冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. 冬来たりなば春遠からじ 2代目。

◆ 村上市関口

きけん

数年前に山の電気柵の風景を見た、小規模なら何度もあったが、あの広い畑に張り巡らされたのは僕には珍しく、風景をまた見たい出掛けた。


囲まれた畑

山への一本道路を挟んで両側に電気柵が張り巡らされている、ってことは人間侵入防止でもあるか、ゴジラ映画の1作目だったかゴジラの街への進行止めるのに
高架線に電流をガンガン流して防ごうしたが、ゴジラは最初は「あー!」てなぐらいの軽い驚き後、クモの巣を払うかのようにあっけなく高架線を破壊して越えた。


高根川

それって、僕がゴジラならこんな感じじゃね?と想像する、「きけん」とか書いてあったらどのくらい危険なのか興味だってわいてくるってもんだが、
、、、ビビりの僕にはそれは無理だった。


柿畑

ちょうど柿の畑では収穫中だった、こんだけ人が必要なのかと思うくらい畑のあちこちに人がいた。
傍らの無人販売でビニール袋いっぱい柿が入って1000円とあった、それは買っても家族では食べきれない、ご近所に配ってもまだ余るくらいだった。


村上市関口

触ってみたい、どんなんだ、ビリビリビリどんなんだ!触ってみい。
やっぱり触ったとたん髪の毛が総立ちするのかと、子供の頃に観た「トムとジェリー」を想い出した。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/23(木)  00:04 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 小岩川、海がすぐそこにある町

小岩川漁港




ウミネコ

海ある所に、海鳥あり。
どこも同じかと思っていたら、夏場は新潟市あたりのカモメ、ウミネコの類の数は少なくなる、みんな避暑というか北上するようで、それも僕はずっとずっと
青森あたりまで飛んでいくのかと思っていたら、ある時新潟県から山形県に県境を越えると、新潟では見ない数の海鳥が飛んでいた、「えー、ここにいたんかい。」と。


小岩川漁港と国道7号線




小岩川の海が見える路地

路地奥に海が見える景色って、山が見えるよりも「ほー。」と嬉しさ感がある、そして海が近いとわかると、ちょっと行ってみようかとなる(近くまで)。


海の見える路地




小岩川駅前

前の階段を上り見下ろすように駅を撮ったらいいじぇねえか、階段を上っていき撮ったが、見事にイメージは大外れだった。
初めて来た時は、車の駐車さえ”怒られたら”と気を使っていたのに、今では階段まで上って写真まで撮るようになった。

何撮ってんの?と聞かれたら、駅を上か、、、そんな正直な説明を 果たして素直に「ほほー、なるほど。」と聞いてくれるだろうか。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/22(水)  00:04 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 山形県鶴岡市JR小岩川駅前

小岩川




JR羽越本線 小岩川駅

初めて、小岩川を駅撮影で訪れた時、僕は車をどこへ停めていいのか迷った、大体ここは海辺の集落なので土地がない。
適当に置いて、ここは山形県で僕の車は新潟の県外ナンバーだから「だれ?!」って具合にすぐに目立つので、とり合えず迷惑ならないよう所へ止め
誰かが注意したら「いや~すいません。」とすぐ車を移動できるように駅舎脇に止めて駅の撮影した。なので神経を使い、パッパッパッと10分くらい終えた。


小岩川駅下りホーム

止めたのは階段の向こう側あたり、駅を撮っても自分の車が構図に入るので邪魔だったのだが。


小岩川駅前

それが2度目、駅に寄った時、海辺の小岩川地区は町の風景とは違い、また山形ってこともあり、家のつくり、家並、小さい港と面白そうなので、
ましてよく知らない所は歩いてみるとワクワクしてくる。
車は怒れたら怒られたらで「しょうがあるまい。」と停めてたのが、このあたり。


小岩川駅前交差点

集落を歩いてみると直ぐに「やっぱりなあ。」だった。
面白い、路地だらけ、ここはどうなってんの?とそれも私有地なのか、公道なのか迷うな路地も、そして「どっちだろう?」悩むのもまた楽しいのである。

家並の裏は直ぐ漁港になっており、その漁港側だったら車を停めても邪魔にならんと気づき急いで車に戻り、移動して漁港に停め小岩川をゆっくりと探索。
新潟の海辺の集落をあちこち行っているけど、山形なのか地形からなのか、新潟にはない風景なのである。


