FC2ブログ

冬来たりなば春遠からじ2.0 Daily 

A Day in the Life. ” there ” そこにある日常の光景 2代目。

Category: 日記・情景  

◇ またしても、我が影を撮るとき

古町通10



古町通10呉服屋



古町通十一番町



劇場大要前交差点



陽傾く頃のオレ

午後3時くらいになると、斜光の良い光にかわってくる、美しみ見える光景に「いいね。」とカメラを向けると自分の影がしっかり映る。
普段自分自身撮らないのもあるので、影だけでもカメラの先に登場するとちょっと恥ずかしい、真後ろからの光だと太って見えるしなあと
体をひねって撮ったりと要らぬ神経も気を遣うようになる季節でもある。

俺のカバンってこんなにデカいのかと、影では大きく見える割には、リアルではその半分の容量かもしれない、これじゃあサンタか大黒さまだ。


Category: 日記・情景  

◇ 川端町から本町へ、日曜日の午後

中央区川端町



川端町



上大川前交差点

叔父さんが介護老人施設入所したので、現金を使う事がないだろうと、もう一人の叔父さんと、年金、銀行、市役所、はて裁判所までまわった。
その折に、そこの信託銀行もまわり、持株等の清算と解約したいと話すと、当たり前だが「そうですか、わかりました。」とは相手云ってくれない、

古町通10の不動産屋

最終的には本人確認ってことで、入所先までやってきた、そんな手続き等のお手伝い手数料代わりに僕は叔父さんのWindows7のノートPCをもらった。
それが10月に買ったパソコンよりもネットがサクサクとストレスがないくらい早いのである、それはWindowsのonedrive 同期されていないから。

本町通12



川端町の倉庫の影



Category: 日記・情景  

◇ 青空リバーサイド

信濃川右岸

秋が深まり鉛色の冬に近づいてくると、青空を見ただけでひょっとしたら今年最後の青空かもなあ思うことがある、そうなると家どころか

デカいタイヤ

出掛けても同じ所でジッとなんてしていられなくなり 「犬も歩けば棒に当たる。」的にともかく街をむさぼるように歩くようになる季節でもある。

信濃川

なんでもない光景でも、冬には見れないと思うような光景を冬眠前のクマのように「これも、これも。」とがっつくのである。

カモメと消防艇

そんな青空の下で漁船で網の修繕している漁師の上をカモメが飛んだ、これも冬になるとこんなゆったりしたような時間も来春まで出会わなくなる。

赤い消防艇とカモメ

なので、これもとりあえず撮っておくかとカモメを追った。

柳都大橋

警察署へ行った。別に悪いことした訳ではないが手続き等で事情聴取的に喋りまくった、終えるとほっとしたのか、窓口まで「ありがとうございました」とあいさつして警察署を出ようとすると、のどが渇いたせいか玄関先の自販機に目が行った。100円である、これは買わねばなと、終えてホッとしたんだから、ホットでしょうと言わんばかりにコーヒーブラックのホットのボタンを押した「やれやれ」。
Category: 日記・情景  

◇ ボートをぼ~と見送る日

信濃川遊覧船ベアトリス

初めて信濃川遊覧船の「ベアトリス」の船名を見た時、これってベルリオーズの「ベアトリスとベネディクト」から名前取ったんだろうかと思った。

ウォーターシャトル ベアトリス

「ベアトリス」その名前だけで僕は新潟も文化度が高いなあと思った、ちなみにこの時ベアトリス号にはコスプレヤーが数人乗っていた。
船上撮影と、対岸へ移動しトキメッセへとロケ地移動したのかもしれない。

ベアトリス



新潟市歴史博物館(みなとぴあ)

歴史博物館

石庫

石庫(いしぐら)、旧保税倉庫。

石庫の屋根

ブログの写真ではこの上ないような晴天だけど、リアルでは初雪が降り積もる所は積もった、そうなると今まで秋でもボーボーと生えていた
草も雪の重みで押しつぶされ、寒さで枯れ、秋から冬の色のないような風景になること意味し、僕はそんな光景を「あ~あ、冬がきたなあ。」と
しみじみ思うのだった。



Category: 日記・情景  

◇ みなとぴあにて

カーブドッチみなとぴあ

ここある映画を観た時「あれ、ここは?」と、そのシーンがここでみなとぴあになる「レストランぽるとカーブドッチ」で撮られたのではと気になって
映画の内容そっちのけでポーズしながら「ここは?」と観ていた。その映画は綾瀬はるか主演「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳」。

旧第四銀行住吉支店

今はレストランとはいえ旧第四銀行住吉支店を利用しているいのであえてカウンターは残してある。

大理石の入り口

あちこち大理石が使われて、探せばそこに化石が見つかるらしい、それにしても今の銀行の雰囲気とまったく違っているので「銀行行ってきた。」
とか言われると、この人は凄い、あの銀行に行ったのかと富裕層な人に思えてくるくらいの庶民レベルとはは違う豪華とも言える異空間である。

ウエルカム

「ウエルカム」、でアヒルよりも、カモにして「カモン」の方がいいじゃねえ、と僕はオヤジギャグに一人にやけた。

佐渡汽船ときわ丸



ときわ丸出向の方向転換



方向転換



ときわ丸出向



ときわ丸




1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 < >