冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◆ 陽だまりの屋上

りゅうとぴあ




ムスカリ




空中庭園




海辺のつくし


リアルではつくしの季節は終わったけれど、桜を撮りながら「ここか、ここか?」と場所アングルを探していると、足元のつくしを踏んでいた。
それに気づくと僕はココロでつくしに「ゴメン、ゴメンな。」と謝っているだが、あのつくしがにょきにょき生えるさまを見て蹴散らし喜び歩いていた少年時代も
あったんだと想い出し、「オレはいつからこんな優しい男のなったんだ。」と優さな男では「いかん!」と男らしく目の前のにょきにょく生えたつくしを
踏んずけてあるくかと思っても出来なかった。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/27(木)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 陽だまりの廊下を渡る

佐渡汽船とトキメッセの連絡路




春の日差しにカモメ舞う


以前はトキメッセから佐渡汽船までの連絡路がつながっていたが、デザイン重視のためだったのかある時、ぽきりと折れ崩れた。
そして何年もトキメッセからの直結の連絡路なかったのだが、佐渡へ行かないしトキメッセも久しぶりって事で、「えー、出来てたの?」と驚きだった。

「これは行ってみなければ。」という思いと、当然事故のニュースを知っているのでトキメッセから連絡路を渡る前に「待てよ。」と足場とか見て確認するのだった。

佐渡汽船ジェットフォイルと海上保安庁




信濃川

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/26(水)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 信濃川の流れる街

柳都大橋下




信濃川とウォーターシャトル




万代シティ前


また、靴下にデカい穴が開いていた。
日課のウォーキングに張り切りすぎか、靴下に穴が開くのが早い、でもそれは誰でも同じなのだろうけど、問題はその後である貧乏性の僕はまだ履ける、
「もう一回だな。」な3、4回続く、そうやってるうちに、だんだん大きい穴になる。


メッセの林




信濃川


数年前友人の仏壇参り行った時、家に上がると足の裏にひんやり感、ここ家の廊下は濡れているなあとは思ったけど、それが後になり
僕の靴下の開いた穴から出たカカトに当たる感触が冷たかったら濡れていると感じたのだったが、それを気づいたのは家に戻ってから
脱いだ靴下を見て両足500玉くらいの穴が開いていた、仏壇参りして僕は正座して手を合せた時、後ろで家族の人が僕を見ていたはず。
そんなシーンを回顧し僕は「うわーーーー!」と赤面した。

ともかくそんな事があるので靴下がまた穴が開いていたので、街撮りがてら万代のロフトにある「靴下屋」に行った、いつも買うのは3足1080円である。

山下達郎 「街物語」

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/25(火)  00:02 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

◆ 銭湯のある街

銭湯さか井湯




銭湯のある通り


銭湯は全国的に消えている、
僕が学生時代住んでいた町をGoogle street viewで検索して見てみいてもやっぱり銭湯消えた、そして僕の思い出も消えたような気がした。
ともかく、そんな世の中でもここ沼垂で銭湯が、まだ2軒残っている。他所での消えた銭湯の割合からしたら、凄いことなのではと、


寺町の風景


そして残っているのは沼垂でも寺町の部分である。


沼垂テラス商店街の通り


ついこの前なのだけれど、服装を見て自分はどんな格好していたんだろうと、思い出すもまったく記憶なし、でも冬とは違い足取りは軽かったはず。


本日、ある寺院に行った、ゴーン、ゴーンと聞えてきたので、こんなことは初めてだと鐘楼を見ると中年夫婦とデカい息子二人だった、
知らねえだなあと僕は「勝手に鐘は突くものじゃないのに」と思いつつ、主意に関係者でもいるのかと見ても夫婦と親子だけ、常識知らずかあと、
僕は意地悪な目つきで彼らを見ていると、「やっぱり」 お寺なのに、お堂の前で家族してパンパンと手を叩いた。
そして引き上げ際に、息子はまた鐘楼の鐘をゴーンと鳴らして帰っていった、「お願い宜しく」ってことなのだろうが、果たしてお願いは聞いてもらえるのだろうか。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/24(月)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 廃線の線路ある町

廃線になったJR貨物線




収納庫




線路よろしく


僕は踏切のど真ん中で 「よっこい しょういち!」とつぶやきながら尻をついてローアングルで撮った。
僕の体型はスリムとはいえないけれど太ってはいない、とはいえローアングルでカメラを構えるのってけっけうキツイだよなあと思いつつ、


寺町踏切


急にニュースで時々聞く踏切事故の事を想い出した、廃線だからここは心配ないと分かっていても、やっぱり前後を見て 「大丈夫。」と確認する僕だった。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/23(日)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1078)
情景・モノクロ (220)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (20)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (65)
福島・情景 (113)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (9)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (12)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村