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/21(火)  00:04 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆ 駅前の廃ホテル

駅前の廃ホテル

新潟駅前のワコーホテル、いつのまにか知らないうちに営業を停止して、撤去されるでもずーと建物はそのまま。
店先は僕的には十分被写体的には好きなのだけど。

廃ホテル

確か、この2階の居酒屋で飲み会をやった記憶があるのだが。


東大通

不愛想なキャラ猫だなあと、同じ猫名の”にゃん太郎”としては商業的でもあるしニコニコしてた方がいいのに見ていたら、、、、、。

そして同じ猫でも、リアルな方は、、、ちょっと刺激的です 注意。

恐い猫

僕は生涯でこれほど怖い猫を見た事がないのではいか、まさに子供の頃に抱いた「化け猫」のイメージだった。
「あっ、猫いた!」と普段ならカメラを向けると逃げる、向ける前に近づくだけで逃げていくのもいるけれど、この猫しっかり動かず、野良のようだし腹でも減って
動けんのだろうかと近づくと顔はカメラの方を向き、ジッとにらんでいた。猫サイズだから僕は耐えられたが、これがトラだったら完全に食われていたかも。
ともかくも、怖い表情の猫だった、敵対心ありありの目線は人間に悪さでもされたのだろうか。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/20(月)  00:03 |
  2. 日記・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

◆ 五十川駅

上り方面風景




五十川駅待合所

初めてここの駅を見た時は、「えーー!」と驚きだった、駅舎というよりも地下道の入口だった。
そして待合所のベンチスペースに、コンクリートのぬきっぱなしにシンプルでカッコいとさえ思った。


五十川駅下りホーム





五十川駅ホーム風景

ホームにはベンチはないし、トイレは確認できていない。


日本海

ここからも海が見える。


五十川駅前





五十川駅入り口



五十川駅は素通りするつもりで国道7号線を車を走らせていた、過去の数回撮った時は必ずと言っていいほど車が停まっていたりした、
この時、駅の方をみて眺めると「何もいない。」とこれはと急きょハンドルを回した。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/11/19(日)  00:03 |
  2. 山形・情景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

犬山にゃん太郎

Author:犬山にゃん太郎
日常風景のボク的写真記録ブログ。
毎日、新潟から日付の変わる頃発信。

時に怪しく時に華麗に、時にオヤジ的日常の”美のツボ”を撮る!

もうひとつの写真ブログ(08.3.24 ~ )
日々是好日 Here comes the sun.

ちょっと旅気分、とある風景を紹介
・↓ Google Earth へとリンク
Panoramio.

◇タイトルの「冬来たりなば春遠からじ」
イギリスの浪漫派の詩人 シェリー (Percy Bysshe Shelly 1792~1822)作「西風の賦」から。
      * 道具
・Canon EOS 5D MarkⅡ
・Canon EOS 5D MarkⅢ
・Canon EF 24-105/f4L IS
・Canon EF 70-200/f4L IS
・Canon EF 40mm F2.8 STM
・Canon EF 35mm F2 IS USM
・Zeiss Planar T* 1.4/50
・Fujifilm X70
・Panasonic Lumix DMC-FX8

◇リンク熱烈フリー、てか相互リンクお願いします。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

日記・情景 (1172)
情景・モノクロ (222)
冬・情景 (18)
海・情景 (84)
神社仏閣・情景 (21)
椅子・情景 (1)
魚・情景 (3)
花・植物・情景 (19)
出発 (1)
新年の情景 (3)
山・情景 (17)
青森・情景 (15)
岩手・情景 (5)
秋田・情景 (15)
山形・情景 (69)
福島・情景 (129)
群馬・情景 (6)
長野・情景 (52)
富山・情景 (18)
東京・情景 (80)
横浜・情景 (9)
鎌倉・情景 (3)
三浦・情景 (13)
京都・情景 (45)
奈良・情景 (87)
尾道・情景 (14)
食べ物 (4)
未分類 (0)
日常コラム (1)

Powered By FC2ブログ

 新潟県の各地道路ライブ情報

にいがたLIVEカメラへ

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ

QR

このブログをリンクに追加する

ご訪問ありがとうございます

この人とブロともになる


にいがたLIVEカメラへ

<%plugin_second_title>

<%plugin_second_description>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村