冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◇ 秋田び JR奥羽本線「下湯沢駅」

JR奥羽本線下湯沢駅




奥羽本線下湯沢駅




下湯沢駅の庭


一年ぶりの秋田県の駅周り、陽の長い時期でないと遠征は難しいのだけど週末になると天気があやぶみで、計画はのびのびなっていた。
日本海側を走る羽越本線は全駅撮ったので、今回は秋田県の内陸部、山形県新庄を越えて奥羽本線の駅周り、これが中々遠い。
5時間車を走らせて(まだ撮っていない駅の)目的の駅撮りが始まった。


下湯沢駅

秋田県のとある無人駅で母娘が待っていた、それまであちこち駅撮りしていたので、電車が事故で遅れているのを知っていた僕は待ちくたびれたような親子に
「どうも事故で電車遅れているらしいですよ。」と云うと同年か僕より若いお母さんは「えー。」と云いながらスマホを出し、「駅さ、聞いてみるか~。」と云った。
その「駅さ」の一言を聞いて僕は「あー、秋田に来たんだなあ。」と感激した、駅を離れてから僕も「駅さ、聞いてみるか」とニンマリしながらつぶやいた。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/26(月)  00:01 |
  2. 秋田・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇ せせらぎの音響く

剣竜峡のせせらぎ




剣竜峡


この日蒸し暑かった、このキレイな澄んだ水で水浴びをしたらどんなに気持がいいだろうとは思いつつ、カメラを持っているとカメラを濡らさないよう、
体だって濡らさないようにしようとすると、かえって何だか体の動きがぎこちなくなった。


剣竜峡の沢




水をかぶる石

ある風景写真家が、こういう場合「一度わざとでも濡れてしまえば、かえって度胸がすわる。」と云った。
今日は、どうぜサンダルなんだしと沢に足を突っ込み撮り始めると、冷たい水は気持ちよく、さっきまでぎこちない動作に油をさしたかのような動きになった。
足が濡れようがズボンが濡れようが、”もうすでに濡れているんだし、関係ねえ。”だったし、またそれも”けっこう気持ちもいい。”だった。

とは云え、濡れた岩場は油断するとずるりと滑りそうになり時折(水に濡れるよりカメラが、、、と)背中にひんやりとしたものが流れた。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/25(日)  00:01 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◇ 太陽は西に沈む

ひかりの道




月岡駅

帰途の運転中に、「あー。」と昼間の長かった一日も徐々に短くなってきているんだと思った。

車を止めて撮れば良いのは十分わかったけど、止まったらこんな雰囲気は出ないし、短くなってきた夕方止まるよりも、少しでも早く家に帰りたいと思った。


月岡駅貨物列車


「うまさぎっしり新潟」、左上からベニズワイガニ、南蛮エビ、へぎそば、新潟和牛、コシヒカリ、日本酒、寒ブリ、ノドグロ、ヤリイカ、十全ナス。


テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/24(土)  00:01 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◇ 祝日、足湯にて

月岡温泉の足湯




足湯




温泉


とある温泉地の足湯へ行った。
駐車場に停めるべくバックしていると、ある旅館の前でオバサンがヴィトンのボストンバッグを旅館の案内係に手渡す光景を見て、僕は足湯それも無料、
「この人は、しっかり旅行で温泉旅館の今日は泊まるのか。」思った時、”ドーン!”という音、一瞬何のことかわからなかったが、すぐに車をバックして
後ろのブロック塀にぶつけたのだと気がつく。


湯足美


そうそうに降りて後ろのバンパーを確認、想像したより軽傷だったが、誰が見ても「バックしてぶつけたのね。」とわかるものだった。
急に足湯どころでなくなったが、ともかく来たんだしと足湯につかってはみたものの、頭の中は何でぶつけたのだと、自分の不注意を飽きれいさめつつ
もしも、バックで駐車せず頭から入れたら、そもそもここに来なければぶつけなかったのだと、考えていると足湯につけた足はふやけ、
日曜日のサザエさんを観た時の10倍は暗い気分にふやけてきた。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/23(金)  00:01 |
  2. 情景・モノクロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

◇ 沼垂通りあたり

沼垂商店街みやこや




沼垂商店街




ねこさん

野良猫がいた、カメラを向けられるなんて人生初めてなんだろう、だからって恥ずかしがる体もなく、どちらかというとネコさんの視線は僕を何者か知らんが、
「うざってんだよ。」とふてぶてしかった。


孫助小路

今は誰も車も通らないような、昔からの沼垂の商店街、10数年前車で通るとこんな風になる兆候というか雰囲気はあった。
大通で若い女子ばかり見た後、今度は路地に入っていくと手押しカートを押しているバアサンを見たようなギャップ感、「寂しいなあ。」と思いつつ通るのも
(個人的思いもあるのだろうが、)目線のやり場に困るようなうら寂しい商店街の廃れ感があった。

カメラを持ってここを初めて歩いた時は、「やっぱり寂しいなあ。」と、撮るのは落ちぶれた体を撮るような申し訳ないようで中々撮れなかった。

しかし、人間歳取って色々経験を積み実年、熟年、老年となったジイサン、バアサンだって絵になる人はいっぱいいるが如く、街、商店街だって
所どころ光るもんがあるのであるとわかるようになるなったのはあちこち街を歩き回るようになってから、そして街歩きが、街撮りが好きになった。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/22(木)  00:01 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (933)
情景・モノクロ (185)
冬・情景 (17)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (19)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (2)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (4)
秋田・情景 (8)
山形・情景 (63)
福島・情景 (113)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (29)
富山・情景 (9)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (36)
奈良・情景 (12)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村