飛び跳ねるように浮き、コスモスの花た

  • 1
  • 0

2186: ◆ 秋の青い空、村上

いつもと違って夕方更新、無茶苦茶悲しい、

  • 0
  • 0

2185: ◆ 「新潟近郊区間大回り」で越後線 吉田駅で乗り換え 2

JR吉田駅ホーム風景下り「新潟行き」発車待

  • 0
  • 0

2184: ◆ 「新潟近郊区間大回り」で越後線 「吉田駅 」で乗り換え

まさかの同じ型電車が3車線に並んでいた、

  • 0
  • 0

2183: ◆ 「新潟近郊区間大回り」 東三条駅

JR東三条駅1番線、この日運賃140円で約

  • 0
  • 0

2182: ◆ 「新潟近郊区間」で新潟駅探索 2

工事中の4番線。記憶では、新潟駅は7番線

  • 0
  • 0

2181: ◆ 「近郊区間」で 新潟駅探索

久ぶりに駅ホームのキオスクを見て用もない

  • 0
  • 0

2180: ◆ 「新潟近郊区間」で信越本線 新津駅 で乗り換え

羽越本線新発田駅から乗ってきた110系列

  • 0
  • 0

2179: ◆ 「新潟近郊区間」で新発田駅で乗り換え

「近郊区間」とはJR乗車で経路を重複しない

  • 2
  • 0

2178: ◆ 新発田市落堀あたり

畑に軽トラの風景って「やっぱ似合うなあ。

  • 0
  • 0

2177: ◆ 晴れた日は畑と共に

僕の家はサラリーマン家計なので、実際農家

  • 0
  • 0

2176: ◆ 左側一列通行

左側一列通行、電柱だって左側一列通行だっ

  • 0
  • 0

2175: ◆ 新発田市真野原外

仕事で、花生産の農家さんに「ビニールハウ

  • 2
  • 0

2174: ◆ 聖篭町次第浜

手前は稲、奥は枝豆畑。傾斜のある砂丘地、

  • 0
  • 0

2173: ◆ 長月 福島潟 夕方5時

新潟市北区福島潟、まだまだ暑ついのだが陽

  • 4
  • 0

2172: ◆ いわき市 久之浜魚港で

ここをひと目見ても、どこにもあるような漁

  • 0
  • 0

2171: ◆ いわき市久ノ浜

たまたまなんだけど YouTubeで この歩道

  • 0
  • 0

2170: ◆ ざっと いわき まで

いわき駅前の通りで、僕はまさにこんな感じ

  • 0
  • 0

2169: ◆ ゆうゆうあぶくまライン 要田駅(かなめた)風景

駅風景を撮っていると、8時7分発の下り「

  • 0
  • 0

2168: ◆ ゆうゆうあぶくまライン 神俣旅情

この日「ゆうゆうあぶくまライン」の駅を撮

  • 2
  • 0

2167: ◆ にゃんさん、「そうだ、福島行こう。」

数カ月ぶりの福島県、駅撮りで気なっていた

  • 0
  • 0

2166: ◆ 本町12にて、アートを見つける

街歩き、街撮りしていると、これは「アート

  • 0
  • 0

2165: ◆ 祭囃子が聞こえる日

各町内の神輿が古町通の下(しも)から上(

  • 0
  • 0

2164: ◆ 2017年 祭りの日

何年もお気に入りの交差点。通るたびに今日

  • 0
  • 0

2163: ◆ お久しぶり~ と彼は云った。

お久しぶりだった。それにしても やっぱり

  • 0
  • 0

2162: ◆ 猫は待ってくれた。

猫発見!えてしてこういう二者が対峙した場

  • 4
  • 0

2161: ◆ 古町6の青空

新潟市中央区古町6で見る青空に、僕は「い

  • 0
  • 0

2160: ◆ 夏を感じる頃

街のあちこちに貼られた新潟まつりのポスタ

  • 0
  • 0

2159: ◆ 日常の緑

時々、僕に「撮れ!」と云わんばかりに植物

  • 0
  • 0

2158: ◆ 夏の日のそぞろ歩き

親父が入院している、高齢なので耳も遠くな

  • 2
  • 0

2157: ◆ 黄色い花咲くボートに、ぼ~として

ボートの内部から黄色い花が咲いていた、こ

  • 0
  • 0

2156: ◆ 荒井浜の午後

海鳥が飛ぶ、カモメかウミネコかどっちか判

  • 2
  • 0

2155: ◆ 荒井浜

お気に入りの胎内市荒井浜へ行った。撮り始

  • 0
  • 0

2154: ◆ 大和大路通から京都駅へ

大和大路通の飲み屋横丁の入り口にはタグの

  • 0
  • 0

2153: ◆ 祇園南、路地歩き

京都祇園南 西花見小路西花見小路どこかで

  • 0
  • 0

2152: ◆ 京都祇園を急ぎ早やのそぞろ歩き

祇園花見小路祇園に到着して”急ぎ早やのそ

  • 0
  • 0

2151: ◆ 京都四条通鴨川あたり

四条河原町の交差点日も暮れだして、時間に

  • 0
  • 0

2150: ◆ 夕刻、京都四条あたりを歩く

時刻は、6時半、まあ夕方としたら明るいけ

  • 4
  • 0

2149: ◆ 電車ショートトリップ

近鉄奈良駅で、発車時間3分前で切符を買っ

  • 2
  • 0

2148: ◆ 永の奈良編も「奈良町」で終わり

奈良市高畑(たかばたけ)高畑の路地奈良市

  • 2
  • 0

2147: ◆ 鹿も人間もふり返るふたたびの奈良

一頭の鹿がいた、こっそりと近づいたのに、

  • 2
  • 0

2146: ◆ 東大寺二月堂から

東大寺大仏殿から鐘楼、二月堂への表参道の

  • 0
  • 0

2145: ◆ ふたたびの東大寺

雨風で風化して傷んだ東大寺公慶堂の瓦塀、

  • 0
  • 0

2144: ◆ 春日大社から高畑の路地へ

参道の石灯籠を見るたびに、「オレもいつか

  • 0
  • 0

2143: ◆ 奈良を歩く

奈良、三条通にあるお寺「淨教寺」、どこと

  • 0
  • 0

2142: ◆ Monochrome 奈良東大寺を歩く

東大寺戒壇堂裏の築地塀、何度目かの東大寺

  • 4
  • 0

2141: ◆ 中宮寺、そして斑鳩を後に

夢殿でジジババグループが追うようにやって

  • 2
  • 0

2140: ◆ 築地塀の道をを歩き、僕は 夢殿は有名どー と叫ぶ

法隆寺夢殿前の通り、昔なら奈良も京都も同

  • 2
  • 0

2139: ◆ 東大門をくぐって

法隆寺 国宝東大門東大門の法隆寺塔頭「観

  • 0
  • 0

2138: ◆ 大宝蔵院へのアプローチ脇消火栓は白く。

大宝蔵院へのアプローチに、赤いはずの消火

  • 0
  • 0

2137: ◆ 法隆寺の中心で どう撮ろうかと 悩む

法隆寺国宝金堂、ここでも建物をスリスリ。

  • 0
  • 0

2136: ◆ 秋だったら 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺 なのだけど

残念ながら国宝中門は修復工事中で、中門を

  • 2
  • 0

2135: ◆ やっと来れたぜ、西円堂。

法隆寺塔頭宝珠院、時々平垣を見ただけで”

  • 0
  • 0

2134: ◆ 法隆寺西 から 法隆寺「西円堂」へ

法隆寺西で見つけた「交差点あり」、正直言

  • 4
  • 0